2013,05,28

不安や鬱状態から解放されるためには無理にでも運動すべし! 定期的に運動する人はストレスをため込みにくいという研究結果

           運動        みなさん、常日頃運動していますか? 運動すると往々にして気持ちが晴れ晴れとするものですが、実際心にとっても良い影響を与えていたようなのです。        海外サイト 『Mail Online』 の記事によると、定期的に運動する人は、そうでない人よりもストレスをため込みにくいのだそう。        アメリカ・コロラド大学のベンジャミン・グリーンウッド博士が行った研究でわかったこと、それは、自主的に行うのはもちろんのこと無理やり人に強いられて行った場合でも、運動をしたほうが不安や鬱状態から解放される、という驚きの事実でした。        まず、マウスを 「自分の意思で好きなときに運動ができるグループ」 「決まった時間に強制的に運動させるグループ」 「全く運動しないグループ」 の3つに分けます。 そのままの状態で6週間過ごさせ、後にストレスを与えてどのような反応を示すか調査。 その結果、運動していなかったマウスが最もストレスを感じていたことが判明したのです。        また興味深いことに、自ら運動していたマウスと強制的に運動させられていたマウス、両者のストレスレベルの差は、ほとんどなかったのだそう。        グリーンウッド博士曰く、「自主的に運動したほうが、もしかするとよりストレスは解消されるかもしれない。 しかししないよりは、無理にでも運動をしたほうが精神衛生上好ましいようだ」 とのこと。(youpouch.com)        というわけで、ストレスを感じたら、まず運動! コレ、鉄則かもしれませんよ。                     ツイートこの記事をつぶやく