計算問題        韓国のインターネット上で、今注目を集めている計算問題がこちら。 「7+7÷7+7×7-7」 の答えは、次のうちどれでしょうか?      A.00    B.08    C.50    D.56        韓国のニュースサイト 「kukinews.com」 によると、この計算問題はもともと、海外のTwitterユーザーがツイートしたもの。 そのTwitterユーザーは 「92%が解けない」 とし、「自分が平凡な92%か、優秀な8%か試してみよう」 と投げかけたそうです。        これを受けて、韓国のインターネットユーザーらは 「正解は一体、どれなんだ?」 と大論争を巻き起こしているとか。 特に、「C」 か 「D」 かで迷う人が多いみたい。 つまり、前から順番に計算するのか、数式に則って計算するのか……という点で迷っているということに?            日本のインターネットユーザーらは、次のようにコメント。      「間違える要素あるか?」    「ものすごいひっかけがあると思ったのにだまされた」    「おれって優秀だったのか……って勘違いさせるための問題か」    「何かを見落としているのかと思ってしばらく考えちまったじゃねーか」    「何回やっても56になる。 壊れてるのかこの計算機よう」    「普通に小学校の算数で解けたなw」    「ひっかけかと思ったら普通だった」       案外、みなさん簡単に解けたようですね。             では、答え合わせを。        7+(7÷7)+(7×7)-7  ↓  7+(1+49)-7  ↓  7+50-7  ↓  57-7=50       と、いうワケで答えは「C」。 落ち着いて考えれば、なんてことないのですが……。 韓国といえば国をあげての受験大国。 勉強のしすぎで複雑に考え過ぎたあまり、ひっかけ問題だと思ってしまったのでしょうか。                        ツイートこの記事をつぶやく
      ツイッター        『Twitter』 の特徴のあるロゴは皆も一度見たら印象に残るだろう。 「t」 の文字が 「ヒ」 に見えるという人もいるが、それも特徴のあるロゴであるということだ。 しかし 『Twitter』 のロゴの文字は実に可愛く特徴的。        元のフォントがあるのだろうか? と、そんな 『Twitter』 のロゴの起源を探っていたらなんと面白い事が判明。         『Twitter』 ロゴは既成フォントで作られたロゴだったのだ。 『Twitter』 のロゴに使われたフォントは、日本で作られた 『Pico-Alphabet Black & White / ピコ・アルファベット(ブラック&ホワイト)』 というフォントを使ってアレンジしたものなのである。        『Twitter』 ロゴ全てが 『Pico-Alphabet Black & White』 フォントを用いられたのではなく、「t、w、i、r」 はそのまま使用され 「e」 はアレンジされている。 『Pico-Alphabet Black & White』 のオリジナルの 「e」 が 「c」 に似ているため、読みやすくしたのだろう。 現在は更にアレンジされ、『Twitter』 初期の物と比べると少し変わっているのが分かる。        このフォントは2001年からフリーで配布されており、サイトからダウンロードすることが可能。 (getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
      102歳        先日、102歳になったイギリスのある女性は、家族の提案もあって、82年間続けた喫煙の習慣を止めたそうだ。      イギリス紙ランカシャー・イブニングポストによると、この女性は英中部のランカシャー州リブルトンに住む、クララ・カウエルさん。 1911年2月16日生まれの彼女は、先日102歳の誕生日を迎えた。 4人の子どもを育て、9人の孫に12人のひ孫、4人の玄孫までいる子孫たちを今でも元気に見守り続けている彼女には、長生きの秘訣とも言うべき楽しみの習慣があった。      69歳の娘リンダ・ファウラーさんに言わせると、その習慣とは 「タバコと、ウイスキーを入れたお茶」。 リンダさんら子どもたちがまだ小さかった1930~40年代、クララさんと夫ジョージさんは常に厳しい経済状況ながらも家族を懸命に養おうと、2人で必死に働き続けていたという。 仕立て屋として働いていた母は、夫が戦争へと駆り出されると、今度は弾薬工場へと働きに出て、1人で子どもの面倒を見る毎日。 毎朝5時、6時には保育所に4人を預け、その後は遅くまでパラシュートを作り続ける生活が続き、クララさん自身 「睡眠も食べ物も満足に取れなくて大変だった」 と振り返る。      そんな彼女が続けた習慣が、「1931年から吸い始めた」 タバコとウイスキー入りのお茶を飲むこと。 日々、時間に追われるように忙しく働き続けたクララさんにとっては、タバコとアルコールが唯一の楽しみとなったのかもしれない。 しかしそのうちの1つだったタバコを、彼女は102歳を迎える2週間前に止めた。 理由は体調などの問題ではなく、灰が落ちるのを気にした家族が禁煙を提案したから。 それでも提案を受け入れると、クララさんはきっぱり82年間続けた喫煙生活に別れを告げたそうだ。      20歳から始めたタバコは、これまでの82年間に吸った本数を計算するとおよそ約6万本に達するという。 吸った年数が長いせいもあってなかなかの数字にも見えるが、実は1日あたりに換算すると 「2、3本」 と少ない。 彼女の場合、軽く楽しみ続けていたことが禁煙へ踏み切るのに良かったのかもしれないが、いずれにしても吸うよりは吸わないほうが体には良いはず。 ランカシャー・イブニングポスト紙では、「生活習慣を変えるのに遅いことはない、ということを示した」 と彼女を紹介しているが、これからも元気に生活して、102歳からでも禁煙効果があると証明して欲しいところだ。 (narinari.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
       第2次世界大戦が終わってから67年が過ぎているのに、著作権料をめぐっては、日本はまだ敗戦国扱いのままだった。          日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、日本は著作権料を支払う必要のある作品の保護期間を、作者の死後50年間と定めている。 しかし、米国や英国、フランスなど「戦勝国」の作品には、約10年長く支払わなければならない。              文部科学省によると、この国際ルールはサンフランシスコ平和条約第15条の規定(連合国及び連合国民の著作権の特例に関する法律により措置)に基づき、日本が連合国に対して負う 「義務」 として課されている。          米国や英国、フランス、カナダ、オーストラリア(3794日)、ブラジル(3816日)、オランダ(3844日)、ノルウェー(3846日)、ベルギー(3910日)、南アフリカ(3929日)、ギリシャ(4180日)などがあり、多くは約10年間の保護期間が加算されている。          JASRACは、戦時加算は戦争による著作権者の逸失利益の回復を目的に、欧州で自国の立法政策としてはじまった制度であり、敗戦国が条約による義務として負う性質のものではない、と主張。 国際的にも、同じ敗戦国のイタリアなどが連合国と締結したパリ平和条約では 「戦時加算は双務的に行うもの」 として規定されており、またドイツも実質的な戦時加算の義務を負うことはなかったという。          つまり、同じ敗戦国でありながら、日本だけが条約に基づき一方的に戦時加算を課せられ、しかもその状態がいまも残っているというわけだ。          戦時加算の対象となっている楽曲には、たとえばジャズ・ファンにはおなじみのビクター・ヤングの 「星影のステラ」 がある。 この曲は2006年末に保護期間が切れているが、日本では戦時加算で2014年4月28日まで保護されている。          そのため、あるミュージシャンが国内で開いたコンサートで、「星影のステラ」 を演奏した場合、主催者はJASRACを通じて米国の著作権管理団体に著作権料を支払う必要があるが、そのミュージシャンが韓国で 「星影のステラ」 を演奏した場合には著作権料を支払わずに済んでしまう、といったことが起こるのだ。          戦時加算によって、日本が海外の作家に支払うためにJASRACが徴収した楽曲の著作権料は、2011年だけで1億6000万円にのぼる。              そんな戦時加算について、JASRACはこれまで111か国4地域の217団体が加盟する著作権協会国際連合(CISAC)の総会などの場で日本への理解を求め、各国の著作権管理団体から自国の政府に働きかけてもらうことでルールの撤廃を訴えてきた。          しかし、民間レベルでの働きかけには限界がある。 「戦時加算はサンフランシスコ条約によって課せられたこと。 条約自体の変更は困難ですし、交渉するにも戦勝国の国益にかかわりますから、納得してもらうにはかなり高いハードルになるでしょう」 (JASRAC)と、政府間交渉でも時間がかかりそう。          JASRACは、とにかく 「それぞれの国との個別交渉を進めるしか道はない」 とみて、ルール撤廃に向けて交渉するよう、早ければ2013年2月25日にも岸田文雄外相に申し入れる考えだ。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       日本マクドナルドホールディングス・原田泳幸会長兼社長の発言が、テレビなどメディア界で波紋を広げている。        1月半ばの会見で原田社長は、昨年の実績は商品・価格戦略で 「見通しがあたらなかった」 と反省の弁を述べた。      既存店の売り上げは、12カ月のうち10カ月で前年を割り込んだのである。 そこで打ち出した方針が、朝食メニュー 「朝マック」 を強化し、300円の新しい低料金メニューを増やす計画。 このほか、従来の朝食セットも値下げし、宅配事業も本格化する、というもの。            そして話題となっているのが、宣伝費に関する発言だった。      「昨年比約 “6倍” の広告宣伝費を投入して周知を徹底、朝食時間帯の売り上げを10%以上伸ばす」        だが、これに多くの広告関係者は驚くと同時にクビを傾げた。 マクドナルドHDの年間宣伝費は 『60億円規模』 (有価証券報告書記載による23年12月期実績、ほかに販売促進費が60億円ある)だが、これを6倍に増やすとなれば 『360億円』 にもなる。      この額は中規模自動車メーカーの年間宣伝費にあたり、’13年に使いきれば年間広告費投入企業のベスト10に入るのは間違いない。        ’12年12月期の同社決算は目下集計中だが、売り上げ2950億円、経常利益が243億円、最終利益が125億円の見込み。        ’13年12月期では売り上げを伸ばし、経常利益を上乗せする方針だが、どうみても 『360億円』 の広告宣伝費をひねり出すのは難しい。 また、いくら売り上げを伸ばしても赤字になる可能性は高い。 そのため、こんな声も聞かれる。        「 “6倍” というのは “6割増し” の勘違い発言ではないか。 あるいは紙媒体やラジオなどを除いたテレビCMに限定した額ではないか、などさまざまな見方が飛びかっている。 ただ、マクドナルドHDは有利子負債が5億円、利益剰余金が1065億円もあるため資金的余裕はある」(大手広告代理店関係者)        もし事実なら、電通やテレビ局の幹部はほくそえんでいるはずだが、そんな話は流れていない。(wjn.jp)        マクドナルドHDの決断は、どう転ぶ…。                     ツイートこの記事をつぶやく
      友達削除        Facebook上の 「友達」 との関係に問題が起きてしまったため、相手を友達リストから削除したいと思ったことがある人は少なくないだろう。 しかし、「友達削除」 はくれぐれも慎重に行った方が良さそうだ。        最新の調査によると、Facebookで 「友達削除」 をされた場合、40パーセントの人が現実の世界で削除した相手を避けるようになるという。 Facebook上のつながりは現実世界の人間関係にももろに影響を与えるのだ。        調査を実施したのはコロラド大学の大学院生Christopher Sibona氏。 Facebookで友達リストから削除されたときの反応についてツイッター上で質問調査を実施し、583の回答を得た。 その結果によると、40パーセントの人が削除した相手を現実の世界でも避けるようになるという。 ちなみに、女性の方が相手を避けるようになる傾向が高いそうだ。        削除した相手を避けるようになるかどうかは以下のような要因が影響するとのこと。        ・ 相手とその後、削除された事について話す機会があったか    ・ 削除されたことをとても悲観的、否定的に捉えているか    ・ 現実世界での行動が要因になっていたか    ・ 相手との物理的な距離    ・ 相手との間に存在する問題について話し合いがされたか    ・ 相手との関係にどれほどの価値をおいていたか        つまり、現実世界での相手との関係や相手との間に存在していた問題がFacebook上での関係性にも大きな影響を与えているのだ。 また、「友達削除」 をされた人は、「自尊心が低くなる」 「帰属意識を失う」 「自制心が効かなくなる」 「機嫌が悪くなる」 といった反応を示すこともわかったそうだ。        Facebook上の友達関係をどのように捉えるか、また維持するかは人それぞれであるが、半数近くの人がFacebook上の友達削除を否定的に捉えてしまうという今回の結果。        「友達削除」 は慎重に行わないと、現実の人間関係にもひびが入ってしうかもしれない!(rocketnews24.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       やけど事故で消費者庁が使用中止を呼びかけた空間除菌剤について、そもそも効果があるのかとネット上で話題になっている。 使っている人が多いかららしい。          事故のあった錠剤商品「ウイルスプロテクター」は、中国で製造され、石川県の業者が2013年1月25日から販売していた。 首から下げる携帯型で、パッケージで塩素成分による除菌をうたっている。                    空間除菌剤        消費者庁の発表によると、千葉県内で2月2日に幼児が胸に重症の化学やけどを負ったほか、軽症が5件あったことが分かった。 消費者庁では、18日になって使用中止を呼びかけ、厚労省でも、愛知県の輸入業者に自主回収を指導する事態になった。          やけどの原因について、消費者庁の消費者安全課では、詳しくは分からないものの、商品に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの酸化作用や、強酸性を示すほかの物質の作用が考えられるとした。 国民生活センターが行った試験では、錠剤を豚肉に接触させたところ、1時間後にタンパク質の変性が見られたことが確認されている。          このニュースに対し、ネット上では、写真付きで自分も使っているなどと告白する人が相次いだ。      
「おいおい、買い置きしてるのこれだよ」     「これ先輩や看護師さんやってるはw」…
         実際、この錠剤は、かなり流通しているようだ。 消費者安全課によると、国内で70万個もが流通していると業者から報告を受けたというのだ。 「ドラッグストアやネット通販を通じ、子どもがいる家庭のほか、風邪の予防などにもまんべんなく買われているようです」 (担当者)。          二酸化塩素を使うなどした同種の空間除菌剤では、タレントや著名人らが使用したり使用を勧めたりして、ネット上で話題になったこともあった。              一方で、その効果については疑問があるとして、使っている人がいることに驚きの声も上がっている。          空間除菌剤の商品について、石川県の業者はサイト上で、事故が起きたことをお詫びするとともに、「その除菌能力や効果などには何ら問題はございません」 と説明している。 しかし、報道では、屋外で使用すれば、たとえ塩素成分が出たとしても、効果は期待できないのではないかとする専門家の見方も紹介されている。          厚労省の監視指導麻薬対策課では、空間除菌剤は、それだけでは薬事法に該当しないため、効果は分からないとした。 家庭用品となるため、もし効果がないとすると、景品表示法違反(優良誤認など)になるが、消費者庁の表示対策課では、「効果があるかどうかは、個別に見てみないと分からない」 と言っている。          なお、過去には、ダニ由来のアレルギー原因物質を除去するとうたった電気掃除機が景品表示法違反(優良誤認)とみなされ、消費者庁が2012年11月に再発防止をメーカーに命じたケースがある。          ただ、今回の商品に含まれる次亜塩素酸ナトリウムは、大量に吸ったり飲んだりするとかなり危険なようだ。 厚労省の化学物質安全対策室によると、漂白剤のように液体ではなく、固体であれば、かなり濃度が高くなる。 蒸気になって大量に吸うと、呼吸器官に異常を起こし、13日間入院したケースもあるというのだ。(j-cast.com)       ツイートこの記事をつぶやく
      F150        多くのフェラーリファンがお披露目の日を心待ちにしている、「エンツォ」 の後継モデル(コードネーム「F150」)。 今回は、その完成形を彷彿とさせるレンダリング画像をご紹介しよう。          この画像は、アメリカのデザイナー、ジョサイア・ラカラ氏の作品。 これまでに公開されたF150のテスト走行やスパイフォトを参考に、想像力をフル稼働させて描いたそうだ。 リアの通気口が大きいなどの違いはあるが、かなり実物に近い姿と言えるのではないだろうか。 (autoblog.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      窓に残された        歴史的建造物として、多くの観光客が訪れる英南西部バンガーの古城・ペンリン城。 その一室の窓ガラスに、長きにわたり、意味不明のラテン語と思われてきたメッセージが刻まれていた。 しかしこのメッセージ、城で働くイタリア人スタッフの指摘によって、最近になってラテン語ではなくイタリア語で書かれたものだと判明。        意味を知った関係者らが残された資料を調査した結果、そこには130年ほど前に城で暮らしていた女性の苦しみが隠されていたことが分かったそうだ。        イギリス紙デイリー・テレグラフやデイリー・メールなどによると、ペンリン城のある一室には、以前から 「essere amato amando」 との言葉が刻まれた窓ガラスがあった。 専門家らの間では、長く 「ラテン語で書かれた意味不明の走り書き」 と解釈され続けていたそうだが、最近になって加わったイタリア人スタッフが 「ラテン語ではなくイタリア語だ」 と指摘。        文法的な違いはあるとしながらも、メッセージを 「愛する限り愛されたい」 と意訳した。 そこで、別の窓ガラスに名前が刻まれていた女性のメッセージだと推測した関係者たちは、そこに隠された意図を探ろうと調査を行い、過去にあった古城での切ない恋愛の話にたどり着いたそうだ。      窓ガラスにメッセージを刻んだとされるのは、19世紀後半にペンリン城で暮らし、実業家にして議員だったジョージ・ダグラス-ペナント氏の娘・アリスさん。 1880年ごろ、10代だった彼女は城で働いていた庭師の男性と恋に落ちる。 ところが娘の恋を知った父は、身分の違う男性と恋仲になったことに激怒し、彼女を塔の中にあった “子ども部屋” へと幽閉。 2人の中を、力ずくで引き裂こうと試みたとされている。      同じ部屋の別の窓には彼女の名前が刻まれていたことから、「その部屋がかつてアリスの寝室だったことは知っていた」 関係者らは、残されている文書資料から彼女に関する記述を調査。 その結果、メッセージはその頃に刻まれたものと推測され、彼女が133年前に経験し、歴史に埋もれていた切ない恋愛が明らかになったそうだ。        ちなみに、その後成長した彼女は、著名な画家として活躍。 1939年に76歳で亡くなったが、未婚のまま生涯を終えたという。(narinari.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       ひとたびラーメンの話題が始まれば、我も我もとラーメン好きが集まってきて、己のラーメン論を語りだす。 そんな光景を見たことがある人も少なくないだろう。          J-CASTニュースが2013年2月5日から始めたウェブ投票企画 「あなたが思う 『一番おいしい』 ラーメンチェーンはどこ?」 にも、予想以上に多数の投票が集まった。 人気チェーンの中から、読者が 「おいしい」 と思うもの(あくまで主観的評価)を選んでもらうというもので、投票数は18日までに実に9368票にも及んだ。                    美味しいラーメンチェーン        候補としたのは、過去の各種ランキングなどをもとに編集部が選んだ有名チェーン18店舗だ。 中には 「ラーメン二郎」 のようにチェーン形式ではなく 「のれんわけ」 で展開するラーメン店もあるが、今回は広義のチェーンとして候補に加えている。 逆にチェーンであっても、「ラーメン」 をメインに据えていない中華料理系の店などは候補からは外した。          コーナー開設直後から、終始安定したペースで票を集め続け、ついには1位となったのが、「天下一品」 (得票率18.4%)だ。          京都の屋台に原点を持ち、現在国内外に229店舗を展開している。 濃厚な、こってり味のスープが有名だ。 中間集計を見たユーザーからも、      
「天一押したらブッチギリの1位やった。 そらそうやろ」     「天下一品一人勝ちですねわかります。 大好きです天下一品」     「ほらーやっぱ天一じゃーん(*´∇`*)」
      と支持のツイートが相次いだ。 今回の投票結果について知らせたところ、      
「多くのお客様からの投票により、1位という素晴らしい結果をいただきましたこと、大変嬉しく思います。 今後も1人でも多くのお客様に、天下一品の味をお届けできるよう努力して参ります」      
とのことだった。                    一風堂        以下はいずれも差のない混戦模様に。 そんな中で2位につけたのは、福岡県発の 「博多一風堂」 (11.1%)だ。 豚骨ラーメンの人気店として、全国に80近い店舗を展開している。          3位には西日本を中心にチェーン展開する 「どうとんぼり神座」 (9.4%)が入った。 4位には東日本を拠点とする 「幸楽苑」 (8.8%)、5位には豚骨ラーメンの 「一蘭」 が8.4%で続く。 「ジロリアン」 と呼ばれる熱狂的ファンを持つことで知られる 「ラーメン二郎」 は、6.5%の7位だった。          このほかにも、コメント欄やツイッターでは読者から、      
「選択肢にはありませんでしたが、麺屋ゼロワンの 『ガッツリ系』 ラーメンが、自分としては一番のお気に入りです」     「 『8番らーめん』 をリストに入れてください。 首都圏で流行っているようなガッツリ系ではないですが、古臭くもなく、また食べたくなるような味です」 「来来亭が無いとは、どういうことだ!」      
といった声も。 日本人のラーメン愛は、どこまでも深いようだ。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 11« First...«23456»10...Last »