エイプリルフール        本日4月1日は皆が待ちに待ったウソが許されるエイプリルフールである。 エイプリルフールと言えばネット上でもくだらないネタが満載で手の込んだジョークサイトが数多く公開される。        そんなエイプリルフールでも許されないウソとは? こちら 『Yahoo!知恵袋』 に投稿された物。 一部を抜粋して紹介したい。        
“私の友達の事なんですがエイプリールフールに彼氏が彼女にプロポーズして 彼氏が 「俺と結婚してくれ!がんばって給料3ヶ月分の指輪買ったんだ」と言い彼女の指にはめました。 彼女はあまりの嬉しさに涙を流しましたそのあと彼女は家に帰り彼氏から電話が掛かってきて 彼氏が「今日はエイプリールフールだよ!エイプリールフールにプロポーズ するバカがどこにいるんだよ!その指輪300円のおもちゃだから」 とわらかしました もちろん彼女はショックでかなり落ち込んでます…”
      とプロポーズで大喜びは真っ赤なウソ。 あまりの嬉しさに彼女の方はエイプリルフールということも忘れてしまったようだ。 これに代表するように、エイプリルフールでも許されないウソというのが存在する。          周りの人に聞いた次のようなウソは許されないという。        ・ 会社を辞めるというウソ。 必死で説得して損した。    ・ 彼女が妊娠したというウソを……。 俺の反応を見て微妙な空気になった。    ・ 父親が 「私ガンらしい」 とか言った。 そういうのやめてほしい。    ・ 事故ったので30万円貸して欲しいとか頼まれた。    ・ 「今日は4月2日だぞ」 というウソ。殴られたのび太が可愛そう。       などいくらエイプリルフールでも冗談では済まされないウソもあるようだ。 大きく分けると、人をおとしめるようなウソや誰も笑えないウソはさすがにエイプリルフールでも受け付けがたい物。        今年はどんなウソが横行するのか楽しみであるが、中には度が過ぎたウソも出てくるかも。(getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
       山口県下関市に住む70代女性は、長年にわたって大河ドラマの大ファンだ。 特に今年の 『八重の桜』 は、綾瀬はるかが 「孫の嫁によう似ちょる」 ということもあり、楽しみにしていた。 しかし、最近では、日曜夜8時のNHKにチャンネルを合わせようとするたび、気が重くなってしまう。        「まだまだ物語は始まったばっかり。 それやのに、もうすっかり長州藩は悪者扱いじゃけえね。 このままやったら、戊辰戦争で会津に攻め入った長州藩は、鬼のように描かれるでしょ。 ちょっと見る気がせんのよね」        大人気の大河ドラマ 『八重の桜』。 初回視聴率は2年ぶりに20%超えを果たした。 物語の舞台である福島県への貢献は相当なもの。 日本銀行福島支店の試算によれば経済効果は 「113億円」 ともいわれており、震災からの復興に一役かっている。        このドラマは、明治維新を 「敗者」 である会津藩の視点から描いたものだ。        綾瀬演じる山本八重の故郷・会津藩は、旧幕府勢力の中核と見なされ、長州藩・薩摩藩を中心とする新政府軍の仇敵となる。        特に、長州藩との遺恨は根深い。 会津藩主・松平容保が1862年から京都守護職となり、新撰組を麾下において尊王攘夷派志士たちの徹底的な取り締まりを行なう。 さらに蛤御門の変では、壮絶な市街戦の末に長州藩を敗北させ、「朝敵」 へと追いやる。        大政奉還、王政復古後に戊辰戦争が勃発すると、今度は会津藩が新政府軍から 「賊軍」 の汚名を受け、徹底的な弾圧にあう。 19人の少年たちが自刃した 「白虎隊の悲劇」 に代表されるように、数多くの犠牲者を出した。        さらに新政府軍は会津戦争における犠牲者の埋葬を禁じたため、会津の人々は家族の遺体が野に晒され、鳥や獣に食い散らかされる悲惨な状況を目の当たりにしたとされる。        これらの遺恨はまだ根深く残っており、2007年に山口選出の安倍晋三首相(前任時)が会津若松市を訪れた際、「先輩がご迷惑をかけたことをお詫びしなければならない」 と語ったほどだ。        会津出身の本誌女性編集者は小さい頃から 「長州の男との結婚だけは絶対に許さん」 と言われ続けて育ったという。 そんな背景もあり、『八重の桜』 における長州藩の描写は、「山口県民にとっては受け入れたくないもの」 (山口県萩市在住の70代男性)という意見が多い。(news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
         在日コリアン街で旭日旗掲げ街宣 大阪、住民ら抗議し騒然        在日コリアンが多く住む大阪市のJR鶴橋駅近くで31日、「在日特権を許さない市民の会」 (在特会)のメンバーら約40人が街宣活動をした。        通りを挟んだ向かい側では、地域住民ら200人以上が抗議活動を展開。        警察官も200人近くが警備に当たり、物々しい雰囲気に包まれた。 午後1時すぎ。 旭日旗と日の丸を掲げた在特会側が 「国に帰れ」 「駆除するぞ」 などと、罵詈雑言を浴びせかけた。 (kyodo-d.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
      レクサスLF        レクサスが、昨年のデトロイトオートショーで発表したコンセプトカー 「LF-LC」 の市販化を決定した。      高級志向の客層を意識したFRのハイブリッドコンセプトカー、LF-LC。 このラグジュアリークーペの市販化にゴーサインが出たことを、自動車メディア 『Ward’s Auto』 が報じた。         これはレクサス関係者が同メディアに提供した情報であるが、これ以上のことは明らかになっておらず、各メディアでさまざまな憶測が飛び交っている。        『Ward’s Auto』 では、市販化モデルは限定版になる可能性が高く、価格は同ブランドの主力モデルより高めになるのではと予測。        カービデオチャンネルの 『GT Channel』 では、LF-LC市販化モデルの価格は 「LS」 に準ずるか10万ドル(942万円)以上で、パワートレインは4.2リッターV8かハイブリッド(「LS600h」に同じ)、ネーミングは 「LC550」 になると見込んでいる。 さらに同メディアは、レクサスが 「SC430」 (旧ソアラ)の後継車となるモデルをLF-LCとは別に開発中なのではとも推測している。        一方、レクサスのニュースや情報を掲載している個人サイト 『Lexus Enthusiast』 では、このGT Channelの記事を”行き過ぎたうわさ”だとし、4.2リッターエンジンが使われるなら 「550」 というネーミングにはならないはずだと述べている。 また 「LC」 ではなく、昨年末にオーストラリアと米国で商標登録された 「RC」 が使われるのではと示唆している。       いずれにしても新モデルの詳細が公開されるのを楽しみに待つとしよう。(autoblog.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
        知らないと損。4月から自動車保険が大改訂 事故を起こすと、保険料は大幅値上げに        4月1日から始まる新年度は、自動車保険の仕組みが大幅に変わる。 すでに多くのドライバーには、損害保険会社から説明があったはずだが、「知らなかった」 と後悔しないためにも、もう一度自身の状況を再点検する必要があるだろう。        ■ 自賠責保険料が大幅アップ      まず最初に変更されるのが、誰もが加入を義務付けられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料だ。 自賠責保険の収支悪化に歯止めをかけることが理由で、4月1日以降に始まる契約について、自賠責の保険料は全車種平均で13.5%の引き上げとなる。 値上げは2011年4月の平均11.7%に続くもので、大幅な値下げが実施された08年4月以前の保険料水準に戻る。      続いて10月には、大手各社など多くの損保会社の自動車保険(任意保険)が、「新等級制度」 に基づく保険料の仕組みに切り替わる。 その際、9月末までに事故を起こして保険金を請求したドライバーの保険料は、10月1日以降、従来よりも大幅にアップする。      右表からわかるように、たとえば20等級のドライバーが12年10月1日~13年9月30日の契約期間に事故を起こした場合、1年後の13年10月1日~14年9月30日には3等級下の17等級にダウンする。 その際、保険料は従来と比べて2万5680円もアップする(当初の年間保険料が5万円の場合)。 3年間の累積では従来と比べて7万7030円も保険料は割高になる。      一方、3年間にわたって無事故を続けた場合には、保険料は3万0130円ほど従来よりも割安になる(表参照)。 年間に事故を起こすドライバーは10人に1人程度なので、多くの人は新等級制度によって保険料引き下げの恩恵を受ける。      また、新等級制度に際して、「事故有り係数」 「無事故係数」 も新たに導入される。      事故を起こしたドライバーには新たに設けられた 「事故有り係数」 が適用される。 たとえば、同じ8等級でも、事故を起こした結果として8等級にランクダウンした場合の割引率が21%であるのに対して、無事故によって8等級にランクアップした場合の割引率は、「無事故係数」 の適用によって40%となる。      従来、事故の有無にかかわらず、8等級の場合には割引率が28%だったことと比べて、リスク実態(保険金の支払い実績)に応じて大きくメリハリがつけられることになる。 事故有り係数は3年にわたって適用されるため、事故を起こした場合の3年間での保険料負担は従来と比べてもかなりの金額になる点にも注意が必要だ。        ■ 1等級ダウン事故も導入      「1等級ダウン事故」 の仕組みも新たに設けられる。 従来、盗難やいたずら、落下物との衝突などの事故は、「等級据え置き事故」 として前年の契約の等級が維持されてきた。 それが10月1日からは 「1等級ダウン事故」 となる(ただし、「事故有り係数」 の適用は1年間)。 盗難やいたずらなどは本人の責任とは言えないものの、リスク実態と比べて保険料負担が少なすぎたことが新たな仕組み導入の理由だ。      自動車保険(任意保険)の制度改正での、もう一つの大きな柱が 「記名被保険者年齢別料率区分」 の導入だ(表参照)。 すでに大手5社のうち4社が導入済みで、大手では最後発の日本興亜損害保険が4月1日の契約から新たに導入する。      これは、契約したクルマを主に使用する人(記名被保険者)の年齢別のリスク実態を保険料に反映させることを狙いとしたものだ。 従来は運転者の年齢に応じて大ぐくりの5区分しかなかったが、4区分に簡素化したうえで記名被保険者の年齢によって保険料が異なる仕組みにした。      これら 「新等級制度」 「記名被保険者年齢別料率区分」 の導入は、損保各社が保険料改定の際に目安とする 「参考純率」 を、「損害保険料率算出機構」 が決める際に新たな仕組みとして用いたことがきっかけとなった。その点では業界標準だ。        ■ 制度改革と別に値上げも      それとは別に、各損保会社は自動車保険の収支改善策として、保険料の値上げにも相次いで踏み切ってきた。 08年度以降の大手5社(東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、日本興亜損害保険)の保険料引き上げ幅は、5~7%程度に達している。 これらは制度改定の時期に合わせて実施される場合や、独自サービスの導入と合わせて実施される場合があるが、詳しい内容はオープンにされていないため気づきにくい。      最近では、東京海上日動火災が12年1月、三井住友海上とあいおいニッセイ同和が12年10月にそれぞれ値上げを実施。損保ジャパンと日本興亜損保はこの4月から保険料を引き上げる。 両社は値上げの一方で商品やサービスの向上も実施する。      もっとも、自動車保険改定の内容をきちんと理解しているドライバーは決して多いとは言えないだろう。 特に新等級制度導入後は、小さな事故なのに保険金を請求した場合、後に保険料の大幅アップの形でかえって割高につく可能性がある。 その場合は、保険金を請求せずに、自費で修理したほうがトクになるケースもある。      そうした損得の目安を計算するための保険料概算ソフトを各保険会社は開発しており、代理店に問い合わせれば、わかるようになっている。 また、損保ジャパンがドライバー向けに作成した 「よく分かる等級制度のお話」 と題したパンフレットも新制度を理解するうえで参考になる。        ■ 事故を起こさない努力が必要      事故を防ぐためのスマートフォンを用いた無料のアプリケーションも、「Safety Sight」 (損保ジャパンと日本興亜損保)、「サポNAVI」 (あいおいニッセイ同和損保)、「スマ保」 (三井住友海上火災)などの名称で各社が導入している。      かつて損保会社にとってドル箱だった自動車保険は、高齢者ドライバーの増加や事故率の上昇などで 「赤字商品」 に陥っている。 そうした事情が制度改革および値上げの背景にあるだけに、今後もさらに値上げが行われる可能性がある。 月並みな表現ではあるが、今まで以上に安全運転を心がけ、事故を起こさないことが、保険料アップから身を守るための最善の策になる。(toyokeizai.net)                        ツイートこの記事をつぶやく