寿司        持ち帰り寿しの 「小僧寿し」 チェーンが、商品ラインナップのほぼ半数にあたる41品目の価格を2013年7月1日から、「1円」 値下げする。          安倍政権の経済政策 「アベノミクス」 による円安進行で原材料が高騰。 それに伴い、食料品の値上げが相次ぐなか、同社は 「企業の姿勢として、『1円』でも安く、おいしい寿司を提供したい」 と説明している。        小僧寿しの 「1円」 値下げは、当初は全国の直営店を中心に257店で実施。 7月以降、順次拡大して最終的にはフランチャイズ店を含めた全481店(5月末現在)で展開する予定だ。          「一人前にぎり」 セットや、細巻や手巻き寿しなどを値下げ。 また、「お好みにぎり」 に新商品を投入したり、旬なネタをそろえたりして、消費者に少しでも 「お得感」 を訴えて、寿し需要を喚起する。          今回の値下げについて、同社は 「アベノミクス効果が消費者の一部だけで全体には及んでいない」 と指摘。 その一方で、「景気回復にはポジティブな気持ちが大切と考えており、お祝いごとの象徴であるお寿しを食べる機会を増やし、お寿しを食べて前向きで幸せな気分になってもらうことで日本経済の回復に少しでも貢献したい」 と話している。          「1円」 値下げにあたり、同社はメニューの見直しやオペレーションを変更した。 14年4月の消費増税を見据えた対応でもある。          メニューの見直しでは、「うに」 や 「たこ」 のにぎりなど6品目を廃止。 値下げの一方で、原材料の値上げ幅が大きい 「赤えび」 や 「大穴子」 など一部のメニューについては値上げする。          また、バリューパーティー(4人前、2436円)や小僧スーパープレミアム(1189円)、えびやサーモン、まぐろの 「セレクト5シリーズ」 (357円)など、「プチぜいたく」 ニーズを取り込むラインナップを充実。 単価の高い「プレミアム」メニューを新たに投入することで客単価を上げ、値下げ分の採算をとる。          「これまではチラシにあるネタをそのまま提供してきましたが、今後は食材の旬を重視して提供することで仕入れコストを抑え、旬のおいしいネタをそのときに食べてもらうようにしました」と、オペレーションも見直したという。            寿しチェーンでも、アベノミクス効果で高級食材への需要が高まるなか、なお 「低価格商品を求める声は根強い」 (小僧寿し)。 ただ、円安の影響でネタ(原材料)の8割を輸入に頼る寿しチェーンでは、値上げムードが強まっている。          小僧寿しは、「(回転寿しチェーンなどで)値上げが進んでいるが、『安い』 『旨い』 『ボリュームがある』 にこだわっていきたい」 という。         とはいえ、小僧寿しは2012年12月期の連結売上高が前期比1.0%減の202億円、営業損益は6億円の赤字と、苦しんでいる。          この第1 四半期(13年1月1日~3月31日)は収益体制改革の一環として、希望退職者の募集による人件費の削減と51か店の不採算店舗を閉店し、管理コストを改善。 また、個店単位でのマネジメントを取り入れはじめ、店舗ごとのメニュー対応や割引券の発行を可能にしたことで、既存店売上高の状況は前年比2.6%減とようやく底から脱してきた。          ここ数年、持ち帰り寿しは回転寿しチェーンに押されていた。 「1円」 とはいえ、あえて値下げを打ち出すことで消費者に 「安さ」 をアピール。 集客力を高めて、アベノミクス効果を取り込みたいところだ。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       2008年の無期限活動休性宣言から5年──結成35周年を迎えたサザンオールスターズが帰ってくる。 8月7日に通算54枚目のシングル 『ピースとハイライト』 をリリース。 そして全国ツアーを行うことを発表した。        ここに至るまで、桑田には紆余曲折があった。 2010年7月、桑田佳祐(57才)の食道がんが発覚する。 手術は食道と胃をつなげるという大変なもので、6時間にも及んだ。 そして、その後ICU(集中治療室)での入院生活を余儀なくされた。        そして、妻である原由子(56才)の献身的な看護もあってか、手術から1か月後の同年8月下旬には無事に退院。 それから4か月、桑田は奇跡を起こす。 この年の大晦日・紅白歌合戦で電撃復帰を果たした。 しかし、直後に出演したパーソナリティーを務めるラジオ番組で、桑田はこんな不安を口にする。        「まだ完治じゃないんだよ。 再発する可能性もあるからまだ気をつけなきゃいけない」        さらに一度は “死” を覚悟していたことも明かしたのだった。 それからの桑田は病状の経過を見ながら、徐々にステージに復帰。 昨年には5年ぶりのソロ全国ツアーを成功させるなど、精力的に音楽活動を行った。        「いま体調も声も、本人が “人生でいちばん” というほど絶好調なんです」 (音楽関係者)          そんななか、桑田は“サザン復活”へ気持ちが傾いていく。        「桑田さん、本当は区切りとなる40周年でのサザンの活動再開を考えていたんです。 でも、一度、死の淵を経験したことで “5年後に、こんな調子でいられるかわからない。 また再発するかもしれない。 元気なうちにファンにサザンの歌を届けたい” という思いが強くなっていったようなんです」(別の音楽関係者) (news-postseven.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
                      任せる技術        リーダーの立場にいる人の中で、「メンバーに任せた仕事がうまくいかないから、結局、自分でやったほうが早い!!と思って、自分が対応をしてしまった!」、そんな経験をしたことがある人はかなり多いのではないでしょうか。        確かにいきなりメンバーに仕事を任せても、メンバーが混乱してしまうのは当然のことですし、また、リーダーの立場からしたら 「どうして当たり前のことができないんだ!」 となってしまいます。        でも、よく考えてみて下さい。 この時点で、すでにリーダーとメンバーの気持ちは、大きくすれ違っていませんか? お互いに信頼関係をうまく結び、意思疎通が出来ていれば、こうした状態に陥る前に、うまい対策が講じられているはずです。        組織人材コンサルタントの西邑浩信さんは 『自分でやったほうが確実(はやい)! がなくなる任せる技術』 (明日香出版社/刊)の中で、リーダー自身が 「自分でやったほうがはやい」 と思ってしまうと、そんなリーダー自身の意識やあり方が周囲に影響し、メンバーがなかなか育たない、仕事を一向に任せられない、チームが全然一つにならない、など、様々な悪影響が出る、と指摘しています。      では、そんな状態から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか? ここではあなたが仕事を任せる前に心得ておくべき、3つの大事なポイントをご紹介します。        (1)仕事を任せるには、まず自分の心の整理から    西邑さんは、メンバーに仕事を任せられるリーダーに共通する点として、常に 「泰然自若」 としていることがあげています。 つまり、どんなことが起きても 「どーん!」 と構えている、そんな姿勢がメンバーたちに安心感をもたらしているのです。    確かにそんな状態だと、何か起きても 「このリーダーなら安心だ」 とメンバーは思うでしょう。 では、どうしてそういう人たちは安心感があるのでしょうか。 それは、彼らが何かことを起こす前には必ず 「ひと呼吸」 おき、何かことを進める前に準備をしているからです。 ひと呼吸おいて、冷静になって現状を見てみる、そうすると、忙しい時には見えなかったことがたくさん見えてくるのです。    仕事を 「任せる」 か 「任せないか」 を判断するのはリーダー。 そして 「任せた」 責任もリーダーにあります。 まず落ち着いて、自分の心の整理をできる人が、仕事をうまく任せられる人なのです。        (2)メンバーのこと、ちゃんと理解していますか?    任せられない人の多くは、任せられない理由に、必ずと言ってよいほど、メンバーのスキル不足をあげます。 しかし、具体的にどんなスキルが欠けているのか、どんなスキルを身につければ仕事を任せることを可能なのか、そこまで、詳細に答えられることができるでしょうか。    任せる上で大切なことは、メンバーのスキルや能力をちゃんと理解することです。 本書ではそのために、メンバーたちのスキル状況を簡単にチェックできる箇所もあり、それらを把握しておけば、仕事を任せるときも、冷静に、客観的に対応することができます。    人は誰でも、それぞれに強みと弱みがあるもの。 まずそれらを把握した上で、仕事を任せることが大切なのです。        (3)最低限のルールと最大限の自由を与えよう    仕事を任せたら、なるべくその人の自主性に委ねたいもの。 しかし、単に自由にさせてしまうと、混乱させてしまいかねません。    このとき重要なのは、まず、チームや組織としての規範やルール、大事にしている価値観、理念などを理解してもらうことが大切です。 その上で、「何をするか(WHAT)」 「どうするか(HOW)」 を可能な限り、メンバーに委ねるのです。    仕事の醍醐味の一つは、自分自身の裁量で 「何をするか」 「どうするか」 を決めて動かすこと。 それが若手の頃から出来ていれば、将来、生産性の高い仕事をしてくれる可能性が大きくなります。 メンバーの 「やりたい!」 という気持ち、内発的動機に常に焦点をあて、本当の自発性や責任感を芽生えさせること、それがリーダーの重要な役割なのです。      こうみてくると、リーダー自身がいかに 「事前にちゃんと準備をするか」 が、「自分でやったほうがはやい」 から抜け出す一つのカギとなりそうです。      確かに、どんなことでも成果を決める重要な要素の一つに、PDCAのP(PLAN)、つまり事前準備が万全にできているかどうか、があります。 仕事を任せる場合も、万全な準備ができているからこそ、冷静に、そして客観的にチームやメンバーをみつめられるのです。      メンバーに任せようか考えているときに、「自分でやったほうがはやい」 と少しでも思ったら、まずひと呼吸おいて、仕事やメンバーの状況を考えてみてはいかがでしょうか。      一旦冷静になれば、落ち着いて、客観的に現状をみられるようになり、それまで隠れていた新たな可能性が見つかるかも知れませんよ。(getnews.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
      ワタミ辞任        居酒屋 『和民』 を中心に、介護事業や農業など幅広い分野で活躍するワタミグループ。 会長の渡邉美樹氏は、一代で独自のビジネスモデルを築いた人物としてよく知られている。        その渡邉美樹氏がワタミ株式会社の会長を辞任することがわかった。          ・ ワタミ会長辞任      渡邉氏の辞任が発表されたのは2013年6月27日だ。 同日付で渡邉氏はワタミ株式会社の取締役会長(非常勤)を辞任したのだという。        発表によると辞任の理由は 「今回、新たな活動に挑戦することを踏まえ、取締役を辞任することとなりました」 ということだそうだ。 渡邉氏はテレビ出演や講演など露出が多く何かと注目されている存在だ。 今回の突然の辞任にネットユーザーからは以下のコメントが寄せられている。          ・ネットユーザーの声    「ワタミさん辞任っすか。」    「おお、びっくり。」    「ワタミ会長辞任したんか」    「クビか!?!?!?」    「おめでとうございます!!」    「ワタミが取締役を辞任するらしいけど、今度は終身名誉顧問とかになる気じゃないんですか?」    「ワタミの辞任に記載された「新たな活動」って」    「渡辺美樹がワタミの会長辞任したらしい。怖いなー。」          ・ 辞任は夏の参議院選出馬のため?    辞任の理由については現段階では明かされていない。 インターネット上では、「この時期にワタミ取締役辞任っていうあからさまな政界行き」、「参議院かなり本気なんだね」 というコメントも寄せられ、辞任は2013年夏の参議院選挙の出馬に向けての準備であると見る声が多い。        なお、この件に関し渡邉氏本人からのコメントはまだ出されていないようだ。 「新しい活動」 とは何なのか? 続報を待ちたい。(rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく