世界のフツー      グローバル化が進み、国境を越えて活躍できる人材が増えつつある現代において、日本は各国に後塵を拝しているといわれる。 世界のビジネスパーソンが “フツーにできていること” を、日本のエリートビジネスパーソンたちの多くはできていないというのだ。      『そろそろ、世界のフツーをはじめませんか』 (今北純一、船川淳志/著、日本経済新聞社/刊) では、海外のビジネスシーンで活躍する二人の著者が、「世界のフツーができない日本人」 をテーマに、世界で活躍できる人材について語り合っている。      では、日本のエリートが苦手としている 「世界のフツー」 とはどんなことなのだろうか。 著者たちは、6つの 「世界のフツー」 を取り上げている。       1、自分の意見や見解を、複数の、しかも専門の異なる初対面の相手にでも、気おくれすることなく分かりやすく伝えることができる。      →海外では、「身内」 以外の人間に対して、自分の意見の発信力や説明責任能力が問われる。 「言わなくても伝わる」 ことはほとんどない。 自ら発信することが大事なのだ。        2、相手の話を聞いているときに、不明な点や理解できない部分、興味を持った点を率直に質問することができる。      →聞きたいことがあるのに周囲の顔色をうかがってしまうのは、日本人の典型的な悪癖。 海外では周囲の顔色を気にせず、聞くべきことを聞ける質問力、胆力、そして知的好奇心が求められる。        3、自分の見解について、異なる立場の他社からの質問や提案を受けた時に、建設的な対話を展開できる。      →日本人は 「恥をかく」 こと、「正解」 から外れることに苦手意識や恐怖心を持っている。 自分の見解を発信しても、そこに突っ込みが入ることを恐れているのだ。 逃げずに答え、建設的な対話ができるようにならなければいけない。        4、自分の国の歴史や文化、宗教、政治動向について相手から聞かれた場合、バランス感覚を持ちつつ自分の定見を相手にわかりやすく説明できる。      →日本では政治や宗教の話はタブーとされていることが多い。 しかし、さまざまな国から人間が集まっている環境では、それがアイデンティティとなる。 それをしっかりと自分から発信できることは重要なことだ。        5、日本人が自分一人という状況でも、多国籍のチームや組織の中で貢献できる。      →自分だけという完全なアウェー状態でも、日本人としての誇りや矜持をしっかり持てるだろうか。 国籍や宗教、文化的価値観など多様なバックグラウンドを持つ人たちと、お互いの価値観を認めながら、共同作業していく中でそれは試される。        6、ユーモアの感覚、遊び心がある      →ちょっとした、気の利いたジョークは場を和ませる最大の方法。 しかし、日本人の仏頂面は英語でも “Budda-like stone face” といわれることがあるほど。 ユーモアの感覚を持ち合わせることは世界で活躍する条件である。      この 「6つのフツー」 は、日本にいる限りでは克服して身に付けなければいけないものではない。 だから、どうしても身につけないまま、時間が過ぎ去っていく。    しかし、戦う舞台が海外であるならば必要とされる。 「郷に入りては郷に従え」 という言葉の通り、これらの 「フツー」 を遂行できないと、同じ土俵にすら立たせてもらえなくなる可能性もある。      ただでさえ、グローバル化が進んでいることを実感できる現代。 少し先の未来ですら、どうなっているかは分からない。 だからこそ、本書の内容は今後、生き残っていくための重要なヒントを与えてくれるはずだ。(getnews.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
      要注意!菌がどんどん寄り付くNG行為6つ        これからの季節、気温が上がり湿度も上がると気になるのが、菌ですよね。 特にキッチンはジメジメとし、菌が繁殖する絶好の場所。 多くの人が、「キッチンの菌や臭いが気になる」 と答えています。 現に家の中で一番、細菌に汚染されているのがキッチンです。        今回は、アメリカ情報サイト 『Mother Nature Network』 から、「注意した方が良いキッチンでの行為」 を6つご紹介します。 以下、6つの項目で当てはまるものがあれば、あなたのキッチンは菌が繁殖する確率が高いですよ。         ぜひ、チェックしてください。        ■ 1:塗れたスポンジや布巾を常に使い回している?        使い回しする際は、必ず、スポンジや布巾を清潔にしておくことが大切です。 また、料理ごとに布巾を取り換え、手拭き用の布巾を別に用意しましょう。 『Mother Nature Network』 によると、スポンジを30秒電子レンジにかけたり、食器洗い機に入れることで、清潔に保つことができるということです。        また、台所を拭きあげる際には、石けんを温かいお湯で溶かしたもので拭き、水気を最後までしっかりと拭き取ることをおススメします。 キッチンペーパーを使うのが、一番の菌繁殖予防策です。        ■ 2:肉と野菜は同じまな板で切っている?        まな板は食材に応じて使い分けましょう。 特にご老人やお子様は免疫力が低いため、食中毒にかかりやすいのです。        また、生肉や卵は、他の食材と離して保存しなければいけません。 