ティファニーで朝食を        映画にとって大きなカギとなるもの。 それは俳優やストーリーももちろんのこと、ロケーションも外せません。 ある映画を思い出すたびに、その中に出てくる場所が鮮明によみがえる、という人も多いのでは?        そんな映画の中に出てくるロケーションを訪れ、現在の写真と映画のワンシーンをつなぎ合わせるという面白い画像を作っている人がいます。        それがカナダのジャーナリスト兼写真家、クリストファー・モロニーさん。        ニューヨークを中心に、街なかや裏通りなど過去の映画に出てくるロケ地を毎日歩き回っているという彼。 まずは映画に出てくるのとまったく同じ位置で写真を撮影。 その後、映画の写真と合成させるのだそう。        たとえば映画 『ティファニーで朝食を』 をテーマにしたものでは、オードリー・ヘップバーンが現在のニューヨークに抜け出てきたかのよう! ほかの作品たちも、現在のニューヨークの街並みと映画のモノクロ画像とのコントラストがなんともいえない味わいを出しています。        こうして彼が作成した画像は、『ティファニーで朝食を』 『ホーム・アローン』 『ゴースト/ニューヨークの幻』 などこれまでに250点以上! 作品は画像・テキスト投稿サービス 「Tumblr」 にアップされています。 今回ご紹介する以外にも素敵な写真がいっぱいなので、ぜひ彼のページをチェックしてみて 皆さんの好きなあの映画は出てきた?(youpouch.com)      

▼映画『ティファニーで朝食を』より

 

1

 

 

 

▼映画『ホーム・アローン』より

 

3

 

 

 

▼映画『ゴースト/ニューヨークの幻』より

 

8

 

 

 

▼映画『ユー・ガット・メール 』より

 

10

 

 

 

▼映画『アベンジャーズ』より

 

4

 

 

 

▼映画『エルフ』より

 

2

 

 

 

▼映画『25時』より

 

5

 

 

 

▼映画『処刑人』より

 

6

 

 

 

▼映画『カリートの道』より

 

7

 

 

 

▼映画『フィッシャー・キング』より

 

9         ツイートこの記事をつぶやく
            ドロイド君        Androidスマートフォン/タブレットを触っていると、虫の様な、ロボットの様な緑のキャラクターを画面上に見かける事がある。 このキャラクターは、通称 「ドロイド君」 と呼ばれるAndroidのマスコットだ。        実はドロイド君という名は、このキャラクターの正式名称ではない。 日本で一般的にドロイド君と称されているだけで、正式名称は 「Bugdroid」 という。         Android端末のシステムアップデート時などに登場するドロイド君だが、意外に人気者なのをご存知だろうか。 国内外で、ドロイド君に関するさまざまなグッズが提供されているのだ。 日本ではドロイド君をモチーフにしたイヤホンジャック用アクセサリーやスマートフォンケースなどが販売されており、海外ではドロイド君のフィギュアなどが人気だ。              ドロイド君フィギア        例えば、Google公式ライセンスグッズとして 「Andrew Bell ミニ コレクタブル フィギュア」 が提供されている。 同フィギュアの制作には、Andrew Bell、Jeff Yaksick、Scott Tolleson、Doktor A、Gary Hamなどの著名デザイナーが参加。 さまざまな種類のドロイド君のフィギュアをデザインしており、ドロイド君好きはもちろん、フィギュアコレクターにも注目のグッズになっているのだ。        フィギュア以外では、自身のAndroidスマートフォン/タブレットを彩る 「ライブ壁紙」 も人気だ。 Android向けのコンテンツマーケット 「Google Play」 上で、ドロイド君をテーマにしたライブ壁紙が数多く提供されている。 「ドロイド君が気になってきた!!」 という人は、これらのグッズをゲットしてみてはいかがだろうか?                       ドロイド君壁紙                      ツイートこの記事をつぶやく
           ハンモッグ        静かな木陰のハンモックに揺られて、日ごろの疲れを癒す……いや~、想像するだけでなんてステキ光景なんでしょう。 でも、ハンモックでくつろぐ機会って意外にないものですよね!?      そこで見つけたのが、海外サイト 『BuzzFeed』 に掲載されている世界のステキなハンモックの数々。 「これ絶対気持ちイイわ~」 と自分が寝そべっている姿を思い描いてうっとりしちゃうような画像が満載なんです。        そもそも 「ハンモック」 は、南米の先住民が柱や木などの間に網や布を吊るして寝具として利用したのが始まり。 揺れると風を感じられる寝心地のよさが魅力で、南米では赤ちゃんのときは揺りかごの代わりに、大人になったらソファやベッドとして、毎日の生活に欠かせないものになっているとか。        網や布をシンプルに吊したものが基本ですが、それ以外にもさまざまな素材や形のハンモックがあります。 例えば、海に突き出たテラスの先に網を張ったものやかごで作られた涙型のかわいいハンモック、テントスタイルにしたものや水上を漕いで移動できるタイプなどおもしろバージョンもいっぱい。 ハンモックの世界って結構奥が深いんですね~。        でも、どれも共通するのは 「とにかく気持ちよさそうなこと」。 フワフワ、ユラユラ揺れて風や光を感じながら、時には静かな自然の中でリラックスし、時には絶景を眺めるのは、極上の時間になること間違いなし。        さぁ皆さんも世界のステキなハンモックを見ながら、気持ちいい時間を想像して楽しんでみてください! ちょっとおつかれモードの方もきっと心がユルユル解きほぐされていくはずですよ。      

▼青い海を見ながらのハンモック。気持ちよさそー

 

2

 

 

 

▼涙型のハンモックで読書もステキ

 

3

 

 

 

▼静かな場所でのんびりするのもいい

 

4

 

 

 

▼こんなスタイリッシュなハンモックも

 

5

 

 

 

▼ジャングルの中でサバイバルなハンモック

  6

 

 

 

▼マイナスイオンを浴びてリラックスできそう

 

7

 

 

 

▼体をしっかりハンモックに預けて

 

8

 

 

 

▼ハンモックでキャンプもいいな

 

9

 

 

 

▼絶壁にハンモック すごい景色が見られそう

 

10

 

 

 

▼勇気がある人は、こんなスタイルにもぜひ挑戦を

 

11

 

 

 

▼変わり種ハンモック なんだか忙しそう……

 

12

 

 

 

▼友達とこんなハンモックでおしゃべりするのも楽しそう

 

13

 

 

 

▼大好きなあの人と。 こんなシチュエーション憧れるっ! 

 

14

 

 

 

▼ロマンチックなハンモック。 ラブラブな時間を楽しめそう

 

15

 

 

 

▼ハンモック好きは、室内に取り付けちゃうという手も

 

16          こんな休日を過ごしたいな~                       ツイートこの記事をつぶやく