悪魔のタワー        コロンビアの第2の都市メデジンの郊外にあるグアタペの街には、7000万年前に形成されたという巨岩 「ピエドラ・デル・ペニョール」 があり、現地では人気の観光スポットとなっているそうです。        景色の美しさもさることながら、ひと目見たら忘れられない、靴ひもを結んだような(?)景観をご覧ください       1.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」02  場所はコロンビア北西部。        2.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」01  「ピエドラ・デル・ペニョール」は高さ220mもある巨大な1枚岩。      別名として 「悪魔のタワー」 や、近隣の街の名前から 「グアタペ・ロック」 とも呼ばれています。      この写真からだと 「どの辺が靴ひも?」 と思うかもしれませんが、アングルを変えると……。        3.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」03  つぎはぎだらけ!?        4.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」04  大ケガを縫合したようにも見えるこの正体は……。        5.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」05  そう、階段がジグザグに、上まで続いているのです。        6.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」06  全部で649段。        7.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」07  頂上まで登るのは大変そうですが、登りきると……。        8.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」08    これはっ!?        9.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」09    なんという絶景!        10.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」10  頂上は360度見渡せるパノラマになっているとのこと。        11.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」11  あたり一面に広がるのは湖。        12.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」12  こちらは、近くのグアタペの街。        13.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」13  とてもカラフルな街並み。        14.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」14  石畳の景観は、スペインの植民地時代そのままとのこと。        15.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」19  岩には大きく 「Gl」 の文字が書き込まれていますが、「GUATAPE」 とペイントしようとしたところ、近隣の別の自治体からクレームが入り問題となっているとのこと。 景観上からも必要ない気がしますね……。        16.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」20  遠くから記念撮影しても様になります。        17.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」16  これだけのスポットだけに観光客もたくさん。 階段以外の場所は、ロッククライマーの人気スポットになっているそうです。        18.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」15  お土産も売られています。        19.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」17  混んでいる時はこの通りの行列。        20.   巨岩「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」18    でもこの眺めが見られるなら、すべてが吹っ飛ぶのではないでしょうか。          メデジンは地球の歩き方にも載っておらず情報も少ないのですが、ネット上の情報からは、コロンビアのイメージ通りに治安が悪いという意見と、近年は危険な地域を把握していればリスクは少ないという意見に分かれていました。        いずれにせよ行ってみたいという人は、しっかりした下調べが必要なようです。(labaq.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      水星        夜空を彩る星たちを眺めると感じる ”宇宙の神秘”。 そんな誰もが感じる尽きることのない興味を胸に、日夜研究に励んでいる人たちがいます。 今日は久しぶりに宇宙の話題をお届けします。        NASAの水星探査機メッセンジャー号が、6年以上の歳月をかけて水星の軌道に乗ることに成功したのが2011年3月。 その後1年間に集められたデータが生んだ画像の美しさに、いま世界の注目が集まっています。        ご覧頂くのは、厖大かつ貴重なデータを元にNASAと米ジョン・ホプキンス大学が合成に作成した水星の美しい360度パノラマ画像。 これは史上初!        メッセンジャーは、水星の軌道上を24時間に2度ずつ周回。 1年に渡り、なんと88746枚もの画像を撮影しました。 厖大な量の地質学的データと共に、1億5500万キロ離れた地球に届けてくれたのです。        撮影には特殊なカラーフィルターが使われ、1ピクセル=1kmで水星のほぼ全表面をとらえることに成功。 1973年のマリナー号の時は、水星全体の45%だけに終わったことからも、今回の成果の貴重さが分かります。        それにしても、なんと独特で美しい色合いでしょう。 濃淡からは、水星の地殻物質の構成や地表に露出していた年月が読み取れるそうです。        白から明るいブルーに見えるのは、若いクレーターの光条(こうじょう)と言われるところ。 隕石などが衝突した時に噴出物が放射状に広がった跡です。 濃いブルーは 「不透明鉱物」、そして、焦げたような部分は固まった溶岩なんだそうです。        メッセンジャー号は、たった今も水星近くの軌道を周回中。 今回の素晴らしい成果を受け、ミッションが延長されたとか。(youpouch.com)        どんな成果を届けてくれるか楽しみですね。         その動画はこちらから      http://www.flickr.com/photos/gsfc/8497927473/in/photostream/           ツイートこの記事をつぶやく
      梅雨        ジメジメと過ごしにくい梅雨の時期。 女性のみなさんは特に、なんだかいつもより体調が優れないなぁ……と思うことはありませんか?        こういうときって、自分では心をコントロールできずにイライラしがちになり、思わず恋人などに冷たくあたっちゃったりするんですよね。 心のなかでは、けっしてそんな可愛げのない態度なんてとりたくないのにね……。        でも、もしかしてこれって自分だけなのかしら。 ほかの女性のみなさんはどうなんだろう。 気になりますよね。 そんな悩めるアナタにピッタリのアンケート調査が、ドコモ・ヘルスケア株式会社により実施されたのでご紹介します!        同社はドコモのスマホで使用できる健康支援アプリ 「カラダのキモチ」 のサービス開始にともない 「女性の体調管理や体調不良による影響」 に関しての意識調査※を実施。 それによると、やはり、多くの女性が体調不良を感じていることがわかったのです。

 【梅雨シーズンに女性の半数以上が不調】

     「普段、原因がはっきりしないけれど、体調がすぐれない」という質問では、7割強の女性が 「よくある」 「たまにある」 と回答。 特に 「1年のなかで最も心身の不調を感じることが多いシーズン」 として、梅雨シーズンである6月と答えた女性が半数以上になったそうです。 ちなみに、2位は新年度・新学期で何かと気を遣う4月、3位は5月が続く結果に。       梅雨1        また、不調を感じやすい天気は47.8%の女性が 「曇りの日」、43.0%の女性が 「雨の日」 をあげており、どうやら天候と体調は何かしらの関係があるようです。

 【生理周期で心身の変化を感じる女性は93%】

     そうそう、女性が一番つらいのがココ。調査によると93%のほとんどの女性が生理周期による心身の変化を実感していることが判明しました。 具体的には1位 「カラダの不調(67.0%)」、2位 「気分の浮き沈み(57.5%)」、3位 「肌の調子の変化(49.5%)」 といったもの。 なお、20代は30代よりもメンタル面の影響を強く受ける女性が多いみたいです。

 【約7割が生理周期によって夫や彼氏への態度に変化あり】

     「生理周期による不調」 で夫や彼氏への態度が変わった経験についての調査では、「よくある」 「たまにある」 と回答した女性が約7割にも上っています。 うーん、やっぱりこの気持はどうにも抑えられないのよね。 特に20代後半女性はほかの世代よりも高い結果になりました。       梅雨2      

 【生理中の女性の対処策に年代差アリ】

     生理周期によって奥さんや彼女の態度が変わったと感じた経験がある男性は 「よくある」 「たまにある」 をあわせて6割に。 って、バッチリ気づかれてるじゃない! で、こんな不安定な状態の彼女たちに対して、パートナーたちはどんな対処をしているのでしょうか?         ・年代別の対処法    20代前半の男性は、 1位 「いつもより優しく接する(47.5%)」、2位 「普段どおりに接する(37.7%)」、3位 「なるべく近づかない(11.5%)」      30代後半男性は、1位 「普段どおり接する(51.9%)」、2位 「なるべく近づかない(27.8%)」、「いつもより優しくする(20.4%)」      と年代によって大きく変化があるようです。 30代にもなると、もう女性の扱い方がわかってくる……ということかしら。ムリにご機嫌をとろうとしないのは、彼らが経験で得た知恵のなのかも。

 【8割以上の男性=女性の気持ちが分からず苦労】

     さらに、妻や彼女の気持ちが分からず苦労したことがあると答えた男性は82%にものぼる結果に。 30代後半男性に至っては、理解する努力を 「あまりしていない」 と回答する人がほかの年代に比べて多かったのだそうな。 やはり女性の気持ちは複雑すぎて、理解する努力さえも諦めてしまうということなのかもしれません。       梅雨3      

 【女性自身も7割以上が自分の気持がわからない】

     「自分の気持ちがわからない事はありますか」 という質問に対し、「よくある」 「たまにある」 と回答した女性は72.8%も。 このイライラの理由が自分にも “わからない”  とくれば、パートナーだってわかるはずもないですよね。       梅雨4        なお、こういった生理周期による不調で病院受診したいと思っても4人にひとりは忙しいなどの理由で通院せず、特に30代前半では64%もの女性が 「何もしていない」 そうです。 ここは自分のため、そしてパートナーのためにも受診した方が良さそうです、はい。

 【「受診時のお見舞金」が支払われるサービス登場!】

     なお、今月1日よりサービスを開始したドコモのスマホアプリ 「カラダのキモチ」 を利用すると、体や心の調子がわかり、快適な生活を送るためのアドバイスを受けられるそうです。 しかも、“入力された基礎体温などのデータから体の変調を検知した際には、お客様に医師の診察を受けることを促し、「受診時のお見舞金」をお支払いする安心サポートを実現” したそうです。 な、なんて女子の味方なサービスなの!       梅雨5        というわけで、女性のみなさん、ここはひとつご自身の体調管理としっかりと真面目に向き合ってみては?        ※調査対象:全国のパートナー(夫、彼氏)がいる女性(21~39歳)400名、パートナー(妻、彼女)がいる男性400名(youpouch.com)            ツイートこの記事をつぶやく