ダルビッシュ        日本が誇る球界のエースといえば、現在はメジャーリーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有選手であろう。 真っ向勝負もヤバイが、変化球もキレッキレで激ヤバイ。      そんなダルビッシュ選手の変化球のスゴさが一発で分かるGIFアニメ、ならびに動画が大きな話題になっている。 動画のタイトルは 「All of Yu Darvish’s pitches at once VS Albert Pujols」 だ!        動画、ならびにGIFアニメの長さはわずか6秒。 ダルビッシュが変化球を投じた映像を5パターン合成しただけのものである……が、これがとんでもなくヤバすぎる!          ダルビッシュのフォーム、ならびにリリースポイントはほぼ同じなのに、球筋は全然違うのだ!        これでは打者は予想できない。 どこにボールが放たれるのか、まったく予想できないぞ! まるで戦闘機が5発動時にホーミングミサイルを放ったがごとく、最後はキャッチャーミットにバスバスッと収まっているのも気持ち良い。 GIFアニメのほうが見やすいぞ。 必見だ!!(rocketnews24.com)        

▼まるでホーミング弾! すげえええええッ!!

 

 

darvish-gif

 

 

 

 

▼動画はこちら

 

All of Yu Darvish’s pitches at once VS Albert Pujols

 

 

 

 

ツイートこの記事をつぶやく
      プロフィール写真        フェイスブックユーザーの方なら誰しも、プロフィール画像という存在をご存知のことと思います。        要はコレ、自分を紹介するための写真なわけなのですが、本日みなさまにご紹介するのは、「その写真を利用して他のユーザーに似顔絵を描いてもらおう!」 というサービス 『Selfless Portraits』 です。        フェイスブックユーザーなら誰でも登録できちゃう、こちらのサービス。 世界中にいる未だ知らぬ誰かさんに自分の似顔絵を描いてもらうって、考えただけでなんだかワクワクしませんか?        こちらのサービスのおもしろいところ、それは 「似顔絵を描く人はランダムにチョイスされるため、自分で指名することはできない」 点。 そしてもうひとつは、「自分もまた、ランダムにチョイスされた誰かさんの似顔絵を描かなければならない」 点です。        自分も描かなければいけないというのは、ちょっぴりプレッシャー。 それに加えて、自分にどんな似顔絵が届くかわからない、というリスキーさも兼ね備えています。        だけどそんな運試し的な要素も、考えようによっては楽しい! というわけで勇気あるフェイスブックユーザーのみなさまは、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか!?        

▼秀逸なものから衝撃的なものまで、振り幅が非常に大きいです

 

fa1

 

 

 

 

fa2

 

 

 

 

face3

 

 

 

 

fa4

 

 

 

 

fa5

 

 

 

 

fa6

 

 

 

 

fa7

 

 

 

 

fa8

 

 

 

 

fa9

 

 

 

 

fa10

ツイートこの記事をつぶやく
       全身に激しい痛みが出る病気 「線維筋痛症」。 原因不明であるうえ、根治治療はまだ確立されていないという。 その症状などについて、ある女性のケースを紹介したい。        東京都在住の会社員・野原雅美さん(仮名・42歳)は1年前に交通事故に遭い、その直後から右手首に痛みを感じるようになった。 手や腕にけがをしたわけではなかったので、初めは以前経験した腱鞘炎(けんしょうえん)がぶり返したのだろうと思った。 しかし徐々に痛みは全身に広がっていき、不眠に悩まされるようになった。        野原さんはむし歯治療の際、かかりつけの歯科医師に 「あごが痛い」 「夕方になると全身がケバ立つような痛みに襲われる」 「ひざが突っ張って歩きにくい」 などの症状を訴えた。 すると 「線維筋痛症かもしれない」 と言われ、東京医科大学医学総合研究所所長の西岡久寿樹医師を紹介された。        線維筋痛症は全身に激しい痛みが起こる原因不明の病気だ。 30代後半~40代前半の女性が発症することが多く、気圧、気温、光などあらゆる外的刺激を痛みとして感じるため、進行すると社会生活が困難になる。 多くの病気は痛みを感じる部位に、炎症など痛みを招く原因が存在する。 しかし線維筋痛症の場合、血液や画像の検査をしても、とくに異常は見つからない。        「人間のからだを守る反応である “痛み” を過剰に感じるのが線維筋痛症という病気で、2段階のステップがあって発症すると考えています」 と西岡医師は話す。        たとえば、子どものころに親と死別する、転居を繰り返す、入院するなどで受けた精神的・肉体的ストレスがまず患者の中に存在する。 それから一定の時間が経過して、さらに外傷、手術、身内の不幸や離婚など、新たなストレスが加わると痛みという形で症状が現れるという。 免疫異常や感染症の潜伏期に似ていると、西岡医師は解説する。        「野原さんは統合失調症の病歴があり、現在も精神安定剤を服用中でした。 これが潜在的なストレスになり、交通事故という新たなストレスが加わったことで、線維筋痛症が発症したのだと考えられます」                         ツイートこの記事をつぶやく
       新型インフルエンザの感染防止を目的とする特別措置法が2013年4月13日施行、同法に基づく行動計画案もまとまった。 中国でH7N9型鳥インフルエンザウイルスが人に感染しているため前倒しして施行した。 併せて、H7N9型を、5月6日に感染症法上の 「指定感染症」 にする。 ウイルスの国内への感染に備え、“臨戦態勢” が整うことになる。 ただ、一度感染が広がれば、対応は容易でなく、課題は多い。            特措法では感染拡大を防ぐため、政府が区域を限って 「緊急事態」 を宣言すると、そこの都道府県知事が、多数の人が集まるようなことで感染が一気に広がるのを防ぐなどの措置を取る。 そのため、政府が同法基づく行動計画を策定するとともに、自治体も地域の特性に合わせた独自の計画を作ることになる。          その第1のポイントは、知事権限により学校、幼稚園を休校にしたり、劇場や博物館、百貨店などの営業制限や一時休業を指示できること。 従わない場合は施設名公表という罰則付きだ。          第2がワクチンの優先接種。海外で感染が散発的に発生しても、人から人に連続的に感染が広がる 「新型インフルエンザ」 にはなっていない段階でワクチンの製造準備を始める。 新型インフルエンザに変異し、国内にも感染が広がる段階では、医療従事者や公務員を始め、電力・ガス・鉄道などの従業員らから接種することになる。          こうした自治体レベルまで特措法の行動計画が整う前に、H7N9型が新型インフルエンザ化する恐れが強まっていることから、“つなぎ” として指定感染症とした。 感染症法は、危険度に応じて感染症を1~3類に分類しており、鳥インフルエンザでは、重症化しやすいH5N1型が2類だ。 さらに、それ以外のマラリアなど動物や昆虫から感染する感染症を4類、季節性インフルエンザなどを5類と定めている。          H7N9型は今のところ4類とされているが、指定感染症とされると1~3類相当の緊急的対応が可能になり、強制的な入院や就業制限もできる。 同時に検疫法に基づき、患者と疑われる人を空港で強制的に検査できる検疫感染症にも指定し、水際での対策を強める。            このように、法的な仕組みはひとまず整ったが、実際の運用まで考えると、課題は多い。          特措法に基づく外出の自粛要請や人々が集まる場所の使用制限などについては、行き過ぎれば基本的人権を侵害すると懸念する声が弁護士などから出ている。 営業制限が企業経営に響き、長引けば景気全体の足をひっぱる事態も考えられる。 ワクチンの接種も、流行が早ければ必要量の確保に手間取り、国民の不満が高まる場合も考えられる。          2009年に豚由来の新型インフルエンザが流行した際は、潜伏期間や不顕性感染があり、水際で国内侵入を食い止めることはできないのに、空港での検疫や停留が過剰だった。 商店の臨時休業など横並びの措置も広がり、新型インフルエンザの毒性が通常のインフルエンザと同等らしいとわかってからも、過剰な対応が続いたという苦い経験がある。          そこで、特措法に基づく国の行動計画案で、医学から経済学まで含む専門家や有識者で構成する 「諮問委員会」 を組織し、国の対策本部に助言するとされた。 この点は、多くの関係者が評価するところ。 また、感染拡大時に、国民に分かりやすく、継続的に説明できるスポークスマンが重要なことは、2009年の教訓であり、福島原発事故でも必要が痛感された。 社会への副作用も大きい特措法や行動計画を円滑に機能させるためには国民の理解が必要で、そのためにも、信頼できる情報を的確に流すことが不可欠だ。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく