3月29日、プロ野球が開幕した。 ファンが楽しめる中継とはなにか。 フリーライターの神田憲行氏が考える。          今年も野球の季節が巡ってきた。 野球ファンにとっては朝から高校野球、夜はプロ野球と1日野球漬けになれる至福の季節である。        そこでちょっと、主に民放地上波の野球中継にお願いしたいことがある。 実況はもっとシンプルにしてもらえないだろうか。 プロ野球はデータの面白さもあるので、得点圏打率や左右投手の相性、ストレート・変化球の配球の割合などを紹介するのはいい。        解説者が多すぎるのではないか。 中継ブースに2人、1・3塁のベンチサイドリポーターと称してさらに2人いる。 アナウンサーを含めて5人がのべつくまなく喋りまくる。        私が野球中継で 「ベスト・ワン」 だと思うのは、元朝日放送・植草貞夫アナウンサーと、元北陽高校監督・松岡英孝さんの組み合わせだった。 植草さんは 「白い雲、青い空」 「甲子園は清原のためにあるのかぁぁ」 といった名台詞で有名なスポーツ・アナだが、言葉の面白さだけでなく、中継の 「試合運び」 も絶妙だった。 とくに松岡さんとのコンビは息もぴったりで、大変聞きやすかった。なぜ聞きやすいのか考えていて、思い当たることがあった。        たとえば9回表に1点差を追いかけているチームが四球で先頭打者を出すとする。 植草さんが 「○○高校、ノーアウトでランナー1塁!」 という。 こちらが 「送りバントかなあ」 と思った瞬間、松岡さんが 「ここはね、送りバントだと決めつけてはいけません。 ○○監督、エンドランもあります」。 なるほど、相手のバントシフトの裏をかいて、一気に逆転まで持っていく作戦もあるのか、と見ている側は思うわけである。        野球を見ながら中継と 「対話」 ができる。 そこで肝心なのが、植草アナが 「松岡さん、ここはどうですか」 といちいち話を振らない点だ。 話を振らなくても松岡さんが入るだけの信頼感が2人にあり、余計な言葉を挟まないからリズムも生まれる。        これが民放だと解説者が何人もいるから、中継アナがいちいち 「○○さん、どうですか」 と話を振らないといけない。 ベンチサイドの解説者からは、自己アピールだろうか、中継アナを 「○○さん、○○さん」 と呼ぶときもある。 これがとてもうるさい。 まるで画面が言葉で埋まってしまう。        野球に限らず、サッカーでもバレーボールでも格闘技でも、中継の過剰さを厭うファンの声をよく聞く。 「番組でなくスポーツを伝える」 という原点に戻った、シンプルな、それでいてプロを感じさせる中継をお願いしたい。(news-postseven.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      45億ギガピクセル        私たちがインターネットサイトで観る画像のピクセル数は500とか800とかが普通だ。 サイトで画像を見る際、1000や1500などのピクセル数があればじゅうぶん高解像度といえる。しかし! なんと!        六本木ヒルズから東京の風景を撮影し、45ギガピクセルもの超高解像度の画像を作った人がいるのだ! しかもその画像を私たちも体験できるというからスゴイ! インターネットサイトで公開されているのである。まさに別次元のすごさ!!        この画像を撮影したのは写真家のジェフリー・マーティン氏と、カメラマンの染瀬直人氏とのこと。 5800枚以上の写真を使用し、45ギガピクセルの超高解像度の画像を作成。 誰でもこの画像を体験できるように、インターネットサイト 『Tokyo Roppongi Gigapixel』 に掲載しているのだ。        実際にサイトを覗いてみたのだが、とにかく感動! 感動! 感動ぉぉぉぉーーーッ! どんなにズームしても画像が粗くなることはなく、細部まで街のようすがクッキリとわかるのだ。マジびっくりした。まだドキドキしてる。        こんな素晴らしい画像を作り、人々に感動を与えたジェフリー・マーティン氏と染瀬直人氏に敬意を表したい。 別次元の画像を体験したい人は必見の画像でありサイトといえよう。(rocketnews24.com)         ▼最初はこうだけどっ!!   1242131212        ▼ズームしていくとぉぉーーーーっ!?   0002542524       00341524542       412241424122       12441224142421       4124221313        ▼すげーっ!! ここまでズームできた!! 45ギガピクセルの世界ッ!!   12412423123       ツイートこの記事をつぶやく
                  職場で本当の友達をつくる方法        雨の日も風の日も、毎日顔を合わせて、家族よりも長い時間を過ごすのが職場の人。 でも、ビジネスという枠から抜けられずにいつまでたっても他人行儀で仲良くなれない、本当は親しくしたいのにどうしたらいいんだろう。 そんなお悩みをお持ちの方、意外と多いのではないでしょうか。        そこで今回は、会社の先輩や同僚はもちろん、あいさつをかわす程度のよく知らない人とも仲良くなれてしまう、とっておきの方法をご紹介したいと思います。        ■  きっかけの作り方      まず、相手との共通点を探しましょう!これは事前のリサーチでもいいですし、その場で探しても構いません。        ・ 「Aさんは○○なんですか? 私も○○なんです」        人は共通点があると好感を抱きます。 恋愛と一緒ですね。 それが自分の興味のあることならなおさらで、これをきっかけにどんどん親しくなるというパターンが多い気がします。        具体例をだすと、あなたが文房具好きだったとして、文房具にこだわっているらしいAさんには        ・ 「Aさんのボールペン素敵ですね。 手帳も○○のブランドのものだし、文房具にこだわりがあるのかなと思って。 じつは私も文房具が好きで○○のブランドの万年筆も買っちゃったんです」        こんな感じで話を進めれば、相手は自分の得意分野の話ですからいろいろと話を振ってくれるでしょう。        ■  気の合う人を探すために        気が合うというのは、掘り下げると 「価値観が近い」 ということになりますので、価値観を確かめる会話をしていくといいと思います。 もちろん、価値観は違って当たり前なのですが、自分の譲れない部分が違う人とは打ち解けられないですよね。 古い友人を思い出してみても、その人は自分と考え方が似ていたりしていないでしょうか。        この価値観は、たくさんの会話によって分かってくるものですので、次の項目では具体的な手順をご紹介したいと思います。        ■  友達になるためのステップ        仲良くなるために、相手の価値観を確かめます。        ◎  STEP1 : ランチで親交を深める      ランチタイムに食事をしながら会話をします。 ランチタイムですので軽い話題で済みますし、付き合いの浅いお互いにとって負担が少ない方法です。        ◎  STEP2 : 少人数の飲み会でさらに仲良くなる      アルコールが入ると本音を言いやすくなります。 飲みの席ということでぶっちゃけトークも出るかもしれませんので、しっかりと価値観を見極めましょう。 アルコールがなくても食事中は会話が盛り上がりやすい状態ですので大丈夫です。        ◎  STEP3 : さし飲みで二人の距離を縮める      二人っきりで飲み(食事)に行けば、当然、深い話にもなります。 家族や恋人のことなど、プライベートなことを話して距離を縮めていきましょう。      ここでポイントなのが 「自己開示」 です。 人は、自分のことをありのままに話してくれた相手には、それと同等の開示をしようとしますし、なにより自己開示されると親近感が湧きます。つまり、一気に仲良くなれるわけです。        ◎  STEP4 : プライベートで遊びに行く      プライベートな時間である休日に遊びに行くということは、会社の繋がりから友情の繋がりへステップアップしたということになります。このまま何度もプライベートな時間に仲良く過ごすことができれば、それはもう会社の人ではなく立派な友達です。          ■  注意点      価値観の見極め中で、あなたが 「ちょっと違うな」 と思った場合、今後の相手への接し方には注意が必要です。 相手からすれば、仲良くなってきたのに最近冷たいなどと捉えられることもありますし、会社繋がりだけあって悪い噂が広まってしまうということもあります。 合わないなと感じることはよくあることですので、くれぐれもその後の対応だけは気をつけてください。        ■  おわりに      会社は学校と違いさまざまな年齢の人が集まる場所です。 年上なら人生の先輩としていろいろなことを教えてくれますし、年下なら見守るやさしさが身に付いたりします。 年代にこだわりをなくすことで友達候補はもっと広がると思いますので、ぜひたくさんの年代の方達と交流をもってみてくださいね。 その中から一生の友が現れるかもしれませんよ。 どうか、あなたの職場で素敵なお友達が見つかりますように。(nanapi.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
       「儲かる方法を伝授する」 「簡単な作業で必ず儲かる」 といって情報商材を購入させて、インターネット上で 「クチコミ」 宣伝を書き込む内職をめぐるトラブルが増加している。          国民生活センターに寄せられた2012年度(13年2月28日まで)の相談件数は147件で、前年同期に比べて28件増えた。 消費者が業者に、すでに支払ってしまった金額は1件あたり約20万円にのぼる。          「契約前に作業内容を知らされず、『儲かる』 と電話で力説され契約したが、儲からない」      「文字を入力するだけの仕事と説明されたが、商品が売れないと収入にならない契約だった」      「 『儲からなければ返金』 と説明されて契約したが、知らされていない返金条件があり返金されない」          これらは国民生活センターに寄せられた「クチコミ」宣伝を書き込む内職の相談事例だ。          同センターが2013年3月21日に公表した 「儲かるわけがない!?インターネット上の宣伝書込内職」 と題する報告書によると、ネット掲示板やブログのコメントなどで 「クチコミ」 の宣伝を書き込む内職には、「商品仕入型」 と 「アフィリエイター育成型」 の仕組みがあるという。          「商品仕入型」 は、比較的安い(1万~5万円程度)情報商材を購入させ、その後に内職契約を勧誘するパターン。 「アフィリエイター育成型」 は、アフィリエイトをするために高額な(10万~50万円程度)情報商材を購入させられるパターン。          契約までの流れや収入を得るための仕組みなどは異なるが、「儲かる」 とうたって情報商材を購入させる点や、内職がネットへの宣伝の書き込み作業である点が、業者の共通した勧誘の手口だ。          ネット広告を信じさせて、消費者に軽い気持ちで資料を請求させたり、情報商材を購入させたりして、その後に 「簡単な仕事」 とだけ言って作業内容や仕組みを契約前に説明しない、不意に内職の勧誘を持ちかけて契約させる、なかには電話で強引に内職の契約を迫る手口や、内職のための高額な情報商材をさらに購入させる手口などがみられるという。    もちろん、消費者はほとんど収入が得られない。            国民生活センターは、「クチコミ」 宣伝を書き込む内職商法への相談件数が増えた背景には 「ドロップシッピング(商品の発送を商品の卸売りや製造元に委託し、ネットショップ自らが在庫を持たない販売手法で、販売価格と製造元の卸売り価格の差額がネットショップの利益となる仕組み)やアフィリエイト(個人サイトと企業が提携して、その個人サイトを経由して商品が売れた場合に企業から報酬が支払われる仕組み)の市場規模が拡大していることがあります」 とみている。        「仕事といって書き込んでみたら、ステマ(ステルスマーケティング)だったというケースも報告されています。 消費者の儲けたいという気持ちに付け入って勧誘する業者が後を絶ちません」 と話す。          安易に契約してしまう消費者は、30歳~40歳が大半を占めている。 また、給与所得者が42.8%を占めていて、「手軽に副業になる」 との言葉に釣られているようだ。          そうした中で、国民生活センターが頭を痛めているのが、消費者(契約者)が解約を申し出ても、業者の態度が強硬で返金に応じないことが多いこと。 勧誘の手口が巧妙になっており、なかには特定商取引法(特商法)の電話勧誘販売や業務提供誘引販売の適用を業者が否定するケースもみられる。          同センターでは、「たとえば商品仕入れ型には、特商法違反に抵触するかどうかを判断しづらいケースがあり、業者が交渉に応じないことがあります。 そうなると裁判所か、消費者庁に判断してもらうしかありません」 と、対応に苦慮しているようだ。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
      ハンズ        ユニークな話題が飛び交ったエイプリルフール。 Twitter上では、東急ハンズのネットストア・ハンズネットと渋谷ロフトが、謎のやりとりを繰り広げて注目を集めました。        ハンズネット(@HandsNet)は4月1日午後、「なんだかエイプリルフールネタでそこら中が盛り上がっているようですね」 とした上で、「1ツイートくらいは、なにかしようかなと思ってます」 (Twitterより引用)とつぶやきました。          そして、「こんにちは、LOFTです」 (Twitterより引用)とツイート。 え、LOFTなの? 東急ハンズじゃなかったの?           すると、その数時間後、渋谷ロフト(@LOFT_SHIBUYA)が 「あ、どうも。 東急ハンズです」 (Twitterより引用)とツイート。 え、こっちが東急ハンズだったの? いやぁ~、すっかりだまされるところだったなぁ~……って、そんなワケないでしょ!       ロフト        この渋谷ロフトのツイートに対して、ハンズネットは 「や、やばい、ロフトさんに見つかった」 (Twitterより引用)と反応しました。        これを見たTwitterユーザーらは、次のようにコメント。        「かわいい(笑)」    「ちょっとLOFTに行って買い物してきます」    「余計にHandsさんが好きになりますね」    「ロフトさんとのエイプリルフールネタ、思わず吹きました」    「どっちに行けばいいんですかwwwww」    「分かりやすいですが、面白かったです」    「エイプリルフールは正午までだから、これは本当のことなんだね!」       う~ん、エイプリルフールならではのやりとり。 なんだか、ほほえましいですな。(youpouch.com)                       ツイートこの記事をつぶやく