機動隊員        「こんないい日に、お巡りさんも怒りたくはありません」。 日本のサッカーW杯出場決定に沸いた渋谷駅前のスクランブル交差点で、マイクを持ってこんな粋な誘導をした警視庁の機動隊員がネット上で話題になっている。          W杯の度にカオス状態になってきたスクランブル交差点は、出場がかかった2013年6月4日夜は、初めて封鎖されることになり、波紋を呼んだ。        いざ日豪戦が始まるころになると、機動隊が実際にバリケードを築き、スクラムの列を組んだ。報道によると、警備の数は数百人に達したそうだ。          そして、本田圭佑選手がPKで劇的な同点ゴールを挙げると、サポーターらが交差点にも次々に集まり出した。 あわやサポーターと機動隊が衝突かとも予想される中、ツイッターでは、こんな意外な声が上がった。      
「【速報】警官が日本代表おめでとうとか言い始めたぞ」      
   機動隊のうち若い男性警官1人が警察車両の上に立ち、マイクを持って呼びかけ始めたのだ。          この警官は、騒ぐサポーターたちを怒鳴り付けることはなく、意外にもこんなスピーチを始めた。      
「目の前にいる怖い顔をしたお巡りさんは、皆さんに好きでこういうことをしているわけではありません。 心の中では、日本代表のワールドカップ出場を喜んでいるんです」   「皆さんのチームメイトなんです、お巡りさんも。 どうかチームメイトの言うことを聞いて下さい。 お願いします」
         静かに交通ルールとマナーを守るよう呼びかけると、驚いたサポーターから歓声と拍手が沸き起こった。 これに対し、警官は声援に感謝しながらも、「皆さんが歩道に上がってくれる方がうれしいです。 どうか歩道に上がって下さい」 と訴えた。          こうしたやり取りは次々にツイートされて、ネット上で大きな話題になった。              男性警官について、その巧みな話術からDJをしているのではないかとの憶測も出て、 「DJポリス」 とのニックネームが付いたほどだ。          「ケガをすると後味が悪くなってしまいますよ」 という呼びかけは、コミックマーケットでの誘導方法に似ているとの指摘も出た。 また、東京ディズニーランドのアルバイトをしていたのでは、といった声もあった。          一体どんな警官なのか、警視庁の広報課に取材すると、DJやコミケの誘導などをしていたことは否定した。 しかし、東京都江東区にある第9機動隊の広報係をしており、話術は得意だというのだ。          宮城県出身で20代になる隊員で、2012年9月20日に配属された新人だという。      
「その場で、自分で考えて言ったということです。 理由は聞いていませんが、ああいう場所なので、頭ごなしに言っても聞かないと考え、やんわりとソフトに言ったのだと思います」      
   話術については、13年1月31日にあった警備広報の競技大会で優勝した経験があるそうだ。 趣味の1つがスポーツ鑑賞といい、「本人もサッカーを見たかったかもしれませんね」 と笑う。         過去にこんなに話題になったスピーチはなかったそうで、取材依頼などが殺到しているという。          渋谷の騒ぎでは、隊員の誘導ぶりの効果かは分からないが、報道によると、逮捕者やケガ人などはいなかった。(j-cast.com)        頭越しに怒ると上から目線だから反発してなお更騒ぎ立てるからこういうの効果的なんだろう!!                        ツイートこの記事をつぶやく
                         お風呂        2013年5月に、100日洗わなくても着られるシャツが開発された。 汚れやにおいはおろかシワまでつかないというから、忙しいビジネスマンに最適だ。        人間の身体は100日間洗わなくても大丈夫だろうか? もしも風呂なし生活を続けたら、皮脂や汗がカビを呼び、皮膚炎や肉芽腫(にくがしゅ)に悩まされるだろう。        洗わなくても大丈夫なシャツはWool&Prince社によって開発された。 ビジネスでも着られるシャレたワイシャツで、話題性と1枚98ドルの低価格もあいまって、事業資金を集めるサイトkickstarterでは目標の10倍に及ぶ30万ドルもの投資を得たという。        さぞかし特殊な素材が使われているのだろうと思ったが、意外にもウールでできているのだ。        ウールのセーターを素肌に着ると、チクチクして快適とは程遠い。 ところが同社のウールはコットン・ソフトと名付けられ、綿並の肌触りが実現されている。 開発期間はたった6か月というから驚きだ。        綿のような肌触りを実現するカギは、繊維の太さだ。 人間の頭髪が60から120μm(マイクロ・メートル)、つまり0.06~0.12ミリ程度なのに対し、綿は15~20μmと非常に細い。        対してウールは35~40μmと綿の2倍ほど太く、その差は歴然としている。 そこで18μm程度の良質なものを使い、綿のような柔軟性を実現しているのだ。        すごいぞコットン・ソフト。 ウールマークは目立つところにつけてほしい。        100日間洗わなくて済む理由は、ウールの持つ優れた水蒸気の透過性だ。 同社の資料によると、ウールは綿のおよそ2倍、ポリエステルの約4倍も優れている。        汗の蒸発を効率的におこない、においのもととなる菌の繁殖を抑えているのだ。 綿は保水性が高く、湿ると菌の培養地と化してしまうが、乾きの早いウールはこの心配がない。        ビンテージもののジーンズは、生地が傷むので洗濯しない方が良いという話を聞くが、汗を吸ったまま放っておくと菌が繁殖し、かえって生地を傷めてしまうことになる。        ウールの方が有利だが、完全に菌を防ぐことはできないので、スペック通り100日たったら洗濯するのが良さそうだ。            人間は、何日間風呂に入らずに済むのか?残念ながらギネス世界記録には登録がなかったものの、インドに40年近く風呂に入らない男が存在した。 カイラシュ・カラウ・シン氏である。 身体を洗わずに過ごせば、男の子を授かるとの予言を信じ実行しているのだ。        風呂に入らず不潔な状態が続くと、皮膚にカビが生える。 水虫やたむしを代表とする皮膚真菌症だ。 ポピュラーなのは白癬(はくせん)菌で、足なら水虫、つめに入り込むと爪白癬(つめはくせん)のように、さまざまな部分で繁殖する。        なかにはカビと気づかないケースもある。 脂漏(しろう)性皮膚炎だ。 頭部や顔の皮膚が荒れ、フケのように粉をふく病気で、鼻の周りや頭皮のような皮脂が多い部分に発生しやすい。        皮脂をエサに癜風(でんぷう)菌が繁殖するからだ。 肌の乾燥とも思える症状だが、菌の刺激で皮膚がはがれているのだから、対処しないと毛が細くなったり脱毛につながる。        癜風菌は人間の皮膚にいる常在菌なので、誰が発症しても不思議ではない。 日焼けによる皮膚のダメージから発生する場合もあるし、ひとによっては首や背中にも広がることもあるので要注意だ。        カビの侵攻は皮膚にとどまらない。 体内で起きる深在(しんざい)性真菌症もあるのだ。        常在菌のカンジダが異常増殖すると、口の中に白いコケ状のものが発生する。 これがさらに進行するとカンジタ性食道炎に発展し、一部がポケットのように飛び出す食道憩室(けいしつ)や、糖尿病を引き起こすことさえある。        食道憩室は袋小路なので、盲腸と同様に食べ物が入ると詰まってしまい、これが口臭や炎症を引き起こす。        水虫も、放置すると菌が体内に浸透し、白癬菌性肉芽腫(にくがしゅ)を引き起こす。 脳に転移する場合もあるというから侮ってはいけない。        人間は細胞よりも多い常在菌と暮らしているので、弱わった身体はかっこうの獲物となる。        今後も風呂なし生活を続けるというから、シン氏の健康を祈りたい。(woman.mynavi.jp)           ツイートこの記事をつぶやく
                うそ        「なぜ、あんなにばれやすいうそをつくんだろう」、「どうせばれるなら、本当のことを言ってくれれば良かったのに」。 女性なら誰しも一度は、こんなことを思ったことがあるはず。 なぜ男性はばれやすいうそをつくのでしょう。そして、なぜ女性のうそは簡単にばれないのでしょうか。        ■ 女性はカンが鋭く、男性は一般的に鈍感なことが多い      男性のうそがばれやすい理由は、女性の鋭い直感力に見抜かれてしまうからです。 一方で女性のうそに対して、男性は直感力が働かないために見抜くのが困難なのです。 では女性が男性よりも直感力が優れているのは、なぜなのでしょうか。        ■ カンの鋭さは、赤ちゃんの言葉を理解するために与えられた天賦の才能      女性は子どもを育てるという大きな仕事があります。 子どもは生まれてからしばらくの間は、言葉が話せません。 表情、体温、しぐさ、それら形のない赤ちゃんからのメッセージを、女性は直感で理解し、ご飯が食べたいのか、おむつを替えてほしいのか、甘えたいのか、瞬時に判断して世話してあげなければなりません。 女性の直感力は、神様から与えられた天賦の才能なのです。        ■ 女性の知られざる力、「エンコーディング」 と 「デコーディング」      女性の直感力は、物事に気づきやすいだけでなく、物事の本質をズバリとらえるというところでも優れています。 物事の本質をズバリとらえる時に使われているのが、「エンコーディング・デコーディング」 力です。 エンコーディングというのは、あるデータを規則性や法則性に基づいて変換すること、デコーディングはその逆で、変換された情報から規則性や法則性を抜きだし、元のデータに戻すことを言います。        女性が初対面の人を見て 「あの人は信用ならない」、「あの人とはつきあわない方がいい」 などと、何の根拠もなく言いだすことがあります。        それは相手から読み取った情報を過去の経験や、自分の得た知識に基づいて素早く変換し、ある 「結果」 を女性がはじき出しているからです(エンコーディング)。 その逆で、相手をよく知らないのに 「ある結果」 から、「その人は、こういう人だ」 と人物像をはじき出すこともあります(デコーディング)。        ■ 女性は 「したたか」。 簡単にバレるうそはつかない      女性はうそを見抜きやすいだけでなく、大変手のこんだうそをつきます。 しかも 「無言」 や 「あいまいな言葉」 などを駆使して、相手の妄想力や想像力をかきたてて、「自分の口からはうそをつかないで、うそを相手に信じ込ませる」 というような高度なテクニックも用います。      自分の口からうそをつく場合には、時間をかけて論理的に矛盾がないか、じっくり考えてから口に出すために、早々に女性のうそは見抜けません。        ■ 男のうそは簡単、女性のうそは複雑な理由      男性のうそが簡単なのは、ひとつのことに気をとられてしまうあまり、行動や言動にほころびが生じてしまうのです。 その点、女性の場合は多角的に物事を把握し、うそが完ぺきになるまできっちり詰めるため、見抜きにくくなります。      男性、女性問わず、自分の身を守ったり、家庭や人間関係を守るために使われたりするのがうそです。 相手にうそをつかれてもあまり目くじらを立てずに、どういう気持ちでうそをついたのかも、併せて考えてあげるとよいでしょう。(woman.mynavi.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく