海賊とよばれた男        7月1日付けのオリコン “本” ランキングBOOK(総合)部門では、先週6月24日付けで初の1位、2位独占を果たした、百田尚樹 「海賊とよばれた男」 上・下巻(2012年7月11日発売・講談社)が2週連続1位、2位を独占した。         同一小説による2週連続1位、2位独占は、2009年6月8日付け~7月6日付けで記録した村上春樹 「1Q84 BOOK1」 「1Q84 BOOK2」 (2009年5月29日発売・新潮社)以来4年ぶりの快挙。 累積売上は上巻が57.8万部(週間2.5万部)、下巻は累積47.6万部(同2.1万部)となった。      同作は、今年4月に発表の 「2013年本屋大賞」 での大賞受賞がきっかけでブレイク。 受賞直後の今年4月22日付けでは上巻が前週4月15日付けの107位から2位、下巻が136位から3位に急上昇し、揃って初のTOP10入り。 その後、6月17日付けまで9週連続でTOP10入りを続けていた同作であったが、翌6月24日付けでは6月9日(日)オンエアのTBS系 「情熱大陸」 で著者の百田尚樹氏が特集されたことも相まって1位、2位に上昇し、発売から11か月で初の首位に輝いた。      「海賊とよばれた男」 は、出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクションノベル。 第二次世界大戦に敗戦し、焦土と化した日本で、石油会社大手から排斥され売る油もない 「国岡商店」 が、一人の社員も解雇せず、ラジオの修理業や旧海軍の残油処理などで生計を立ててしのぎ、たくましく再生。昭和28年、「日章旗丸事件」 を起こした気骨のある経営者の生涯を描いている。      そのほか今週のBOOK(総合)部門は、大泉洋の初エッセイ 「大泉エッセイ~僕が綴った16年」 (メディアファクトリー)が先週の48位から8位に再浮上、6月10日付け以来3週ぶりにTOP10入りを果たした。 また、発売以来ジワジワと順位を上げていた現役トップジョッキー・藤田伸二の著書 「騎手の一分競馬界の真実」 (講談社)が今週は12位まで上昇、TOP10入り射程圏内としている。 (narinari.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
         残業      ノエビアグループの常盤薬品工業が運営する 『眠眠打破(みんみんだは)委員会』 は、東京都港区新橋の近隣エリア(※)で働く20~49歳の男女を対象に 「残業(時間外労働)に関する調査」 を実施した。 調査は6月18日~20日にかけて行われ、500名から有効回答を得た。      

 30%が、残業が1年前より増えたと回答

     まず最初に、「あなたの会社では1年前と比べて残業(時間外労働)が増えましたか」 と尋ねたところ、「増えた」 は30.2%、「減った」 は10.2%。残業が増えた理由については、「業績が上向いて仕事が増えたから」 (53.0%)という回答が多かった。      次に、残業に対する意識について聞くと、46.4%が 「残業は苦にならない」 と回答。 「残業をしないと物足りない」 (30.6%)、「早い時間に帰宅すると仕事をした気がしない」 (27.8%)、「サービス残業であっても率先して行う」 (32.4%)という意見も多かったという。          残業1      

 49%が残業時に 「ドリンク」 を摂取している

     残業を乗り切るために行っていること(もの)の中で1番効果があると思うこと(もの)について尋ねると、49.4%がコーヒーや、付加価値のついた機能性ドリンクなどの 「ドリンク」 を摂取すると回答した。 内訳は 「コーヒーやお茶」 (19.4%)、「眠気を軽減するドリンク剤」 (15.4%)、「栄養ドリンク剤や、エナジー系ドリンク剤」 (14.6%)となっている。(mynavi.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
      竜巻        ジブリ映画 『天空の城ラピュタ』 に登場する、『竜の巣』。 ラピュタに近づくことができないように作られた、巨大な低気圧の渦。       本日はみなさまに、「これぞまさしく『竜の巣』!」 と唸らざるを得ない、とっておきの映像作品をご覧いただきたいと思います。        ご紹介するのは、海外サイト 『likecool』 に掲載されていた動画、『A supercell near Booker, Texas』。 2013年6月3日、テキサス州にてフォトグラファーMike Olbinskiさんによって微速度撮影された、自然の脅威を感じる大変貴重なタイムラプス映像です。        タイトルにある 「スーパーセル」 とは、大規模に水平方向へ回転し続ける、上昇気流域を伴った非常に激しい嵐のこと。 こう言った現象を実際に目の前にしたらさすがにそれどころではなくなってしまうでしょうが、今はただ、その美しく雄大なうねりに思わず見惚れてしまいます。        自分の体など、いとも簡単に飲み込まれてしまいそうな巨大な渦。 その姿に深い畏怖を感じずにはいられない映像作品 『A supercell near Booker, Texas』 を、それではじっくりとご堪能くださいませ。(youpouch.com)      

