走れ        バスケットボールを通じて、高校生たちの人間的な成長と、友情を描いた松崎洋のベストセラー小説 『走れ!T校バスケット部』 シリーズの第9巻が4月26日に発売された。        この作品は、書籍として発売される前から原稿のコピーが200人以上に回し読みされ、高校や中学校などのバスケ部員の間で評判となった異色の作品。 部員たちの家族や指導者の支持もあって人気に火がつき、シリーズ累計100万部を突破する大ベストセラーとなっている。      青春小説がここまでの人気を集めるのは異例。 多くの読者をひきつけ続けるこの作品の魅力はどんなところにあるのだろうか。          今回は、大ヒットの発端となった第1巻のストーリーをおさらいしてみよう。      中学時代に輝かしい実績を残して、バスケットの名門である私立高校に進学した陽一だが、部内のいじめが原因で高校を中退し、都立T校に転入。 もうバスケットをやるつもりはなかったが、クラスメイトに誘われるままにバスケ部の見学に行くと、胸の奥でくすぶっていたバスケットへの情熱に再び火がついてしまう。 何よりも、名門校とは違い、T高校のバスケ部員がのびのびと、心からバスケットを楽しんでいるのが陽一には新鮮だった。        こうしてT校バスケ部に入部した陽一だが、彼らは弱小チーム。 「先輩に一勝をプレゼントしよう」 が目標になっているように、一度も試合に勝ったことがない彼らをサポートし、時には自ら先頭に立ってひっぱりながら、陽一は初勝利に向けて奮闘、仲間たちもそれに応えることで見事に初戦突破を果たす。      そして、先輩が引退し、陽一が新キャプテンとなってT高バスケ部はさらなる飛躍を目指す。        この作品がバスケ関係者の評判を呼んだのは、臨場感あふれるバスケットの描写もさることながら、それぞれに個性を持った選手たちがチームスポーツを通して信頼関係や友情を通わせていく様子を描きながらも、学生スポーツが抱えがちないじめや部内暴力などの問題にも正面から取り組んでいる点だろう。        今回発売された9巻でもこのテーマは一貫しており、T高を卒業して教師となった陽一の立場から、バスケットに打ち込む高校生たちが衝突しながらも友情を通わせていく姿を描いている。      子どもにすすめられて読んでみたら親がハマってしまったということも多いというこのシリーズ。 手にとってみると、なぜこれほどまでに絶大な人気を集めているかがわかるはずだ。(getnews.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
       中国メディアが沖縄に対する中国の領有権を示唆し、沖縄独立勢力の扇動まで中国政府に提案したことが分かった。 これは、中国が何らかの目的で日本に揺さぶりをかけてきた現れとみられている。          沖縄を巡っては、中国共産党の機関紙 「人民日報」 が、中国の領有権を示唆する専門家の論文を2013年5月8日に掲載したばかりだ。 今度は、その国際版 「環球時報」 が、さらに踏み込んだ社説を11日に配信した。            環球時報の社説では、領有権について再び議論できるとした人民日報掲載の論文に触れたうえで、中国は3つのステップで議論を進められると指摘した。          まず1つは、沖縄独立について、それを支持する民間組織を設立したり、研究や議論を開放したりすることで、日本の不法占拠を世界に知らせることだという。 2つ目は、日本の姿勢を見たうえで、領有権について、中国政府が明言しなかったこれまでの態度を改め、国際的に問題提起をすることを挙げた。 そして、最後の3つ目として、日本がそれでも敵対するなら、中国は沖縄独立の勢力を育成するべきだと主張した。          3つ目のステップは、中国が2、30年後に力を付ければ、決して幻想には終わらないとしている。          沖縄では、米軍基地問題などで犠牲を強いるとして本土への不満が強く、最近は、独立論を唱える動きも地元で高まっている。 沖縄タイムス紙は、中国の領有権主張は暴言だとしているものの、10日付の記事では、沖縄県を設置した1879年の 「琉球処分」 は武力で併合したものだと、人民日報の主張の一部に同調した。 環球時報は、こうした動きを踏まえたうえで、独立勢力を扇動することで中国の領有権を将来的に実現できるはずだと説いたらしい。          中国は以前、日本の領有権を認めていたと報じられているが、なぜここに来て態度を変えようとする動きを見せ始めたのか。

 その狙いは尖閣奪取目的? 国内の不満そらす狙い?

         産経新聞は、2013年5月10日付社説で、その背景に中国の尖閣領有権主張があると指摘した。 そこでは、「軍事力を背景に尖閣の奪取を狙って、沖縄全体を国際社会向けの 『世論戦』 の材料にする揺さぶり戦術の可能性もある」 と言っている。          一方、TBS系の 「朝ズバッ!」 では13日、様々な専門家の見方を紹介した。          海洋政策に詳しい東海大の山田吉彦教授は、「土地の取り合いというよりも、海の取り合いに入った」 との考えを示した。          「沖縄を領土として獲ることができないにしても、紛争地域として扱うことによって、自由に艦船を動かすこともできる。 日本というのは、近隣国、アジアの国々にとって非常に脅威なんですね」          これに対し、中国の国内で政府への不満を訴えるデモが頻発するようになってきた国内事情があるとする見方もあった。 中国情勢に詳しいフリージャーナリストの富坂聰(さとし)さんは、海の取り合いについても、国内向けの顔が非常に重要になっていると番組で解説した。          「負けたっていうことになるとですね、政権が持たないという事情を抱えてるんですよ。 中国は、今はもうその権力が下に行っちゃっているので、いわゆる本当に民意の動向というのをすごく気にしているわけです」          沖縄について、富坂さんは、国際的には中国のマイナスになるので、尖閣のようなトラブルにはならないとしながらも、中国の戦略に乗らないためにとして、こう忠告した。          「沖縄の人たちが本当に独立すると言い始めたときが、けっこう大変な問題なんで」(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      ラーメンバーガー        20日から、ロッテリアが、なんと 「ラーメン」 をバンズの間に挟んだ 「ラーメンバーガー」 なる商品を期間限定で全国販売することを発表し、話題をよんでいる。        何がどうなっているのかと思うが、下味をつけ、表面を固めたラーメンの上に、チャーシューを載せたものをバンズでサンド。 ラーメンは、全国にラーメン店12店舗を展開する麺屋武蔵グループの総本山、「麺屋武蔵 新宿本店」 が監修・開発したという本格派だ。        さらに付け合せとしてスープを用意。 ラーメンの 「替え玉」 もあるため、お箸で替え玉のラーメンだけを味わうこともできるという。        最近日本では、すき家が 「やきそば牛丼」 を販売開始するなど、炭水化物×炭水化物が流行なのかっ!?        ラーメンもハンバーガーも庶民の食べ物として人気だが、組み合わせたらどうなのか、気になる人は多い。 日本のネットでは、このミラクルな組み合わせに 「食べてみたい」 派と 「遠慮」 派に真っ二つに分かれているところだが、外国人はどう見るのか?        もちろんハンバーガーといえば、もともとはハンバーグをバンズに挟んだアメリカのもの。 ラーメンは中国の麺料理がルーツだが、すっかり日本独特の発達を遂げ、今に至っている。        そしてこの2013年、ロッテリアと麺屋武蔵が繰り広げたラーメンとハンバーガーを合わせるという技には、        「ラーメンパティ…?」      「ラーメンもハンバーガーも好きだけど、何故合わせる必要があるのか」      「実際のところ、焼きそばパンとどう違うわけ?」       と、首をかしげる人多し。        クリスピーなラーメンの食感と、ふわふわしたバンズの食感に興味がある人もいるようだが、すべては20日以降。 “食レポ” がネットを賑わせそうだ。(news.aol.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
           勝負下着        ポジティブな女性ってオーラも活力に溢れててすごく魅力的にみえるもの。 その真逆で、いつも物陰に隠れているネガティブな記者(私)は、そういう女性がものすごくまばゆく輝いてみえるものです。        ところでみなさん突然ですが、ご自身の “下着選び”、楽しんでいますか?        なんでもポジティブな女性と下着コーデには、意外な関係があることがわかったそうですよ。 うーん、なんだかわかる気がするけれど、いったいどういうことなんでしょう!        トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が、女性の 「内面・外見の美しさ」 に関する意識調査(対象:20代〜50代女性各200人、合計800人)を実施したところ、“ポジティブ女性” ※の勝負下着所持率は、53.5%と、“ネガティブ女性” (所持率23.0%)の約2倍にのぼることがわかったそうです。 (※アンケートの分析の結果、全体の16%がポジティブ女性だったそうな)          揃いの下着      

 【ポジティブ女子と下着コーデの意外な関係!】

     また、「普段から下着コーデを楽しんでいるか」 という質問に、ポジティブ女性は 「楽しんでいる」 が22.5%、「やや楽しんでいる」 が32.6%、合計55.1%と半数以上の人が下着コーデを楽しんでいることが判明!         素敵な年代        一方、“中立女性” は「楽しんでいる」 が9.5%、「やや楽しんでいる」 が24.6%、合計34.1%、“ネガティブ女性” は「楽しんでいる」 が4.8%、「やや楽しんでいる」 が18.3%、合計23.1%と、“ポジティブ女性” の約半分いう結果になったのだそうな。

 【自分磨きのために下着にこだわる?】

     ところで気になるのが、アンケートに複数用意された選択肢のなかで 「自分磨き」 のために 「下着にこだわる」 と回答したのが全体の30%近くもいたこと。          外見の磨き方        主な理由は、62.7%が下着にこだわることで 「オシャレしたいと思う」 と回答、次いでで 「見えないところにもこだわる事で、自信が持てる」 「見えないところにもこだわる事で、内面からも美しくなれる気がする」 という結果が出たそうです。          どんな気分        なお、女性の半数以上の人が欲しがっている「いつまでもキレイでいるため」に必要な身体のパーツは、「くびれたウエスト、たるみのないお腹」 だそうな。        まさにそんなみなさんの憧れのポジティブ性&身体のラインをお持ちになるモデルの前田典子さんが、ただいまトリンプのCMに出演中。撮影で新発売の 『Triumph freebra』 を着けた感想について 「美しいバストラインができるのはもちろん、とても軽くて気持ちのよい着けごこちだった」 「まさに、リラックスレシピという名にふさわしい商品」 と述べております。        この下着をつければ、みんなポジティブ美人になれちゃうかもしれません!?                         ツイートこの記事をつぶやく