かっぱ寿司「新幹線」に急ブレーキ 回転寿司「注文派」増加の裏側で…        回転寿司大手 「かっぱ寿司」 を運営するカッパ・クリエイトホールディングスが、意外な理由で業績ダウンとなった。 ネックとなったのは、同店の看板サービス 「新幹線レーン」 だ。          2013年4月9日発表された13年度2月期の決算によれば、主力の回転寿司事業の低調が響き、その営業利益は前期比76.1%減の8億100万円、純損失は22億3400万円となった。        その要因の1つが「店舗オペレーションの異常」、すなわち新幹線レーン偏重の問題という。          近年、かっぱ寿司に限らず回転寿司業界では、「回っている寿司」 を取るよりも、店側に直接注文する客が増えている。 「好きなネタが回っていない」 「鮮度の高いネタを食べたい」 といった理由からで、マルハニチロホールディングスが3月発表した調査では、「回転優先派」 の21.4%に対し、「注文優先派」 が61.1%と3倍近い大差をつけた。          こうしたニーズに対応したのが新幹線レーンで、タッチパネルで好きな寿司を注文すると、通常のレーンとは別に設置されたレーンを通って、ダイレクトに商品を届けてくれる。 食べたいネタを手軽に食べられると好評で、CMでも大きく紹介されるなどかっぱ寿司 「一押し」 のサービスだった。          ところが新幹線レーンは1度に1組の客にしか商品を届けることができないため、注文が集中するとたちまち 「渋滞」 するという難点が。 これが 「新幹線推し」 で顕在化してしまった。 対策として同社では従来の回転レーンの充実を目指したが、こちらにも廃棄数の増加という問題があり、こうした課題の解決が遅れたことが、売り上げの低迷につながった。          ある意味では 「注文派」 増加がもたらしたとも言える今回の業績低下。 かっぱ寿司では今後も回転レーン復権を軸に対応を続けていくとのことで、「回転寿司ならではの醍醐味を改めて見直していきたい」 (カッパ・クリエイトホールディングスの担当者)と話している。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
                          自衛隊を銃刀法違反で告発した市民団体に批判の声多数        報道によると、昨年4月8日、陸上自衛隊の練馬駐屯地でイベントが開催され、装備品展示コーナーで小銃と機関銃を展示した。 この時、イベントの参加者が銃に触れたことが銃刀法違反に当たるとして、市民団体 「自衛隊をウォッチする市民の会」 が、田中直紀元防衛相や陸自幕僚長らを東京地検に刑事告発した。      陸上自衛隊の広報室では、「銃刀法違反になるかどうかも含めて、確認しているところ」 とコメントしている。 今年の4月14日にも同様のイベントが企画されているが、実施されるかどうかは未定。      告発した 「自衛隊をウォッチする市民の会」 は、自衛隊の街中での活動を機に2012年10月10日に設立したもので、東京平和委員会(日本平和委員会の地方組織)と同一の住所に席を置いている。      4月4日の時点で、同会‏は 「銃刀法違反の件について、防衛大臣宛に質問状を出すことにしました。 防衛省から回答があるかはわかりませんが、自衛隊の活動が法律や条例に抵触することは許されないはずです」 とツイートしている。        ネットでは、        「一般人は支持しない告訴内容」      「自衛隊の揚げ足をとる会でいいじゃん」       と否定的な見解が多く、その中には 「そこまで因縁つけて問題視するなら、直下が来ようが、ミサイルが飛んでこようが 頑張って!自衛してくださいね(笑) なにが起きても、自衛隊に派遣要請するな!」 と厳しい意見もある。(ibtimes.com)          確かこういう輩に限って「何故、早く自衛隊を派遣しないんだ!」なんて騒ぐんだよな!?                      ツイートこの記事をつぶやく
      グレート義太夫        たけし軍団のタレント・グレート義太夫(54歳)が4月10日、Facebookで急速に広まった志村けんとビートたけしにまつわる “美談” について、Twitterで否定した。        この “美談” は、1986年のフライデー襲撃事件後、仕事のなくなったビートたけしとたけし軍団、およびその家族を、当時ライバル関係にあった志村が金銭的な面で支えていたというもの。 「たけしの著書に書いてあった」 とし、「ライバル関係にも関わらず 見返りを求めない助けの手を当たり前のように差し出した」 志村を称える内容だ。      これはもともと2ちゃんねるで出回っていた定型文を変えただけなのだが、この話を紹介したFacebookページのエントリーには13万を超える “いいね!” が押され、1,000件を超えるコメントが寄せられるほど、反響を呼んでしまっている。      そんな盛り上がりを聞きつけた、事件当時からの関係者の一人であるグレート義太夫は、Twitterで 「FBで、エラい勢いで広まってる 『志村さんと殿の美談』 当事者として言わせてもらうと 『初耳』 そう言う事実は無かったと思うよ、誰が流行らせたんだか…」 とその内容を否定。      そして 「そんな 『直接的な支援』 しもされも普通しないよね。 あれから30年、そんな話し1度も聞いた事無いもの…」 と続け、こうしたデマを流布する輩を 「自分の創った話しに賛同して欲しかったんじゃないですかね?」 と分析している。 (narinari.com)        最初からこの美談可笑しいと思っていたけど・・・ 。          ツイートこの記事をつぶやく
                     「ら抜き言葉」は、そんなにいけないものなのか        「R25」 の調べによると、面接経験豊富な30~40代の上司世代がイラつく 「若者言葉」 で最も多かったのは 「見れた」 「食べれた」 などの 「ら抜き言葉」 だったそうだ。 「ものすごく幼稚な印象を受ける」 「いちいち気になって、話の内容が頭に入ってこない」 など、かなり厳しい意見も出ているが、果たしてそんなにいけないことなのか。          社会人2年目の女性Aさんは、あるメーカーの面接で 「ら抜き言葉」 を注意されたことを、いまだに強く根に持っている。学生時代にトヨタの本を読み、海外旅行で 「3現主義」 の重要性を感じたという話をしたときのことだ。        彼女は仕事への意気込みについて、「もし入社できたら、海外の生産現場に行かせていただきたい。 そうしたら現場を回って、見れるものは何でも見てきたいと思います!」 と伝えたそうだ。 すると面接担当者から、こう冷ややかに返されたという。      
「君さ、それを言うなら “見られるものは” だよね。 海外の前に日本語勉強したら?」
         Aさんは 「こちらの意気込みを全く理解する姿勢がなかった」 と憤慨し、さらに 「細かな言葉遣いがそんなに大事なことなのか」 と疑問を呈している。      
「もし 『見られるものは何でも』 と言ったとしますよ。 それを聞いた人は 『見られる』 が受身なのか尊敬なのか、一瞬疑問に思うじゃないですか。 『見れるもの』 なら、可能だということがすぐ分かると思うんです」      
   結局Aさんは別のメーカーの海外担当として、希望通り現地を回っている。 「ら抜き言葉」 が原因で不採用になったかどうか分からないが、件の面接担当者は惜しい人材を逃してしまったのではないだろうか。          ビジネスマナーの観点からは、どう考えるべきなのか。 マナーコンサルタントの西出ひろ子氏は、間違った言葉づかいを使い続けている 「裸の王様」 は 「ご本人が一番恥をかくこと」 なので、「それをいわれて不快に感じる人がいるのであれば、使用しないよう注意をすべき」 と認める。 しかし、マナーにおいて重要なのは指摘の仕方だという。        「厳しく指摘をされて意気消沈なさる方もいらっしゃいます。 マナーはお互い様ですので、指摘をする側にも、相手の気持ちを配慮した言い方をする必要があるでしょう」            西出氏自身も、ある言葉を「ら抜き」で使っていた時期があり、41歳のときに他人から指摘を受けて直した経験があるという。 国内には「ら抜き」が標準の地域もあり、その影響を受けている人もいるので、いちがいに無知が原因とも言えない。          もしも新人が 「ら抜き」 で話していても、まずは伝えたいことについて耳を傾けた後で、相手が言葉遣いを知らないようであれば、やさしく忠告すればよいという。        「近年の若者は、大人からの忠告を経験しないまま社会人になっている人も少なくないという現状があります。 しかし、新人研修などで、注意や指摘をすると 『こんな風に今まで言ってくれる人がいなかったのでありがたいです』 と口にする若者も少なくありませんよ」          一方で、「ら抜き言葉」 は人材をフィルタリングする上で、それなりに役に立つという考えを持つ人もいる。 あるITベンチャー企業の人事担当者は、言葉遣いから 「学生時代にどの程度の知的レベルの集団にいたか」 を推測する材料にしているという。        「他人と会話をしていれば、普通は 『ら抜き言葉』 に違和感を抱いて修正できるはず。 それができていないということは、その程度のレベルの集団に属していたという判断をしてしまいます。 コミュニケーション能力にも関わりますし、ハイレベルなプログラマーを除けば採用に当たって考慮に入れざるを得ません」          学歴だけでなく、日常的に知的水準の高い集団に属している人は意欲も高く、自分の頭でものごとを考える習慣があるという。 言葉遣いひとつでそこまで見透かされることを考えると、やはり油断はできないのかもしれない。(j-cast.com)                                  ツイートこの記事をつぶやく