911ターボS        ポルシェ ジャパンはこのほど、タイプ991ベースの新しい 「911ターボ」 「911ターボS」 の受注開始を発表した。 最高出力は520PSと560PSに達し、サスペンションには新しいステア機構が採用されている。      新しい 「911ターボ」 「911ターボS」 は、タイプ991の軽量シャシーを得てハンドリングが大幅に向上。 従来のGT的な方向性から、サーキットも似合うモデルへと変貌した。 「911ターボS」 のニュルブルクリンク北コースのラップタイムは、標準の公道走行可能なタイヤを装着した状態で7分30秒以下を達成しているという。        搭載されるエンジンは3.8リットルの水平対向6気筒ターボで、ガソリンエンジンとしては世界唯一の可変タービンジオメトリーを引き続き採用する。 最高出力はターボで520PS、ターボSで560PS。 トランスミッションは7速PDK、4WDシステムは電子制御のマルチプレートクラッチを備えた新システムを採用する。 また、完全に停止する前にエンジンを停止するアイドリングストップ機能などの低燃費技術により、燃費も16%向上している。        サスペンションには、リアアクスルにステア機構が採用された。 電子機械式アクチュエーターを使用したもので、リアタイヤを最大2.8度まで操舵する。 従来の4WSと同じく、低速では逆位相、高速では同位相に操舵され、コーナリング性能が向上するとともに、車庫入れなどの取回しでも小回りがきくようになるという。        価格は、「911ターボ」 が2,030万円、「911ターボS」 が2,446万円。 予約は5月14日から受付を開始する。(mynavi.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
                      スマホは捨てろ        「今すぐスマホを捨てろ」      そう言われたら、あなたはすぐにスマートフォンを手放すことはできますか? だいたいの人は 『スマホなしの生活は想像しにくい』 と思うのではないでしょうか。 スマホは私たちの生活の中にすっかり定着しています。        しかし、スマホはそもそも10年前にはなかったもの。 20年前に遡ると携帯電話すら普及していませんでした。 だから、スマホなしでも生活できるはずなのです。      「スマホがないと生活できない」 は実は思い込みです。 経営コンサルタントの鈴木進介さんは、そうした世間の波にただ流されるだけの人を 「無難な人」 と名付けて、警鐘を鳴らします。        『スマホは捨てろ!』(扶桑社/刊)は 「無難な人」 の特徴、そのまま 「無難な人」 でいるとどうなってしまうのかを教え、そして長い間、時代の最先端にいられる “生き残る人” になるための処方箋を読者に提供してくれます。        ところで、「無難な人」 といういい方は、それほど悪い印象でもないですよね。      しかし、鈴木さんは 「無難な人」 についてかなり辛辣な批判を展開しています。 「無難な人」 の特徴は、世間の変化や社内の空気に合わせて行動しているので、いつまでたっても集団の中から抜け出すことができず、仕事で圧倒的な成果を残すこともできないこと。      いわゆる “社畜” のような状態になっているのです。      また、現代は変化が激しいですから、その変化に合わせていくだけでも大変なこと。 常に後追いになってしまうことは容易に想像できます。 そこに “自分らしさ” はありません。        では、具体的に 「無難な人」 とはどんな人のことを言うのでしょうか。 鈴木さんが本書の中で 「無難な人」 の典型例を箇条書きで羅列しています。 この中に当てはまるものはありませんか?        □ 自分は 「そこそこ」 仕事ができると思っている。    □ 現状のまま努力していけば 「なんとか」 会社に残れると思っている。    □ 心の奥底には 「漠然とした」 不安があるものの、何をすればいいかわからない。    □ 「それっぽい」 アイデアを出すのは得意。    □ 「とりあえず」 みんなの意見を聞いてみる。        いくつ当てはまったでしょうか。数が多いとかなり危険です。      しかし、こうした 「無難な人」 は基本的に能力が高く、組織の構成員としてはかなり有能な人が多いという傾向もあります。 そして、転職や独立など 「動きたい」 という意思と、今の会社で働き、リスクを避けたいという 「動けない」 という想いの狭間で葛藤しています。        鈴木さんは、本書を 「自分らしさを封印してしまった優秀な社員たちを 『社畜』 から解放される手助けをしてあげたい」 という想いでつづったといいます。      事実、「無難な人」 から抜け出すための心構えや行動原則、発想法、根回し術、勉強法などが丁寧に解説されており、読んだ次の瞬間、どう動くべきかが分かってくるはずです。 鈴木さんは今の30代は、40代・50代のバブル組がつかえて、まっとうに定年まで会社にいられるか分からない状況にあることを指摘します。      40歳以下の、これからの時代を創り出す若い世代の方々は、「無難な人」 にとって、今の自分を客観的に見るためのきっかけをもらえる一冊です。(getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
