思考法        「人の可能性は無限大」 などとよく言われますが、実生活に目を向けると 「こんなこと自分にできるわけがない!」 と自分の限界を決めて、早々と諦めてしまうことは結構あるものです。      しかし、今の自分が持てる能力を全て発揮しているかと問われると 「もっとできるかも」 と思う人は多いはず。 自分に限界を作らず、どんどん能力や才能を開花させて行ける人と、そうでない人にはどんな違いがあるのでしょうか。      今回は 『ハーバード流 自分の限界を超える思考法』 (マリオ・アロンソ・ブッチ/著、山本泉/訳、アチーブメント出版/刊)からいくつか紹介したいと思います。          ■ まわりの状況について、不満を言わない      苦境に陥っている時や病気の時に、未来のことを考えてわくわくすることはなかなかできません。 しかし、状況に対して不満を言ったり、不安や失望をそのままにしておいても、明るい未来はやってこないのです。      周りの状況をどう捉えるかは、結局のところ自分次第です。 苦しい時ほど、物の見方や態度をクリエイティブなものに変えられる人が、自分の新たな可能性を切り開いていけます。          ■ 失敗した時のことは考えず、成功することに100%集中する      何か目標を定めてそれに向かう時に、多くの人は 「本当にできるのかな?」 という不安を持ちます。 その不安や疑念がつのると、なかなか行動に移せなかったり、思いきった行動が取れなくなることも。      しかし、目標に向かうのであれば、たとえ何の保証がなくても 「自分は必ず成功する」 という強い信念を持つ必要があります。 同じことをするのでも、不安な気持ちを抱えたまま挑むのと、自信を持って挑むのでは結果は全く異なるのです。          ■ 自分が知らないことを認めて、勉強をやり直す勇気と根気がある      急激に変わっていく世界では、自分が正しいと思っていた考え方ややり方があっという間に時代遅れになることは珍しくありません。 そんな時、今までのやり方を捨てて、知らないことを勉強しなおさなければならない時もあります。      たとえ何歳になっても自分が何も知らないということを認めて、勉強を続けたり、時には勉強し直す勇気と根気がある人が、自分の限界を突破していける人の条件だといえます。        この本には、「ものの見方」、「考え方」 という観点から、自分の限界を打ち破ってクリエイティブに、いきいきと能力を発揮していくための秘訣がつづられています。      「自分はどうせこんなものだ」 と、能力の限界を自分で決めてしまう前に、本書を読んで、その限界を打ち破るべくチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
                ライン1        【関連:NHN Japan、LINE株式会社に称号変更。ゲーム事業は旧社名と同名の新会社設立】      これにより、今後2013年10月~12月をめどに課金機能等を制限した 「らくらくスマートフォン」 向け 「LINE」 アプリの提供や、2013年7月~9月をめどに 「LINE」 アプリで表示されるユーザープロフィール画面に、ワンタッチですぐにドコモの音声回線を使って電話ができる通話ボタンの設置、そして 「docomo Palette UI」 のアプリ一覧画面では 「LINE」 アプリを 「おすすめ」 タブに掲載するなどが行われる。        この件について、LINEユーザーは一時騒然。        問題は提携で行う2項目目に紹介された      『 「LINE」 アプリで表示されるユーザープロフィール画面に、ワンタッチですぐにドコモの音声回線を使って電話ができる通話ボタンの設置』 について。        つまり、無料でメールや通話が楽しめる 「LINE」 アプリ上に、有料通話のドコモ回線のボタン(しかもワンタッチ)が設置されるという事で大きな話題になっている。        TwitterのLINEの公式アカウントには        「通常の無料通話も残るんですよね?」      「これからドコモだとlineで電話してもお金かかっちゃうんですか?」      「ともだちのひとことはもう見れないままなんですか?」     「意味不明 ちゃんと説明しあがれ」       など様々な意見が寄せられており、LINEユーザーは混乱しきっている様子。        LINE公式アカウントのその後の返信でそれら疑問は全て回答されているが、インフォメーション不足は否めない感が強く今後も混乱は続くものと予想される。       ▼LINE公式によるTwitterでの回答        ◎ドコモボタンを使った場合の通話料について      LINEではない普通の電話は、これまで通り電話料金がかかります(電話料金の契約プランによって異なります)。 LINEの音声通話機能は今後も引き続き残り、無料で利用可能です。(getnews.jp)          docomoもユーザー離れするようなことよくやるよ!!  iphoneに勝てないね!!                       ツイートこの記事をつぶやく
       国有化から8カ月。尖閣諸島沖の緊張状態が続くなかで、魚釣島や北小島、南小島の3島を国に20億5千万円で売却した栗原家は、その後どうしているのか。        早くから栗原家に多額の借金があることを報じたジャーナリストの和仁廉夫氏は 「石原前都知事の尖閣購入発言を聞き、長男の國起氏の自宅、経営していた菱屋会館の登記などを調べて、三菱東京UFJ銀行に極度額24億5千万円もの “借金” があることを突き止めた。 だから、3島の国有化は、私は栗原家救済ではないのか? そう思いました」 と指摘する。        栗原家長男・國起氏の自宅など不動産を調べると、4月になって、極度額24億5千万円の根抵当権が解除されていることがわかった。 借入金の全額がその数字とは限らないが、売却した金で解除したことはほぼ間違いないだろう。 栗原家のスポークスマンで、國起氏の弟にあたる弘行氏が事の真相を話してくれた。        「100億円以上あった借金を、兄は当時所有していたビルを100億円で売却して25億円まで借金を減らした。 そして今、相続のことを考えると、借金をなくすこと自体がきわめて危険なんです。 まだ兄は4千坪以上の土地を持っていますから。 万一を考えると返済しちゃってどうするのかのほうが心配で、緊急に返す必要のない金だった」        弘行氏はここで思いがけない事実を明らかにした。 当時、野田首相の支持のもと、栗原家との交渉には長浜博行官房副長官があたっていたが、それは半ば恫喝だったというのだ。        「国への売却合意は昨年9月のこと。 そのころ自民党が離島国境の法案を準備していて、長浜さんらが 『自民党はとんでもない法案を出しますよ』 と言うんです。 それは、土地収用法の規定を使っての法案でした。 自民党の法案は、有人となっていたものが、これからは無人島まで入ることになっていた。 つまり、尖閣諸島も対象となり、強制収容の可能性も出てくる。 一般的には素通りしてしまうと思いますが、それは栗原家にとっては大きな問題でした」       というのも、栗原家には土地収用法に対して苦い記憶が今もあるという。 それは25年にわたる裁判の歴史でもあった。        「1961年にさいたま市(現在)の 『大栄橋』 という大きな陸橋を建設する計画で、たもとの父の土地、建物が引っかかり、立ち退かないという理由で強制収容執行を受けた経験があります。 25年後の1986年に補償金5,500万円で勝訴したものの、その代償はあまりにも大きかった。 土地収用法の怖さというものは経験者じゃないとわかりません。 栗原家にはそれはタブーです。 トラウマといってもいい」(jisin.jp)                             ツイートこの記事をつぶやく
                        福島原発        3・11大震災の関連本があふれる中で、異色の2冊が出た。         『福島原発と被曝労働』 (石丸小四郎ら著、明石書房)は、震災前から実は続いていた放射能労働の実態を告発。 『漁業と震災』 (濱田武士著、みすず書房)は長引く漁業の危機から復興事業の問題をついた。 ともに3・11はるか以前からの経緯を見すえた根っこの深さ。 震災後に初めて被災地を踏んだライターとは違う。 それぞれ毎日新聞、東京新聞の読書面が扱っている。        被曝労働は、福島第一原発事故の20年以上前からすでにあった。 地元の原発反対同盟代表と支援の元高校教諭、衛生研究所の元研究員、内科医という4人の共著だ。          原発労働者200人を調査すると、低賃金や被曝線量を低く見せる工作など、事故の前から行われてきた実情が浮かぶ。 少なくとも1980年代半ばまで、被曝線量が全国で飛びぬけて高かったのが福島原発の下請け労働者だという。 なのに、労災認定はわずか。 その深刻な事実を、著者らはしっかり記録した。         今後も続く原発対策には放射能と隣り合わせの作業がまだまだ必要だ。 本は危険すぎる現場で働く人たちの健康を守るにはどうしたらいいのかを考えさせる。 著者らが求める労災認定の拡大や 「健康管理手帳」 の交付といった救済だけではなく、労賃のピンはねや被曝隠しを防ぐ態勢の確立、下請け構造の改善を急がなければならない。            『漁業と震災』 も、震災後の問題を論じるばかりではない。 自然に溶け込んで続いてきた漁業の危機がまずあり、そこに大震災が起きたという位置づけだ。          東京海洋大准教授の著者が風評被害やメディアによる災害に触れ、復興策の一つとして持ち出された企業参画の 「水産復興特区」 論を惨事便乗型の 「第二の人災」 と批判する。 たしかに、経済的側面だけでは海の暮らしや仕事は片づけられない。 「漁業経済学者の側から、ぎりぎりの一線上で訴えている」 と、評者・海洋民俗学の川島秀一さんが薦めている。          ほかには、『医療にたかるな』 (村上智彦著、新潮新書)が読売新聞に。 「薬剤師の分際で何を言うか! 医師になってからものを言え」 と一喝され、憤慨して医師になったという著者を評者の経済学者・中島隆信さんが紹介している。          その後、夕張市の医療現場で5年間奮闘した医師の記録と見解。 地域医療の最前線から「弱者のふりをする高齢者」「医療ミスをねつ造するマスコミ」を激しく批判する。 「過激かつ愛に満ちた処方箋」 と出版社サイトにあるように、ズバリともの申す本だ。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
       発売前から多くの情報が開示されて来た新型ISシリーズが遂に日本で正式発売されました。       レクサスIS350        プラットフォームはGS用をアレンジしたものとなっており、従来のスポット溶接の打点間ピッチをより細かくすることを可能にした新工法 「レーザースクリュー溶接」 の採用やボディを面で結合し、たわみを抑える 「構造用接着剤」 の採用、さらに高張力鋼板の採用拡大などで、「スポーティな走り」 に大きく寄与するボディ剛性の向上と軽量化を両立したとしています。        インテリアではホイールベースの拡大やシートデザインの改良により、後席膝前空間を従来型比で85㎜拡大することで快適性を向上させています。       シートデザイン        また安全面では車線の逸脱を検知してブザーとディスプレイ表示でドライバーに警告するレーンディパーチャーアラート(LDA)をレクサスシリーズで初採用。         車線変更時にドアミラーだけでは確認し辛い後側方を走行する車両を準ミリ波レーダーで検知してドライバーに注意喚起するブラインドスポットモニターを装備。         プリクラッシュブレーキアシストやプリクラッシュブレーキに改良を加え、実際に発生している追突事故の90%以上の相対速度域に対応するよう減速性能を向上させた 「プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)」 を設定。         さらに万一の事故の際、フード後方を瞬時に持ち上げ、歩行者頭部への衝撃を緩和するポップアップフードを全車標準装備するなど充実した内容となっています。                       ツイートこの記事をつぶやく
      白い線        アメリカ抽象絵画の巨匠、バーネット・ニューマンの作品が4380万ドル(約44億円)で落札されました。           その作品が予想外のシンプルさだとインターネットユーザーの注目を集めています。          とんでもない大金で落札された作品、なのに超絶シンプルというギャップに驚きを隠せない人が多いみたい。        話題になっているのは、バーネット・ニューマンの1953年の作品 「Onement Vi」。 世界最古の美術品オークションハウス・サザビーズで、これまでで最高額の4380万ドルで落札されました。        どんな作品かというと、縦約2m55cm×横約3mのキャンバスは、一面が真っ青。 そして、中央に白い線が1本入っています。 た、確かに、限りなくシンプル……。          このニュースに対して、Twitterユーザーらは次のようにコメントしています。      「この絵が……44億円……」      「なんか頭がクラクラしてくるね」      「あー分かるわーこりゃ44億するわー」      「ゲージュツはほんとに理解不能だわ」      「芸術はわからんな」      「芸術って難しいな」      「芸術マジ分からん」      「かけそう」        この作品は、「Onment(ワンメント)」というシリーズのひとつ。 縦の白い線は 「Zip(ジップ)」 と呼ばれるもので、バーネット・ニューマン独特のスタイルだそう。        平面のキャンバスながら左右に開かれているドアのようにも見え、究極的には 「芸術とは何か」 を問いかけているといいます。どんなものに心を打たれるか、人それぞれですからね!? (youpouch.com)           ツイートこの記事をつぶやく