▼注:CGではありません

         A supercell near Booker, Texas        ツイートこの記事をつぶやく
                                               なりたくない人        2009年5月に始まった裁判員制度も、4年がたちました。      裁判員候補者になる確率は地域差もあり、約200人に1人で選ばれる地域もあれば、約800人に1人の地域もあり、かなり格差があります。      その中から実際に選ばれる確率はさらに下がり、年間あたり全国で5000人に1人程度と言われています。        限られた数の人しか経験できない裁判員。 「あなたは裁判員をやってみたいと思いますか?」 という調査では、        ・思う:19.3%    ・思わない:79.5%    ・裁判員制度を知らない:1.1%  (リサーチパネル調べ、回答者数3万7110人)       との回答が得られており、2割は前向きに考えていることが明らかになりました。      それぞれのコメントを見てみましょう。      【思わない】    「自分が関係もしない、興味もない裁判のために何日も缶詰になるなんて嫌。 犯人(被告人)と直接顔を合わせるわけでしょ? のちのち復讐でもされたら誰がどう責任とってくれるんさ?」    「今の生活だけでも精一杯なので、人を裁くお手伝いまでの余裕がないです」    「さばける様な人格でない」    「なんか、誘導されるってうわさ・・・」    「PTSDなる恐れが・・・」  (以上すべて原文ママ)      時間と精神的な余裕がないのに、裁判員に選ばれたら困るとの意見が大多数でした。        【思う】    「密かにはがきが来るのを待ってます」    「こんなチャンス宝くじに当たるようなものですよ」    「お金が欲しいのでバイトの気持ちでやる気あり!」       お金目的の人もかなりいるようです。 さらに、      「傲然とこう言ってやるんだぁ~、『死刑でいいんじゃね! こんなクズ生きててもしょ~がねえんだから!』」    「何が何でも死刑判決を出したい」     と、極悪犯に対して 「死刑判決」 を出したいという願望を持つ人が多くいることも今回の調査で分かりました。       候補経験者からは、      「一度裁判員候補で一年過ごしたが、送られてきた小冊子を読むと、責任は大きく、拘束期間・時間共に長く仕事などの理由では断れないという事で、本裁判員にならないように願うばかりでした。 本採用されなかったので安心しましたが。 勤め人が気軽に出来るものじゃない」      と、やはり重荷だったというコメントが。他人の人生を左右する責任が生じる裁判員、興味本位でやってみたいというものではないようです。(getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
                    鳩山由紀夫        ――香港のメディアで、鳩山さんが尖閣諸島について、『日本が盗んだと言われても仕方がない』 と発言されましたが?        「してない」      「中国側がそういう判断をする、という可能性はあるということを申し上げた」          「尖閣盗んだ」 発言が報じられた直後の2013年6月25日夜、鳩山由紀夫元首相は報道陣に、こう言い切った。        本当に問題の発言を 「してない」 のだろうか。 念のため、騒動の発端となった、24日収録の香港・フェニックステレビのインタビューを確認してみた。 香港記者の 「なぜ、尖閣諸島を 『係争地』 であると考えているのか」 という質問に、鳩山元首相は日本側、中国側にそれぞれの主張があるとした上で、こう明言している。        「釣魚島、いわゆる尖閣に対しては、そのこと(ポツダム宣言・カイロ宣言)から言えばですね、1895年、日清戦争の末期に 『そっと』 日本のものにしてしまった、それは中国側から見れば 『盗んだ』 という風に思われても仕方がない。 ならばそれは返すべきだというのは――カイロ宣言(※編注:『満洲、台湾及澎湖島の如き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還する』)の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は十分に、私は中国側から見れば当然成り立つ話だろうと」          中国側の主張を分析した形の発言とはいえ、これを 「『日本が盗んだと言われても仕方がない』とは言っていない」 と言い張るのは、苦しい。            それでも鳩山元首相は意気軒昂、自宅前に集まった日本の報道陣に対しては 「ポツダム宣言に書いてあるでしょ? 北海道、本州、四国、九州、それが日本の固有の領土だと」 と講釈し、さらには自らを批判した菅義偉官房長官に向けてもこう言い切ってみせた。        「もっと勉強していただきたいということです」          その菅官房長官は翌26日の会見で、      