       ウチのレストランが 「まずい」 と、レビューサイトに書き込まれてしまった! 悪評は客足にも響きかねないだけに、なんとかして削除できないか――そう考えるのはおかしくないと思えるが、実際には難しいというのが現状のようだ。          2013年5月8日、ユーザー投稿型の飲食店情報サイト 「食べログ」 に書き込まれたクチコミで 「客が激減した」 として、札幌市内の男性が運営会社を札幌地裁に提訴した。            「食べログ」 はカカクコム(東京・渋谷区)が運営する、飲食店について住所やメニューなど情報、また実際に訪れた人の感想などを掲載するウェブサイトだ。 利用者数(ユニークユーザー数)は月間4000万人を越え、今や 「お店に行く前に、食べログなどクチコミサイトを見るのは当たり前」 というほどに普及している。          上記の男性は2012年2月、自ら食べログに経営する飲食店の情報を掲載した。 ところがそこに 「料理が出てくるのが遅い」 「おいしくない」 といった批判的なクチコミを書き込まれてしまった。 直後に店を訪れる客は激減、男性は食べログが原因と考え、店情報そのものを含めて投稿を削除するようカカクコムに求めたが、同社が拒否したため、今回の訴訟に至った。 男性は店舗情報の削除、および損害賠償220万円の支払いを求めている。          食べログの投稿をめぐる問題では、2010年に佐賀市の飲食店が、メニューや店の外装などを変えたのにもかかわらず食べログ上に以前の写真が残っているとして、削除を求める訴訟を起こしたことがある。 この件は翌年、情報の削除と訴訟の取り下げで決着した。 このほか2012年には店側が 「やらせ書き込み」 を行った疑いがあるとして、消費者庁が調査に乗り出した(処分自体は見送り)。          今回の訴訟はネット上でも議論になり、「本当においしかったら、そのレビューが目立たなくなるほど称賛のレビューが載るんじゃないの?」 といった店側への揶揄や、「明らかに事実と異なること書かれたならともかく遅いとか美味しくないなんて主観だろ そんなものの真偽なんて確かめようがないしそれがダメならレビューサイト全滅じゃん」 と疑問を呈する声が出ている。            実際、店側がこうしたケースで削除を認めさせることはできるのだろうか。 ネットの誹謗中傷・名誉毀損問題に取り組む、弁護士法人港国際グループの最所義一弁護士は、あくまで一般論としつつも、削除などを求めることは「難しい」との見解を示した。          最所弁護士によれば、削除が認められるためには、利用者によるクチコミが 「違法」 であることが条件になる。 それには投稿に公共性あるいは公益目的がないこと、あるいは投稿自体が虚偽であることが認められる必要があるが、前者はレビューサイトという性格上まず難しく、後者も、        「 『美味しくなかった』 というような個々人の主観にかかわる意見の場合には、やはり相当困難だと言わざるを得ません。 このような意見の場合には、意見の根拠とされる事実そのものが虚偽であるか、表現方法が一般の人が見ても、酷いと思える程度のものでなければなりませんから、現実的には、『美味しくなかった』 というような表現があったとしても、その削除を求めることは難しいと思います」 (最所弁護士)          「ライバル店による嫌がらせ」 なら公益目的に反することを理由に、違法性を問える可能性は出てくるものの、その場合でも立証はかなり困難だという。            また損害賠償の請求については、仮に投稿の違法が認められたとしても 「現実的には、売り上げの減少すべてが、その投稿によって生じたとまでは、なかなか言えないのでないかと思います」。 サイト管理の責任を問おうとしても、投稿の違法性を判断すること自体が難しいことを考えれば、      
「店側から、虚偽である事が明らかなとなる客観的証拠が示されたにも拘わらず、削除する事なく放置したような場合でなければ、サイト運営者自身の責任を問う事は難しいでしょう」      
とのことで、結局のところかなり 「割に合わない」 話のようだ。 最所弁護士が所属する事務所にも、こうした相談は増えてきているというが、「表現の自由」 が重んじられる日本の裁判では、勝つのは厳しいのが現状だという。          最所弁護士は一方で、「現在のネット社会で中傷された側が受ける不利益の重大性を、裁判所には、もっと真剣に考えて頂きたいという思いはあります」 とも語る。        「自由な意見が言えるのがネットの良さでもありますが、発言には責任を伴います。 無責任な投稿を行なえば、必ず、責任を問われる、そのことをしっかり理解して頂きたいと思います」 (j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      書評        『ノルウェイの森』 や 『海辺のカフカ』 など、これまで数多くの名作を生み出してきた小説家・村上春樹。 大きな期待が寄せられていた村上春樹さんの新作 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 が、2013年4月に発行されたのだが、その作品の感想をつづったあるレビューが現在注目を集めている。        話題沸騰中のレビューは、通販サイト 「Amazon」 に寄せられていたレビューのひとつであり、なんと1万人以上の人がそのレビューを 「参考になった」 と評価しているのだ! それだけ多くの人から高評価を得るレビューとは、一体どんなものなのだろうか?          「ドリー」というユーザーが記したそのレビューは、何段落も続く非常に長いレビューで、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 への評価は5点満点中1点とかなり厳しめである。 そして以下が、多くの人から支持されているドリーさんのレビューの一部である。            「いちいち言い方がおおげさなのが玉にキズです。 暗い淵が地球の芯にまでって・・・いくらなんでも深すぎです・・・。 しかも 「渦巻く虚無」 とか 「深い沈黙」 とか 「生の欠落」 とかいちいち出てくる単語が思春期こじらせた中学生が書いたブログに出てくる言いまわしみたいでイカ臭いです」 (Amazonより引用)          現在このレビューは多くのネットユーザーから称賛されており、数あるレビューの中でも 「最も参考になったカスタマーレビュー」 として絶大なる支持を得ている。            ・ ドリーさんのレビューに寄せられていた他のユーザーからのコメント      「面白かったです。 本編よりもずっと。 本編も笑えたけど、それ以上」      「いやー最高です。 イラッとくるウザさを的確に面白く表現していただきまして。 もう、半分笑うしかない」      「素晴らしい文章力ですね! とても参考になりました! ドリーさんが本を書いたら、私買います!」      「コメントが面白いと聞いてやってきました。本編より面白い!」      「批判的な内容にもかかわらずあまりにもレビューの文章が面白すぎて逆に読んでみたくなってしまったではないですか!」      「書評でこんなに笑ったのは初めてです。 10年以上前に 『ノルウェー』 や 『ねじまき』 を読んで、「面白さがさっぱり分からない。 なんじゃこりゃ」 と思った読者なのですが、ドリーさんの書評によって当時の感覚を思いだしました」          ネット上で絶賛されるドリーさんのレビューを読みたいという方は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のAmazonページに行ってみるといいだろう。 それにしても、読む人を次から次へと魅了するこのレビューは確かにスゴイ!(rocketnews24.com)          もしかしてドリーさんの正体は、有名評論家? それともドリーさん自身も小説家? うーん、正体が気になる!                         ▼1万人以上からの高評価! これはスゴイ!     レビュー                     ツイートこの記事をつぶやく
       4月5日に放送された 『探偵!ナイトスクープ』 (朝日放送)のあるエピソードが話題となっている。 それは、奈良県に住む18歳の青年からの依頼で、内容は次のようなものだった。        「僕は物心がついてから両親の会話を聞いたことがありません。 59歳の父は僕たち子供には普通にしゃべるのに、母とは一言もしゃべろうとしないのです。 理由はわかりません。 このままでは熟年離婚なんてことにもなりかねません。 父がしゃべらない理由を解明していただき、できることなら夫婦仲良く会話する姿を見てみたいです」        カンニング竹山が調査を始めると、依頼主と2人の姉、そして当事者である両親への聞き取りにより、両親が会話をしていない期間は 「23年間」 にもおよぶことが判明。 隠し撮りした家庭内の映像では、父は子供たちには笑顔で話しかけるものの、母が何を話しかけても完全に無言を貫き、やり取りはすべて一方通行だった。        竹山に23年間話さなかった理由を聞かれた父親は、観念したように告白した。        「原因といわれると……子供が生まれるとなんか子供中心の、まぁ家内がそういう生活になって、私はなんかほったらかしになったんですね。 で、まぁ若かったせいもあるし、なんか拗ねたみたいな感じで……引っ込みがつかなくなって」        23年間も会話しなかった理由は、なんと、ただ 「拗ねた」 だけだったのである。 これにはレポーターの竹山も、「お父さん、マジですか!」 と驚愕の様子。 さらに、「しゃべりたいという気持ちはあるんですか」 と問われると、気まずそうに 「……はい」 と頷くのだった。        そして、「私はお父さんと会話したいと思っています。 奈良公園で待ってるんで来てくれますか?」 というVTRでの母親の呼びかけに応じ、2人が出会った頃にデートしていたという公園で 「再会話」 することになった。        23年ぶりの会話を交わした夫婦に、離れた場所で見ていた子供たちも号泣。 スタジオ出演者たちも一同感涙に終わったのだ。 番組に顧問として出演していたパティシエの林裕人氏は、その様子をこう振り返る。        「観覧してるお客さんも出演者も、みんな泣いていました。 途中まで笑ってたけど、最後は涙が止まらなかった。 僕や西田さんはあの父親と同世代だから、とくに感じ入るものがあった」        反響は視聴者にもすぐ伝わった。 『ナイトスクープ』 は現在、全国35局で順次放送されているが、各地域で放送されるたびにネットでは絶賛の嵐となった。        映画 『モテキ』 で知られる監督の大根仁氏はツイッターで 「涙の量ではナイトスクープ史上最後かも。 ほんと泣いたよ」 とつぶやき、タレントの水道橋博士も 「我が父を想い出し涙」 と賛同した。 番組関係者も 「西田局長以下、今回の反響が大変大きいのを認識してまして、『あの作品はよかったからなあ』 といっています。 間違いなく今年のベスト候補です」 と手応えを語った。 意外なのは、その共感が比較的若い世代にも広がったことだった。        「子供が生まれたばかりで、ある意味家族の理想像を見たような気持ちになった」 (32歳既婚男性)      「離婚した両親のことを考えたら、なぜか救われた気分になって号泣してしまった」 (30歳独身女性)        中高年は自分たちに、若い世代は自分の両親や自らの未来にこの夫婦と家族を重ね、涙した。(news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく