意外と知られていない、マクドナルドの裏技と活用法        実は、マクドナルドには裏技と呼ばれるような、メニューには書かれていない注文方法その他がいろいろとあります。        店舗にもよりますが、裏技を活用すると、お得に食事ができたり、過去にあったけど今はないといったメニューを再現したりできます。        ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、是非お試しください。        現在は行われていないサービスだったり、店舗によってはだめだといわれたり、有効でない場合もあります。 また、混雑時は迷惑にならないようにしましょう。        ■  マクドナルドの裏技と活用法      ◎ 抜き抜きで    マクドナルドでは、基本的に、増量はほとんどの場合できませんが、減量および抜きにはしてくれます。      たとえば、ハンバーガーのピクルス抜きや、チーズバーガーのチーズ抜き(ハンバーガーと同じになってしまいますが……)など、減らす分にはいくらでもやってくれます。      「ハンバーガーの全部抜き」と頼むと、パンだけで渡してくれるという情報もあります(未確認です)。          活用法      ・ ダブルバーガー    過去に、マクドナルドには、「ダブルバーガー」 なる商品がありました。 中身を抜いてもらう裏技を使うと、これを再現することができます。        その方法は、至って簡単。 「ダブルチーズバーガーのチーズ抜き」 と頼めばOK。 懐かしいメニューを再現できますよ。        ・ 飲み物増量?    飲み物の氷抜き、というものも頼むことができます。 店舗によっては、氷がはいっていない分、規定のラインまで手動で足してくれるようです。           ◎ 水      マクドナルドでは、メニューにはありませんが、頼めば水をもらうことができます。 飲み物まで買うのはちょっと……という方におすすめです。          活用法      ・ レモネード    水を注文し、リキッドレモン(液体レモン)一つと、ガムシロップを二つ入れると、レモネード風の飲み物が完成します。      水、リキッドレモン、ガムシロップについてはお金を払っているわけではないので、やり過ぎないように注意しましょう。        ◎ おかわり    プレミアムローストコーヒーは、実はおかわりが自由なんです。          活用法      カウンターにカップを持って行って、「おかわりください」 といえばOKです。 ただし、砂糖などは自発的に言わないともらえない場合があるので注意しましょう。        ■  おわりに      以上、マクドナルドで活用できる裏技を紹介しました。 このほかにも、「スマイル二つ」 と頼むとピースつきでスマイルしてくれた、など、本当かどうか怪しい物までありました(笑)。                       ツイートこの記事をつぶやく
      ”ギャンブル化”する日銀の金融政策 行きすぎた円安と不動産バブルのおそれ        日銀の膨大な長期国債の購入で、極限まで金利水準を押し下げれば、国債を保有する民間部門の受け取り利息が減り、政府の利払い費が軽減される。 政府には大歓迎。しかし、財政状況を反映しない、いびつな低金利下で財政規律が緩み、景気対策のために再度の大型補正予算を組む可能性はぬぐえない。 日銀にとっては 「マネタリーベースを増やしてもインフレにならなかったときがヤマ場」 (上野氏)。 政府の景気対策と日銀のさらなる国債買い増しが重なれば、金融 政策を逸脱した財政ファイナンスと見なされかねず、悪い金利上昇が起きる可能性もある。        黒田総裁は是が非でもデフレ脱却を実現するという姿勢を前面に押し出し、「現時点で重大な副作用が直ちに現れる可能性は極めて低い」 と、マイナス面の言及は少ない。        だが、問題はほかにもある。そもそも日銀が大量の長期国債の残高を2年のうちに100兆円も増やせるのかという根本的な疑問だ。 これまで日銀は、短期の金利を国債買い入れを通じて引き下げ、中長期ゾーンの金利は、市場機能に委ねて手をつけていなかった。 今回は短期から中長期まですべてを買い入れ対象とし、金利を潰しにかかる。 これまでまったく経験のないオペレーションである。        日銀は金融緩和の発表と同時に残存期間別の国債買い入れ計画を発表したが、その計画は4月と5月だけ。 6月以降の買い入れ方針については「決定の都度、公表する」とした。 これまで、長期国債の買い入れは残存期間別に毎月の計画が決まっていた。 今回、向こう2カ月分の計画しか出さなかったのは、日銀自身、未経験の広範な長期国債の買い入れに対し、確たる自信を持っていない証拠だろう。 国債の保有主体である銀行がどこまで日銀に国債を差し出すのかも不透明だ。        巨額の金融緩和で市場を驚嘆させたが、実際のオペレーションで買い入れが進まずにつまずくようだと、黒田総裁が支配している投資家の期待がたちまちしぼむ。 日銀の今回の政策はまるでギャンブルのようだ。      

 行きすぎた円安も

     巨額の金融緩和で国債市場が大きく動揺した一方、為替市場では金融緩和を好材料にして円安トレンドに拍車がかかった。 緩和前に90円台前半だったものがたちまち100円をうかがう展開にある。        黒田総裁は4日の会見で、為替と金融緩和の関係について 「中央銀行のマンデート(委任された権限)を超えているので申し上げかねる」 と述べた。 だが、一般論と断ったうえで「他の(国の経済や金融の)事情が等しければ、金融を大幅に緩和した国の為替レートが下落する傾向にある」と語った。 表向きの効果には含めていないが、為替を意識していることは明らかだ。        昨年末以降、急ピッチで円安が進む中、JPモルガン・チェース銀行の佐々木融債券調査部長は黒田緩和の直後のある出来事に、ファンダメンタルズでは説明がつかない 「円安バブル」 だとの実感を強めた。        それは5日に公表された米国の雇用統計への反応だ。 3月の統計では非農業部門雇用者が前月比8.8万人と従前の予想を大幅に下回った。 回復期待の強まる米国景気が思いのほか弱いとなれば、ドルが売られて円安の勢いが止まるのがこれまでの動き。 だが、ドル安・円高に傾いたのはほんの一時で、後はどんどん円安が進んだ。 「これは完全に市場が壊れていると思った」 (佐々木氏)という。        こうなると、日銀の強烈な金融緩和を受け、金利低下による運用難が予想される生命保険会社が外債投資を増やすというシナリオを外国人が形成するだけで、格好の円安材料となる。ここがちょうどいい水準というところで止まることはない。 たいてい相場は行きすぎる。多少の過熱感を感じていても、おカネの流 れが一方向に動いているうちはそれに乗るという理屈は、株式市場とまったく同じだ。       ドルユーロ        国内投資家が保有の9割超を占める国債市場では、日銀が占拠することで市場の機能を低下させられる。 一方、世界中で動く巨大な為替市場はコントロールできるものではない。 日銀の金融緩和が今の円安を後押ししていることは確かだが、行きすぎた水準になったからといって、居心地のよい水準に修正することなどできるはずもない。      

 バブル化する株・不動産

       「政府と日銀は、異次元緩和によって資産バブル、すなわち株価と不動産価格の急騰を起こそうとしているとしか思えない」 と見る市場関係者は多い。 異次元緩和の発表後、日経平均株価は11日までに1300円超も上昇した。        株高を支えるのは、緩和効果による企業収益の拡大期待だ。 期待に現実が追いつけばいい。 はたしてそうなるか。大きな節目となるのが、5月の連休明けだ。企業の決算発表が本格化する。 「3割増益」 (13年度経常利益の前期比、金融除く)が株式市場のコンセンサスとされる中、企業の見通しがこれを下回るようだと、株価の下げ要因となる。        4月1日に発表された日銀短観によると、大企業の今期計画増益率は6.4%。 企業経営者は慎重な見通しを変えていない。 5月中旬、決算発表を集計したところ、よくて2ケタ増益ということになりかねない。        そうなると株価は調整局面に入る。 「Sell in May and go away」 (5月に売って、相場から離れろ)というのが米国ウォール街の格言。 5月はヘッジファンドの多くが決算期で、利食いの売りが出やすい。 この半年の株価上昇を主導してきたのは外国人投資家。彼らが売りに転じたら相場は下げざるをえない。        ただ、7月実施とみられる参院選まで、政府・自民党は経済状況をよく見せておきたい。 株価が下がれば何らかの手を打つ可能性がある。 6月には成長戦略の発表が予定されており、株式市場の期待をつなぐ政策が公表されるだろう。 「株高はしばらく続く」 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資部長)との見方は多い。        株の次にバブル的な価格上昇が予想されるのが不動産だ。 異次元緩和によって日銀が不動産を直接買うわけではない。 しかし日銀は、REITを年間約300億円分買い入れる。 円安や金利低下の進行で、外国人投資家にとって日本の不動産に割安感が出ている。 銀行や生保は運用難に陥っている。さまざまな思惑から、不動産に投機マネーが流入しやすい状況だ。        「高額の新築マンションが分譲されるようになり、販売も順調なようだ」 というのは東京カンテイの中山登志朗・上席主任研究員。 象徴が東京都千代田区富士見の2物件だ。 三井不動産グループが販売するパークコート千代田富士見ザ・タワーの坪単価は約420万円。 東京23区の平均坪単価約290万円に比べ4割以上も高い。 にもかかわらず、総戸数505戸を3月に完売した。 野村不動産のプラウドタワー千代田富士見レジデンスの坪単価は約450万円。 第1期販売85戸は、4月14日の抽選で完売するペースで申し込みを受けているという。        日銀が01~06年に量的緩和を行うと、07年に不動産株指数、08年に公示地価が、高値をつけた(図)。 今回の異次元緩和後も同様の動きになるかどうかはわからない。 しかし、期待に働きかける黒田総裁の狙いがうまく機能すれば、不動産価格が上昇する可能性はある。        不動産価格は、賃料収入との見合いで定まるもの。 オフィスや住宅の賃料が上がれば、物件価格の上昇も理にかなう。 しかし、緩和の効果が景気の浮揚に結び付き、企業収益が増え、賃金が上がるということがなければ、不動産賃料は上昇し難い。 そのときは、不動産価格の上昇はバブルだった、ということにな る。        そもそも資産価格の上昇を通じて消費や投資を活発化させ、景気を浮揚させるという資産効果は、米国で取られた手法。米国の家計資産に占める株式の比率は33%あり、株価が上昇すれば消費もある程度上向く。 しかし日本は同7%。株価が上昇しても資産効果は限定的だろう。        異次元緩和は、政府・日銀の狙ったとおりの物価上昇・景気拡大が実現しない可能性がある。 そのときに残るのは、世界でも類を見ないほどに膨張した中央銀行のバランスシートと、先進国で最悪水準の政府債務だ。 日本円、日本国債に対する信認が失墜したとき、日本国民の生活は窮地に追い込まれる。異次元緩和の副作用にも十分注意しておかなければならない。       不動産と地価                      
ツイートこの記事をつぶやく
      ランニング        ランニングは運動不足の解消や、体力増進のために手軽にできる人気の運動だ。 多くの人がランニングに熱中しているが、その一方で、いくら走っても全然走れないという人もいる。        そんなどんなに頑張っても長距離を走れない人に悲しいお知らせだ。 もしかしたら、あなたは遺伝子レベルで長距離走が苦手かもしれない。 専門家が 「5人に1人はランニングが苦手な遺伝子を持っている」 ことをつきとめたというのだ。        この研究を発表したのは、イギリス・ラフバラー大学のジェイミー・ティモンズ教授だ。 ティモンズ教授の研究によると、人には長い距離走れるかどうかを決定付ける30の遺伝子があることがわかったそうだ。 しかし、一部の人はこの遺伝子を持っていないという。 その割合は20パーセント。 つまり、5人に1人はこの遺伝子がないため、生まれつき長距離走に向いていないというのである。        30の遺伝子は、人体の筋肉繊維の構成を変えることができるそうだ。 この遺伝子の働きにより、筋肉繊維間の血管が発達し、筋肉は運動時により多くの酸素を筋を得ることができる。 そして、人はより速く走れるようになるのだという。 この遺伝子を持たない人は、運動時に筋肉へ十分な酸素が供給されないため、どんなにトレーニングを積んでもパフォーマンスが上がらないのだという。        ティモンズ教授は 「ほとんどの人はトレーニングで体力アップさせることができますが、この遺伝子が欠如している人は、どんなに苦しいトレーニングに耐えても、長距離走が得意になることはありません。 そればかりか無理なトレーニングを続けると、体を壊すことさえあります」 と話している。        努力が全く実らないというのは何とも悲しい話である。 ティモンズ教授は、そういう人はランニングを続けるよりも、ジムに行ったりや武術などでトレーニングをした方がいいとアドバイスしている。 どんなに頑張っても長距離がダメだという人は、トレーニングの方法を見直してもいいかもしれない。(rocketnews24.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      its_too_late_for_regrets_now_640_08        基本的にタトゥーは消せない。 入れる入れないは本人の自由だが、どうか後悔しないように入れてほしい。 後戻りはできないのだから。 いずれにしても、他人がどう思おうと、本人が 「入れてよかった!」 と思っていれば問題ない。        だがしかし……。 たとえ本人が 「いいんだよ!」 と思っていても、第三者の目から見たら 「絶対後悔してるだろ……」 と思ってしまうタトゥーもよく見かける。 たとえば今回ご紹介する30枚の写真のように。         一体何があったのか。 なぜ、顔面にタトゥーを入れてしまうのか。 本人が良いなら全く問題ないのだが、これはちょっと心配になってくるレベルである。 自ら望んだのだろうか。それとも……!?        顔面じゃなくても、腕でも足でも、基本的には二度と消えない。 たとえ手術で消したとしても、消し跡が目立ったりすることを忘れちゃダメだ。 それでも入れたいというのであれば、思う存分入れるがよい。 ただし後悔しないように!       its_too_late_for_regrets_now_640_01         its_too_late_for_regrets_now_640_02         its_too_late_for_regrets_now_640_03         its_too_late_for_regrets_now_640_04         its_too_late_for_regrets_now_640_05         tattoo         its_too_late_for_regrets_now_640_07         its_too_late_for_regrets_now_640_08         its_too_late_for_regrets_now_640_09         its_too_late_for_regrets_now_640_10         its_too_late_for_regrets_now_640_11         its_too_late_for_regrets_now_640_12         its_too_late_for_regrets_now_640_13         its_too_late_for_regrets_now_640_14         its_too_late_for_regrets_now_640_15         its_too_late_for_regrets_now_640_16         its_too_late_for_regrets_now_640_17         its_too_late_for_regrets_now_640_18         its_too_late_for_regrets_now_640_19         its_too_late_for_regrets_now_640_20           its_too_late_for_regrets_now_640_21         its_too_late_for_regrets_now_640_22         its_too_late_for_regrets_now_640_23         its_too_late_for_regrets_now_640_24         its_too_late_for_regrets_now_640_25         its_too_late_for_regrets_now_640_26         its_too_late_for_regrets_now_640_27         its_too_late_for_regrets_now_640_28           its_too_late_for_regrets_now_640_29         its_too_late_for_regrets_now_640_30                           ツイートこの記事をつぶやく
       自民党がブラック企業の社名公表を検討中だそうだ。 「ここは人をこき使うブラック企業ですよ!」 と宣言なんてされたら商売あがったりだから、すごいプレッシャーになるはずだ、というロジックらしい。          ところで、恐らく多くの人はある疑問を抱いたはず。      
「社名公表するくらいなら、最初から摘発すればいいじゃないか」
           なぜ摘発ではなく、社名公表レベルなのか。 それは、そもそも “ブラック企業” としてネットで名前の挙がっている大多数の企業は、別にこれといった法律違反はしていないからだ。          凄く勘違いしている人が多い点だが、日本において、過労死認定基準である月100時間を超える残業で従業員を働かせることも、辞令一枚で全国転勤させることも、有給休暇の取得を制限することも、手続きさえ踏んでいれば何ら違法ではない。          たとえ職場で誰かが過労死しても(後から管理者責任が問われることはあっても)、100時間残業させること自体は違法でも何でもないのだ。 だから、実際に 「karoshi」 が英単語になるくらい日本人はよく死ぬけれども、それで誰かがお縄になったなんて話は誰も聞いたことがないだろう。          きっと与党は、法律に違反していないから摘発なんてできない→だから社名公表でお茶を濁そう、という狙いなのだろう。 だが、法に反していない会社の名前をさらすこともやっぱり現実には無理だ。          というわけで、ブラック企業の 「社名公表」 は、選挙向けのアドバルーン以上の意味はない、というのが筆者の予想だ。          もちろん、筆者もkaroshiが起こりうるような現状があるべき姿とは考えていない。 では、対症療法ではない本質的な改革とは何か。 それは 「きっちり守っているにもかかわらず “ブラック企業” なんて呼ばれてしまうような日本の労働法制」 にメスを入れることだ。            そもそも残業文化というのは、終身雇用を守るため、労使が一体となって生み出してきた共同作品だ。 仕事が増えた分に応じて採用を増やせば、(後で仕事が減った時に)誰かのクビを切らないといけない。          それを避けるために 「月45時間という法定の残業上限時間を超えて残業できるようにしましょうね」 というのが労使間で結ぶ36協定であり、長時間残業を合法としているものの根っこである。          それを廃するのなら、当然、業務量に応じて雇用調整するツールも必須となる。 要は 「残業でも何でもして、今いる社員の雇用を守れ」 から 「忙しかったら人を雇え、暇になったら解雇していいから」 というルールへの転換である。          ちょうど政府の有識者会議では、解雇規制の緩和が議論されている最中だ。 できれば労働市場全体を見据えたビジョンの中で、解雇やブラックといったホットなテーマについて議論して欲しいというのが筆者のアドバイスである。          ※離職率の高さも注目されているようだが、そもそも勤続年数をあまり重視していない職種では賃金がフラットであり、離職率も高い傾向がある。 H17年大卒者3年内離職率は製造業で22.2%、宿泊・飲食サービス52.9%、小売業44.1%であり、政府が一概に線を引けるものではない(厚労省データより)。        ※サービス残業については争う余地があるかもしれない。 だが、これも 「椅子に座っていた分だけ成果が上がるはずだから、その分の時給を支払え」 という戦前の工場的発想が時代に合っておらず、厳密に適用すれば経営困難となる企業が続出するだけだ。(j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      盲点        「目の盲点」 をご存知でしょうか。        われわれの目の構造上、生理的に見えない部分というものが存在しています。        それを簡単に実感できるようにした、アニメgif画像をご覧ください。          ※動きださない場合は画像をクリック(スマートフォンなど)       目の盲点01      見方はとてもシンプル。        ・ 左目を隠し、右目だけで左の小さな●を見つめるだけ。        ・ すると右の大きな●が消える!        こんなに見えないところがあるのかと驚かされますよ。          「目の盲点」 の詳細にについては、以下の記事をご覧ください。      「目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている         応用編   目の盲点02        同じように右目だけで左の+を見つめると……、画像と目の距離によって夕陽が消えます。(labaq.com)        不思議!!         ツイートこの記事をつぶやく
      101740993        みなさんは毎日快眠できていますか? 早寝早起きが身体にいいのは知っていても、なかなか実践するのは難しいですよね。      キレイになるには時間と手間が欠かせないと思っていたのですが、寝るだけでいいという本を見つけてしまいました。 これを知れば早寝早起きのモチベーションアップにつながるかもしれません。      今回は、『寝るだけ美人! 上手な眠りがキレイをつくる』 (こう書房)を読んでいて、自律神経のバランスを整えることで眠りの質を高めるられることを知りました。 眠りを助けてくれる3つ意外な食材をご紹介しますね☆        ☆ 納豆        「納豆には自律神経のバランスを保つのに有効とされるビタミンB12が豊富に含まれています。 大豆そのものは消化に悪い食材なのですが、発酵させて納豆に加工することで消化酵素が増え、非常に消化のいい食品へと変身しています」        なにかと栄養を褒められる納豆。 ストレスなどでも崩れやすい、自律神経を支えてくれる食品としても有効なのですね。        ☆ レタス        「レタスに含まれる 「ラクッシン」 と 「ラクットピコリン」 という物質には、眠りを促す効果があるとされており、ヨーロッパでは”眠りの食材”として知られています」        ダイエットメニューでよくみるレタスですが、身体を冷やしてしまうのかと用心していました。 でも、安眠効果が高いのであれば、ほかのメニューと合わせて一緒に食べると一石二鳥ですね!        ☆ たまねぎ        「たまねぎにはビタミンB1が豊富に含まれていますが、そのビタミンB1は自律神経の働きを整え、血行をよくすることでやはり眠りを促す効果があります」        血液をさらさらにする効果が、安眠も助けてくれるみたいです。 わたしは生のたまねぎが好きではないので、簡単に作れてヘルシーなたまねぎ料理を考えてみようかと思います。      タイトルを見た瞬間に 「寝るだけならいくらでもできる!」 と思って飛びついてしまいました。 最近は花粉症で少し眠りが足りない気がしていたので、わたしにいちばん必要な書だったかもしれません!      他にも “寝る前にはオススメできないハーブティ” や “眠れないときにはホットミルク+◎◎がいい理由” などもあり、快適な眠りをサポートしてもらえそうです。 ◎◎はみなさんがチェックして、美人+安眠を自分のものにしましょう。(getnews.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
      立体アート00      ベンチの上に覆いかぶさるような巨大カタツムリ。        「いったいどんな構造になってるの?」 と不思議になりますよね。        感動するレベルの立体的な路上アートをご覧ください。          1.   立体アート01    こんなことになっていたんです。  触角の1本がポールを利用しているのもお見事。        2.   立体アート02    カップのツヤがリアルで、とても絵だなんて信じられません。        3.   立体アート04    こんな発想があったなんて!   ビールの絵と本物が逆なのも面白いです。        4.   立体アート06    この場所だから映える、水面の反射。        5.   立体アート03    「危ないよ!」 と注意したくなる高さ。        6.   立体アート05    スケートボードですべり降りるつもり!?        7.   立体アート10    「お、落ちるー」        8.   立体アート11    ずっと眺めていたくなる空想ワールド。        9.   立体アート08    道全体が滝に。        10.   立体アート09    でかっ!        11.   立体アート13    お、美味しそう……。        12.   立体アート15    下手な庭造りをするより、こうしたアートの方がいいかも。        13.   立体アート14    なんという美しさ。        14.   立体アート12    こんなところで記念写真を撮ってみたいですよね。        15.   立体アート16    グサッ。        以上15点。 どれもあまりに素晴らしくて、ペイントを落としてしまうのが惜しくなる出来です。        観光名所や記念撮影スポットに、こうした立体アートがあっても楽しいなと思います。(labaq.com)          ツイートこの記事をつぶやく
                                             フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、「主婦の食品期限の意識調査」 の結果を発表しました。        同調査は3月14日~20日、同社登録の20代~60代の既婚女性会員を対象に、インターネットリサーチにて実施されたもの。 年代は20代:1.9%、30代:30.5%、40代:49.3%、50代以上:18.4%で、有効回答者数は479名。      

  消費期限切れは76.0%、賞味期限切れは93.2%が「食べている」

     消費期限切れ食品の場合、「切れてから日数が経っていなければ食べる」 は38.4%、「においが大丈夫なら食べる」 は18.2%、「加熱するなど再調理して食べる」 は19.4%、「食べずに捨てている」 は21.3%となった。 以上から、消費期限切れ食品を食べている家庭は、76.0%であることがわかった。        賞味期限切れの食品の場合、「切れてから日数が経っていなければ食べる」 が54.1%、「においが大丈夫なら食べる」 は20.3%、「加熱するなど再調理して食べる」 が18.8%、「食べずに捨てている」 が5.2%となり、賞味期限切れ食品も93.2%の家庭で食べられていることがわかった。        

  食品期限に関する家族からの指摘、半数以上が経験あり

     自宅で食品を保管している際、期限に関する家族からの指摘について、「よくある」 は6.7%、「たまにある」 は49.1%となり、家族から指摘を受ける割合は、約半数の55.8%となった。               

  期限切れ食品、主婦が自分で食べている割合は、90.2%

     「期限切れ食品を食べる場合、だれが食べていますか」 との問いには、「自分(妻)」 (90.2%)、「夫」 (72.9%)、「子供(幼稚園以下)」 (35.5%)、「子供(小学生)」 (42.9%)、「子供(中学生)」 (52.7%)、「子供(高校生以上)」 (46.4%)の順番となった。 主婦が自分で食べている割合は、90.2%となり、「もったいないので、まずは自分で食べる」 傾向がみられた。        具体的なコメントでは、「食中毒や食あたりになるのが怖いので、家族には食べさせたくない。 もったいないなと思った時は、自分で食べています」 (30代)や、「よく期限が切れるのは、納豆か豆腐かヨーグルトなので、切れた翌日か翌々日の昼に私が食べています」 (40代)などがあがった。              その他、調査結果の詳細は、同社ニュースリリースで確認できます。(mynavi.jp)          ツイートこの記事をつぶやく
                     神田バル祭り                  神田バル        神田バル実行委員会は5月11日・18日に、東京都千代田区神田駅東口周辺にある商店街の飲食店の食べ歩き・飲み歩きイベント 「第2回 神田バル祭り」 を開催する。

 3店舗を食べ歩き・飲み歩き

       同イベントは、食べ歩き・飲み歩きが一緒になった大型グルメバルイベント。 JR・東京メトロ銀座線神田駅周辺にある数十店舗の飲食店で、食べ歩き・飲み歩きができる。 イベントに参加する飲食店は、居酒屋やすし屋、焼き肉、中華、カレー、メキシコ料理、イタリア料理、インド料理やエスニック料理など様々。        イベント参加には、チケット購入が必要。 1部3枚つづりになっており、参加店から好きな店3店舗を選んで利用できる。 チケット1枚で、各店のおすすめドリンク1杯と、おすすめおつまみの特別メニューを楽しめる。 前売りチケットは2,900円。 [街バルジャパン] (http://machi-bar.jp/)にて販売しているほか、参加店舗でも購入できる。          同イベントは5月11日、18日の17時~23時まで開催。 参加店一覧など、イベントの詳細は神田バル祭り公式サイトで案内しています。(mynavi.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 12« First...«23456»10...Last »