必ず手を洗うこともお忘れなく。 そして、まな板の使用後は、漂白剤で殺菌すると良いですよ。          ■ 3:脱臭のために重曹を冷蔵庫に入れている?        消臭のために重曹を冷蔵庫に入れることは一つの手段ですが、重曹を入れるだけでは一時的なものに過ぎず、効果はあまり期待できません。        まず冷蔵庫を清潔にし、冷蔵庫の食べ物にラップをしたり蓋をすることが大切。 そして、古い食材は整理するように心がけましょう。 冷蔵庫の環境を整えてから重曹を置くことで、重曹の脱臭効果を最大限に発揮できます。        ■ 4:鉄製の調理器具は洗剤で洗わない?        以前は、鉄製の調理器具を洗剤で洗わない人も多かったではないでしょうか。 しかし実際は油が酸化し、ほこりや細菌が付着しやすい状態になってしまいます。 鉄に傷がつかないよう注意し、優しく洗うようにしてください。          ■ 5:すすぐだけ?        水を飲んだコップは 「汚れていないから」 と、適当にすすぐだけで水切りかごに入れていませんか? これも危険です。        キッチンばさみや味見しただけのスプーンに関してもそうですが、なかなか洗剤をつけて洗う人は少ないかもしれません。 きちんと洗うように心がけましょう。          ■ 6:食卓に猫やペットを上がらせている?        衛生上、動物を食卓に上がらせることは控えましょう。 仕方なく上がった時には、食事の準備の前に薄めた漂白剤で拭いてから準備をしましょう。        これからの季節に向けキッチンを見直し、準備を進めておきましょう。 菌の増殖や食中毒を防ぐためにも、心がけておくべきことです。(biranger.jp)                              ツイートこの記事をつぶやく
      結婚式        美しい花嫁とハンサムな花婿の結婚式の写真。 二人の穏やかな笑顔からは幸せがあふれ、見ているこっちまで幸せな気分になる。だが、実は彼らは本当のカップルではない。        花婿の男性は、末期がんを患っている花嫁の 「死ぬまでにしたいことリスト」 を叶えるために、親友が手配したモデルなのだ。        花嫁姿で微笑むのは英国に住むケイリー・ダフさん(23歳)。 彼女は大腸に多くのポリープが発生する 「家族性大腸腺腫症」 という病気を患っていた。 遺伝的な疾患で、彼女の父親も同疾患で37歳という若さでこの世を去っている。        ケイリーさんは昨年6月に大腸がんを患っていると告げられ、腫瘍を摘出するための手術を受けた。 しかし、今年2月の検査で腫瘍が広がっていること、もはや全ての腫瘍を取り除くことは不可能であると告げられたのだ。          ・ 「死ぬまでにしたいことリスト」を見た親友が「結婚式」を計画      今年の3月、ケイリーさんは化学療法を開始。 同時に、自分の死にも向き合い始めた。 「死ぬまでにしたいことリスト」 を作ったのだ。 そのリストに書いた一つが 「結婚すること」 だった。        このリストを見た彼女の親友ケイティ・バーチさんは、彼女の望みを叶えるべく立ち上がった。 親友ケイティさんは、ケイリーさんの花婿役としてハンサムなモデルの男性を手配したのだ。            ・ウェディングドレスに身を包み、ジャガーに乗って教会へ      「結婚式」 当日、ケイリーさんは髪をセット、メイクもばっちりしてもらった後、ウェディングドレスに身を包み、教会に向かった。 ビンテージのジャガーに乗って。        彼女を待っていたのはハンサムな男性モデルのダニー・ウィスカーさんだ。 メインゲストは母親、祖父母、そして2歳になるケイリーさんの息子カイくん。 みなでシャンペンを開けて、ケイリーさんの 「結婚式」 を祝福した。            ・ケイリーさん「本当に夢を叶えることができました」      この現実離れした状況に、最初は恥ずかしくて笑いが止まらなかったというケイリーさん。 だが、「花婿はすごく優しくて、ハンサムでした。 本当に夢を叶えることができました。 ドレスも美しくて、お城もなにもかも、全て美しかった」 と振り返る。        この 「結婚式」 にケイリーさんのお母さんも大感激。 「とても胸が打たれました。 まるで現実の結婚式のようでした。 実際に花嫁になるわけではありませんが、わたしたちにとっては、まさに現実でした。 素敵な写真をとって、すばらしい思い出ができました」 と話している。        親友の粋な計らいによって、素晴らしい時間を過ごすことができたケイリーさんと家族。 ケイリーさんは現在、仕事を辞め、少しでも多くの時間を息子カイくんと過ごしたいと考えているそうだ。(rocketnews24.com)        

▼ケイリーさんとモデルのダニーさん。 本物の新婚カップルのようだ

 

kayleigh_wedding02

 

 

 

▼母親と祖父母、2歳になる息子カイくんと一緒に祝福するケイリーさん

 

kayleigh_wedding03

 

 

 

▼現在は愛する息子カイくんとできるだけ多くの時間を過ごしている

 

kayleigh_wedding04

 

 

 

▼今回の 「結婚式」 の企画者、親友のケイティさん

 

kayleigh_wedding05                        ツイートこの記事をつぶやく