歩道        自転車と歩行者の接触事故が増加するなか、自転車通行可能な歩道が続々と姿を消している。          法律上「自転車は車両」 であり、原則として車道を走らねばならないためだが、自動車の通行量が多い車道は危険。 自転車専用レーンの設置も遅れており、利用者を戸惑わせている。        警察庁が2012年10月5日付で公表した 「自転車の交通事故の実態と自転車の交通ルールの徹底方策の現状」 によると、2011年の自転車関連事故の全交通事故に占める割合は約2割で、増加傾向にあるという。 特に自転車対歩行者の交通事故件数は2011年に2801件に上り、10年前の1.5倍に達した。          道路交通法では自転車は「軽車両」 と位置付けられている。 車道と歩道が区別されている道路では車道を走るのが原則で、歩道通行は例外的なケースに限られる。 だが警察庁交通局長名で各都道府県警察の長らに発信された2011年10月25日付の文書を見ると、自転車利用者の間では歩道で 「歩行者と同様の取り扱いをされるものであるという誤解が生じていた」 と指摘し、「今一度、自転車は 『車両』 であること」 を広く徹底させることとしたと強調。 自転車利用者は歩道以外の場所を通行するよう促し、やむを得ない事情から歩道を利用する場合にも歩行者優先というルールを順守させる必要がある、としている。          これまで歩道によっては 「自転車通行可」 の標識が路上に示され、歩行者の妨げにならない程度に自転車の利用が認められてきた。 だが、警察庁の方針を反映してか、全国各地でこのような措置を撤回する動きが進んでいるようだ。 NHKが2013年5月25日に報じたところによると、全国の警察が 「自転車通行可」 の標識を取り外した歩道は、2012年で516か所、区間距離は356キロに及ぶという。最も長かったのは千葉県で87キロに達したそうだ。          前出の警察庁交通局長名の文書には、推進すべき対策のうち 「自転車と歩行者との分離」 の項目が設けられている。 ここでは歩道の自転車通行について実施場所の見直しに関する記述があり、道幅3メートル未満の歩道の場合、歩行者の通行量が極めて少ない、あるいは車道の交通量が多く自転車が車道を走ると危険というケースを除いて 「見直すこと」 を明記されていた。            自転車の車道通行促進のため、警察庁は自転車専用の走行場所の整備が不可欠としている。 2011年9月には 「普通自転車専用通行帯」 という標識を新たにつくり、車道での 「専用レーン」 確保のために活用しているという。          これに先立つ2008年1月、国土交通省と警察庁が連携して全国98か所の 「モデル地区」 を設置。 自転車専用レーンの整備に取り組み始めた。 国交省のウェブサイトには東京都渋谷区や三鷹市で自転車レーンが新設された様子を写した写真が公開されている。 2012年11月には、国交省の 「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」 の提言を受けて、自転車レーンの設置を含む 「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」 を公表している。          だが現状では、専用レーンが順調に増えているとは言えなさそうだ。 NHKの報道によると、2012年度で整備されたのは53か所にとどまっているという。 自転車通行可の歩道が撤去されたのが昨年1年だけで516か所に上っており、自転車が 「行き場」 を失っている印象を受ける。          この問題はインターネット上でも議論になっている。 ネット掲示板には、車道走行は危ない、歩道をゆっくり走ればいいのではないか、といった自転車利用者の意見や 「車道走らせるなら、(自転車を)免許制にしてほしい」 と、車を運転する立場からの声も出ている。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       【もうひとつの答え】      下の画像が示すように、ある正三角形を他の正三角形のなかで立体的に組み立て、正四面体を作る。 これが4つどころではなく、5つの正三角形を生み出すクリエイティブな答えである。 どうだろうか? みなさんはこの答えを、自力で見つけることができただろうか? もしできたのなら、あなたの頭は十分すぎるほど柔らかいぞ!! (rocketnews24.com)         もうひとつの答え      

▼この答えで実際に作ってみると、こうなる。これは確かにクリエイティブだ!

 

 

 

もうひとつの答え1

 

 

 

 

ツイートこの記事をつぶやく
                     脳        毎日たくさんのメールは打つけれど、ふと気が付くとペンなどで文字を書かなくなっているはず。 「手書き文字なんてアナログなこと、やってられないよ!」 なんて思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待って! 実は文字を書かないと脳が退化しちゃうってウワサもあるのです。        mynavi.jpに掲載されていた記事をご紹介します。        そこで、脳科学と教育について研究をしている、脳科学教育研究所所長・桑原清四郎先生にお話をうかがってきました。      

 指先を動かすことが大事

       ――桑原先生は「脳科学と教育」の専門家でいらっしゃるんですよね。      「もともと教師だったのですが、仲間たちと研究会などを立ち上げて、様々な尊敬できる教育者の方たちと出会いました。 その中で、東宮侍従も勤められた故清水二郎先生より 『脳科学に注目するといいですよ』 とアドバイスを受けた経験を得たことから、やがて脳科学について研究するようになりました。      脳は考え、物事を記憶するだけではなく、感情や行動もコントロールします。 ですから、脳の働きを知ることで、学習能力の向上や、様々な人間関係のトラブル・心の問題の解決にもつながり、教育の現場にとても役立ちます。 実際、脳科学を現場に取り入れ成果もあげているんです」          ――ところで、最近、物忘れがひどいのですが……。 指先を動かすと脳にいいと聞きましたが本当ですか?      「指先だけではなく、身体を動かすことは脳にいい刺激になります。 散歩をするだけでも違うんですよ。 運動すると脳の血流が増えて、脳の細胞の機能を回復してくれたり、ニューロンの連結を促してくれたりするんです。     また、指先は脳と直結し、指先にピピッと刺激を与えると、脳も鋭く反応するんです」      

 どうして手書きがいいのか?

       ――パソコンやゲームなんかも指先を動かしていますよね。 でも最近、すごく文字を忘れるんです。 漢字を書こうと思っても、とっさに出てこないんです。 加齢には勝てないということでしょうか?      「もちろん加齢により文字を忘れるということはありますが、脳の衰えはある程度は抑えられるんですよ。 ところで、日ごろ、文字を手書きしていますか?」        ――いえ、ほとんどパソコンかスマホです。      「パソコンは本当に便利ですよね。 私も仕事のときはパソコンです。 修正がしやすいので、原稿をまとめるのにちょうどいいです。      ただ、キーボードを打つと言う作業は単純なので、脳への刺激という点ではさほど役立ってはいないんです。 ですから、キーボードを打つよりも手書きがいいんです。      文字を書いた方がいいというのは、脳科学を学んでいる者にとっては初歩中の初歩の話。 脳の育成のためには、お子さんがいる家庭ではしっかりと文字を書かせるようにした方がいいんです。 また大人の場合、脳の老化を遅らせるのに役に立つと言われているんですよ」        ――キーボートを打つのと手書きの作業では、一体、何が違うのでしょうか?        「文字を書くときには、指先を繊細に動かすために、脳はとても集中します。 脳の神経細胞・ニューロンは、標的細胞に向かって伸びるので、その集中がいいんですね。      これがパソコンやスマホ・携帯電話と大きく違うところです。 パソコンのキーボードを打つときに、指先に繊細な命令を送ることはしないので、脳への刺激が少ないんです。      よく暗記するには 『書くのが一番』 と言われますが、それは本当なんです。 だから、いつも文字を書いている人の方が、物忘れが少ないのです。      人の脳は便利さの中では成長しません。 三角定規、コンパス、ノート、鉛筆……。 そんなものを使うのが実は脳には一番いいんです」      

