エスプレッソ        コーヒーにこだわりが強い人ほど、年収が増加傾向にあり、恋愛経験も豊富――そんな興味深い調査結果が出ている。 エスプレッソを淹れる人はさらに高収入で、異性によくモテるのだという。     エスプレッソマシン        デロンギ・ジャパンが全国のコーヒーを飲むことが好きな30歳~50歳の男女400名に対して行った 「コーヒーとライフスタイルに関する調査」 によると、直近3年間での年収の変化をたずねたところ、自分で淹れるコーヒーへのこだわりが 「かなりある」 人の過半数(55%)が年収が増加していることがわかり、さらに25%が100万円以上アップしたとの結果に。        こだわり        年収の増加傾向はコーヒーへのこだわりが強い人ほど顕著で、反対にこだわりが 「全く無い」 人では、30万円以上のアップはゼロ。 30万円未満のアップでも21.7%にとどまった。 また、“コーヒーの淹れ方” 別に現在の個人年収をたずねたところ、1000万円以上と回答したのは、エスプレッソマシンを使ってコーヒーを淹れる人が14.3%でトップ。 ペーパードリップやコーヒーメーカーなどを使う人は8%前後で、インスタントコーヒー(粉末)派では4.3%という結果となった。     異性        恋愛に関する質問では、これまでに交際した異性の人数についてたずねたところ、「7人以上」 と回答したのは、コーヒーへのこだわりが 「ある」 人で29.3%。 こだわりが 「ない」 人では17.2%だった。 また、同じ質問を “コーヒーの淹れ方” 別で行ったところ、「7人以上」 と答えたのはエスプレッソマシン派が40.5%でトップ。 ペーパードリップ派やインスタントコーヒー派などそのほかの淹れ方をする人では20~30%程度にとどまった。      そのほか、同調査ではコーヒーへのこだわりが強い人ほど、ファッションやインテリアなどへのこだわりも強く、特にエスプレッソを淹れる人は公私ともに充実する “リア充” が多い傾向にあるとしている。 (rbbtoday.com)          こういう結果ならエスプレッソマシン買わなくっちゃ!!                          ツイートこの記事をつぶやく
      反原発CM        2011年に起きた東日本大震災、そしてその後起きてしまった福島原発事故。 わが国ではこの事態を受け、「原発は必要か否か」 という議論が今もなお継続して行われています。        そんな中、台湾で放映されている反原発を訴えたCMが、ツイッターなどを通じて話題になっている模様。 理屈抜きに胸にズシンと響くその内容に、原発問題について改めて考えようとする人が増えているようなのです。        動画サイトYouTubeに投稿されているそのCMを観ると、どうやら母親と赤ちゃんの関係性がそのまま、現代に生きる私たちとその次の世代を表しているみたい。        最初に流れるのは、お皿に入った食べ物を赤ちゃんに食べさせる傍ら、落ちてしまった食べ物を自らの口へ運ぶ母親の姿。 ここに次のようなナレーションが流れます。          「良いものを子供に残す、悪いものは自分が受け取る、それが母親」          次に流れるのは、落ちた食べ物を赤ちゃんにあげて、皿に入った食べ物を自分の口へと運ぶ母親という、さきほどとは全く逆の光景。 衝撃的なその映像の後には、次のようなナレーションが流れるのです。          「悪いものを後世に残す、良いものは自分が受け取る、それが原発」          そして最後に映し出される文字、「子どもの未来に、国民投票は必要ない」 というメッセージは、否が応にも観る者の心を激しく揺さぶります。        ド直球のメッセージを投げかけてくるこちらのCMに対する意見は、賛否両論あるようです。 しかしこれは、過ぎゆく日々の中で事故のことを忘れそうになっている我々日本人にとって、もう一度原発について考える良い機会を与えてくれるCMだとも思うのです。        「難しい理屈や考察は必要ない、ただ人間にとって本当に大切なものを1番に尊重するべきなのだ」 と訴える、台湾の反原発CM。         そんなCMを観て、あなたは何を思うでしょうか。      その動画はこちらから、       台湾の反原発CMがすごい!         ツイートこの記事をつぶやく
            9万6,000円!世界一高いiPhoneアプリって?        iPhoneやiPadをお持ちの方ならオモシロアプリやお役立ちアプリなどいろいろなアプリをダウンロードしてますよね。 通常は数百円単位、または無料で手に入るアプリですが、どこの世界にもラグジュアリー商品はつきもの。         なんと10万円のアプリだってあるんです。      ● 「世界中の一番があなたのもの」      その名も 「ミリオネアーApp」。 “exclusive – luxury – privilege” をモットーに、ユーザーにVIPサービスを約束、あなたのセレブな生活がさらに素晴らしいものとなるようにサポートしてくれます。      多くのラグジュアリーホテル、グルメレストランやプライベート航空会社、ライフスタイルサービス業者と提携しており、普通じゃ取れない超高級ホテルやレストランの予約もあら簡単、専属バトラーのように手配してくれるとか。      提携先には例えば、ロンドンのカリスマシェフ、ゴードン・ラムゼイ経営のレストランや孤島を独り占めの超豪華邸宅などをメンバーにのみ提供するバージン・リミテッド・エディション、ロンドンの最高の立地に7軒の4~5星ホテルを運営するファームデール・ホテルズなどが含まれています。      世界に名高いデザインホテルに数えられるNYのCorsby Street HotelやロンドンのブティックホテルHaymarket Hotelなんかはこのファームデール・ホテルズの経営。        ● 庶民は不対象!エリート専用アプリ      英国発のこのアプリは日本円で約9万6,000円。 これなら買えないこともないかも、と思ったら落ちがありました。 このVIPクラブには入会基準が設けており、ダウンロードの際に自分の収入か財産が最低100万ポンド(約1億4,000万円)であることを証明しないといけないらしいです。(woman.mynavi.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
      恋愛にまつわる名言        いろんな格言や詩が、「愛がすべて」 だとか、「答えは愛」 と言った風に教えてくれますが、なかなか本質を知ることは難しいものです。        有名人や偉人たちを中心に、「恋愛の名言」 を集めてみましたので、ご覧ください。        ● 「考古学者は女性にとって最高の夫である。歳を重ねるほど彼は興味を持ってくれる。」アガサ・クリスティ(作家)        ● 「愛と結婚についての本を読みたいなら、別々の本を買わなければいけない」―アラン・キング(俳優)        ● 「愛は火だ。 しかしそれが心を温めてくれるのか、家を燃やし尽くすのかはわからない」ジョーン・クロフォード(女優)        ● 「吐き気がしてきて、体中がゾクゾクしてきて、もうこれは恋に落ちてるか、水ぼうそうかのどちらかだ」ウディ・アレン(映画監督)        ● 「人が恋に落ちるのは重力の責任ではない」アルベルト・アインシュタイン(物理学者)        ● 「愛に値札はつけられないけど、その付属品には全てつけられる」―メラニー・クラーク・プーレン(女優)        ● 「結婚とは知性に対しての想像の勝利だ。再婚は経験に対しての希望の勝利だ」サミュエル・ジョンソン(文学者)        ● 「愛とは戦争のようなものだ。 始めるのは簡単だが終えるのは難しい」―不詳        ● 「隠せないものが3つある。 咳、貧困、愛だ。」イディッシュのことわざ        ● 「2度目の結婚のとき花嫁はヴェールを着けない。 今度こそ何を手に入れるのかを見たいから」―ヘレン・ローランド(作家)        ● 「夫は火みたいなもので、付き添っていないと消える」シェール(女優)        ● 「いつか私にも王子様がやってくる。 私の王子様は間違った角を曲ってしまい、人に道を聞くには頑固すぎるだけ」―キンリー・マクレガー(作家)        ● 「もし彼女がすごいなら、簡単には手に入らない。簡単に手に入ったら、彼女はすごくない。 もし彼女に価値があったら、お前はあきらめない。 お前がもしあきらめるなら、お前に価値がない」ボブ・マーリー(ミュージシャン)        ●(結婚するのに良い年齢を尋ねられて)    「84歳。 だってもう働かなくていいし、ずっとベッドで一緒に愛し合っていられるから」―ジュディ(8歳)        ● 「女性は男性が変わってくれることを望んで結婚、男性は女性が変わらないでいくれることを望んで結婚する。 したがって両者が失望することは避けられない」―アルベルト・アインシュタイン(物理学者)        ● 「誰だって特別なことをして自分を幸せにしてくれる。 だけど特別な人だけが何もしないで自分を幸せにしてくれる」―不詳        ● 「もし女性が存在しないなら、全ての金が意味を失う」アリストテレス・オナシス(大富豪)        ● 「女は関係を持つのに理由が必要だ。 男は場所だけが必要だ」―ビリー・クリスタル(コメディアン)        ● 「必要なのは愛だけだ。でも時々チョコレートがちょっとあってもいい」チャールズ・M・シュルツ(漫画家)        ● 「結婚に保証はない。 もしそれを求めてるなら車のバッテリーとでも一緒に暮らしなさい」―エルマ・ボンベック(作家)        ● 「男と交際しない女は次第に色褪せる。 女と交際しない男は次第に馬鹿になる」アントン・チェーホフ(劇作家)        ● 「たいていの男は割と簡単に 『愛しているよ』 と言う。 しかし本当に難しいのは 『結婚して欲しい』 と言わせることだ」―イルカ・チェイス(俳優)        ● 「男性は必需品ではなく贅沢品」―シェール(女優)        ● 「愛しながら賢明でいるというのは不可能」フランシス・ベーコン哲学者)        ● 「分別のある愛は愛ではない」トーマス・ハーディ(作家)        ● 「愛が答えだよ。 ただその答えを待っている間にセックスがかなり良い質問を挙げてくる。」ウディ・アレン(映画監督)        ● 「フラれた恋人はみんな二度目のチャンスを与えられるべき。ただし別の人とね。」―メイ・ウェストメイ・ウエスト(女優)            愛……それは底深く、危険かつ気持ちのいいものではあるようです。 (labaq.com)                     ツイートこの記事をつぶやく