誇大広告表示、通信障害と問題が立て続けに起こっているau版のiPhone5が、さらなる苦境に立たされそうだ。      
「iPhone5のパケ詰まり率は、au版が20.4%、SoftBank版が2.3%」
      ――こんな数字を2013年6月21日、MMD研究所が発表したからだ。          「パケ詰まり」 は携帯電話回線でのインターネット利用中に、アップロードやダウンロードが急に出来なくなってしまう現象のことだ。          ネット上で生まれた俗称なため明確な定義はないが、今回の調査では 「WEBページが完全に表示されるまでに30秒を経過したものをパケ詰まりとしてカウント」 している。          同研究所はJR山手線の乗降客数が多い新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋(6駅・12スポット)で、通勤ラッシュ・帰宅ラッシュ時に各キャリアのiPhone5などを対象に、Yahoo!Japanのトップページが完全に開くまでの表示時間を計測した。 調査は端末ごとに各駅で200回、計1200回おこなった。 調査期間は2013年6月10日~14日。          その結果、WEBページが表示されるまでの平均時間は、au版が11.38秒、SoftBank版が4.91秒と、au版のほうが2倍以上遅いことがわかった。          さらに、パケ詰まりはau版で245回(20.4%)、SoftBank版で28回(2.3%)起きていた。 au版でもっともパケ詰まりが酷い場所は品川駅で200回中105回(52.5%)を記録、次に新宿駅(40%)が続いた。 ソフトバンク版でも品川駅が最悪だが、数字は9.0%と低い。          実は、auのiPhone5はネットワークの点で優位だと、2012年9月の段階では、「本命」 視されていた。 当時、KDDIの田中考司社長も 「iPhone 5ではネットワークに相当焦点があたる。 他社のネットワークは結構混んできていると思われていて、そうなるとやはりauのほうがいいよねと」 とそうした見方を肯定していた。 そして、「4G LTE」 は 「本当に速い」 とアピール、「トラフィックの多い都心部を中心にスタートする。 購入していろいろなところで測定していただければ」 とまで胸を張っていた。          ところが今回、実際に 「いろいろなところで測定」 した結果がこれだ。            ネットでは、auユーザーから、      「今日もauは快調にパケ詰まり」    「たしかにauはパケ詰まりするよね。ユーザーが多いからだろうけど、ユーザー数なりの設備増強してよね。 渋谷、新宿、秋葉原あたりでは結構きついのよね」    「au iPhone5はちょっとひどすぎだろ、、、」    「品川駅でのパケ詰まり率52.5%は自分の実感を裏打ちしてる」       と、調査結果に首肯する声が数多く上がっている。          一体どうしてこんな期待に反する結果が出てしまったのか、J-CASTがauを運営するKDDIに問い合わせたところ、      
「当社が調査したものではございませんので、個別の質問にはコメントしかねます」
      と回答。 その上で    
「今後もauをお使いのお客様のつながりやすさを目指して対策をしてまいります」
      とだけコメントした。          なお、au版iPhone5の 「パケ詰まり」 問題については、2012年12月頃からネットで問題視され、解約騒動がおきるなど話題になっていた。(j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
             アジアの小売業初。国連開発計画に認められた、無印良品の貧困撲滅プロジェクト        長い間私たちの日常生活の中に溶け込んでいる無印良品のアイテムたち。 実は国連に認められるほどの国際貢献をしているのをご存知ですか?        このたび、2011年から無印良品が行ってきたキルギス・ケニア・カンボジアで生産者を育成しながら生活雑貨を開発するという貧困撲滅するプロジェクトが、国連開発計画(UNPD)が主導する 「ビジネス行動要請(BCtA)」 にアジアの小売業として初めて承認されました。      無印良品がこれまで取り組んできた、主なJICA共同企画展開商品開発をご紹介します。      ◆ キルギスのフエルト  昔から牧畜の盛んなキルギスでは、羊毛を使ったフエルト製品が使われてきました。 これまで家庭内で使われるに留まっていたフエルト製品を無印良品が大量生産を依頼することで、キルギスの女性たちは現金収入を得られるようになり、子供への教育資金や牛・羊などの家畜の購入、将来への貯蓄・投資へと使われるようになりました。        ◆ ケニアのソープストーン  ソープストーンとは、ケニア西部にあるキシイ地方が産地の石鹸のように柔らかい材質の石のこと。 この石を使った彫刻を国内外に出荷することが古くから現金収入を得る貴重な手段となっています。 無印良品は現地の商品の品質向上へつながることを願い、このソープストーンを使ってデスクトップ小物の開発を始めました。 生産者のグループは、利益の一部を図書室やPCルーム設置運営にあてて地域へ還元しています。      ◆カンボジアの染め物  今後は、エコフレンドリーな天然染めの商品開発をカンボジアで始める計画を発表しました。 染料の原料は花の茎や家具の端材などを使い、染料抽出後の残渣も有機肥料として活用されます。 現地に工場を建設し、2015年までに300人の地域の人々を採用する予定。 また、濃紺染めの新商品を開発するため、インディゴの栽培も開始し、さらに50の新たな仕事を創出する計画もあるそうです。      BCtAのプロジェクトマネージャー・サバ・ソバーニさんは  「素材やシンプルな包装にこだわりながらデザインを通して問題解決に取り組む無印良品がBCtAに参加してくれたことをうれしく思います。 ローカルの人々を雇用し、紛争地域の人々から製品を調達することで後発の開発途上国に投資するという活動が、このプロジェクトをユニークで意義あるものにしています」   とコメントしています。      日本の一般企業の取り組みがこのように世界で認められ、役に立っていることはとても誇らしい。 2013年秋に発売予定のMUJI×JICAのプロジェクト商品、その後に続くオーガニックコットンの天然染めタオルが店頭に並ぶのがとても楽しみ。(mylohas.net)      ツイートこの記事をつぶやく
               美人すぎる漫画家、『週刊ビッグコミックスピリッツ』でグラビアデビュー        2013ミス・ユニバース日本代表に選ばれ、プロ級の腕前を持って漫画を寄稿するなど “美人すぎる漫画家” としても話題の松尾幸実が、小学館 『週刊ビッグコミックスピリッツ』 6月24日発売号で本格グラビアを披露している。      クールなカットから部屋着でのプライベートなカットまで、「初グラビアとは思えない様々な表情は必見です」 (ビッグコミックスピリッツ編集部)。 本人直筆のオリジナルイラストも掲載する。      無料漫画サイト 「やわらかスピリッツ」 では、期間限定でアザーカットを公開。 さらにスピリッツのHPでは、期間限定でメイキングムービーを配信する。(rbbtoday.com)          ツイートこの記事をつぶやく
        エクスペリア        Here is the latest specs of the coming super phone – Sony i1 (Honami) | Svartling Network      以下が 「Honami」 の新たな詳細。さらに非常にぼんやりとした本体写真とされるものも公開されています。        ・ディスプレイ    あらゆるシーンやコンテンツを鮮やかに表現できるトリルミナス、空気層を無くすことで反射を抑えたオプティコントラスト、そして超解像技術 「X-Reality Engine」 を採用したコントラスト比2000:1の5インチフルHD(1920×1080)液晶。        ・CPU    GPUも強化され、複数の周波数帯を束ねてLTEをさらに高速化するキャリアアグリゲーション技術に対応したクアルコムの最新CPU「Snapdragon 800(2.3GHz、クアッドコア)」搭載。        ・メモリ、ストレージ    2GBのRAMと32GBのフラッシュメモリ搭載。 microSDカードによる容量拡張も可能。        ・カメラ    2/3インチのExmor RSセンサーとソニーのGレンズ、そして高速画像処理エンジン 「BIONZ」 採用の1300万画素カメラ搭載。フラッシュはデュアルLEDとキセノン。 UIはサイバーショットのものを採用し、レンズを交換できる可能性も。 前面カメラは1080p動画撮影対応の220万画素 Exmor Rカメラ。        ・音質    デュアルステレオスピーカーに加えて、ハイエンドウォークマン向けのフルデジタルアンプ 「S-Master MX」 搭載。        ・バッテリー容量    3000mAh。 さらに改善されたスタミナモードも。        ・その他    Xperia Zの 「Dragontrail glass」 よりも強固なガラスをディスプレイに採用し、本体はカーボンファイバーとガラス、金属採用。 防水・防塵・耐衝撃を備え、赤外線にも対応。        あくまで確定スペックではありませんが、実現すればXperiaとサイバーショット、そしてウォークマンを1台にまとめて持ち歩けるようになるという、まさに夢のようなモデル。        特にフルデジタルアンプ 「S-Master MX」 については音質に定評があるため、本当に搭載されれば別途スマートフォンに小型アンプを取り付けて持ち歩いているような音にこだわりたいユーザーも取り込めるのではないでしょうか。        なお、ブランド名および型番が 「Sony i1」 へと変更される可能性も示唆されていますが、ここまで完全にソニーの技術を統合するのであれば、そのようなネーミングが施されるのも無理はないのかもしれません。        ちなみにソニーの平井社長は5月に世界各地で好評を博している 「Xperia Z」 に続いて、「総合力を生かした最強の商品を投入する」とコメント。 おそらく秋冬モデルでの展開になると思われますが、AppleのiPhone 5Sとぶつかることになるのかが気になるところです。(buzzap.jp)       いくら機種が良くなっても電波の通りが悪いと意味無いからな~~       ツイートこの記事をつぶやく