大島てる        自殺や他殺があった事故物件を検索できるサイト『大島てる』。 ちょっとユニークな名称のサイトだが、自殺や他殺があったマンションや家を調べることができ、住所やマンション名だけでなく、場所によっては部屋番号や死因まで知ることができる。            ・『大島てる』 のスマホ用アプリ      以前にもこのサイトを紹介したが、改めて紹介したいと思う。 なぜならば 『大島てる』 のスマホ用アプリが開発され、ついに配信が開始されたからだ。 これでブラウザで検索するよりも調べやすくなったわけだ。            ・自殺や他殺の物件を簡単に見つける      『大島てる』 のスマホ用アプリはアンドロイドケータイ向けで、すでに2013年3月から配信が開始されている。 『大島てる』 公式サイトはスマホやタブレットPCでも見ることはできるが、ブラウザで見るためにパソコンほど快適に見られない。 このアプリを使えばブラウザよりも快適に、簡単に事故物件を探すことができるというわけだ。            ・自分の部屋が事故物件かも?      皆さんは 「立地が良いのにどうしてこんなに家賃が安いんだろう?」 や 「自分が住んでるこの部屋、まさか事故物件だったりして?」 と思ったことはないだろうか? もしかしたら事故物件かもしれない。 そんなときに活躍しそうなアプリである。 事故があった物件は、地図上に炎マークが表示される。            ・知るべき情報を知ることができるサイト      事故物件が検索できてしまう事実をよく思っていない人がいるのは事実だ。 しかし、『大島てる』 は意味もなく事故物件を掲載しているわけではない。 知りたい人が、知るべき情報を知ることができるようにしているサイトであり、多くの人たちが検索を利用している。( rocketnews24.com)            ツイートこの記事をつぶやく
                                      トマト        「メタボリック症候群対策に効果がある」 と、「トマトブーム」 が続いている。          トマトジュースなどでは 「特需」 が起こり、飲料大手のカゴメは2013年3月期決算で創業以来、過去最高益をたたき出した。        トマトブームのきっかけは、2012年2月に京都大学とキッコーマン傘下の日本デルモンテが発表した研究にある。          京大大学院の河田照雄教授らがトマトの実とジュースの成分を分析したところ、脂肪の燃焼を促進する不飽和脂肪酸の一種(リノール酸誘導体)が含まれていることを突きとめた。 この物質を化学的に合成し、肥満マウスに与えたら、4週間で血液と肝臓の中性脂肪が約30%減少したという。          トマトにはカロテンやリコピンなどの抗酸化機能のある成分も含まれており、それが脂質異常症や糖尿病にも効くといわれている。 この研究で、改めてトマトが健康によいことが確認された形だ。          これをきっかけに、生鮮トマトやトマトジュース、ケチャップなどを買い求める人が相次いだ。 トマトはそのまま食べてもよし、ジュースにして摂ってもよし、煮ても焼いてもいいので料理にも使いやすい食材でもある。          「トマト味」の料理を好む人は少なくなく、2009年には女性を中心に 「トマト鍋」 が流行した。 飲食店の情報サイト 「ぐるなび」 が行った 「2012年冬のトレンド鍋予報」 では、再びトマト味の 「海鮮トマト鍋」 がトップとなり、根強い人気をみせた。 「トマト味」 は鍋の定番になりつつある。          「鶏のトマト煮」 や 「トマト味の野菜スープ」、パスタにもよく合うトマト味は、レシピのバリエーションも広げる。 料理サイトの 「クックパッド」 の 「トマト味のレシピ」 に寄せられたレシピは、じつに1114品もある。          なじみがあり、使い勝手のよい野菜であることが息の長いブームとなっている要因のようだ。            こうした 「空前」 のトマトブームを背景に、飲料大手のカゴメの2013年3月期決算は、当期純利益が前期比53.7%増の64億円になり、1899年の創業以来の最高益となった。 売上高は9.0%増の1962億円で、増収増益だった。          なかでも、トマトジュースは全国で一時品薄になるほどの人気を集め、売上高は通期で5割増。 相乗効果で、野菜飲料全体も過去最高の960億円を記録した。          同社によると、トマトジュースの売り上げのピークは1970年代後半。 80年代に入ると野菜ジュースを含め、さまざま飲料が登場して需要が縮小した。 2011年はピーク時の4割まで落ち込み、ここ数年は需要層の多くをヘビーユーザーが占めていた。          ブームに乗って 「トマトフェア」 などの露出機会を増やしたことで、「子どもの頃に、よく飲んでいたという消費者が戻ってきた」 と、カゴメはいう。 昔からの、ノーマルタイプのトマトジュースが一番売れているそうだ。          トマトケチャップはメニューを提案することで、12年秋以降に販売量を伸ばし、「基本のトマトソース」 は2013年3月に、使いやすく環境負荷も低い紙容器の商品を投入した。          市場が縮小しているギフト事業には、スイーツの 「トマトの焼き菓子 トマッティーニ」 を展開。 これが当たりギフト事業の売上高は前期比4.0%増の79億円。 1998年から参入している生鮮野菜事業では 「生鮮トマト」 を生産、販売しているが、その売上高も前期比17.0%増の89億円と、いずれも過去最高となった。(j-cast.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
                警告!友人にドン引きされるSNSの使い方ランキング        あなたはFacebookやTwitter、LINEなど、SNSを使いこなせていますか?        親しい友人や懐かしい友人たちと交流できるから、毎日更新するのが楽しみ…なんて思っているのは、自分だけかもしれません。      周りに 「ウザイ…」 と思われる前に、間違ったSNSの使い方をこっそりお教えします。早速チェックしてみて!        ■ 警告! 友人にドン引きされるSNSの使い方      1位 : プロフィール写真に自分撮りのキメ顔を設定している人      自己紹介のツールとして重要なプロフィール写真。 自分をカッコよく&かわいく見せようとして、うっかりキメ顔を設定していませんか? 周りからナルシストだと思わるだけでなく 「面倒くさいな」 「イタイな」 と、ドン引きされてしまいます。      ちょっとでもその疑いがある人は、自然体で撮影した写真に今すぐ変更しておた方が身のためかも?!        2位 : ネガティブな話題ばかりアップする人      いつも仕事やバイトの愚痴&悪口ばかり投稿していませんか? 直接関係している人は同感できるかもしれませんが、全く内容を知らない友人からすると 「対応の仕方に迷う」 「付き合いが面倒」 と思われて、スルーされてしまうことも。      悲観的なことは、友人に向かってつぶやくのではなく、自分の中に留めておいた方がよいかもしれませんね。        3位 : 自分撮り写真のアップ率が高い人      プロフィール写真と同じように、頻繁に自撮り写真をアップしていては、友人からナルシストすぎてキモイ…と思われてしまいますよ。      芸能人はよくブログに自撮り写真をアップしていますが、それはあくまでも仕事の一部。 一般人が真似してもドン引きされるだけです。 たまにアップする程度ならよいかもしれませんが、毎回更新するのは控えましょう。        4位 : 毎回ポエム調にブログを更新している人      勢い余って、ひとりよがりの表現をつづったポエム順の文章を投稿していませんか? 熱い気持ちを抑えきれずに、気取った文章を書いてばかりでは、「ナルシスト」 「イタすぎる」 と思われてしまいます。      あなたが書いた内容は、友人たちが冷めた目でチェックしていることは忘れないようにしてくださいね。        5位 : 普段とキャラが違う人      日常生活とネット上でキャラが違いすぎて、戸惑ってしまった経験はありませんか? 現実は引っ込み思案で大人しいキャラなのに、ネット上では毒舌で人の悪口ばかり言っているなど、あまりにもかけ離れたキャラの人は、友人から軽蔑されてしまう可能性が。      「素の自分に戻りたい」 「もっと格好よく見せたい」 など、キャラ作りしすぎない方が、親しみやすく、“あなたらしさ” を表現できるはずです。 日常生活の延長にSNSがあることを絶対に忘れないことが大切かもしれませんね。(appwoman.jp)          気を付けないと・・・・                 ツイートこの記事をつぶやく
     マンション購入に熱心な 「不動産肉食」 は女性ばかりでない。 外国人も旺盛だ。      円高が2割進むと、億ションなら2千万円もの 「値引き効果」 がある。        3月にあった国土交通省の公示地価の記者発表。 アベノミクスを背景に地価が値上がりした地域について説明が続くと、記者たちの間に 「あれあれ?」 という空気が流れた。 都区部の住宅地ナンバー1が、大地震の際には液状化も懸念される東京湾岸の豊洲4丁目だったからだ。      豊洲4丁目の住宅地の公示地価は前年比で2・8%上昇し、都区部の住宅地では最大の値上がり幅だった。      このエリアに建設中のタワーマンションに、思わぬ 「バブル」 が起きている。 米国の大手不動産会社ジョーンズ ラング ラサールが2月、シンガポールで華僑系の富裕層に対して商談会を開催。 大変な活況だったのだ。        ◆ 次々と 「予約済み」      販売されたのは、超豪華仕様の億ション。 専門スタッフによる高級ホテル並みの24時間ルームサービスや、リネン交換などのハウスキーピング、ディナークルーズやナイトヘリの手配など、富裕層の心をくすぐる仕様が満載だ。      会場には2日間で200人以上が訪れ、即決が相次いだ。 一度に5戸を申し込む顧客もいたという。 1億数千万円もする物件に次々と赤色の 「RESERVED」 (予約済み)のシールが貼られ、販売した65戸のうち30戸近くがその日に売れた。      シンガポールで同時期に売られた東京・六本木のタワーマンションも、半数以上が1億円を超すが好評だった。         駐在するIT企業の現地法人幹部の妻は、      「シンガポールは国土が狭く、気の利いたマンションは数千万円する。それなら日本の価格とそう違わない。 六本木はセレブな街として、ここでも有名です」      と、人気の背景を語った。      日本では崩壊した 「不動産神話」 が、海外の富裕層には健在だ。 地価上昇を外国人が支えている構図が見える。 後押しをするのが円安だ。      1億円のマンションなら、昨年までの1ドル=80円前後の為替レートでは125万ドルした。 だが円安が進み、96円前後となった現在なら104万ドルと、2割も安く買える。 シンガポールでの商談会でも、物件価格は円とシンガポールドルの両方で表示され、関心を誘っていた。        ◆中国から不動産ツアー      東京の現地モデルルームの来訪者にも、外国人の姿が目立つ。 六本木近くにある欧州系証券会社の営業マンは、      「外資系社員がここまでアグレッシブになれるのは、為替という支援があるからです」      と明かす。 中国や台湾では、日本への不動産投資を呼びかける団体旅行も開催され、新聞には 「不動産ツアー」 の広告があふれている。 成田空港や羽田空港に近い立地も人気。 昨年まで日本への投資が盛り上がらなかったのは、一般には 「尖閣問題の影響」 などとされたが、本音は円高が壁だったのだ。      外国人に人気の土地は、豊洲や六本木のほか、麻布、青山、赤坂を結ぶ 「3Aゾーン」 がある。 高級賃貸マンションが林立し、周辺のレストランでは日本語ができない客にも店員が動じない。 周辺は江戸時代は武家屋敷で、明治以降は大使館がひしめく高級住宅地となった。 迎賓館や皇室の御用地もある。      このエリアの開発を担当した財閥系不動産の営業マンは言う。      「リーマン・ショック後、外資系企業が撤退し、高級賃貸の経営が苦しくなりましたが、分譲はそうでもありません」      それはなぜか? 『マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく』 (朝日新書)を書いた不動産情報会社アトラクターズ・ラボの沖有人社長は、こう説明する。      「外国人が好む3Aゾーンは値下がりしにくく、住宅すごろくで10年で買い替えて損をしない代表的なエリアです」        ◆地域ごと 「外資系」 化    沖氏によると、分譲マンションは1坪当たり年間4万円程度ずつ資産価値が落ちていくパターンが多い。 だが、高級物件が多いこの3Aゾーンは、値下がり率はかなり低くなる。 人気はあるのに新規物件があまり供給されず、需要が旺盛なため 「値下がりしにくい」 という共通認識が広がっているそうだ。      外資系金融機関に勤める中年男性は、      「本国から来た上司は、外国人エグゼクティブの高級住宅がある3Aゾーン以外は 『トウキョウではない』 と言っていたが、リーマン・ショックでそこまで強気ではなくなった」      と話す。 その結果、豊洲などにも外国人が目立ってきた。高層マンションに囲まれた豊洲北小学校では、親の出身地が中国、韓国、ロシア……と幅広く、「外資系」 化が進んでいる。 ある大型オフィスビルにも韓国勢が投資し、業界で注目された。      「大型ビルは秋葉原、豊洲、品川あたりを結ぶゾーンに数多くできている」      と沖氏。 実際、新興住宅地と思われがちな豊洲だが、朝の東京メトロ豊洲駅では降りる客のほうが圧倒的に多く、むしろオフィス街化している。 東京証券取引所グループと大阪証券取引所が統合してできた日本取引所グループは、主力コンピューターをこの地域に置いた。 その結果、外資系証券会社などの情報拠点も集まり始めている。      主要都市の地価上昇率上位5地点を見ると、東京では大使館が数多く集まっている麻布エリアが4、5位に入った(表)。 大阪では大阪市内の都心で地価上昇が目立つ。 やはり、数千万円以上の億ションが増えたエリアだ。           ◆ 主な都市の地価上昇率 「上位5地点」       所在地          価格(円/平方メートル) 上昇率(%) ◎東京 <住宅地> 1 江東区豊洲4-11-30       44万1千  2.8 2 葛飾区東金町2-6-18       30万    1.7 3 北区赤羽南1-11-7        95万8千  1.1 4 港区南麻布1-27-33      119万    0.8 5 港区元麻布3-6-2        127万    0.8   <商業地> 1 台東区浅草1-1-2        181万    9.0 2 墨田区押上1-24-1        70万4千  6.5 3 足立区千住旭町40-22       80万    5.0 4 足立区千住2-57-3       162万    2.5 5 足立区千住旭町20-9        41万5千  2.0     ◎愛知 <住宅地> 1 名古屋市千種区清住町2-38-1   32万    6.7 2 刈谷市原崎町6-608        15万1千  5.6 3 安城市緑町1-12-5        14万    5.3 4 安城市三河安城本町1-17-3    14万2千  5.2 5 岡崎市宮地町郷西23-1       10万2千  5.2   <商業地> 1 名古屋市昭和区隼人町5-1      36万3千  5.2 2 一宮市栄3-7-18         23万3千  5.0 3 岡崎市羽根町東荒子79-1      17万2千  4.9 4 刈谷市桜町1-24          19万9千  4.7 5 刈谷市南桜町1-54-1       16万6千  4.4     ◎大阪 <住宅地> 1 大阪市中央区上町1-15-15    44万9千  2.0 2 大阪市北区紅梅町6-6        45万9千  1.8 3 大阪市阿倍野区文の里3-7-30   34万8千  1.8 4 大阪市阿倍野区桃ケ池町2-10-21 30万4千  1.7 5 大阪市中央区瓦屋町1-7-8     37万    1.6   <商業地> 1 大阪市北区梅田1-8-17     770万    4.1 2 大阪市北区中之島3-2-18    148万    2.8 3 大阪市北区角田町7-10      723万    2.6 4 大阪市中央区心斎橋筋2-8-5   487万    2.5 5 大阪市西区南堀江4-20-11    31万2千  2.3     ◎福岡 <住宅地> 1 福岡市早良区高取2-5-10     25万9千 10.7 2 福岡市早良区西新2-11-9     29万5千 10.1 3 福岡市早良区室見5-7-5      19万7千  7.1 4 福岡市早良区室見1-25-9     22万1千  6.8 5 福岡市早良区室見3-9-22     17万6千  6.7   <商業地> 1 福岡市早良区西新2-1-3      38万1千  8.9 2 福岡市早良区曙2-11-23     22万    6.3 3 福岡市博多区博多駅前3-2-1   246万    6.0 4 福岡市博多区博多駅前2-8-11  133万    5.6 5 福岡市早良区高取1-1-42     33万5千  5.3    ※所在地の表示は各都府県の発表に従った。 東京は区部についてまとめた。                          ツイートこの記事をつぶやく