「きのう私は『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど……開いたままです」
      と、ただ苦笑いするばかり。 「んー……そろそろいい加減にしてくれませんか、ということに尽きますね」 と静かな怒りをにじませた自民の石破茂幹事長を始め、国内は批判一色で、民主の海江田万里代表も 「わが党の主張とも違います」 と他人のふり。 また、「発言してない」 との苦しい釈明にも、自民の佐藤正久・参院議員が、        「多くの国民は呆れているのに、本人は 『言っていない』 との釈明、しかも自分がかつて総理を務めた日本政府に 『勉強しなさい』 とは。 恐らくその言葉をそのままお返ししますと思っている担当者も多いのではないか?」        とツイッターでツッコミを入れたのを始め、一般人からもネットなどで呆れる声があふれる。 擁護の声は元外務官僚の孫崎亨氏が 「真っ当な発言」 と評した程度しか見つからない。 ちなみに、孫崎氏は鳩山元首相が創設した 「東アジア共同体研究所」 の所長を務めている。          またインタビューのほかの部分でも、問題発言が散見される。たとえば、2010年に発生した尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について、      
「私が総理を辞めた直後に、漁船の衝突『事故』がございましたよね?」
      と、問題を 「事故」 と表現したのがその一例だ。 ちなみに鳩山元首相は2012年にも、同事件について講演で 「事故」 と言及したと報じられヒンシュクを買ったことがある。 この事件などをめぐり日本政府が中国側との 「暗黙の了解」 を無視するような行動を取り続けたことが尖閣問題をこじれさせたと、責任の所在が日本にあるとも取れる見解も示した。          なお鳩山元首相は、25日にニコニコ動画で公開した動画の中でも尖閣問題に触れている。 その中では 「資源の共同開発」 と 「棚上げ」 した上で、対話の場を設けることが落としどころだと主張し、      
「日本のほうからそういうメッセージを送れば、あっという間にこの問題は落着点を作れるんじゃないかと期待しているんですが」      
との 「楽観論」 を大真面目に披露した。(j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
           通勤時間        日々の生活で幸福感をあまり感じないという方、もしかしたらその原因は通勤時間にあるのかもしれない。 最新の調査によると、通勤時間が長い人ほど幸福感を感じられず、疲労も溜まりやすいことが明らかになったそうだ。 特に、片道90分以上かかる人は、思い悩むことも多くなっていたという。          ・ 通勤時間が長い人ほど幸福感を感じられていない    調査はアメリカで行われた。 人々の通勤時間と幸福度の関係性を調べたところ、自宅から仕事場までの移動にかかる時間が長い人ほど幸福感が低いことが判明。 さらに、そのような人々ほど疲労感を感じることが多く、仕事中の気分も沈みやすい傾向があったそうだ。          ・ 通勤時間が長いと悩むことも多い    通勤時間が長い人は、思い悩む機会が多いこともわかったという。 毎日何かしらの悩み事を抱えている人の割合は、通勤時間が片道10分以内の人だと28パーセントだったのに対し、90分以上の人では40パーセントいたとのこと。          ・ 毎日の行動のなかでも通勤は特に幸福度が低い    また調査では、起床してから就寝するまでの毎日の習慣的行動を幸福度別に評価してもらったところ、通勤を幸福度の低い行動だと考える人がもっとも多かった。 特に、自宅から職場へ向かう朝の通勤で幸せを感じる人はほとんどいなかったという。          ・ 通勤時間が長いとその他の時間が奪われる    このような結果になったのは、単に通勤が人々にとって苦痛なだけでなく、長くなればなるほど睡眠時間やプライベートな時間が奪われることも一因になっているとのこと。 とはいえ、仕事や住む場所を変えることなく通勤時間を短縮するのは容易ではない。 在宅ワーカーでもない限り、なかなか解決しがたい問題である。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       誇大広告表示、通信障害と問題が立て続けに起こっているau版のiPhone5が、さらなる苦境に立たされそうだ。      
「iPhone5のパケ詰まり率は、au版が20.4%、SoftBank版が2.3%」
      ――こんな数字を2013年6月21日、MMD研究所が発表したからだ。          「パケ詰まり」 は携帯電話回線でのインターネット利用中に、アップロードやダウンロードが急に出来なくなってしまう現象のことだ。          ネット上で生まれた俗称なため明確な定義はないが、今回の調査では 「WEBページが完全に表示されるまでに30秒を経過したものをパケ詰まりとしてカウント」 している。          同研究所はJR山手線の乗降客数が多い新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋(6駅・12スポット)で、通勤ラッシュ・帰宅ラッシュ時に各キャリアのiPhone5などを対象に、Yahoo!Japanのトップページが完全に開くまでの表示時間を計測した。 調査は端末ごとに各駅で200回、計1200回おこなった。 調査期間は2013年6月10日~14日。          その結果、WEBページが表示されるまでの平均時間は、au版が11.38秒、SoftBank版が4.91秒と、au版のほうが2倍以上遅いことがわかった。          さらに、パケ詰まりはau版で245回(20.4%)、SoftBank版で28回(2.3%)起きていた。 au版でもっともパケ詰まりが酷い場所は品川駅で200回中105回(52.5%)を記録、次に新宿駅(40%)が続いた。 ソフトバンク版でも品川駅が最悪だが、数字は9.0%と低い。          実は、auのiPhone5はネットワークの点で優位だと、2012年9月の段階では、「本命」 視されていた。 当時、KDDIの田中考司社長も 「iPhone 5ではネットワークに相当焦点があたる。 他社のネットワークは結構混んできていると思われていて、そうなるとやはりauのほうがいいよねと」 とそうした見方を肯定していた。 そして、「4G LTE」 は 「本当に速い」 とアピール、「トラフィックの多い都心部を中心にスタートする。 購入していろいろなところで測定していただければ」 とまで胸を張っていた。          ところが今回、実際に 「いろいろなところで測定」 した結果がこれだ。            ネットでは、auユーザーから、      「今日もauは快調にパケ詰まり」    「たしかにauはパケ詰まりするよね。ユーザーが多いからだろうけど、ユーザー数なりの設備増強してよね。 渋谷、新宿、秋葉原あたりでは結構きついのよね」    「au iPhone5はちょっとひどすぎだろ、、、」    「品川駅でのパケ詰まり率52.5%は自分の実感を裏打ちしてる」       と、調査結果に首肯する声が数多く上がっている。          一体どうしてこんな期待に反する結果が出てしまったのか、J-CASTがauを運営するKDDIに問い合わせたところ、      
「当社が調査したものではございませんので、個別の質問にはコメントしかねます」
      と回答。 その上で    
「今後もauをお使いのお客様のつながりやすさを目指して対策をしてまいります」
      とだけコメントした。          なお、au版iPhone5の 「パケ詰まり」 問題については、2012年12月頃からネットで問題視され、解約騒動がおきるなど話題になっていた。(j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
             アジアの小売業初。国連開発計画に認められた、無印良品の貧困撲滅プロジェクト        長い間私たちの日常生活の中に溶け込んでいる無印良品のアイテムたち。 実は国連に認められるほどの国際貢献をしているのをご存知ですか?        このたび、2011年から無印良品が行ってきたキルギス・ケニア・カンボジアで生産者を育成しながら生活雑貨を開発するという貧困撲滅するプロジェクトが、国連開発計画(UNPD)が主導する 「ビジネス行動要請(BCtA)」 にアジアの小売業として初めて承認されました。      無印良品がこれまで取り組んできた、主なJICA共同企画展開商品開発をご紹介します。      ◆ キルギスのフエルト  昔から牧畜の盛んなキルギスでは、羊毛を使ったフエルト製品が使われてきました。 これまで家庭内で使われるに留まっていたフエルト製品を無印良品が大量生産を依頼することで、キルギスの女性たちは現金収入を得られるようになり、子供への教育資金や牛・羊などの家畜の購入、将来への貯蓄・投資へと使われるようになりました。        ◆ ケニアのソープストーン  ソープストーンとは、ケニア西部にあるキシイ地方が産地の石鹸のように柔らかい材質の石のこと。 この石を使った彫刻を国内外に出荷することが古くから現金収入を得る貴重な手段となっています。 無印良品は現地の商品の品質向上へつながることを願い、このソープストーンを使ってデスクトップ小物の開発を始めました。 生産者のグループは、利益の一部を図書室やPCルーム設置運営にあてて地域へ還元しています。      ◆カンボジアの染め物  今後は、エコフレンドリーな天然染めの商品開発をカンボジアで始める計画を発表しました。 染料の原料は花の茎や家具の端材などを使い、染料抽出後の残渣も有機肥料として活用されます。 現地に工場を建設し、2015年までに300人の地域の人々を採用する予定。 また、濃紺染めの新商品を開発するため、インディゴの栽培も開始し、さらに50の新たな仕事を創出する計画もあるそうです。      