中国では習近平指導部が発足後、習近平国家主席による腐敗撲滅運動が展開されるなか、米国に留学中の最高幹部の子弟が学業半ばで続々と帰国している。 汚職や党規律違反で失脚した薄熙来・元重慶市党委書記の息子がハーバード大学に留学し、その学費や生活費の出所が不明だったことから、市民から党政府高官に疑惑が向けられたためで、帰国した子女のなかには習国家主席の一人娘、習明沢さんも含まれている。        香港紙 「明報」 などによると、中国共産党員の規律違反を調査する党中央紀律検査委員会は2月下旬、総会を開き、同委トップの王岐山書記は、「配偶者とその子女が国外に移住している国家公務員の管理と監督を強める」 と指摘し、海外留学の子女らや国外在住の親族の調査を強化することを明らかにした。        この総会には、習主席も出席し、「虎だろうが、ハエだろうが、腐敗幹部はすべて取り締まる」 と述べて、役職の上下に関係なく、腐敗幹部を徹底的に取り締まることを宣言した。        中国では子弟や妻、親族を海外に居住させ、海外の市民権をとらせて、汚職などで得た不正な資金を海外の銀行口座に振り込むなどして資産を海外に移行させる手口が横行し、国家資産の海外流出が問題化している。        しかし、かつての最高幹部であるトウ小平氏や李鵬元首相、江沢民・元主席、朱鎔基元首相ら党最高幹部の子弟はいずれも米国の大学に留学していることが分かっており、習近平主席ら現役の最高幹部の子弟も海外留学していた。        このため、習近平主席は 「示しがつかない」 と思ったのか、自身が党総書記に就任する昨年夏前には娘の習明沢さんを帰国させたと伝えられる。        この動きに呼応するように、李克強新首相の娘や李源潮・国家副主席の息子、馬凱・国務委員(副首相級)の息子ら 「最高幹部の子弟の帰国ラッシュが起きている」 と同紙は伝えている。        とはいえ、ハーバード大学のドリュー・フォースト学長は米紙ウォールストリート・ジャーナルに対して、「ハーバード大学で最も多い留学生は中国人」 と明らかにしており、帰国した子女はほんの一握りとみられる。        大半の幹部は子女を帰国させていない模様だ。 近い将来、王岐山書記の言うように、腐敗による取り調べの対象になる可能性がある。 そのときのために、習主席ら最高幹部はいち早く娘らを帰国させたとみられる。 ネット上では「習主席ら最高幹部も子弟を米国に留学させていたくせに、自分たちが腐敗の捜査を始める前に、さっさと子女を帰国させてしまうのは、自己保身に他ならず、あまりにも身勝手だ」などとの批判が出ている。(news-postseven.com)        ツイートこの記事をつぶやく
         63184320        ロシアの富裕層が、救急車に成りすましたタクシーを使ってモスクワの交通渋滞を回避しているという驚きのニュースが入ってきた。        これは、モスクワの警察がインターネットで “救急車タクシー” というサービスを提供する会社を見つけたことから発覚したもの。 この救急車タクシーとは、サイレンを鳴らし、警光灯を点滅させ、客を目的地まで迅速に運ぶサービスだという。 料金は1時間6000ルーブル(約2万円)で、外観は救急車と全く同じであるものの、シートなどは革張りになっているそうだ。        現地の警察は、不審なドライバーが運転する救急車を停止させ、車内を調べたところ、後部座席に救急隊員ではない普通の服装の人々が何人も乗っていたと発表している。 また、カナダの 『National Post』 紙によると、モスクワの警察は、救急車と思しき車両を見つけると、それが本当に緊急車両かどうか目を光らせなければならないという。 つまり救急車を追跡し、本当に緊急の事態であっても停止させる可能性があるということだ。        サービスの背景にはモスクワの交通事情の劣悪さがあるとはいえ、何ともあきれた話だ。(autoblog.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       厚生労働省は2月、2010年の都道府県別の平均寿命を発表した。 長寿No.1となったのは、男女とも長野で、男性が80.88才、女性87.18才だった。        一方、今回の調査で平均寿命最下位となった青森(男性77.28才、女性85.34才)。 男性は1975年から、女性は2000年からずっとワースト1位だ。 1日平均塩分摂取量こそ男性13.0g、女性10.9gと長野と大きな差はないが、1日平均野菜摂取量は80~90gほどの開きがある。加えて青森は飲酒、喫煙率は全国でトップだ。        青森県健康福祉政策課の担当者によると「小さい頃から大人の寄り合いで喫煙や飲酒する場面をよく見てきたことが習慣づいているのではないでしょうか」と説明する。        「青森県では、がんによる死亡率が全国1位。 その中でも肺がんがもっとも多く、続いて胃がん、大腸がんです。 しかも40代~50代で亡くなる人が他県に比べて多い。 その一因には喫煙や飲酒があるのではないかと考えられています」 (健康福祉政策課の担当者)        県民の運動不足も深刻で、1日の平均歩数が男性では全国46位、女性が41位というデータもある。 (news-postseven.com)       ツイートこの記事をつぶやく
      データ送信        携帯電話回線でのインターネット通信速度の急低下、いわゆる「パケ詰まり」やメール遅延はスマートフォン利用者全体の7割が経験しており、NTTドコモの回線で最もこの割合が高い。 こんな結果を調査会社のリサーチパネルエイジアがまとめた。        調査は2013年3月14日、15日にインターネット上で実施し、スマートフォン利用者1万2600人から回答を集めた。 このうちLTE、WiMAX、DC-HSDPAといった高速回線対応端末を保有している人は46.2%。 これらの端末を持つ人が普段利用する回線は3G回線が平均で44.8%、高速回線が平均で48.3%とほぼ同等となっている。        パケ詰まりやメール遅延が 「頻繁に起きる」 「たまに起きる」 「一度だけ経験した」 「思い返せばある」 という割合の合計は72.3%(グラフ参照)。 キャリア別ではドコモが74.3%で最も高く、僅差でKDDI(au)が73.2%、ソフトバンクモバイルが69%と、続いた。        普段使っている3G回線について 「つながりやすい」 と感じる割合は全体で25.9%にとどまる。 キャリア別ではドコモが最も低く23.9%、auが26.5%、ソフトバンクが27.3%。        さらに高速回線ではキャリアごとの差が顕著になり、全体で 「つながりやすい」 という答えは34%であるのに対し、ドコモは29.8%、auは33%、ソフトバンクは45.8%となった。 高速回線でのダウンロード速度について 「速い」 と感じる割合は全体で36.9%、キャリア別では、ドコモが29.9%、auが37.1%、ソフトバンクが47.8%とこちらも差が開いている。        高速回線の通信状況に関して、過去半年間での変化を尋ねたところ 「つながりやすくなった」 という人は38.3%。 ドコモでは17.8%にとどまるが、auでは22.7%、ソフトバンクは40.4%と改善を実感してる人が比較的多かった。(bizmash.jp)          ツイートこの記事をつぶやく
      アンドロイドPC         Googleは2013年Q3後半にもAndroidを搭載したノートPC “Androidbook” を発売する計画だと台湾メディアの 『DigiTimes』 が5日前ほどに報じていました。          報道によると、ASUS、Lenovo、HP、SamsungがAndroidbookを出すメーカーとして名乗りを上げているそうです。 AndroidbookはAndroidベースのノートPCの総称となるようです。        GoogleのノートPC向けOSと言えば、同じくLinuxベースのChrome OSを採用したChromebookも存在しますが、Androidbookは12インチまでの端末をサポートした製品、Chromebookは今後、13~14インチの製品で採用されることになりそうだと伝えられています。           Androidbookでは、安価なARMプロセッサを採用するなど全体のコストを$200~$300に抑えたものになり、AndroidbookはGoogleのノートPC製品の中で低価格市場を対象にしたものになると伝えられています。 Androidを搭載するのでおそらくタッチパネルも搭載されるでしょう。(getnews.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・オクラホマ州で、歯科医が治療に使った器具の衛生管理がずさんだった事実が発覚し、患者に重大な病気を感染させた可能性が出ている。          医院を立ち入り検査した担当者が言葉を失うほど、器具は不潔な状態に置かれていたという。医療の信頼を揺るがす、悪質な行為だ。            アメリカ・CNNなどによると、オクラホマ州タルサで開業する歯科医にこれまで診療を受けた約7000人が、C型肝炎やエイズに感染した恐れがあるという。 問題の歯科医は医療器具の衛生管理が極めてずさんだったうえ、期限切れの薬を使用したり、無資格の歯科衛生士を起用したりした疑いがもたれている。          歯科医は1977年から診察に携わっているが、これまで患者のひとりがエイズ検査とC型肝炎の検査でいずれも陽性となり、感染経路が歯の治療以外に思い当らなかったことから実態が明るみに出た。 医院を立ち入り検査した地元衛生当局の担当者は米FOXニュースで、「現場を見たときはショックで背筋が凍った。 歯科医は必要な医療機器の管理を一切やっておらず、これは重罪にあたる」 と厳しく断じた。 さびた器具を使い続け、殺菌装置を全く作動させていたかったという報道もある。 その後、歯科医は自主廃業を決めたようだ。         アメリカで、歯の治療が原因でエイズに感染した例としては、1991年に亡くなった20代女性の事例が知られている。 歯科医自身がエイズに感染していると知りながら患者を診療し、この女性を含む6人が被害を受けたのだ。 歯科医は1990年に死亡しているが、女性は 「歯の治療以外に感染経路はない」 と確信しており、医師が意図的に感染させたとみられる。 女性本人が議会公聴会で証言したこともあり、当時は大々的に報じられた。          患者にとっては、歯の治療が深刻な感染症を誘発するなどと疑うことはまずない。 米国の事例とはいえ、「まさか」 と思えるショッキングな話だ。          国内では、2007年4月施行の改正医療法の中に医療の安全の確保に関する定めがある。 医療機器の保守点検を行い、安全使用のための体制を確立するよう、医療機関に求めている。 責任者の配置、機器の安全使用のための研修の開催、保守点検に関する計画の策定とその適切な実施といった内容が含まれる。 これは歯科に限らず、医療機関全般を対象にしたものだ。            ただ法律で、医療機器の殺菌や洗浄といった作業の細かな手順を定めているわけではない。 日本歯科医師会に聞くと、同会では医療機器のメンテナンスを含めた取り扱いについて独自のガイドラインと、その実践マニュアルを策定しているという。          医療機器の滅菌、消毒を徹底している様子をウェブサイトで紹介する医院も少なくない。 紙コップや手袋、注射針といった使い捨ての用具は使用後必ず廃棄する、といった点を明記し、機器を写真付きで見せながら滅菌や洗浄方法を具体的に説明している。 患者としてはこうした 「情報公開」 は、歯科医の安全に対する意識の高さを知るうえで参考になるだろう。          エイズ予防財団が運営する 「エイズ予防情報ネット」 によると、HIVの感染力は弱く、「性行為以外の社会生活のなかでうつることはまずありません」 とある。 血液を介する感染は、覚せい剤などを注射器で 「回し打ち」 するといった、日常生活を送る上で通常考えられないケースだ。 もちろん患者側は、エイズやC型肝炎に関する正しい知識を持つことが重要だが、米国での例を考えてみると、医師として当然の義務である衛生管理を放棄するという 「悪意」 に満ちた、特異な事例と言える。(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      ボクスター       ケイマンS        ポルシェ ジャパンはこのほど、ボクスターとケイマンがニューヨークモーターショーにおけるセレモニーで、2013ワールドパフォーマンスカー賞を受賞したことを発表しました。 同賞は2012年に911が、2006年にケイマンがそれぞれ受賞している。        同賞はワールドカーアワード(WCA)の1部門。 WCAは世界中の23カ国、66名のモータージャーナリストが、その年の新型車の中から 「デザイン賞」 「グリーンカー賞」 「パフォーマンスカー賞」 「カーオブザイヤー賞」 の4つの部門を選考する自動車賞。 審査員は、自動車の専門知識、経験などをもとに世界自動車運営委員会が任命する。        受賞したボクスターは、2012年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを行い、ケイマンは2012年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアを行った。 ともに大幅な性能アップや、カレラGTをほうふつとさせるデザインで人気を博している。        ポルシェは今年に入ってから米国、カナダ、ロシア、南アフリカ、シンガポール、ドイツなど世界中の国々で、すでに20個もの賞を受賞した。 ドイツではAuto Bild誌の読者投票で、911カレラ4がクーペ / カブリオレ部門の 「ベスト4WD賞」 を受賞している。       911-4        ポルシェAG社長のマティアス・ミューラー氏は、「ポルシェ911の50周年を記念する受賞となりました。 ニューボクスターとケイマンも生まれながらにして911のDNAを受け継ぎます。 このDNAがお客様と審査員の皆様に感銘を与えたに違いありません。 そのことを非常に誇りに思います」 と述べている。(mynavi.jp)        ツイートこの記事をつぶやく