VERY        「自分の胸でミルクが生産されるという、珍・仰天・怪奇現象…」。 主婦向けの月刊ファッション誌 「VERY」 (光文社発行)が公式ツイッターでこうつぶやいたところ、女性漫画家らから反発が上がり、謝罪する事態になっている。          主婦向け女性誌といえば、子育て中の女性らを応援する立場だ。 しかし、7月号の内容を2013年6月4日に予告したこんなツイートが、騒ぎを起こしてしまった。      
「『断乳太り』の真実! 太るとか痩せるとかはともかく、男性からみると、自分の胸でミルクが生産されるという、珍・仰天・怪奇現象に平然としている女性というものに、生物的敗北感」
         これに対し、「臨死!! 江古田ちゃん」 などで知られる漫画家の瀧波ユカリさんが翌5日のツイッターでこう切り出した。      
「平然となんかしてない。 可愛かったおっぱいが変わってくの悲しかった」      
   さらに、「いまだに毎晩お風呂の前に鏡見てショボーンってしてます」 と漏らし、女性誌に言われて 「敗北感すごい」 「ショック」 と嘆いてみせた。          しかし、VERYの公式ツイッターは、この発言をフォローするつもりだったらしく、次のようにユカリさんあてにつぶやいた。      
「なるほど、妊娠授乳中にうかつな男が近づかないように 『可愛くなく』 一時的にトランスフォームするわけですね。 妊婦ヌードが売れないわけです。 そういう問題じゃないか」      
   すると、ユカリさんは、「編集部内でツイートの内容について検討されたほうがよいのでは」 と遺憾の意をツイッターで示した。 同じ漫画家の東村アキコさんも、発言に賛同して、「妊婦さんに失礼ですよ」 とVERY側を批判した。         東村アキコさんは、公式ツイッターのプロフィールに 「公私をわきまえず、思いつきで」 と書いてあるのにあきれ、「ユーモアのつもりかもしんないけどさ、下品すぎるよ」 と嘆いた。            ツイッターなどでは、ほかにも批判が相次ぎ、VERYの公式ツイッターでは、2013年6月5日に謝罪に追い込まれてしまった。 そこでは、「女性の体は男性からみると不思議だ、ということを言いたかったのですがたしかに下品でした」 と言っており、VERYの公式な見解ではないとしたうえでツイートを撤回するとしている。          一方で、瀧波ユカリさんらの批判に対し、VERY側は冗談で言っているだけではないか、何もそこまで責めなくてもいいはず、といった疑問もネット上で相次いだ。 この点について、ユカリさんは、「女性誌のアカウント発信だったので、見過ごせなかった」 「いつでもどこでも言っていいとは思わない」 とツイッターで反論している。          VERYの編集部に取材すると、公式ツイッターは中年男性の副編集長が担当していることを認めた。          光文社では週刊誌出身ということもあってか、副編集長は12年1月、公式ツイッターでの発言を 「ブラックでディープで無意味なツイート」 と自称していた。 また、「ずれている」 「ふざけている」 「どうかしてる」 と読者から指摘され、そのときは、発言を自らのフェイスブックへ移行したいとも漏らしていた。          今回のツイート後も、謝罪前には、「男性が大量に生産するおたまじゃくし達の方がもっと不思議」 とのつぶやきに、「たしかに! あれは小さくてよく見えないからいいようなものの、おたまじゃくしがうじゃうじゃ視認できたらじぇじぇじぇ! ですよね」 などと返していた。          ツイートについて、VERYの編集部では、こう説明している。        「本人は、主婦や妊婦の方を大切にして、応援していきたいと思ってやっています。 今回は、使う言葉を間違えてしまったので、本人も反省しています」(j-cast.com)          今の編集人って品格というか品性が欠けているんだな!? 光文社もアホな社員を副編集長にしたもんだ!!                      ツイートこの記事をつぶやく
      フェイスブック        世界的に利用されているソーシャルネットワーキングサービスの 『Facebook』 に、新たな脅威が潜んでいることが判明しました。          ・ バカみたいにみんな騙される      その脅威とは、『ゼウス』 と呼ばれるウイルスによる個人情報の抜き取りです。 Facebookのファンページを利用して、多くのユーザーを取り込み、クレジットカードやネットバンキングの情報を収集しているのです。 専門家は 「バカみたいにみんな騙されている」 と警告を発しています。          ・ 日本の銀行だけを標的にした亜種も存在      『ゼウス』 とは、機密情報の搾取に特化したウイルスです。 実は日本の大手銀行だけをターゲットにした亜種も存在し、銀行やセキュリティソフト関連会社が利用者に注意を促しています。          ・ 感染しても気づかない      このウイルスが厄介な点は、潜伏期間を設けていることです。 パソコンやAndroid端末が感染した後に、しばらく何もしないため、ユーザーは感染していることにほとんど気づきません。 しかし、ネットバンキングやクレジットサービスにログインすると、パスワードやアカウント情報を抜き取ってしまうのです。          ・ Facebookでユーザーを誘い込む      ウイルス自体はそれほど新しいものではありません。 しかし最近になって、アメリカでは情報を抜き取られる被害が続出しています。 一体なぜなのでしょうか? その背景には、Facebookを利用してユーザーを誘い込む手口が流行り始めているからです。          ・ ユーザーの心を逆手にとる      詐欺に対する抗議活動を行っている、エリック ・ファインバーク氏はFacebookのファンページに悪意のあるリンクがあることを見つけました。 そのファンページとは、「ロサンゼルスにN.F.Lチームを」 というもの。 ロサンゼルスにはアメリカンフットボールのチームがありません。 それを逆手にとって、スポーツファンの興味を引き、ページに誘い込んでいるのです。          ・ 同様のファンページがいくつも存在      このほかにも、同様にユーザーの心を逆手にとったファンページがいくつも存在するそうです。 ファインバーク氏はこれらのページをセキュリティの専門機関に解析を依頼したところ、ページ内のリンクから 『ゼウス』 を発見したと報告しています。          ・ ユーザーに注意を促していく      彼はFacebook側に十分な対策をとるようにと、繰り返し忠告しているのですが、Facebook側の担当者は 「ウイルススキャンを実施しており、ユーザーに注意を促していく」 と回答するにとどまったそうです。          ・ 専門家はFacebookは聞く耳を持っていないと不快感      ファインバーク氏は担当者の回答に不快感を示し、「誰かを引っかけたいのであれば、『Facebook』 に偽のプロフィールを作ることだ。 バカみたいにみんな騙される」 と皮肉たっぷりな発言をしています。 さらに 「彼ら(Facebook)は聞く耳を持っていない。 利用には十分に注意する必要がある」 と語っています。 ユーザーはむやみにファンページに参加しないように注意し、不明なリンクはクリックしないようにした方が良いでしょう。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
            何        パイライト(黄鉄鉱)という鉱物をご存知でしょうか。        鉄と硫黄からなり、鉱山で産出されるありふれた鉱物なのですが、その結晶はとても天然のものとは思えない形状をしているそうです。        海外サイトで驚かれていた、「パイライトの立方体」 と題された写真をご覧ください。       バイライト        これが天然の鉱物ですと?      幾何学的な直線と言い、つるつるした表面の光沢と言い、人工的に作られたものにしか見えません。      もし予備知識なしにこれを発見したら、古代の超文明や宇宙人が残したオーパーツだと信じてしまいそうです。        海外掲示板の反応を抜粋してご紹介します。      ●「自然の中には直線はない」というのはウソだと思ってたんだよな。    ●これは完璧に直線だったのか、少しカーブされているのかどっちなんだろう。    ●完全な直線だよ。    ●自分も子供のときからずっと、自然界に直線のものはないと思っていた。しかしこれはどう見ても直線だ。    ●全然関係ないけどこのオークションの石の売り方はうまいと思う。        「黄鉄鉱」02    ●↑待て、ちゃんと下までスクロールするんだ。         「黄鉄鉱」03    ●ボーグの排泄物みたいだな。    ●先祖たちがこれを見て、「何て完璧なんだ」と思ったのかなと想像してしまう。エイリアンが持ってきたみたいだ。    ●トランスフォーマーがやってくる。    ●自分は信じない。絶対に宇宙人が作ったんだ。    ●マインクラフト!    ●これ、どうやったら作れるんだ。        英名である 「パイライト」 は、ギリシャ語の「火」を意味する 「pyr」 に由来し、ハンマーなどで叩くと火花を散らすことから名付けられたそうです。        また、色合いから黄金と間違えられやすく 「愚者の黄金」 “fool’s gold” とも呼ばれています。(labaq.com)          ツイートこの記事をつぶやく
      丸亀製麺        うどんチェーン店 『丸亀製麺』 を運営するトリドールが、ロサンゼルスのうどん店 『丸亀もんぞう』 (MONZO)に対して 「丸亀という名称を使うな」 とクレームつけた件について、インターネット上で 『丸亀製麺』 に批判が殺到し、炎上状態となっている。          ・『丸亀もんぞう』 は丸亀市で修業した職人の店      ロサンゼルスの 『丸亀もんぞう』 は、丸亀市の人気うどん店 『夢う』 で修業した職人たちが働いている、まさに 「讃岐丸亀の味」 を堪能できるうどん店。 その味は確かなようで、ロサンゼルスでかなりの人気店になっているという。          ・ Facebook で暴露      その店に対して 『丸亀製麺』 が 「名称に丸亀を使うな」 とクレームをつけたというのだ。 この件は 『夢う』 店主が Facebook で暴露したために判明した出来事である。 このクレームが暴露されたあと、『丸亀製麺』 に対してインターネット上で批判が殺到。          ・丸亀は『丸亀製麺』だけのものじゃない?      『丸亀製麺』 が批判されている原因はいくつかあるが、多くの人たちが 「丸亀は地名だ。 その言葉はおまえのだけのものじゃない」 と感じているようだ。 以下は、批判されているポイントと消費者たちの声をまとめたものである。          ・ 『丸亀製麺』 が批判されているポイント    『丸亀製麺』 は丸亀市と直接的な関係がない(本社は神戸市)    『丸亀製麺』 という店名なのに丸亀市に一店舗もない    『丸亀製麺』 はロサンゼルスやアメリカ本土に一軒もない(ハワイに一店舗)    『丸亀製麺』 が地名の 「丸亀」 を自分のもののように扱っている    『丸亀もんぞう』 は丸亀で修業した手打ち職人が働いている店          ・インターネット上の声    「悪質だ……絶対いかない!」    「丸亀製麺がそうするなら丸亀市が丸亀製麺の名称差し止めしろ」    「丸亀製麺はカビうどんを出したあげくにこんなクソみたいな事まで」    「そんな事言う権利は無いはずだな」    「丸亀と一切関係ないくせにえらそーやなあ」    「そりゃ真っ当にやってるうどん屋は怒るよね」    「カビ事件から飛ばしてるな 倒産しちゃうよ~」    「丸亀製麺は好きだが、儲けに走りすぎて頭にカビでも生えたか?」    「この場合の 丸亀 って 札幌ラーメン みたいなもんじゃないの?」    「すげぇな丸亀製麺。頭茹だってるんじゃないか」    「近場にあって安いから利用してたけど、ドン引きだわ。もう利用しないでおこう」    「根性にもカビはえてんのか」    「丸亀製麺好きやけど、丸亀の名前を濫用するのはいただけないなぁ」    「これ本当ならカビに続きまたしても評判悪くなりそうやね」    「丸亀の面汚しやめろ」    「丸亀出身としてはそっちが勝手に使うなと言いたい」    「一番の被害者は丸亀市だよな、「丸亀=カビ」のイメージだもん」    「丸亀発祥じゃないアンタが言うなと」    「これはちょっと調子乗ってきたな」          ・ 『丸亀製麺』 を擁護する声はほぼ皆無      なかには 「うどん県知事と丸亀市長は動くべき。 知らない人は本当に丸亀市発祥と思ってる」 や 「丸亀製麺クズすぎだわ」、「盗人猛々しいとはまさにこのこと」 とコメントや批判をしている人もいた。 ほとんどの声が 『丸亀製麺』 に対するバッシングとなっており、擁護する声はほぼ皆無といった状態。          ・ MARUKAME がアメリカで商標登録されている      『丸亀製麺』 を運営するトリドールは、アメリカで 『丸亀製麺』 ロゴと 『MARUKAME』 という文字を商標登録している。 ロゴデザインは似ているようには思えないので、『Marugame Monzo』 の Marugame が、商標 『MARUKAME』 を侵害しているという主張なのだろう。          ・ 「文化」 や 「心」 も考慮した企業判断      世論と法的な判断が合致するかどうかは、また別の話。 よって、もしこの問題が法的な手段での解決になった場合、どのような判断が出るかわからない。 しかし今回のクレームによって 『丸亀製麺』 に対する見方が変わった人が多くいるのは確かなようだ。(rocketnews24.com)          「文化」 や 「心」 も考慮した企業判断が大切であることがわかる一例だろう。        ▼ 『MARUKAME』はアメリカで文字として商標登録されている   MARUGAME       ▼アメリカでの登録商標『丸亀製麺』ロゴ 丸亀         ツイートこの記事をつぶやく