海外旅行者のための世界危険地図…日本は中韓より危険な国        インドやブラジルで観光客の外国人女性を狙った事件が相次ぎ発生する中、米誌 「アトランティック」 (電子版)が2日、世界の危険な場所が一目で分かる世界危険地図を紹介した。        地図によると、韓国はどこを旅しても安全な国で、中国はその次に安全な国。 日本は韓国や中国よりも安全ではなく、一部危険な地域がある国だという。        地図はカナダ外務省が自国の海外旅行者に向けて制作したもの。 海外の安全状況が分かりやすいよう、各国を危険レベルに応じて5段階に色分けされている。        緑色の 「危険ではない国」 には、アジア圏では韓国、マレーシア、台湾、ブータン、オーストラリア、欧米圏のほとんど国が入った。         青色の「注意が必要な国」は中国、ベトナム、サウジアラビア、ブラジル、カザフスタンなどの国々。        黄色の 「一部旅行に適さない地域がある国」 はロシア、トルコ、メキシコ、そして日本もここに分類された。         オレンジ色の 「必要以外の観光は避けるべき国」 はリビア、パキスタン、赤色の 「避けるべき国」 は北朝鮮、イラン、イラク、アフガニスタンなどとなった。          日本は 「安全な国」 というイメージがあるが、2011年に東京電力福島第1原発事故が起きていることから黄色エリアとなったのかもしれない。 同誌は、海外旅行の前には必ず各国の外務省のホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけた。(news.livedoor.com)        福島第一原発事故ってやはり影響しているんだな!? これじゃ、東京にオリンピックを招致するのは難しいな?        ツイートこの記事をつぶやく
      チョコレート        よってらっしゃい、みてらっしゃい。 これからみなさんにご覧いただくのは、世にも奇妙なチョコレートイリュージョンでございます。        複雑にカットした板チョコを、もう一度組み合わせて元通りにしてみせましょう。 え、そんなのできて当たり前ですって? いえいえお嬢さん、話は最後まで聞くように。 私は、板チョコの1片を取り除いた状態で、見事元の姿に戻してみせる、と言っているのです。          海外サイト 『AcidCow』 に掲載されていた、この摩訶不思議なトリック……さあ、あなたは解くことができるかな?        用意するのは、ごく一般的な板チョコ1枚。 これをちょうど半分になるよう、斜めにカットしてください。 その後2度カット作業を加えて準備は完了、さて問題はここからです。        カットしたチョコレートを、指示された手順どおりどんどん組み合わせていきましょう。 ただし、途中で1片、チョコレートを食べるのを忘れずにね。 すると……ほら見て! チョコレートが元の姿に戻りました!        「何度見てもトリックがわからない!」 な~んて人が続出すること必至の、摩訶不思議なチョコレートイリュージョン。 あなたも早速、チャレンジしてみてはいかが?(youpouch.com)        

▼え? この図だけじゃわからないって?

chocolate_trick_01

 

 

 

 

▼それじゃあ、これでどうだ!!

 

chocolate_trick_02

 

 

 

 

▼手順をマスターしたら友達に披露しちゃお♪

 

chocolate_trick_03

         エッ!!  分からない!!  どうなっているんだ!!        ツイートこの記事をつぶやく
      規約を読む        何を購入しても昨今は規約や約款などが付いてきます。        取引や使用条件などの概要が小さな文字でびっしりと書かれていることから、ほとんどの人が詳細を読まないのが実情です。        そこでとある海外のソフトウェア会社が、実際に規約を読む人がいるかどうかを、1000ドル(10万円弱)の賞金を規約の文章の中に含ませてテストしてみたそうです。        やはり実際に読む人はなかなかいないようで、その賞金1000ドルを要求する連絡があったのは、発売から5ヶ月も経ってからで、3000本以上ソフトが売れた後だったそうです。        規約を読むだけで1000ドルの賞金という事実がすごいのか、ほとんど誰も読まないという事実がすごいのかというところですが、それ以来、どれだけエンドユーザーが規約や約款に目を通すかの実験はいろんな形で行われているようです。        このテストに対し、実際に規約を読んでいるのかどうかの意見が、海外掲示板でも交わされていました。        ● 残念な真実だけど、こういうことがあってもまだ自分は読まないね……。    ●規約のいくつかはかなりクレイジーだぞ。  「この製品を無期限で、核兵器、ミサイル、化学兵器、バイオ兵器などの製造、デザイン、開発を含むアメリカ合衆国の法に違反する目的で使用しないことに同意します」 iTunesの規約より Apple – Legal – Licensed Application End User License Agreement    ● もうすぐAppleは北朝鮮を訴えるな。    ● 「残念だな。 アメリカ合衆国の法律はこの地まで適用できないんだ。 なのでわれわれは核ミサイルを作り続ける!」    ● 3000人のうち1人読んだってのを聞いて、すごい率だと思った。    ● うちのクレイジーな叔母は、全ての言語でとりあえず読む。    ● うちの父はオプションさえあればいちいち印刷してる。      ● 多分これから CTRL+F を押して賞品のキーワードを探すよ。でも多分読まない。    ● 2秒を使って下までスクロールするのさえイヤだ。すぐに同意ボタンを押してる。    ● よく似たようなことを自分の会社でもしたよ。 情報掲示板の下に1ドルを貼り付けて、「もしこれを読んだら下にある1ドルをお持ち帰りください」 としたけど、誰も持って帰らなかった。    ● えっと、今から規約読み直してくる。 では6ヶ月後までさようなら。    ● ↑それは過小に見積もりすぎだ。 多分iTuneの規約だと9年はかかる。    ● そして読み終わった頃に別のバージョンを出すんだよ。    ● 読んだとして同意出来なかったらどうするんだ。 ソフトウェアを返品くらいしかないが、それが簡単じゃない。        実際に読んでいるという人はほぼいませんでしたが、確かにあの小さな文字を読むのは気が重くなる作業ですよね。          それ以前に、取説さえ目を通していないことの方が多いかもしれません。(labaq.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      クールジャパン        政府のクールジャパン推進会議で秋元康委員が日本酒を海外へPRするアイデアとして『ポスターデザインやキャッチコピーの提供を無報酬で引き受けるよう首相が呼び掛けるべきだ』 と提案したと時事通信で報じられたことに対して漫画家やアニメ関係者を中心に反発が広がっていますが、何と 「無報酬」 の次は ”Cool Japan” 名目で 「5万円負担」 を求めるメールが送られて来たと言う驚きの情報が 『Twitter』 で拡散されています。        この騒動の発端は、ゲームの原画やライトノベルの挿絵を多数手掛けているイラストレーターのrefeiaさんが4月4日の午後に以下のようなツイートを行ったことでした。      
昨日クールジャパンx無報酬ネタで遊んでたら、今日は Cool Japan なんたらってカタログ本に載せてやるから5万円と絵くれっていうメールきててわらったw 無報酬を上回ってきたぞ!       (画像・出典URL: https://twitter.com/refeia/status/319662326343159809
      つまり 「 ”Cool Japan” を題材にした図録を作成するので新作を提供して欲しい。 ただし、掲載料として5万円を負担してもらう」 と言う依頼であり、これが事実ならば 「無報酬=0円」 を通り越して 「マイナス5万円」 と言う極めて不条理な仕事依頼としか解釈のしようがありません。        『Twitter』 で拡散されている情報によると、このメールを不特定多数の漫画家やイラストレーターに送っているのは主に美術系の自費出版を手掛けているアートボックスインターナショナル ( http://www.artbox-int.co.jp/ [リンク]) と言う企業だそうで、同社のサイトを見ると確かに 『Cool Japan ~世界が注目するクール・ジャパン!』 と題するカタログ集をこれまでに2点刊行していると言う案内が掲載されています。 どうもVol.IIIの製作開始に当たって主に創作系の同人誌即売会に参加していたサークル主催者を対象にメールを送っているらしいのですが、いくら 「保存版作品集」 と言えどもクリエイター側に高額な掲載料の負担を求めると言うのは筋が通らないでしょう。        クールジャパン推進会議で 「無報酬」 を言い出した秋元康委員にしてもそうですが、既に成功している立場の “上から目線” や若手クリエイターの功名心を利用してただ働きを求めるようなトップダウン型の施策に対して多くのクリエイターは冷淡な反応を見せています。 むしろ、日本という国の魅力を海外に発信したいのであれば現在の推進会議やその周辺に欠けている 「これから活躍の場を広げたい」 と考えている多くのクリエイターが何を求めているかを地道に拾い上げて反映して行くボトムアップ型施策の方が優先されるべきではないでしょうか。(getnews.jp)         ツイートこの記事をつぶやく