ロト7        今年4月1日から発売が開始されたロト7。 37個の数字の中から7個を選び購入するこの宝くじは、キャリーオーバーが発生すると宝くじ史上最高額の8億円が当たるという代物だ。        5月17日に抽選が行われた第7回では、1等8億円が3口も出るという結果に。 8億円が当選というだけでもうらやましいのに、今回この1等を2口買っていて16億円をゲットした人がいるのでは? と話題になっているようだ。        宝くじの情報を扱っている 「宝くじネット(http://www.takarakujinet.co.jp/)」 さんでは、「幸運の売場」 コーナーでロト7の1等当せんの出た売場の一部を紹介しているのだが、5月17日の第7回で1等の当選が出た売り場は東京都の 「東村山プラザ」 と香川県の 「観音寺」。 となっている。         そして観音寺では2口当選が出ているのである! これは購入者が2口とも同じ数字を選んで買ったと考えるのが妥当なところだろう。 とすれば8億円×2口で16億円当選!うらやましいにも程があるッ!!        ネットでは、当選場所が香川県だけに 「16億円あればうどんが何杯食えるんだ!」 という声や、16億円が当たった人の身の安全を心配する声などが上がっているようである。(getnews.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
            森公美子        女優でタレントの森公美子(53歳)が、“30キロ減量” の際に挑戦していた、俳優・美木良介考案のロングブレスダイエットに否定的とも取れる発言をして話題を呼んでいる。        森は昨年から今年にかけて、美木指導のもと、約8か月にわたる 「ロングブレスダイエット」 での減量に挑戦。 その模様は 「中居正広の金曜日のスマたちへ」 (TBS系)で放送され、当初108.2キロあった体重が最終的には79.6キロまで減ったことから、大きな反響を呼んだ。 また、美木もその後のイベントなどで森のダイエット成功を売りのひとつにしてアピールするなど、ロングブレスダイエットの宣伝にも活用されている。      そんな森が、公式ブログの5月18日付けエントリーで、ロングブレスダイエットに疑問を投げかけるような言葉をつづっている。 この日、森は同じく 「金スマ」 で “ロングブレスダイエットで痩せた” と紹介されたことのある経済評論家の勝間和代(44歳)と飲んでいたそうで、「2人で、話した話しの中に呼吸で痩せたらノーベル賞だよね…って話しになりました」 と、微妙な言い回しながら否定的なニュアンスのコメント。      あくまでも痩せたのは食事制限と運動であることを強調し、「そんなに簡単に痩せませんから、、努力、努力ですよ!! 1週間の内800カロリー以下の日を1日〜2日作るだけで、体に良いって本を読んでます」 と、ダイエットの参考にしている方法を明かした。      さらに、最近、美木が開校した東京・赤坂の 「ロングブレススタジオ」 にも触れ、「そうだ美木さん始めたんですね(笑) スクール?お教室、凄く高いですね…私入れない、むしろ、入りませんけど…だって50分って何やるの?って思いましたけど…4月の時点では、他のインストラクターが全く居ない状況で、大丈夫なのか心配になります」 と皮肉を込め、「DVDの撮影も、動けるモデルさんを使ってたとお話ししてくれてたので、まぁ~TBSが付いてるから、何とか編集でしてもらえるかも、、あっ!! 一般人会員は編集の魔法は使えないかぁ…頑張って下さい」 と続けている。(narinari.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
           運動        みなさん、常日頃運動していますか? 運動すると往々にして気持ちが晴れ晴れとするものですが、実際心にとっても良い影響を与えていたようなのです。        海外サイト 『Mail Online』 の記事によると、定期的に運動する人は、そうでない人よりもストレスをため込みにくいのだそう。        アメリカ・コロラド大学のベンジャミン・グリーンウッド博士が行った研究でわかったこと、それは、自主的に行うのはもちろんのこと無理やり人に強いられて行った場合でも、運動をしたほうが不安や鬱状態から解放される、という驚きの事実でした。        まず、マウスを 「自分の意思で好きなときに運動ができるグループ」 「決まった時間に強制的に運動させるグループ」 「全く運動しないグループ」 の3つに分けます。 そのままの状態で6週間過ごさせ、後にストレスを与えてどのような反応を示すか調査。 その結果、運動していなかったマウスが最もストレスを感じていたことが判明したのです。        また興味深いことに、自ら運動していたマウスと強制的に運動させられていたマウス、両者のストレスレベルの差は、ほとんどなかったのだそう。        グリーンウッド博士曰く、「自主的に運動したほうが、もしかするとよりストレスは解消されるかもしれない。 しかししないよりは、無理にでも運動をしたほうが精神衛生上好ましいようだ」 とのこと。(youpouch.com)        というわけで、ストレスを感じたら、まず運動! コレ、鉄則かもしれませんよ。                     ツイートこの記事をつぶやく