中国で大量発生中のPM2.5が、黄砂とともに我が国に大飛来。 ところが、その裏で日本の対策グッズ関連株が急騰している。      「3月5日に熊本県でPM2.5の濃度が基準値を超え、気象庁が 『8日以降に東日本にも黄砂が飛来する』 と発表するや、関連株が軒並み急騰。 ストップ高となったのです」 (兜町関係者)        6日には、防塵マスクを製造する重松製作所が前日比150円高の1124円に。 同じく、同種マスクを製造する興研が400円高の2370円とストップ高となったほど。 以前から中国のネットでは1日3万枚のマスクが売れ、品薄状態が続いていたが、そこに国内需要が上乗せされたことから一気に火が付いたのだ。      もっとも、PM2.5がもたらした特需はこれだけではない。 愛知県にある 『くればぁ』 というメーカーは、’09年にエアコンの排気口用のマスクを商品化。 5000円前後の高額商品だが、「PM2.5を99.99%防げる」 との触れ込みで中国から20万枚を受注し、工場をフル操業させているのだ。          一方、家電業界もこの特需の恩恵を受け始めている。      「落ち目のシャープは、空気清浄機が中国でバカ売れ。 100万台を突破し、生産が追いつかない状態なのです。 しかも、この手の商品は富裕層が買い求めるために、6万円台のものが飛ぶように売れているんです」 (電気メーカー関係者)        また、「パナソニックも空気清浄機の生産を大幅に増やしている」 (同)という。          経済アナリストが言う。      「他にはベビーカーカバーや物干しカバー、布団乾燥機や防塵メガネ、浄水器なども需要が急増。 東京都からPM2.5の測定業務を落札した環境管理センターも、6日に株価が急騰したほどなのです」(wjn.jp)        風が吹けば、環境メーカーが儲かるということか?                         ツイートこの記事をつぶやく
                       10年後に食いっぱぐれない仕事のキーワードは「アナログ」?        先の見えない時代にあって、10年後に食いっぱぐれない仕事を選ぶための基準はあるだろうか?         『10年後に食える仕事 食えない仕事』 の著者であるジャーナリスト・渡邉正裕氏によると、そのキーワードになるのが 「輸出型」 と 「アナログ」 だという。        「日本の財政破綻が近づけば、さらに円安が進みます。 すると当然、輸出型の企業は国際競争力が上がり、輸出メーカーは一時的に好景気に入るんです。 当然、給料も上がっていくはずなのです」(渡邉氏)        とはいえ、輸出型企業も数多い。 間違った仕事選びをしないためにも、次に肝心となるのが 「アナログ」 というキーワードだ。        「デジタル分野で世界とわたり合うのは大変ですが、精巧なモノづくりが重要視されるアナログ製品の生産は日本企業に一日(いちじつ)の長がある。 誰もが知っている企業でいうと、オリンパスが代表的。 内視鏡づくりの技術は、生産工場に知識が蓄積されていて、職人技のたまものなんです。 デジタル化で大量生産しようとしても絶対にできません。 誰もマネできないアナログ製品をつくっているメーカーは中小企業にもたくさんありますし、本当に最強ですよ」(渡邉氏)        そうしたメーカーへ就職活動するのであれば、やはり資格は持っておいたほうがいいだろう。 なかでもオススメなのが、品質管理検定(QC検定)である。        これは品質管理に関する知識をどの程度持っているかを筆記テストによって判断するもので、企業コンプライアンスが重要視される時代だけに、今、最も注目を浴びている資格のひとつなのだ。        1級から4級まであり、3級・4級は学生や派遣社員向けで、難易度はそこまで高くないという。        「長引く不景気から、社員に品質管理の教育をきちんと行なえる企業が少なくなってきました。 逆に言うと、正しい品質管理の知識を持っていれば、幅広い分野で活躍することができるんです」 (大手人材派遣会社社員)        将来有望で難易度も高くないという品質管理検定の資格、挑戦してみる価値はありそうだ。                      ツイートこの記事をつぶやく
      喫煙アプリ        喫煙を続けると、顔色が悪くなり、肌の調子が悪くなる。 この説、女性なら一度は耳にしたことがあるのでは?        イギリスの国営保険事業サービス 『NHS』 が10代の喫煙を抑制するキャンペーンのために製作したアプリ 『Drinking Time Machine』 は、このことを恐ろしい現実として、あなたにまざまざと知らしめてくれます。        海外サイト 『Mail Online』 によると、こちらのアプリ、「長年喫煙を続けると人間の顔は一体どのように変化するのか」 ということを画像にして映し出してくれるのだそう。 あなたがそこに観るであろう自分自身の顔には、たるみや小じわがわんさか。 さらにそれに加えて顔色もなんだか青白い、というかむしろ灰色……。        1本に4000種類(!)もの化学物質が入っているという、タバコ。 アプリは、そんなタバコを吸い続けているとどんな顔になってしまうのか、その現実を最高20年先まで予測してくれるのだそう。        あなたがすることといえば、今現在の顔を撮影しアプリに登録するだけ。 そうすれば、まるでタイムマシンに乗って未来を見るかのような体験ができるというわけなのです。         『NHS』 の調査によると、イギリスの喫煙者の40%は16歳頃から喫煙を開始しているのだとか。 この事態をどうにかするためには、軽いショック療法として現実を見せてしまったほうが、手っ取り早いのではないか。 『NHS』 は、そんなふうに考えたようです。        ちなみにこのアプリ、ただ顔の劣化を見せる、という機能だけを持っているわけではありません。 ちゃんと 「禁煙の方法」、そして 「タバコに含まれる有害物質について」 など、禁煙に関する情報も教えてくれるんですって。        たしかに 「喫煙は体に毒よ」 と言葉で語るよりも、ショッキングな映像をポンと見せられたほうが、心にズシンと来るのかも。 女性ならば、いわずもがな、です。 禁煙したいのにできないとお悩みの方には、この方法、最も効果的かもしれません。(youpouch.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
            休暇        オンラインホテル予約サイトのHotels.comは3月26日、「世界の休暇数」 調査の結果を発表した。 その結果には、有給取得日数と公休日(土・日除く)を合わせた休暇日数の “格差” が顕著に現れ、法に定められた有給休暇と公休日の合計日数で比べると、1位のロシアは年間で40日の休暇がある一方、最下位のメキシコは13日という結果となっている。      今回調査対象となった30か国の平均有給休暇と公休日の合計日数は28日で、1位のロシア(40日)に続く2位は36日のイタリアとスウェーデンだった。 下位では、カナダが15日、メキシコが13日となっている。      日本の場合、年次有給休暇の付与は10日から。 また、2013年の祝日(振替休日含む、土日除く)は13日あり、銀行休日の3日を合わせると26日の公休日となり、世界平均の28日に比べると2日少ない。      この結果についてHotels.com日本・韓国マーケティング・ディレクターの吉原聖豪氏は、「有給休暇と公休日の合計日数に関して、世界にこれほどの大きな開きがある結果には驚きです。 特に第1位のロシアと最下位のメキシコを比べてみると、27日も差があり、これは1週間の労働時間の5週間分以上に相当するものです。 一方、日本は平均的とは言え、アジアの中では上位に入ります。 今後、日本の方々には、ハッピーマンデーなどを含め、うまく家族や友人との旅行にこういった時間を使っていってもらいたいですね」 とコメントしている。(narinari.com)              休暇1         ☆ 各国の休暇合計日数    1位  ロシア(40日)    2位  イタリア(36日)    2位  スウェーデン(36日)    4位  フィンランド(35日)    4位  フランス(35日)    4位  ノルウェー(35日)    4位  ブラジル(35日)    8位  デンマーク(34日)    8位  スペイン(34日)    10位  コロンビア(33日)    11位  ニュージーランド(31日)    12位  オーストラリア(30日)    13位  アルゼンチン(29日)    13位  ドイツ(29日)    13位  アイルランド(29日)    13位  スイス(29日)    17位  イギリス(28日)    18位  韓国(27日)    18位  オランダ(27日)    20位  インド(26日)    20位  日本(26日)    22位  香港(23日)    23位  マレーシア(22日)    24位  タイ(21日)    25位  アメリカ(20日)    26位  台湾(19日)    27位  シンガポール(18日)    28位  中国(16日)    29位  カナダ(15日)    30位  メキシコ(13日)                          ツイートこの記事をつぶやく
              ヤフー高校生        アメリカのヤフーが、世界のニュースをまとめたモバイルアプリ 「Summly」 を3000万ドル(約28億円)で買収したと報じられています。        とりわけ話題となっているのは、Summlyの創業者が17歳の現役高校生であること。 そして高校生の肩書のまま、今後はヤフーの社員としてロンドンのオフィスで働くことになるそうです。        この天才高校生のサクセスストーリーに対する、海外の反応をご紹介します。        イギリス・ウィンブルドンに住むニック・ダロイジオ君(17歳)が、「Summly」 を開発したのは15歳の時で、Appストアにアプリがリリースされたのは2011年の年末。 (100万近いダウンロードも、この買収によりAppストア側に削除されたとのこと)        世界のニュースの長文記事を要約して配信するアプリですが、その特徴は、進化し続ける 「遺伝アルゴリズム」 を搭載している点にあるそうです。        この買収とヤフー社員となることで、今後はヤフーの各種サービスに、この遺伝アルゴリズムが活用されることになるとのことです。        今後は高校生とヤフー社員の2足のわらじをはくことになりますが、アメリカヤフーでは在宅勤務は禁止していることから、しばらくは学校を離れてロンドンオフィスに通勤することになる見込みです。        海外サイトのコメントを抜粋してご紹介します。        ● すごいとしか言いようがない……。    ● なかなか良い。 国にはこういう人々がもっと必要だ。    ● ↑母親がヤフーの顧問弁護士で、そこが彼の 「発明」 とやらを買ったんだろ。 まちがいなく彼の功績のみのためにね。 そうさ、イギリスにはこういう銀行投資家や顧問弁護士がさらなるミリオネア・クラブに入り込むために必要さ。    ● ↑ひどい評価だな。 彼の父親はオーストラリアに渡ったイタリア移民で、母親はポルトガル・オーストラリア移民の娘だった。 2人とも裕福ではなかったが、頭脳があり、教育を受けてキャリアを持つ仕事に就いたんだ。  さらに両者とも彼のアプリとは関係なく、息子は珍しいくらいに聡明で、やる気があって、働き者で、何より、根気強い若者だ。 多分聞きたくないだろうが、それは彼が生まれつき持っているもので、それは誰かが君に教えてくれるものではない。 全員が平等ではないんだ。  12歳のときからアプリを書き続け、それがどんどんよくなっていった。 彼がアルゴリズムを開発し、プログラムしたんだ。 そしてたったの17歳なんだ。 これは拍手喝采をしていいことだろう。 けなすところじゃない。 むしろ君が17歳のときには何をしていたかな。 少なくとも自分は、自分がしていたことをわかっている。 そしてそのすべてが特に感心すべきじゃなかったこともね。    ● すごいね。 私立で教育されたトレーダーの息子が、子守りがいらなくなるまでに何百万ドルと稼ぐってのは、オレら全員に希望を与えてるよな。(嫌味で)    ● ↑ウェブで何か独創性のあるものを創作したら、裕福になれるかもしれないと考えるのはいいことだ。大半は見返りもないからね。    ● この子はイギリスの経済に1800万ポンドももたらしたのに、彼の環境に不平を言うだけというのもどうなんだ。    ● お金をどこに置いておくかというのにもよる。    ● 嫉妬の嵐だな。    ● 母親によると 「彼は今でもオックスフォード大学に行きたがっているし、本当に普通の子だよ。 家にいるときは自分の部屋の掃除もするし、きれい好きで実際に整頓上手よ」  もうその時点で普通の子供じゃないな。    ● コネがしっかりあって、資金もあり、良いPRチームがいた。10代の息子を前に出してくるのもちょっとずうずうしいと思う。    ● 子供は自分の成功を自分で勝ち取ったんだ。両親を叩くこともない。    ● 不平等だと思う人は多いが、誰もなまけてるとか野心がないとかは思わないんだな。    ● 17歳にしてすでに仕事の奴隷から解放され、リタイヤ出来るんだ。よくやったよ。    ● ここで質問だが、どうして払われすぎてる開発や研究グループはこれを思いつかなかったんだ? この子のアイデアは今はいいが、半年もすればそのアプリはどうでもよくなるかもしれない。    ● この子の両親になるのはいやだな。 「ゴミを出しなさい」 「数万円渡すから出してよ」      ● おめでとう!とにかく憧れる。        高校生にして巨大な成功を手にしてしまうと、反応も称賛と妬みの賛否に分かれるのか、両極端な意見が目立っていました。(labaq.com)          This Teenager Just Made Millions Off Yahoo – YouTube       ツイートこの記事をつぶやく
          臭い漬物        旅行クチコミサイト 「トリップアドバイザー」 は、同サイトにおいて 「第67回 思わず手が出る!世界のお漬物マップ」 を公開している。        同サイト上では、旅行に関する情報をインフォグラフィックにし、「トリップグラフィックス」 として公開している。         今回は世界中の 「漬物」 をテーマにした 「思わず手が出る!世界のお漬物マップ」 を作成。

 漬けることで栄養価もアップ!

       漬物はその国の食文化を知ることができる料理のひとつ。 昔から大切な食材の保存法で、漬け込むことで風味を高め、時には栄養価まで高める効果もある。 世界には、日本でもポピュラーなキムチやザーサイ、ピクルスやアンチョビなどのほかにも、様々な漬物が家庭で受け継がれ、今もなお食べ継がれている。        漬物は発酵させるタイプのものも多く、「世界のお漬物マップ」 では、世界一臭いといわれるスウェーデンの 「シュールストレミング」、ドイツの 「ザワークラウト」、アザラシの体内に海鳥を詰め込み発酵させるカナダの 「キビヤック」 なども紹介している。 また、日本の漬物としては、おなじみの 「梅干し」 「沢庵漬け」 を紹介している。        詳細は 「思わず手が出る!世界のお漬物マップ」 で公開中。                          ツイートこの記事をつぶやく
      禁煙カナダ        海外サイト 『Mashable』 に、大変ユニークなCMが紹介されていました。 それは、国民に禁煙するよう訴えるべく、カナダが製作したCM 『Social Farter』。        もしかすると、「タイトルを聞いただけでCMの内容がわかってしまった」、なんて方もいるかもしれません。 『Social Farter』 を直訳すると、「社会的にオナラをする人(!)」 って意味なんです!        こちらのCM、要は 「公共の場で許可も取らず平気で喫煙する人がいるけれど、それは同じ状況でオナラをしているのと同じくらい迷惑なことなんだよ」、と言いたいようです。        動画の中で 「Social Farter」 を自称する女性を観察してみると、パーティーで 「ブッ」、ダンスしながら 「ブッ」、男性と談笑しながら 「ブッ」 とやっちゃっております。 どうなんでしょうか、コレは。 こんな女性いるわけないけれど、いたらたしかに迷惑ッ!        喫煙者の方々には申し訳ないけれど、このCMが言いたいこと、喫煙しない者からするとすごくよくわかるんですよねぇ。 はじめに喫煙することを断るならまだしも、食事中に突然プカプカやられてしまうと、すごくイヤ。 コレ、タバコを吸わない方ほとんどの総意だと思うのです。         このCMが伝えたいこと、それは 「タバコを吸うのはかまわない、けれど吸うならモラルを持って」 ということ。 タバコの煙が不快な人にとって、受動喫煙は本当に迷惑な行為なのです。         「オナラと一緒」 は言い過ぎかもしれませんが、納得してしまう部分もちょっぴりある、非常にユニークなCMでした。 (youpouch.com)      その動画は、    Social Farter                          ツイートこの記事をつぶやく
      惑星        とある外国の男性が、錆びついて塗装のはげた消火栓を見て、ピンときたそうです。 「惑星に似てるかも……」 と。        さっそく撮影し、惑星風に色を付けた写真を海外掲示板に投稿したところ、絶大な人気を集めているようです。        写真をご覧ください。        1.   消火栓が惑星に01  地球の写真だと言われても、すぐには気付けそうにないクオリティ。        2.   消火栓が惑星に02 土星のような輪をつけたもの。        3.   消火栓が惑星に03  完璧な惑星になってますよね。        4.   消火栓が惑星に04  南半球に陸地の多い星。        5.   消火栓が惑星に09  白いと衛星風に。        6.   消火栓が惑星に05  水の惑星。        7.   消火栓が惑星に10  大半が陸地の星。        8.   消火栓が惑星に08  金属の光沢が、そのまま海の光に。          加工してあるとはいえ、原型が消火栓だなんてとても思えませんよね。        このクオリティにファンがたくさんいるといい、ポスターやカレンダー制作の計画まで立っているとのことです。        着眼点が見事というしかない天体アートです。 (labaq.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       教科書問題が再び日本と周辺国との関係危機の導火線となっている。 文部科学省は26日、来春から使用される教科書の検定結果を公表した。         尖閣諸島(中国名:釣魚島)および竹島(韓国名:独島)ならびに南京大虐殺などの歴史問題に関する記述が大幅に増え、変更が加えられたことから中韓両国の強い不満を招いた。         中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。        日本の教科書改訂について、中国外交部の報道官は同日、「歴史と現実を正視し、誤りを正し、両国関係改善に向け着実な努力をすることを日本側に望む」 と述べた。        韓国紙・国民日報は27日、「危険な賭け」 という言葉で日本の教育を形容。 安倍政権発足後、極右の教育関係者を重用し、教育政策の右傾化により日本国民に保守思想を植え付けていると批判した。      中央日報も同日、「韓日両国には重大な認識の違いと意思疎通の障害が存在する。 韓日関係はまるで壊れた楽器で、まるで音が出なくなっている」 とたとえ、「韓国はこれまで何度も日本を信じてきたが、歴史教科書のわい曲、靖国神社参拝、政治家らによる日本が過去に犯した罪の否認などを経験後、韓日両国は現在『冷戦』状態にあるといっても過言ではない」 と報じた。 (searchina.ne.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
                        サラリーマンは“ジム”である!? 「ガンダム」に例えたキャリア本が話題        君は生き延びることができるか──?      これは、人気アニメ 『機動戦士ガンダム』 において、各話予告の最後に必ず発せられたナレーター・永井一郎による決めゼリフである。          その言葉を戦場ではなくビジネスの世界に当てはめ、サラリーマンが世の中の荒波を生き延びるための考え方について、1冊のキャリア本としたのが 『僕たちはガンダムのジムである』 (常見陽平/ヴィレッジブックス)だ。 昨年秋に刊行されて話題となっている。        ガンダムの世界や登場人物をモデルにしたキャリア本としては、過去に 『シャアに学ぶ “逆境” に克つ仕事術』 (鈴木博毅/日本実業出版社)や 『ガンダムに学ぶ経営学―宇宙世紀のマネジメント・ケーススタディ』 (山口 亨/同友館)などが出ているが、本書はメインとなるネタ元が、脇役モビルスーツ(二足歩行のロボット兵器の呼び名)の量産機RGM-79(通称ジム)である点が異彩を放つ。 その内容も、単なる自己啓発やキャリアアップの秘訣などとは異なっているのだ。        一般的なキャリア本の場合、会社内の競争から勝ち上がるために必要なことが書かれているのが普通。 ひと味違ったアイディアを生み出すための意識づけ、効率よく仕事を処理して空き時間を使ってスキルアップ、さらには人と接する際の立ち回りなど……。 表現や着目点こそさまざまだが、目指しているのはその筋のスペシャリストになることだ。 『機動戦士ガンダム』 のモビルスーツにたとえるなら、他の追随を許さぬ高性能を誇る地球連邦軍のガンダム、もしくは敵対するジオン公国軍のエースパイロットであるシャア・アズナブルが操縦する、“通常の3倍のスピード” で知られるシャア専用ザクなどがふさわしいはずだ。        ところが 『僕たちはガンダムのジムである』 では、ストーリー中では単体で活躍する場面が皆無である量産機のジムが、読者の立場として位置づけられている。 これは、ある意味衝撃的なことだ。        ちなみに、筆者の常見陽平は熱烈なガンダムファンで、本書ではジムの 「最も印象的なシーン」 として、最初に戦闘に参加したシーンを挙げている。 このとき、ジムは敵方のシャアが操る水陸両用のモビルスーツ・ズゴックに果敢に挑むも、いとも簡単に土手っ腹を突き破られて敗北してしまう。 このシーンはガンダムの中でもかなり有名で、皮肉なことに、ジムはこれですっかり 「やられ役」 として定着。 以降は集団で登場するようになった。        しかし、常見はそうしたガンダム世界こそ日本の企業社会の縮図であり、サラリーマンは 「ガンダムではなく、ジムのようなもの」 としている。 ガンダムに限らず、実際の戦争においてもスーパー兵器ひとつで戦争の大局を変えられるほど甘くはなく、敵の拠点を陥落させるには、大部隊による制圧は不可欠なこと。 それは世の中においても同様で、ガンダムのような特別な存在は数えるほどしかいないし、そんな人ばかりでは会社は動かない。 むしろ、ジムのような多くの 「普通の人」 によって動いている、という考え方なのである。        とはいえ、誰だって自分がスペシャルな存在=ガンダムのようになりたい、 と思うもの。 だが、元リクリート社員である常見ならではの視点から、そもそも社員がそう思うこと自体、日本の企業社会のシステム的な問題であるとしている。 自分はジムであると知った上で、ではどのように生きていけばいいのだろうか?        本書では、企業に属し、いわゆる “歯車” として仕事をしていくということの価値や、自分の人生と会社との距離のとり方についても語られており、「ジムとして生きるのも悪くないかも」 と思える部分もある。 また読んでいくに従って 「ジムにだってできることはいろいろある!」 と熱くなるかもしれない。         ちなみに、ジムは第1作の 『機動戦士ガンダム』 以降の続編において、ガンダムほどの性能には届かないものの、特別にカスタマイズされた機体や新しいモデルが続々登場している。 そうした側面も内容上しっかり押さえることで、明るい未来を指し示しているところにも希望がもてる。        また、たとえ話の多くにはガンダムに出てくるシーンや設定が引用されている。 ガンダムを搭載している母艦・ホワイトベースの乗組員をさして、「まっさらな未経験者を組織に招き入れ、育成していくという流れは、まるで日本企業の新卒一括採用のようではないか」 と述べたり、「学校はガンダムを生産していない。 ジムを生産するのである」 とし、「第一志望の大学や上位行に合格した学生はここで、「自分はデキる」 「自分はいけている」 という勘違いが起こってしまい、自分はジムではなく、ガンダムだと勘違いしていく」 と考察されており、ガンダム好きにとっては思い出のシーンが蘇ってくるだろう。(ddnavi.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 1412345»10...Last »