BCtAのプロジェクトマネージャー・サバ・ソバーニさんは  「素材やシンプルな包装にこだわりながらデザインを通して問題解決に取り組む無印良品がBCtAに参加してくれたことをうれしく思います。 ローカルの人々を雇用し、紛争地域の人々から製品を調達することで後発の開発途上国に投資するという活動が、このプロジェクトをユニークで意義あるものにしています」   とコメントしています。      日本の一般企業の取り組みがこのように世界で認められ、役に立っていることはとても誇らしい。 2013年秋に発売予定のMUJI×JICAのプロジェクト商品、その後に続くオーガニックコットンの天然染めタオルが店頭に並ぶのがとても楽しみ。(mylohas.net)      ツイートこの記事をつぶやく
               美人すぎる漫画家、『週刊ビッグコミックスピリッツ』でグラビアデビュー        2013ミス・ユニバース日本代表に選ばれ、プロ級の腕前を持って漫画を寄稿するなど “美人すぎる漫画家” としても話題の松尾幸実が、小学館 『週刊ビッグコミックスピリッツ』 6月24日発売号で本格グラビアを披露している。      クールなカットから部屋着でのプライベートなカットまで、「初グラビアとは思えない様々な表情は必見です」 (ビッグコミックスピリッツ編集部)。 本人直筆のオリジナルイラストも掲載する。      無料漫画サイト 「やわらかスピリッツ」 では、期間限定でアザーカットを公開。 さらにスピリッツのHPでは、期間限定でメイキングムービーを配信する。(rbbtoday.com)          ツイートこの記事をつぶやく
        エクスペリア        Here is the latest specs of the coming super phone – Sony i1 (Honami) | Svartling Network      以下が 「Honami」 の新たな詳細。さらに非常にぼんやりとした本体写真とされるものも公開されています。        ・ディスプレイ    あらゆるシーンやコンテンツを鮮やかに表現できるトリルミナス、空気層を無くすことで反射を抑えたオプティコントラスト、そして超解像技術 「X-Reality Engine」 を採用したコントラスト比2000:1の5インチフルHD(1920×1080)液晶。        ・CPU    GPUも強化され、複数の周波数帯を束ねてLTEをさらに高速化するキャリアアグリゲーション技術に対応したクアルコムの最新CPU「Snapdragon 800(2.3GHz、クアッドコア)」搭載。        ・メモリ、ストレージ    2GBのRAMと32GBのフラッシュメモリ搭載。 microSDカードによる容量拡張も可能。        ・カメラ    2/3インチのExmor RSセンサーとソニーのGレンズ、そして高速画像処理エンジン 「BIONZ」 採用の1300万画素カメラ搭載。フラッシュはデュアルLEDとキセノン。 UIはサイバーショットのものを採用し、レンズを交換できる可能性も。 前面カメラは1080p動画撮影対応の220万画素 Exmor Rカメラ。        ・音質    デュアルステレオスピーカーに加えて、ハイエンドウォークマン向けのフルデジタルアンプ 「S-Master MX」 搭載。        ・バッテリー容量    3000mAh。 さらに改善されたスタミナモードも。        ・その他    Xperia Zの 「Dragontrail glass」 よりも強固なガラスをディスプレイに採用し、本体はカーボンファイバーとガラス、金属採用。 防水・防塵・耐衝撃を備え、赤外線にも対応。        あくまで確定スペックではありませんが、実現すればXperiaとサイバーショット、そしてウォークマンを1台にまとめて持ち歩けるようになるという、まさに夢のようなモデル。        特にフルデジタルアンプ 「S-Master MX」 については音質に定評があるため、本当に搭載されれば別途スマートフォンに小型アンプを取り付けて持ち歩いているような音にこだわりたいユーザーも取り込めるのではないでしょうか。        なお、ブランド名および型番が 「Sony i1」 へと変更される可能性も示唆されていますが、ここまで完全にソニーの技術を統合するのであれば、そのようなネーミングが施されるのも無理はないのかもしれません。        ちなみにソニーの平井社長は5月に世界各地で好評を博している 「Xperia Z」 に続いて、「総合力を生かした最強の商品を投入する」とコメント。 おそらく秋冬モデルでの展開になると思われますが、AppleのiPhone 5Sとぶつかることになるのかが気になるところです。(buzzap.jp)       いくら機種が良くなっても電波の通りが悪いと意味無いからな~~       ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 8«12345»...Last »