 日本語は脳をいい状態にする

       ――文字を書くことと脳の関係で、日本語ならではの長所ってありますか?      「日本語には漢字やひらがななど多くの種類の文字があり、そしてとても繊細です。 ハネ、トメ、ハライ……。 他者に美しく正しい文字であると認識してもらうためには、とても細かい技を必要とします。 そのために指先を繊細に動かすことが必要となるんですが、それが脳にとってはよりよい状態と言えますね」        ――日本語をきちんと丁寧に書くと言うことでは、書道がとてもいいということですね。      「もちろんそうです。 書道をされる方は、高齢の方でもとてもしゃきっとしていらっしゃいます。 小学校で書道の時間があるのも、とても意味のあることなんです。      とはいえ、日ごろみなさんが墨と筆を用意するのは大変かと思いますので、ちょっとしたメモの字を丁寧に書いたり、友人知人へのメッセージも、メールで済ませるのではなく、手書きの手紙やメモにするといいですよ。      文字を美しく書くと思考がスッキリとするので、心のモヤモヤを取り除いたり、仕事で迷ったときにもいいかと思います」        ――最近は、家族や友人とのやりとりでさえ、すぐにメールで済ませてしまっていたので、これからは気を付けてみたいですね。        「話す、歩く、書く。 そんな基本的な動作が、脳にとっては大切な栄養です。 サプリメントを飲んだり、健康法に凝る前に、毎日の基本動作を見直してみてください。 いつもより少し多く、手帳に丁寧な文字で書きこんでみるとかでもいいんですよ」        今日から自分の脳のために、1日1回以上は手書きにトライしてみよう!          ツイートこの記事をつぶやく
      ハプニング        ふと何かを見たとき、一瞬、何が起きているのか理解できないことがある。 一体何が起きたんだ。 なんでこうなる。 何をどうすればこうなるんだ。 しばし考え 「なるほどな」 と思うときもあるが、結局ナゾのままのときもある。        ということで今回ご紹介したいのは、海外サイトに 「Can You Explain This?」 と題されて紹介されていた、何が起きたのか一瞬うまく説明できない画像20選である。 いくつかGIFアニメも混じっているぞ。        まず、もっとも謎なのがトンネルの幅ピッタリに駐車されたクルマである。 どう切り替えしても、こうは停められないだろう。 一体どうしてこうなったのか。 うまく説明できないが、横滑りしてきたとしか思えない。        他にも絶妙なバランスで成り立っている光景や、樹木の根本にハマっているタイヤなどの画像もあるが、最強に謎なのは 「太ったオジサンがプールに浮かぶ浮き輪めがけて飛び込むGIFアニメ」 だ。 なんでこうなるのか……謎である。       explain_this_10th_         explain_this_02th_         explain_this_04th_         explain_this_05th_         explain_this_06th_         explain_this_07th_         explain_this_08th_         explain_this_11th_         explain_this_03th_         explain_this_13         explain_this_14         explain_this_15         explain_this_16         explain_this_17         explain_this_18         explain_this_19         explain_this_21         explain_this_22         explain_this_23         explain_this_20       エ━━━(;゚д゚)━━━・・って感じばかり!!       ツイートこの記事をつぶやく
                                            iphone5        「iPhone5を水に浸すとスピーカーの音質が良くなる」 というデマが流れている、とネットで話題になると、あまりにも分かりやすいデマだと笑いが起こり 「塩水がより効果的」 「おれサラダ油派」 「ロックがオーケストラに聞こえるぞ」 などとネットの掲示板やブログには大量の悪ノリの書き込みが登場した。          iPhoneに関係するデマはこれまで、電子レンジでチンすれば充電がすぐに完了する、といったものや、イヤホンジャックからパイナップルのにおいが出ている、などといったものがあった。        今回のデマのきっかけは2013年5月19日の朝に書き込まれた      
「【拡散希望】iPhone5、スピーカーを水に浸すと音質がよくなることが判明!!」
      というツイッターの呟きが元だとされている。 これがリツィートされ、掲示板 「2ちゃんねる」 でも取り上げられたため21日にはネットでかなり大きな話題になった。          ただし、iPhoneユーザーでなくてもケイタイを水没させてしまえば完全防水でない限り故障の原因になるのは常識で、また、iPhone5の音はイヤホンや別売のスピーカーを接続して聞くものであり、iPhone5自体のスピーカー音質が良くなったところで何のメリットがあるのか、という疑問から直ぐにデマだと特定された。 そしてあまりにもバカバカしいデマだとして、様々なネタが飛び交うことになった。      
「やべえwwwwwwiPod touchでやったけど音良くなり過ぎワロタ」     「ロックがオーケストラに聞こえるぞ」     「それ、Androidでも出来っからね?最近のAndroidあんま舐めないほうがいい」
           さらにiPhone5のスピーカーの音質を良くするために、      
「オリーブオイルだとマイルドな音程になる。水に浸けるなんてデマに踊らされるな」     「めんつゆだろ」     「みんな知ってると思うけど、水に浸けた後に電子レンジでチンすると、更に音質UPするからね」
      などというアドバイスも出た。          また、iPhone5にはスピーカーをバージョンアップさせる以外にも様々な隠された機能があり、その一つがセルフガード機能で、      
「高い位置から落下した瞬間にジャイロセンサーと位置情報、加速度センサーを使って地面にぶつかるまでにエアバック的なものが飛び出してくる仕様になっている」      
などと説明する人もいた。          ちなみにauのホームページにあるiPhone5に関するQ&Aサイトには、iPhone5を誤って水没させてしまい故障し、修理代はどれくらいかかるのか、といった質問が大量に寄せられている。 また、ネット上には水没させた際の対応の仕方を説明するブログも数多くあり、iPhone5ユーザーは水に用心しなければならないことがわかる。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       【答え】      下の画像が示すように、ひとつの正三角形を形成する3本のマッチ棒をまるごと動かし、他の2つの正三角形との間に小さな正三角形を新たに生み出す。 これがふたつある答えのうちの、シンプルなほうの答えである。        そう、この問題にはこれとは別に、もうひとつ答えがあるのだ! それもかなりクリエイティブな答えであり、見つけるのは至難の業である。 しかしその答えを見つけた時の達成感といったら、ハンパない。 (rocketnews24.com)        ちなみにヒントは、「もうひとつの答えでは正三角形は4つどころではなく、5つもできてしまう」 である。       答え        もう一つの答えは明日アップしますね!!       ツイートこの記事をつぶやく
      ヒーロー        困った時に、私たちを助けてくれる “ヒーロー”。         ヒーローと聞けば、映画や漫画の世界を思い浮かべがちだが、現実の世界にもヒーローはたくさん存在する。 そう証明してくれる動画が、現在注目を集めている。        「Real Life Heroes」 というその動画にはタイトル通り、現実世界のヒーローたちが次から次へと登場する。 駅のプラットホームから線路に落ちた人を助けるヒーロー、高いところから滑って落ちた子どもをキャッチして助けるヒーローと、登場するヒーローの種類も実にさまざま。        そしてそのヒーローたちのカッコイイ姿に多くの人が心打たれており、現在動画のコメント欄には彼らを褒めたたえる声が続々と寄せられている。            ・海外ネットユーザーの声      「人間性というものを、いま再び信じられている」 (ブルガリア)    「本当に素晴らしい。私たちには、こういう人たちがもっと必要だ!」 (ブラジル)    「この動画は、自分が人間であることを誇りに思わせてくれる! この人たちは、本当のスーパーマンだよ!」 (ドイツ)    「世界はまだ捨てたもんじゃない……素敵な人たちがまだいるじゃないか!」 (不明)    「これは、YouTubeビデオのなかで最も素晴らしいビデオのひとつ」(アメリカ)    「ヒーローは実在していた!」 (オランダ)    「理由は分からないけど、動画の最後には大泣きしていた」 (不明)    「一度でいい、一度でいいから、誰かの命を救いたい」 (イギリス)    「これが “人間” というものだ」 (ポルトガル)    「ニュースでこういうことが流れる世界にするべきだね」 (アメリカ)    ※( )内はコメント投稿者の居住国        本物のヒーローとは何なのかを示してくれる今回の動画。 ご覧の通りヒーローになるのに必要なものは、空飛ぶマントや並外れた強靭な肉体などではない。 他人を想う優しさと、それを行動に移せる勇気である。 この2つがあれば、そう、あなたも立派な立派なヒーローなのである。(rocketnews24.com)        その動画は、    real life heroes       ツイートこの記事をつぶやく
      セントヘレンズ山        こちらはアメリカ・ワシントン州にあるセント・ヘレンズ山ですが、1980年以前に撮影されたもの。        かつてはアメリカの富士山と呼ばれるほど似ていましたが、1980年の大噴火によって山頂は500mも吹き飛んだことで知られています。        一夜で元の面影が無くなるほどの変貌を遂げた、ビフォー・アフターの比較写真をご覧ください。        1.   セント・ヘレンズ山01  こちらが現在のセント・ヘレンズ山。        2.   セント・ヘレンズ山02  並べた写真。        3.   セント・ヘレンズ山03 標高は2950mから2550mに減少しました。        4.   セント・ヘレンズ山07  上空から見た写真。火口は直径1.5km。        5.   セント・ヘレンズ山04  噴火時の写真。200の建物と47本の橋が消失し、57名が犠牲となっています。        6. セント・ヘレンズ山05  この噴火によってアメリカ経済は大きな打撃を受けました。        7.   セント・ヘレンズ山06  かつての姿は見る影もありません。        8.   セント・ヘレンズ山08  このアングルからだと、山そのものが消失したように感じます。        9.   セント・ヘレンズ山09  かつては本当に富士山そっくり。        災害による被害は抜きにしても、日本の象徴である富士山がこんな姿になるは、はるか遠い未来であって欲しいものです。      噴火の映像は以下をどうぞ    Mount St.Helens Erupting           ツイートこの記事をつぶやく
            いちご        イチゴが発芽した状態を見たことがあるでしょうか!?      土の中で育つこともあり、栽培経験でもないと目にする機会はなかなかありませんよね。        「イチゴが発芽するとこんな風になるんだ」 と驚かれていた画像をご紹介します。            いちご発芽        わっ、まるでカビが生えたようなグロテスクなことに……。        それにしても、すべてのつぶつぶが発芽するものなのですね。        ちなみにこのつぶつぶは種と思われがちですが、それぞれが果実であり種子はその中にあるとのこと。 こうしたものをイチゴ状果と言うそうです。        海外掲示板の反応をご紹介します。        ● これは好ましくない。   ● 火の中へ投げ入れろ。 これは再生産されてはいけない。   ● イチゴがこうなるところを見たことがない。 いつもカビが生えてきて気づいたらハエに取り囲まれている。   ● 先に種がイチゴから落ちるのだと思っていた。 これはすごい。   ● 鳥肌が立った.サムネイルを見るのでさえ不安だ。   ● 種と思われているところは実は種が中に入っている子房なんだよ。   ● みんな何で恐がるんだ。むしろカッコいいだろう。 見たことがないことに驚いたよ。   ● 自分もそう思うよ。これでもっとたくさんのイチゴが作られるんだ。 1つのイチゴからたくさんの小さな植物が成長していくってのがクールだ。 どうやってこうなるんだろう。 自分のイチゴは発芽せずにカビてしまう。   ● 発芽できると知らなかった。庭には一列イチゴがあるが、根茎から広がっていく。 とにかくすごい速さで育っていくよ。    ● おいしいイチゴがならなかったら、とてもイヤな植物だったと思うよ。    ● (本人)フルーツニンジャというゲームによると、種が外についている唯一の果物だそうだ。       いつも美味しく食べているイチゴですが、かなり特殊な果物だったようです。        しかしこれだけポピュラーな果物なのに、発芽したところを見た人が少ないというのも驚きです。 ツイートこの記事をつぶやく
                  ブルーベリー        目の疲れに効く食べ物の代表といえばブルーベリー。 その他にも目の疲れに効くとされている食品は多く、ビルベリーやカシス、黒豆、ぶどう、なすなど、紫や赤色の色素を持つ野菜や果物が目立ちます。 この紫や赤の色素と目には、何か関係があるのでしょうか?          ■ 紫や赤い色の秘密は、アントシアニン?        ぶどうやリンゴ、ベリー類などの果物や、なす、シソ、豆などの野菜で赤や紫の美しい色を見せてくれるのがアントシアニンという植物色素です。 黒米や紫いもなど、穀類やイモ類にも含まれています。 植物に含まれるアントシアニンの量は、植物や品種、収穫時期によって大きく異なります。      まだアントシアニンの作用は完全には解明されていないものの、涙の分泌量や視覚を改善する効果が示唆される研究報告もあり、目に何かよい効果があるのではと期待されています。 今後の研究が更に発展していくことで、もっと詳しいことがわかるかもしれません。          ■ その他の食品で、疲れ目に期待されているのが魚の油        魚の油に含まれているドコサヘキサエン酸(DHA)、EPAも疲れ目に効果が期待されている成分です。 血管がしなやかになり、血液が流れやすくなるため疲れ目にもよいのではないかと期待されています。 しかし、まだその効果は完全に解明されていません。 アントシアニンとともに、これからの研究に期待されています。          ■ なぜ、目が疲れるの?        疲れ目の原因は、目のまわりにある筋肉が疲労することで起こります。 ずっとパソコンで作業していたり、長時間テレビを見たりすることで起こりやすくなります。        目の周囲には目を支える6本の外眼筋という筋肉があります。 長時間のパソコン作業やテレビ鑑賞で疲れ目になりやすいのは、長時間同じ位置のものを見続けているときに、この筋肉が同じ位置でピントを合わせ続けなければならないからなのです。 ずっと同じ姿勢をしていると体が疲れるように、目も疲れてしまうのです。          ■ 疲れ目予防には、目をあたためることと睡眠が効果的        目の筋肉が疲れたら、あたためたおしぼりで目の周りの筋肉をあたため、血液の流れをよくしてあげること、筋肉をやわらかくしてほぐしてあげるのが効果的です。 また筋肉がリラックスできる睡眠をしっかりとることも大切。プラスして食生活にも気をつけてみましょう。          ■ 満遍なく食べることが、やっぱり基本        目を長時間酷使する仕事についている場合、とにかく目にいいものを重点的に取り入れたくなるものですが、目は体全体の一部分でしかありません。 タンパク質、ミネラル、炭水化物、脂肪、ビタミン類などの栄養成分が満遍なく取れる食事を目指すことが、やっぱり基本です。(mynavi.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 11«12345»10...Last »