フォークユニット・19(ジューク)として活躍した岡平健治氏は、現在ある会社の会長を務め、自社ビルにはライブハウスを併設していると22日のバラエティ番組で明かした。 また、AKB48を卒業した川崎希氏はアパレル会社を経営、設立から約3年で年商1億円を突破する成功ぶりが雑誌インタビューで明らかになっている。      このように、芸能人から転身した人物が話題になることは珍しくない。 そんな 「成功した元タレント」 として忘れてはならない人物といえば、国民的アイドルSMAPのメンバーだった森且行だ。      森はグループ結成時からのメンバーとして活躍したが、冠番組であるフジテレビ系バラエティ 「SMAP×SMAP」 がスタートした1996年にSMAPを脱退。 かねてからの夢だった、オートレースの選手へと転身した。 現在は39歳となり、1児の父親でもある。      オートレースの世界では、選手学校時代に訓練中の大事故で重傷を負うも、過酷なリハビリを経て、1997年7月のデビュー戦で初勝利を獲得、2年目には新人王決定戦で優勝、7年目にはG2レースで優勝している。 また、デビュー13年目の2009年には 「G1開設57周年記念グランプリレース」 でG1初優勝を飾るなど、勝負の世界で堅実に成果を上げ続けているようだ。 6月3日現在の記録では、レース成績で分けられる最高クラスS級にランク付けされており、一流選手の一人となっている。 また、テレビCMやポスターにも登場しており、PR活動にも貢献している人気レーサーでもある。      オートレースの公式サイトによれば、2008年の森の獲得賞金は約4,500万円で、全国トップ10入りを果たしている。 2012年に発表された獲得賞金も約2,600万円で、徐々に落ち着いてはきているものの、その生涯獲得賞金はすでに4億円を超えているという。 トップ選手である森は、オートレース選手の平均年収額である、1,300万円を上回る収入を得ていることが予想される。      森が仮にSMAPに残留していた場合、現在よりも多くの収入を得ていた可能性は高いだろう。 しかし、自らの意思でアイドルを捨て、オートレース人気にも貢献する森の評価は、金額では推し量れない価値をもっていることは間違いない。(livedoor.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
       俳優の美木良介(55)が考案した 『ロングブレスダイエット』 で、大幅な減量に成功したとされるタレントの森公美子(53)のブログが大きな話題となっている。 「呼吸で痩せたらノーベル賞」 と、ロングブレスだけでは痩せないことを彼女は訴えたのだ。 この話題について、自身もテレビ番組でダイエット企画に挑戦した経験のあるデヴィ夫人(73)が、「森さんは正直に本当のことを言っただけ」 と彼女を擁護している。        6月4日付のデヴィ夫人のブログ 『デヴィの独り言 独断と偏見』 では、彼女が過去のテレビ番組で挑戦したダイエット企画について真実を述べている。        ブログによると、ひとつは “アボカドだけで5キロ減量” という企画。 アボカドが大好きだというデヴィ夫人は喜んで挑戦したものの、期間内に減量が間に合わなくなったそうだ。 最後の6日間は断食を実行して、何とか 「体重5キロ減量」 ということにしたらしい。 しかし番組の視聴者にアボカドだけで痩せた-と思われることに、デヴィ夫人は心苦しかったという。        また最近放送された番組でも、デヴィ夫人はあるダイエットに挑戦したそうだ。 だがやはり2週間実行しても体重が思うように減らず、最後は食事制限をして減量したとブログで明かしている。 同番組で別のダイエットに挑戦した出演者も、運動と食事制限を一緒に実行していたそうだ。        デヴィ夫人は 「どんな方法の ダイエットでも エクササイズと 食事療法はつきもの」 とし、また 「私達は人を故意に間違わせたり 信じさせたりすることは出来ません」 とも述べている。 森のブログでの発言は、「良心の呵責からで 決して 間違ってはいないのです」 というのがデヴィ夫人の見解である。        一方でロングブレスダイエット批判を展開した森に対し、「恩知らず」 「ダイエットの仕事を引き受けておいて、プロ失格」 という意見も少なくない。 今回の問題はダイエット番組の制作側や出演者にも、何かしら影響を与えそうな気配である。(techinsight.jp)          あの体重をダイエットするんだから食事制限なかったらやせないだろう!! 批判するのは如何なものか!?って思うが。                      ツイートこの記事をつぶやく
      ドコモお知らせ        ドコモ公式サイトが 「大人気のiPhone5が入荷しました! ご来店はお早めに!」 という告知を掲載していることが判明した。 実際に確かめてみると、確かにハッキリとそう書かれている。 さらに 「iPad miniが入荷しました。 色は白になります」 とも書かれており、非常に興味深い状態となっている。          ・ かなりの人気で入荷を待つ状態      そのような告知を掲載しているのは、ドコモのシンガポールの公式サイト。 ここのドコモでは iPhone5 や iPad mini を取り扱っているようで、告知文を読むかぎり、かなりの人気で入荷を待つ状態になることもあるようだ。以下はドコモの告知文である。          ・ ドコモの告知文      「大人気のiPhone5が入荷いたしました。 16GB、32GB、64GB全て取り揃えております。 お早めにご来店ください」      「iPad miniが入荷しました。 色は白になります。 詳しいお問い合わせは店舗まで」      「iPad miniが追加入荷しました。詳しいお問い合わせは店舗まで」      「日系企業にお勤めの方へ: iPhone5 $68, Xperia SP 0$ – 特別プロモーション実施中」(引用ここまで)          ・ 「大人気のiPhone5」と言いきっている      「なんだシンガポールのことか」 と思うかもしれないが、ガッカリするのはまだ早い。 日本に住んでいるドコモユーザーにとって、重要なポイントが告知文に隠されているのだ。 ドコモが 「大人気のiPhone5」 と言いきっている点である。          ・ iPhone5 の人気ぶりを無視できないはず      事実としてシンガポールのドコモで iPhone5 が人気なのだろう。 そう考えると、日本のドコモでも iPhone5 の人気ぶりを無視できないはず。 もしかすると、iPhone5S が今年中にドコモにくるかも!? 余談だが、ドコモのシンガポール法人は2012年末に設立され、2013年1月から早々にiPhone5の取り扱いをはじめている。          ・ iPad らしきものを使用しているカップル      さらに、シンガポールのドコモサイトには iPad らしきものを使用しているカップルの写真が掲載されている。 ということは、もしかするとiPadもドコモにやってくるかもしれない?(rocketnews24.com)          ▼ドコモのシンガポール法人のサイトに掲載されている告知文です   142412412412412       12442412412412412       41241212424124        ▼なんかiPadに見えますがどうなんでしょう   41214214412        ▼これはiPadでしょうか? それとも違うタブレットでしょうか   1241242123       ツイートこの記事をつぶやく
       「世界の工場」 として繁栄を支えた先進国の一流企業の多くが、中国から引き揚げる動きを見せている。          「現在の中国における生産比率は約70%。 今後はベトナムやバングラデシュ、インドネシアでの生産比率を高め、将来は中国以外の国で3分の1、中国は3分の2にしたい。 起こりうるリスクを考えた上で、どこで生産し、どこで展開していく必要があるのか、最適な答えを常に探している」        そう話すのはユニクロを展開するファーストリテイリング(広報部)だ。 同社のヒット商品 「ヒートテック」 を生産している東レも、タイやマレーシアなど中国以外での生産比率を高める方針を決めた。          また自動車部品の成形樹脂加工大手の児玉化学工業は、天津の子会社を地元企業に売却し、現地から撤退。          ラインが稼働する前に撤退を決めたのがセントラル硝子だ。 リチウムイオン電池用の高濃度溶液を製造する目的で、中国で合弁会社を設立したものの、最終的に相手と条件が折り合わず、合弁を解消して会社を清算した。        「何でも中国に持っていけばなんとかなると考えていたのが誤算だった。 これからの中国ビジネスは選別が必要になる」 (同社社員)          中国進出を回避する動きも出てきた。信越化学工業はハイブリッド車のモーターなどに使うレアアース(希土類)の加工拠点を中国ではなくベトナムに新設した。        「アメリカやオーストラリアなどでもレアアースの鉱山開発が進められ、世界的に中国依存度を下げる取り組みが始まっている。 当社も調達先を増やして調達リスクの軽減を図るとともに、ベトナムにも有力な鉱脈があるといわれているので、そこからの調達も視野に入れたい」 (広報部)          中国離れの動きは日系企業にとどまらない。 米アップルは同社の製品の組み立て最大手の富士康科技集団(フォックスコン)を帯同し、生産ラインの一部を米国に移すと発表した。 世界最大の電子機器の受託メーカー鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)の子会社であるフォックスコンは民間企業では中国最大の雇用の受け皿であり、150万人の従業員がいる。 生産移転が現実のものになれば影響は計り知れない。          またスポーツ用品メーカーの独アディダスは中国にある直営工場をすべて閉鎖。 スターバックスはコーヒーカップの製造工場を米国に戻す見通しという。(news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく