鳩山由紀夫        ――香港のメディアで、鳩山さんが尖閣諸島について、『日本が盗んだと言われても仕方がない』 と発言されましたが?        「してない」      「中国側がそういう判断をする、という可能性はあるということを申し上げた」          「尖閣盗んだ」 発言が報じられた直後の2013年6月25日夜、鳩山由紀夫元首相は報道陣に、こう言い切った。        本当に問題の発言を 「してない」 のだろうか。 念のため、騒動の発端となった、24日収録の香港・フェニックステレビのインタビューを確認してみた。 香港記者の 「なぜ、尖閣諸島を 『係争地』 であると考えているのか」 という質問に、鳩山元首相は日本側、中国側にそれぞれの主張があるとした上で、こう明言している。        「釣魚島、いわゆる尖閣に対しては、そのこと(ポツダム宣言・カイロ宣言)から言えばですね、1895年、日清戦争の末期に 『そっと』 日本のものにしてしまった、それは中国側から見れば 『盗んだ』 という風に思われても仕方がない。 ならばそれは返すべきだというのは――カイロ宣言(※編注:『満洲、台湾及澎湖島の如き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還する』)の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は十分に、私は中国側から見れば当然成り立つ話だろうと」          中国側の主張を分析した形の発言とはいえ、これを 「『日本が盗んだと言われても仕方がない』とは言っていない」 と言い張るのは、苦しい。            それでも鳩山元首相は意気軒昂、自宅前に集まった日本の報道陣に対しては 「ポツダム宣言に書いてあるでしょ? 北海道、本州、四国、九州、それが日本の固有の領土だと」 と講釈し、さらには自らを批判した菅義偉官房長官に向けてもこう言い切ってみせた。        「もっと勉強していただきたいということです」          その菅官房長官は翌26日の会見で、      
「きのう私は『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど……開いたままです」
      と、ただ苦笑いするばかり。 「んー……そろそろいい加減にしてくれませんか、ということに尽きますね」 と静かな怒りをにじませた自民の石破茂幹事長を始め、国内は批判一色で、民主の海江田万里代表も 「わが党の主張とも違います」 と他人のふり。 また、「発言してない」 との苦しい釈明にも、自民の佐藤正久・参院議員が、        「多くの国民は呆れているのに、本人は 『言っていない』 との釈明、しかも自分がかつて総理を務めた日本政府に 『勉強しなさい』 とは。 恐らくその言葉をそのままお返ししますと思っている担当者も多いのではないか?」        とツイッターでツッコミを入れたのを始め、一般人からもネットなどで呆れる声があふれる。 擁護の声は元外務官僚の孫崎亨氏が 「真っ当な発言」 と評した程度しか見つからない。 ちなみに、孫崎氏は鳩山元首相が創設した 「東アジア共同体研究所」 の所長を務めている。          またインタビューのほかの部分でも、問題発言が散見される。たとえば、2010年に発生した尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について、      
「私が総理を辞めた直後に、漁船の衝突『事故』がございましたよね?」
      と、問題を 「事故」 と表現したのがその一例だ。 ちなみに鳩山元首相は2012年にも、同事件について講演で 「事故」 と言及したと報じられヒンシュクを買ったことがある。 この事件などをめぐり日本政府が中国側との 「暗黙の了解」 を無視するような行動を取り続けたことが尖閣問題をこじれさせたと、責任の所在が日本にあるとも取れる見解も示した。          なお鳩山元首相は、25日にニコニコ動画で公開した動画の中でも尖閣問題に触れている。 その中では 「資源の共同開発」 と 「棚上げ」 した上で、対話の場を設けることが落としどころだと主張し、      
「日本のほうからそういうメッセージを送れば、あっという間にこの問題は落着点を作れるんじゃないかと期待しているんですが」      
との 「楽観論」 を大真面目に披露した。(j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
           通勤時間        日々の生活で幸福感をあまり感じないという方、もしかしたらその原因は通勤時間にあるのかもしれない。 最新の調査によると、通勤時間が長い人ほど幸福感を感じられず、疲労も溜まりやすいことが明らかになったそうだ。 特に、片道90分以上かかる人は、思い悩むことも多くなっていたという。          ・ 通勤時間が長い人ほど幸福感を感じられていない    調査はアメリカで行われた。 人々の通勤時間と幸福度の関係性を調べたところ、自宅から仕事場までの移動にかかる時間が長い人ほど幸福感が低いことが判明。 さらに、そのような人々ほど疲労感を感じることが多く、仕事中の気分も沈みやすい傾向があったそうだ。          ・ 通勤時間が長いと悩むことも多い    通勤時間が長い人は、思い悩む機会が多いこともわかったという。 毎日何かしらの悩み事を抱えている人の割合は、通勤時間が片道10分以内の人だと28パーセントだったのに対し、90分以上の人では40パーセントいたとのこと。          ・ 毎日の行動のなかでも通勤は特に幸福度が低い    また調査では、起床してから就寝するまでの毎日の習慣的行動を幸福度別に評価してもらったところ、通勤を幸福度の低い行動だと考える人がもっとも多かった。 特に、自宅から職場へ向かう朝の通勤で幸せを感じる人はほとんどいなかったという。          ・ 通勤時間が長いとその他の時間が奪われる    このような結果になったのは、単に通勤が人々にとって苦痛なだけでなく、長くなればなるほど睡眠時間やプライベートな時間が奪われることも一因になっているとのこと。 とはいえ、仕事や住む場所を変えることなく通勤時間を短縮するのは容易ではない。 在宅ワーカーでもない限り、なかなか解決しがたい問題である。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく