千葉市長        再選を果たしたばかりの熊谷俊人千葉市長(35)が、「ハンコ行政」 にツイッターで苦言を呈したところ、印鑑業者らの反発が相次ぎ、ネット上で論議になっている。          熊谷俊人市長が口を開いたのは、2期目市政の抱負を述べたタイミングだった。        2013年5月28日のツイートで、熊谷氏は、役所には 「印鑑を忘れた市民に出直しさせることを不思議に思わない体質」 があるとして、「役所文化の象徴:ハンコ」 と持論をぶち始めた。          熊谷氏によると、市役所では、内部決済などをほとんど押印で行っているほか、毎日の出勤簿、出張命令簿などすら印鑑を使っているそうだ。 それは電子署名などオンライン化の障壁にもなっているとし、今後は決済などをまず自筆のサインに改めるよう指示を出したことを明らかにした。          これに対し、役所体質に染まっているらしい幹部職員からは、こんな不満も漏れたという。
      「ハンコだと押した時の気分などで綺麗だったりずれていたりする。 あとで振り返ってその時の自分の気持ちを思い出せる」
         サイン化の指示後も、ハンコらしくするためか、「走り書きはダメ。 本人と分かるよう綺麗に」 とずれた言葉を部下にかけていたそうだ。          役所体質は、市民サービスにも現れており、印鑑登録証のカードを忘れると、現状では、印鑑証明を発行できなくなっている。 それではまた足を運んでもらうことになるため、熊谷氏は、運転免許証などで本人確認できれば発行するよう、市の印鑑条例を改正するとツイッターで表明した。          こうした熊谷氏の発言は、「ハンコ文化」 そのものも否定するものだと映ったらしく、印鑑業者からは異議の声が上がった。      
「言ってることは解るが、千葉の印章店が全滅することに関して何の対応も書かれていない。負の問題が有ることを語らないのはいかにもお役所的だ」
         これは、ある業者がツイートしたものだ。 また、家業の印鑑職人目指して勉強中という女性は、「我々の仕事を奪う気ですか? サインだけでやっている国に比べてサインと印鑑二つのセキュリティを施した方が犯罪を防げます」 と熊谷俊人市長に反論した。          これに対し、熊谷氏は、市民の利益と天びんにかけてハンコ行政を改めようとしており、そうしなければ何もしないのが最善ということになってしまうとツイッターで説明した。 また、印鑑のセキュリティ性については、「三文判OKな社会を鑑みればセキュリティ論は無理がある」 と述べた。          さらに進んで、製紙産業を例に挙げ、電子化が進んでも行政が保護していないとし、印鑑証明そのものについても、それでしか本人証明ができないのは不便だと主張した。 印鑑は否定しないものの、それありきではなく、電子証明なども活用できるのではないかと言っている。          ネット上では、熊谷氏の主張について、「印鑑というシステムを無くすとなると意外と不便」 などの疑問もある。 しかし、印鑑業者の既得権益を守るのではなく、「時代に応じた別の証明手段に変更するべきだ」 という意見が多い。          千葉市の市民サービス課では、印鑑証明は、家を買うなどの場合に求められることが多いとした。それを止めて、電子証明に切り替えることには否定的だ。        「提出先が求めるというならば、行政が印鑑証明を出さないわけにはいきません。 印鑑の文化に関わることですから、国全体の問題になると思います」 (j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
                                   最高の人間関係        家族や恋人とうまくいかない、上司に評価されない、友だちに嫉妬されて悪口を言われているなど、自分の日常で起こっているほとんどの問題は、掘り下げていくと「人間関係」につきあたります。それほど私たちの生活において人間関係の比重は大きいのです。      となると、人間関係さえ良好に保つ方法を心得ておけば、日常生活の問題の多くは解決できることになります。      カリスマ歯科医師・メンタルセラピスト・コーチとして、これまで6万人以上のカウンセリング経験がある  “心の専門家” で、潜在意識のマスターとして米国からも認められる井上裕之氏が上梓した 『すりへった心を満たして「最高の人間関係」でいられる本』 (扶桑社/刊)は、まさにそんな観点から書かれた一冊です。        今回はその中から、いい人間関係を引き寄せるための行動をいくつか紹介します。        ■ 「Yes」 の返事はすぐにする      職場などで人からものを頼まれた時、「はい」と返事をしていますか?      これは当たり前のことのように思えますが、無言だったり、ただ頷くだけだったり、案外できていない人が多いものです。      頼んだことに対して即座に 「はい」 と答えると、相手は安心感を覚え、あなたに対して好印象を持ちます。 その頼みごとをできるかできないかは別として、声をかけられた段階ではすぐに 「はい」 と答えることは、いい人間関係を作るうえでとても大切なことなのです。        ■ 人を本気で応援する      ビジネスで成功している人の多くは 「人から頼まれごとをした時、自分ができることであればやる」 と決めています。これは、人に親切にすれば自分が困った時に助けてくれる人が現れるということを知っているからであり、人のためにできることがあるのは幸せなことだと考えているからです。      自分だけが成功すればいいと考えている人に、いい人間関係が築けるはずもありません。  周囲の人が幸せになることが自分の幸せと考えることができる人だけが、困った時に救いの手を差し出してくれる人が現れるような、本当の人脈を手にすることができます。        ■ 価値観のキャパシティを広げる      自分と同じ価値観の人と仕事をしたり、話したりするのはストレスがなく快適です。 しかし、それが長く続くと、他の価値観の人を受け入れにくくなり、やがては価値観が違うということだけで打ち解けることができなくなってしまうことも。      社会の中では同じ価値観の人とだけ付き合うことはほとんど不可能です。そのため、自分と違う価値観を受け入れ、そういった価値観を持つ人と打ち解ける柔軟さがないと、良好な人間関係を築きにくくなってしまいます。        ■ 「いい言葉」 で自分の周囲を埋め尽くす      様々な場所で言われていますが、言葉にはとても大きな力があり、言葉一つで人を傷つけることもできれば、優しい気持ちにさせることもできます。      人間関係も一緒です。品のいい丁寧な言葉づかいを心がけていれば、自分の周りに品のいい人を引き寄せますし、粗野な話し方をしていれば浅はかな人を引き寄せてしまいます。      「ありがとう!」 「うれしい!」 「やったね!」 といったポジティブな言葉を常に使っている人の周りに、どんな人が集まってくるかは、説明するまでもないことですよね。        逃げようと思っても逃げられないのが人間関係です。      本書には、周囲の人と良好な関係を築き、発展させていくための考え方やアプローチがまだまだたくさん解説されていて、人見知りの人や対人関係に悩みを持つ人の強い味方となってくれそうです。(getnews.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく