セブンパン        大手食品メーカーが製造する商品に引けを取らない味で、かつ低価格――とのイメージが強いPB(プライベートブランド=自主企画)食品の常識が変わりつつある。        コンビニ業界トップのセブン―イレブンが4月中旬に発売した独自ブランドの食パン 『セブンゴールド 金の食パン』 が、わずか2週間で65万個、約1億円を売り上げた。 驚くのはその価格。 1斤6枚入りで250円と、スーパーで売られている有名ブランドの食パンより100円ほど高い。 デフレ不況下では決して手の伸びやすい価格とは言えないはず。        だが、“高級PB” が売れている背景を、単に景気回復によって消費者の財布のヒモが緩んできたと捉えるのは早計だ。 『コンビニと日本人』 (祥伝社刊)の著者で消費生活コンサルタントの加藤直美さんが話す。        「もともとコンビニは定価販売の流れがありますし、少し値段は高くても話題性のある商品ならば好不況にかかわらず売れる業態特性がありました。 また、ファミリー層をターゲットにしたスーパーと違い、単身者がふらりと訪れてささやかな贅沢を味わいたいという消費行動がある。 値段ではなく、いかに消費者の満足感を高めるコンビニ独自のPB開発ができるか。 じつは1990年代からずっと力を入れてきたのです」        食パンはその象徴的な商品でもある。これまでコンビニでは菓子パンが人気で、食事パンは売れないと思われてきたが、主な顧客が若者層だけでなく主婦や高齢者まで広がるにつれ、食パンや牛乳など日常食品を求める消費者も増えた。 そこで急がれたのが、味の差別化だ。        「高齢者をはじめ、食に対する健康志向は変わらず高いのですが、カロリーや脂肪、糖分を抑えたパンを作れば味が落ちます。 それよりも最高の素材をふんだんに使った美味しいパンを少しだけ食べて満足したいという需要が高まっていたのです」 (前出・加藤さん)        セブンはその傾向にいち早く気付いていたものの、食パン開発には苦労が絶えなかったという。        「山崎製パンのような大手メーカーにPBの製造委託をすれば良かったのですが、全国ブランドを重視する同社と折り合いが悪かった。 そのため、味の素や伊藤忠食品といった製パンメーカーでない企業に冷凍生地を作ってもらうなど、1から開発を進めていかざるを得なかった」 (大手食品メーカー関係者)        「金の食パン」の製造元である武蔵野フーズも、パン粉製造からスタートし、後にセブンと二人三脚でサンドイッチや食パンの味を追求してきた歴史がある。 カナダ産のパン粉、生クリームや蜂蜜を加えた独自製法で編み出した “もっちり食感” は、まさに両社の地道な開発の賜物といえる。        「ナショナルブランド(NB)に対抗するというより、PBの競争に勝ち抜ける商品を多く作りたい」。 セブン―イレブン・ジャパンの幹部はこう意気込む。 いまやセブン&アイグループの主力PBである 「セブンプレミアム」 の売り上げは、1700品目で年間約4900億円。 2015年度には2400品目で1兆円を目指している。高級食パンで成功したアップグレード版の 「セブンゴールド」 シリーズも、現在の11品から約300品目まで拡充させる方針だ。        このままの勢いが続けば、狭いコンビニ店内がPB商品で埋め尽くされる日が来ても何ら不思議はない。        「いまでもセブンプレミアムの75%はセブンイレブンで売っています。 海外に目を転じれば、イギリスのテスコのように9割が自社ブランド商品で売り上げを伸ばすスーパーもあります。 日本もいずれ、ナショナルブランドの商品より美味しいコンビニPBが味の記憶となって、確固たるブランドを築いていく可能性は十分にあります」 (加藤さん)        小売りが製造も兼ねるSPAの流れは時代の趨勢といえる。 だが、「あのメーカーの、あの味」 が次々と淘汰されてPBに束ねられていくのは、少し寂しい気もするのだが……。(news-postseven.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
                     ラーメン女子大生        女性ラーメン評論家の本谷亜紀(ほんや・あき)さん(24)が、訪れたラーメン店が定休日だったことに対する 「イチャモンツイート」 を投稿して以来、インターネット上で彼女への非難が噴出している。          本谷さんは問題のツイートについては謝罪したものの、騒ぎが鎮火するどころか過去の発言なども掘り返され、炎は広がる一方だ。        騒動の発端となったのは、本谷さんが2013年4月18日に投稿したこんなツイートだった。
      「おいおい臨時休業だぜ。。」 「ラーメン難民」     「鬼そば藤谷って、一階にラーメンやさんが入るビルの五階だからエレベーターでいかないといけなくて。 乗り合わせた大学生と臨時休業に唖然。 彼地方からここ食べに来たんだって。 可哀想過ぎるから紙にこの辺のラーメン20店くらいかいてあげた。 理由なきお休みは人を悲しくさせます。。」
         「鬼そば藤谷」 とは東京・渋谷のセンター街に店を構えるラーメン屋で、ものまねタレントのHEY!たくちゃんさんが店主を務める。 その藤谷が、本谷さんが訪れた日に臨時休業で、地方からここのラーメンを食べるためにやって来た大学生と共にがっかりした、ということらしい。          このツイートに対し4月19日、HEY!たくちゃんさんから直々に 「本日は大変申し訳ございませんでした。 木曜日は定休日でして、申し訳なかったです」 「定休日を無くすように、どんな理由があろうと、頑張ります!!」 とのリプライが届いた。 さらに従業員から、「オープン当初より定休日は木曜日です」 「本当に頑張ってラーメンを作って営業してるので、あなたの軽はずみな発言で大変迷惑しております。 正直スタッフ一同不愉快です」 と怒りのコメントが寄せられた。          本谷さんはHEY!たくちゃんさん、従業員のユーザーそれぞれに 「すみません!昨日時点で食べログには無休とありまして」 と弁解のリプライをしていた。            しかし食べログにある藤谷の口コミページの編集履歴を見てみると、最終更新日は12年9月29日となっている。 本谷さんがツイートした時点で、定休日は木曜日と書かれているはずなのだ。        この点の指摘をはじめ、本谷さんには 「言い訳しすぎ。 見苦しい」 「社会人として失格」 「モンスター評論家」 などの批判が大量に寄せられた。          さらに 「ラーメン官僚」 としてメディア出演し、本谷さんとも共演経験のある公務員の田中一明さんも、ツイッターで 「食べログの件については咄嗟に嘘をついたと素直に謝った方が良いのではないかと私は思う。 事実は言葉では曲げられない」 「そもそも、20軒も店を紹介したんだよってことが書きたくてツイートしたんだろうなぁと思う」 と、突き放したようなツイートをした。          こうした指摘、批判を受け、本谷さんは4月19日と27日、藤谷への謝罪ブログを更新した。 「事の発端は、私が休業日を誤解していたことにあります」 とした上で、18日に食べログを見た時点で年中無休と確認したつもりだったこと、臨時休業と思い込んで問題のツイートを投稿したこと、19日朝に店側に迷惑をかけていると気付きツイッター上で謝罪したこと、その後自身の見間違いに気付いたこと、を説明している。 「お許しいただけるか分かりませんが、後日謝罪にも伺いたいと思っております」 とも書いている。          そして本谷さんの誕生日前日、5月17日のイベント 「本谷亜紀のゆるっとラーメンnight vol.3~ラーメン女子のお誕生日前夜祭」 は中止とすることを告知した。              謝罪して一件落着かに見えたが、問題のツイートをきっかけに本谷さんは2ちゃんねらーに目を付けられてしまった。          12年12月20日、牛丼屋で牛丼を買った際 「お弁当にしたら割り箸ついてない」 「スタバも牛丼屋もやっぱり苦手」 と文句のツイートを投稿していたが、多くの牛丼屋では、持ち帰りの時はレジ横などにある割り箸を自分で取る方式になっている。          また、13年4月7日のブログでは 「この前の金曜日、暑くてどーしてもビールが飲みたくて恵比寿ビールバー(編注:エビスバーのことか)に行ってきました。 料理にはまったく期待が持てなかったからポテトサラダをビールを(原文ママ)ガブガブ」 と、失礼と思える発言をしていた。          13年5月4日には、週刊プレイボーイのサイトに掲載された 「魅惑のお取り寄せグルメを実食判定!【ラーメン編】」 という記事で、トマト味のラーメンを食べて 「私、トマトラーメン否定派なんですよ。 トマトならパスタでいいって思っちゃう」 「これ完全にアルデンテのパスタです」 と話していたが、10年7月放送の 「お願い!ランキング」 (テレビ朝日系)で 「夏だからこそ美味しく食べられるラーメンランキング」 1位にトマト味のラーメンを選んでいた。          こうした過去の発言が明らかになるたびに2ちゃんねるにスレッドが立てられ、「臨時休業→定休日でした 箸が入ってない→セルフ式でした この人こんなのばっかりだなwww」 「言葉えらべよ おれらじゃあるまいし」 「うそつきですねwww」 「否定派ってのがイラッと来るな 好みじゃないって言えよ」 など非難が書き込まれているほか、本人のツイッターにもいまだに批判が寄せられている。          本谷さんは10年1月、「お願い!ランキング」で行われた田中一明さんのアシスタント募集企画 「ラーメン隊オーディション」 に合格、当時現役大学生だったため 「ラーメン女子大生」 として活動をスタートした。 大学卒業後はラーメン評論家としての活動を本格化させ、テレビ出演や雑誌・サイトの連載、イベント開催などを行っている。 若い女性のラーメン評論家が珍しいからか、一部では 「美人すぎるラーメン評論家」 とも言われている。(j-cast.com)        周りが「美人すぎる」なんてチヤホヤするからこうなるんだよな!?                 ツイートこの記事をつぶやく
      ピーターラビット        世界中で人気のあるイギリスの絵本 『ピーターラビット』。         作品を読んだことがない人でも、お皿などに描かれた可愛いイラストを見たことがあるという人は多いだろう。        その公式サイトが、2013年5月1日に日本でオープンした。 公式サイトは可愛らしいピーターラビットの世界観で彩られているのだが、キャラクターのプロフィールにある 「ピーターラビット父」 の紹介があまりにも悲しすぎると話題になっているのだ。        なんとピーターラビットのお父さんの紹介欄には美味しそうなパイのイラストが! ピーターのお父さんは、農場を経営しているマグレガーさんの奥さんにパイにされているのである!         つまり、作品が始まった段階で、父はもうこの世に存在せず、ピーターのお母さんは未亡人となって子どもたちを育てているらしい。        この設定は初めて知ったというネットユーザーも多く 「悲しすぎるだろ……」 という声が多数出ている。           有名な絵本だけに、衝撃を受けた人も多いようだ。             おとうさん        グリム童話だって結構残酷だから当然なのかもしれない!?                     ツイートこの記事をつぶやく