マンダムは、これまで実施してきた、臭気判定士の国家資格を有する研究員が、実際に男性の脇のニオイを直接かいで測定する 「嗅覚測定評価」 と、「生活者意識調査」 についての研究をまとめて発表した。        ● 日本人男性、実はかなり臭い……?        ニオイの評価は 「無臭」 から 「非常に強いニオイ」 まで6段階。 その中で、日常的なシチュエーションで周りの人にニオイを感知されるレベルは、満員電車などの密閉空間でにおう 「レベル3」 以上となる。           ワキ臭        日本人男性を評価した結果、「レベル3」 以上の男性が、全体の90%をしめ、体臭が弱いといわれる日本人男性でも、90%以上はデオドラントが必要なレベルだということがわかった。        ● 「臭い」 と言われて傷つく男性たち        全国15~49歳男性618人を対象にアンケートを実施したところ、「カッコ悪い」 と言われるより、「臭い」 と言われる方が傷つくと回答した人は、93.9%にのぼった。 また、67.6%の人が 「自分の体臭がキツいのではないかと不安に思うことがある」 と回答。 95.8%の人が、「体臭ケアは人に対するマナーだと思う」 と答えた。       におい       なお、15~44歳までの男性930人を対象に、「デオドラント剤を購入する際の重視点」 を聞いたところ、「汗のニオイを防ぐ効果の高さ」 が60.1%でトップ。 次いで、「汗やベタツキを取り除く効果の高さ(54.6%)」、「体臭を防ぐ効果の高さ(47.6%)」 となり、男性のニオイケアへのニーズの高さがうかがえた。(mynavi.jp)                             ツイートこの記事をつぶやく
          目        第一三共ヘルスケアは、20~30代の未婚男女1,000名を対象に行った 「女性の顔のパーツ」 をテーマにした意識調査の結果を発表した。 調査は2012年12月19日~25日、インターネットで実施された。      

 恋愛において重要な2大パーツは「目」と「口」!

     調査ではまず、20~30代の未婚男性500名に対して、女性の顔で気になるパーツについて質問した。 「初対面の女性を見たときに最初に目がいくパーツ(複数回答)」 を聞くと、「1位:目」 が62%で最も多く、続く 「2位:口」 (21%)、「3位:輪郭」 (19%)、「4位:鼻」 (11%)という結果だった。        一方で、質問を 「恋愛対象の女性を見たときに目がいくパーツ(複数回答)」 に変えると、ここでも 「1位:目」 (52%)が最も多い結果となりつつも、「2位:口」 を回答する人が増え、34%と3人に1人にのぼった。 「目」 と 「口」 は、恋愛の発展において、特に重要な2大パーツであると言えそうだと調査では分析している。        「初対面」 のときと 「恋愛対象」 になってからのパーセンテージの変化についても調査したところ、「初対面」 においては 「目」 という回答が圧倒的に多いが、 「恋愛対象」 として意識する女性になると、「初対面」 のときと比べ、「目」 は10ポイントダウンしている一方で、「口」 は13ポイントアップした。 恋愛の相手として意識するほど、「口元」 が気になる男性が増える傾向にあるという。      

 女性の口に目がいく理由は……

             口        恋愛対象として好感を持っている女性の口に、つい目がいくことはありますか?(単一回答)」の質問に対しては、67%と約7割が 「ある」 と回答。  その理由を聞くと、「キスを意識してつい目がいってしまう。 (34歳・東京都)」、「口がキレイな人は、自己管理がしっかりしていると思うから。 (23歳・東京都)」、「歯を見て喫煙者かどうかわかったりするから。 (39歳・香川県)」 などがあがった。      

 男性の8割以上が女性の”口”が原因で恋愛感情が冷める?

            女性の口        「女性の口の状態として、恋愛感情が冷めると思うもの(複数回答)」 を聞くと、実に83%が何かしらの項目をあげており、具体的には、「口臭がきつい」 (71%)、「歯が黄ばんでいる」 (50%)の2つが特に多く、以下、「歯並びが悪い」 (39%)、「歯ぐきの色が悪い」 (34%)、「口周りにニキビ・吹き出物がある」 (29%)と続いた。        また、「実際に恋愛感情が盛り下がったエピソード(自由回答)」 を聞くと、「顔はキレイなのに、口臭が気になって話をしたくなくなった(34歳・北海道)」、「笑ったときに見えた歯が、タバコのヤニで真っ茶色。 気持ちが冷めた(39歳・神奈川県)」、「明らかに歯が黄ばんでいて、どうして自分で気づいてどうにかしようと思わないのか、とあきれてしまった(31歳・兵庫県)」 などの回答が寄せられた。        男性たちがさまざまな場面で、口臭や歯の黄ばみをはじめとした、女性の 「口のケア不足」 を見逃せずにいる様子がうかがえたという。      

 「モテ女子」 ほど”口のケア”への意識が高い傾向に

            口のケア        また今回の調査では、男性から10回以上告白をされたことのある 「モテ女子」 と告白をされたことのない 「非モテ女子」、それぞれ250名を対象に、口のケアに対する意識の高さを比較した。        「口のケアをすることは、恋愛を発展させる上で重要なことだと思いますか?(単一回答)」 の質問に対しては、モテ女子の95%、非モテ女子の80%が 「そう思う」 と回答。 恋愛において “口のケア” が重要であるという点は、女性たちの共通認識と言えそうだという。 しかし、実際にケアをおこなっているか否かについては、モテ女子と非モテ女子で大きな差がでた。        「自分の歯の色や口臭を、定期的にチェックしている」 「口臭対策効果の高い歯みがきを使用している」 「ホワイトニング効果のある歯みがきを使用している」 「1日に3回以上歯みがきをしている」 どの項目でも「当てはまる」と答えたのは、モテ女子が非モテ女子を20~30ポイント程度上回る結果になった。        特に、「自分の歯の色や口臭を、定期的にチェックしている」 人の割合については、モテ女子においては65%であったのに対し、非モテ女子では38%と4割未満だった。 モテる女性ほど、実際に自分の口の状態を意識し、入念なケアをおこなっていると言えそうだという。(mynavi.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
      男絶滅        男性の皆さん、大変です! オーストラリアの権威ある科学者ジェニー・グレイヴス(Jenny Graves)教授が 「男は500万年後には絶滅している」 と発表し、現在物議を呼んでいるんです。        しかも、その過程は既にはじまっているのだとか。           これはえらいこっちゃ!          彼女によれば、男性の持つY染色体は 「潜在的なもろさを持つ」 のだとか。 この理論は、「女性と男性の染色体が保有する遺伝子数の差」 を元に導き出したもの。        どういうことかというと、女性のX染色体が持つ遺伝子数はおよそ1000個。 男性のY染色体も元々は同じ数でしたが、長い年月の内にどんどん減り、現在ではおよそ100個しかないのだそう。 その中にSRYという 「性別を雄に決定する遺伝子」 も含まれています。        また、女性はX染色体が2つで補い合えるのに対し、男性はX染色体が1つと ”弱々しい” Y染色体という組合せ。 そのため、女性の方が自己修復能力に優れているということのようです。        彼女によれば、Y染色体に残された100の遺伝子は、「ほとんどゴミ同然」 で 「進化上の事故に過ぎない」 とまで。 「男女間の進化上の戦いは、確実に女性の勝利に終わるはず」なのだとか。        なんとも過激な内容ですが、これを受けたイギリスの科学会では 「まあ、気にしなさんな」 といったムードのようです。          「Y染色体の遺伝子保有数は、少なくとも25万年は変っていません。 気にする必要もありませんよ。」 (性染色体の権威ロビン・ラヴェル-バッジ教授)        「もしそうなるとしても、はるか先の話。 その頃までに医学の進歩が追いついているでしょうね。」 (ロンドン大学のクリス・メイソン教授)          そうなのか。 うーん、でも否定はしていないところが逆に……。          グレイヴス教授自身は、「Y染色体が淘汰されれば、それに替わる別の染色体が生まれ、新しい人類の誕生に繋がるかもしれない」 と考えているのだとか。 そうしたことは、日本のトゲネズミなど生物学上の先例も確認されているのだそうです。(youpouch.com)                      ツイートこの記事をつぶやく