28日、ついに安倍新政権初の通常国会が招集された。 前半戦の焦点は超大型の補正予算と、参院選対策費を盛り込んだバラマキ型予算の成立だ。 いわゆる 『アベノミクス』 と呼ばれる経済対策が中心だが、果たして本当に効果はあるのだろうか?          「アベノミクス」 は安倍総理が “三本の矢” と表現する以下の要素で構成されている。          「大胆な金融政策」 「機動的な財政出動」 「民間投資を喚起する成長戦略」 だ。 この方針をマーケットは歓迎し、政権発足前から株価は上がり、円は安くなった。        しかし、某大手外資系金融機関の幹部エコノミスト、T氏は 「アベノミクス」 の悲惨な行く末を予測する。        「アベノミクスをマーケットが歓迎しているのは事実です。 ただ、それは日本人投資家ではなく、外国人投資家が歓迎しているだけなのです。 外国人が儲かるということは、日本の富が海外に流出してしまうということなんですよ」        その仕組みを理解するには、マネーを現金としてではなく、株券に置き換えて考えてみるといいという。        「株価って、その会社が持つ不動産や保有する独自技術や特許など、資産価値の合計に対して株券の発行数で割った数値が基本となります。 日本円の場合、総資産価値に対して発行額が少ないから価値が高く評価され、不景気なのにもかかわらず円は高かったのです」        そのタイミングで 「アベノミクス」 は始まった。        「安倍総理は円を大量に増やしますよと言った。 つまり1円当たりのお金の価値は薄まりますから、大量の円を保有していた外国人投資家たちはこぞって円を売り、円安に振れたのです。 日本政府が1000兆円以上もの借金を抱えているのに円の信用度が高かったのは、日本国民の家計が持つ約1150兆円もの純金融資産のおかげです。 この価値が、アッという間に20%近く吹き飛んでしまったんですよ」        だが、円安は輸出産業にとって有利のはず。 貿易立国の日本にとってはいいことなのでは?        「日本が貿易立国だなんてウソっぱちです。 日本の輸出額がGDP比に占める割合は、年度によって変動しますが、約10%から15%程度なのです。 国内の下請け業者にもお金が流れるとはいえ、少数派に変わりはない。 少数派が儲けるために、多数派が損をするのが国益ですか? 経団連をはじめとする輸出産業中心の団体が自民党をバックアップしているため、こういう偏った政策が強行されているのです」        結局のところ、「アベノミクス」 は自民党に利のある特定団体のためのものでしかなかったということか? (wpb.shueisha.co.jp)                           ツイートこの記事をつぶやく
      視覚効果00        映像を編集する技術はどんどん上がっているため、現実と虚像の違いは、もはや見分けがつかないレベルに来ています。        テレビや映画の特撮で使われているVFX (視覚効果)がどれだけすごいのか、わかりやすく比較したビフォー&アフターの画像をご紹介します。        

1.

ビフォー   視覚効果01 だだっ広い場所で馬に乗る男性の映像が……。       アフター   視覚効果02  高速道路に変身。はるか向こうには都会の高層ビルがそびえています。

 2.

ビフォー   視覚効果03 船の上でのワンシーン。グリーンスクリーンはあとから編集するためのお約束。       アフター   視覚効果04 豪華客船に早変わり。そして海の色まで変わっています。

 3.

ビフォー   視覚効果05 このままでもけっこう立派なのですが……。       アフター   視覚効果06 木の種類と量を調整し、建物まで増やしてあります。ヤシの木によって常夏の雰囲気に。

 4.

ビフォー   視覚効果07 草サッカーに見えたのが……。       アフター   視覚効果08 満員の巨大スタジアムでのビッグゲームに。

5.

ビフォー   視覚効果09 むしろ人物以外でここから何が残っているかというと……。       アフター   視覚効果10 オレンジのポールだけ?

6.

ビフォー   視覚効果11 インタビューごっこにしかみえませんが……。       アフター   視覚効果12 MEADEビル前からの生中継に。

7.

ビフォー   視覚効果13 ヘリコプターがグリーンスクリーンの前に止まっているだけの光景。       アフター   視覚効果14 何でもかんでも足せるのですね。元からあったものと後から足されたものの区別がつきません。      
 視覚技術が発達しているのは知っていても、実際に見せられるとインパクトがあります。          なんでもありになると逆に映像で驚かすことが難しくなりそうですが、そこが今後のクリエイターの腕の見せ所なのでしょうね!? (labaq.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
                       いいひと戦略        エントリーシートや会社説明会など、就活が本格的にはじまりだすのがこの時期。 できれば大手企業に採用されたい。 あわよくばGoogleやFacebookなんて、時代を牽引するような有名企業なんかに入れたら……。 でも知識も経験も技術もない自分には、そんなこと夢のまた夢か……。        ちょっと待ってほしい。 そこで諦めるのはまだ早い、それは夢で終わらないかもしれない。 というのも、じつは、GoogleやFacebookが採用しようとしている人材は、知識や経験や技術を持った超天才ではないというのだ。        そんな衝撃的な事実を教えてくれるのが 『超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略』 (マガジンハウス)だ。 作者はあの 『新世紀エヴァンゲリオン』 を生み出したアニメ会社ガイナックスの設立者、岡田斗司夫。 彼は、21世紀の超情報社会では、個人が生き延びる戦略として 「いいひと」 になることが最適であると説き、本で 「いいひと」 のなり方や、なぜ 「いいひと」 が必要とされているのかなどを書いている。        本によると、GoogleやFacebook本社の役員クラスの人に 「あなたたちの会社では、どういう人材を求めているんですか?」 と質問したところ、こういった答えが返ってきたという。            「good natured person」。 直訳すれば 「好人物」、つまり 「いいひと」 だ。 そう、GoogleやFacebookの採用方針は、なんでもできる超天才のようなスキル重視のものではなく、人格重視というのである。 なぜ、こういった採用方針になったのか。 その背景にあるのは、インターネットというインフラが整えられたこと。 これにより、スキルを持った人材を探すのがかんたんになったのだ。 そうすれば 「スキルが高い人なんて、本社に置かなくても外にいくらでも転がっている」 という意識が生まれるのも致し方ないことだろう。 よって、本社に置きたいと思う人材は、周りの人の仕事の邪魔をせず、揉めごとを起こさず、楽しく協力し合える 「good natured person」 になるというわけだ。        どうだろうか。夢を諦めかけていた就活生にとっては、まさに希望のような話なのではないだろうか。        でも 「いいひと」 なんて、どうやってなればいいの? そう思われる方も多いだろう。 大丈夫、本では 「いいひと」 になるためのポイントを教えてくれている。 その具体的な内容も、かんたんなもの。          要は 「イヤな人」 がやることをやらないようにすればいいのだ。      「欠点を探す」      「改善点を見つけて提案する」      「陰で言う」      「悪口で盛り上がる」      「悲観的・否定的になる」      「おもしろい人、頭の良い人、気の合う人だけで集まる」。        これらをやめるようにするだけで、あら不思議。 自然と 「いいひと」 に近づいていくと本には書かれている。        実際のところ、「いいひと」 になるだけで、GoogleやFacebookに入れるかどうかはわからない。 しかし0%の確率が、1%になるのかもしれないのだから、試す価値はあるだろう。ダメで元々、だけどもしかしたら、その先には、輝かしい未来が待ってる……かも。(ddnavi.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
       領土問題に刺激され、ネトウヨの数は増えているとされる。 その支持を一身に集めてきた安倍晋三氏だが、首相となった今、逆にネトウヨとの “共闘” が道を誤る引き金になりかねない。 ブロガー投資家の山本一郎氏がその理由を解説する。          総選挙に圧勝したことで、安倍氏は以前にも増して、自分はネット上に非常に強力な支持母体を持ち、自分こそがネット時代に相応しい政治家なのだと自信を深めたのではないか。 もしそうだとしたら、安倍氏は自分を巡って起きている現象を客観的に見ているとは言えない。        ネットには、同じような意見が同じ場所に集まりやすい特質がある。 だからこそ、安倍氏のフェイスブックは盛り上がっているのだが、裏返せば、ネット上には安倍批判者が多く集まる場所もある。            たとえば、「Yahoo!みんなの政治」 が総選挙直前に行なったアンケートでは自民党と未来の党の支持率はそれぞれ26%、24%と拮抗していた。 また、ブログの紹介サイト 「ブロゴス」 には安倍氏の経済政策を厳しく批判する記事が数多くアップされている。        フェイスブックへの安倍氏の熱の入れようは、まるで熱烈な支持者の集会ばかりに顔を出し、批判的な人を含む世間一般の有権者を見ていないようにも映る。 これは危険な状態だ。        また、ネトウヨをはじめとするネットユーザーが、責任ある組織的な行動を取ることはあまりない。 たとえば、安倍氏がフィード購読者をオフラインの支持母体として組織化しようとしたり、彼らから個人献金を募ったりしても、期待通りの成果は得られないだろう。        そのことは、過去に森内閣打倒を目指して 「加藤の乱」 を起こした加藤紘一氏や、2ちゃんねらーの呼び掛けで著書がアマゾンで1位にランクされた麻生太郎氏が、一瞬、ネットユーザーから強い支持を受けながら、結局、その支持を政局や選挙に活かせなかったことが証明している。        それどころかネトウヨから強く支持されていること自体が、実は大きなリスク要因ともなり得る。 自民党こそ熟知していることだが、政権与党になれば領土問題ひとつ取っても相手のあることであり、さらに経済界などの意向も無視できないので、強硬姿勢を貫き通すことは難しい。 問題を解決しようとすればどこかで政治的妥協が必要になる。 そもそも政治とはそういうものだ。            ところが、前述したようにネットユーザー、特にネトウヨは妥協を嫌う。 妥協は現実世界の重要なコミュニケーション・スキルだが、ネトウヨにはその現実から逃避したくてネトウヨになっている者が少なくない。        そのため、安倍氏が中国、韓国に対して譲歩するような姿勢を見せた途端、期待が幻滅に変わる。 期待が大きければ裏切られた時の幻滅も大きく、安倍氏に対する批判も強くなる。 ネットユーザーが掌を返すように、いっせいに安倍氏の批判に回る可能性がある。 そして、結果が出るまでじっくり待つことをしないのもネット言論の特徴である。 安倍氏に与えられた時間は長くない。(news-postseven.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
                             新宿区は30日、同区市谷加賀町で約4,000年前の人骨と縄文土器がまとまって発見されたと発表した。 人骨は少なくとも11体分、現段階で男女それぞれ3体が判別し、縄文人だと推測されている。        国立科学博物館の鑑定では「骨は縄文人の特徴を備えている」とのこと。 さらに、人骨の一部を採取して放射性炭素年代測定を行ったところ、人骨が約4000年前(縄文時代中期~後期)のものであることが判明した。 出土した武蔵野台地は酸性土壌で、骨が長期間残存しないことから、今回の発見は極めて希少な出土事例となる。        人骨と縄文土器が発見された場所では、昨年10月16日から共同住宅建設工事に伴う発掘調査が行われており、昨年11月13日に人の脚部の骨を発見。 その後、周辺を発掘したところ、頭骨を含む複数の個体を確認した。      
 同区では、出土した人骨を国立科学博物館に移して修復作業を行うとともに、周辺の土壌を分析し、長期間にわたり骨が保存された要因を検討する。        今回の発見は、縄文時代の埋葬方法がうかがえる良好な保存状態であることから、考古学、人類学、民族学上の第1級資料になるという。        同区文化観光課は 「今後の調査・分析で複数出土した人骨の系統や血縁関係、また、復顔によりどんな顔立ちだったのかが明らかになることを期待する」 とコメントしている。(jp.ibtimes.com)                          
ツイートこの記事をつぶやく
            マタニティホテル        子どもを米国国民にしたい?簡単だ。 「出産ツーリスト」 になるのが、アメリカンドリームへの近道だ。      数百人から数千人に及ぶ人々が、子どもを米国で出産するために、米ロサンゼルス郊外に 「雨後の竹の子」 のように現れている、いわゆる 「マタニティホテル」 を1か月予約する手に出ている。        現在のところ、これはごく合法的な動きだ。 しかし怒りに燃えた地元住民がロサンゼルス郡に対し、静かな通りが妊婦特区にならないよう何とかしろと訴えるに及んで、ひと悶着起こりそうな気配になっている。        ロサンゼルスのドン・クネイブ郡政執行官は今週、サンガブリエル・バレーに広がりつつあるこの種の 「ホテル」 の取締りを執行官会議に呼びかけた。        「全米に広がる 『出産ツーリズム』 の隆盛は、母子の安全と健康を危険にさらす商売です。 こうしたホテルでのケアや、営業を許可された場合の地元への影響を憂慮して、近隣住民からは苦情が増えています」 とクネイブ氏は言う。        1月14日付の現状レポートに呼応する形で、クネイブ氏は郡議会がこの種のホテルを規制するための法令の起案に、執行官会議が支持を与えるよう模索し、関係当局による査察実施も呼びかけた。        「こうしたマタニティーホテルは、用途地域の問題以上のものをはらんでいます。 ホテル内部の状態によっては、母子の命が危険にさらされます。 母子を保護し、非合法な活動を止めるよう、出来ることを行っていかなくてはなりません」 とクネイブ氏は言う。          クネイブ氏は査察とスタッフ増員、北京語・広東語通訳への予算配分を要求した。        14日の報告書によれば、先月中に20の施設に査察が入り、このうち3つの施設が条例違反と指摘された。 「査察官が施設を訪れても、中にいるのは明らかなのにドアを開けないので入れない、ということもあった。 ドアを開けたら英語を話せない、と主張することもしばしばあった」 と報告されている。     いわゆる出産ツーリストの圧倒的多数は中国人富裕層で、海外へ出る手段が増えるに従い、この流れが加速するのではないかと当局は懸念している。      米入国・税関管理局は、「妊婦が米国に入国することは違法ではない。 しかし、妊婦にしろ誰にしろ、査証取得や入国において詐欺や虚偽を働いたならば、これは犯罪行為であり、国土安全保障研究所の調査対象となる。 これこそが犯罪活動の抑止の鍵となるからだ。 そのような行為を行う者は、単なる査証詐欺以上の違反を犯していることが多い。 活動の本質と容疑者の経済的な取引によっては、陰謀罪やマネーロンダリング、偽証罪で告発されることもあり得る」 と述べた。        しかし結局のところ、出産のために米国にやってくる外国人に技術的に違法なことはない。 合衆国憲法修正第14条は、両親の国籍にかかわらず、米国の地で生まれた子どもには市民権を与えるとしているからだ。        この種の施設を閉鎖するためにクネイブ氏のような当局者が出来るのは、用途地域や許可を得ない部屋の増設、保健・安全上の違反などを見つけることしかない。        「マタニティホテル」 という言い方は、ちょっと誤解を招く恐れがある。 ほとんどの出産ツーリストの向かう先は、単なる家族用の家だからだ。 ロサンゼルス郊外の高所得者地域にこの種の施設が増えることは、先月のチノヒルズでの事件に見られるように、近隣住民の怒りを招いている。        ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、1世帯用の住宅地域にある大きな丘の上の家が 「マタニティホテル」 として使われており、交通渋滞や2,000ガロン(約7,570リットル)もの汚水垂れ流しの原因となっていると、近隣住民は主張している。 この家に17の寝室と17の浴室があることを確認した郡は、所有者を訴え、家を閉鎖した。        警察当局がこの施設の関係サイトと考えているウェブサイトには、出産前のケア、買い物の便宜、新生児の米国籍取得支援などのサービスのついた30日間の滞在で、約1万1,000ドル(約100万円)と宣伝している。 旅行用ビザで入国する際にいかにして税関・入国管理官の目から妊娠を隠すかというアドバイス付きだ。        1月14日付の報告書によれば、ロサンゼルス郡は12月以降、サンガブリエル・バレーだけでもこの種の出産ホテルに関して65件の苦情を受理したという。 直近5か年で同様の苦情は15件に過ぎない。(jp.ibtimes.com)        ツイートこの記事をつぶやく
      ギンカクラゲ        クラゲと言えば、何をするわけでもなくフワフワと海を漂っている脱力系の不思議な生き物。 海水浴で刺されたことがある人も多いと思いますが、「鑑賞することでストレスが低下する」 という癒し効果も注目されていて、自宅で飼育している人もいるそうです。        そんなクラゲには沢山の種類がいて、中には驚くほど奇妙で美しい姿をしているものも。 今回は、ギンカクラゲという美しくて奇妙なクラゲの写真をご紹介します。          ギンカクラゲ(学名Porpita porpita)は、漢字で書くと銀貨海月。 真ん中の円盤型部分が ”銀貨” を思わせることから付けられた名前だそうです。 英語ではBlue Button Jelly(青ボタンクラゲ)と言います。 まず名前が可愛い!        円盤部が最大で4cm程度の小さなクラゲです。 特徴的なのが円盤の縁と周りの感触体と呼ばれるヒラヒラ部分の鮮やかな色。 すこし緑がかった鮮やかな青はまさに海の色のようで、とっても涼し気ですよね。        暖かい海に生息し、日本でも黒潮が流れる地域で多く見られるそうです。 浜辺に大量に打ち上げられることもあるそうですから、結構ポピュラーな存在なのかしら。 ただしもし遭遇することがあっても、うかつに触らないようにしましょう。 毒性は微量ですが刺すこともあるそうです。        それにしても、こんな奇麗なクラゲなら、たしかに飼って眺めてみたい気持ちがわかります。 暗いところでライトに照らされてフワフワしている姿を想像するだけで、なんだか落ち着くような気がしてきます。 ほんとに不思議な存在ですよね。          YouTube動画 『ギンカクラゲ – Blue Button Jelly』 などでもこの不思議なクラゲくんの漂う姿が見れますので、是非チェックしてみてください。(youpouch.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
      菜々緒&有吉のセクシー美尻対決がTwitterで話題        モデルの菜々緒が、Twitter上でお笑い芸人の有吉弘行とユニークな対決を繰り広げている。          事の発端は、有吉のフォロワーが 「有吉さんがTwitterして得たものはなんですか?」 と質問したこと。 「自分がフォローしている人達の情報です」 とリツイートした有吉だが、別のフォロワーから 「菜々緒のお尻とかですか?」 と投げかけられると 「あんな尻見るぐらいなら自分の尻を見るわ!」 と暴言を吐いた。          それを見かねた菜々緒が 「ちょっと!セクシー戦争しますよ?」 と有吉に宣戦布告。 過去に2度、2人はお互いの 「エロさ」 「セクシーさ」 を競う “セクシー戦争” なるものを展開しており、第一回目は劇団ひとり、第二回目はカンニングの竹山に判決を仰ぎ、それぞれ一勝一敗の戦績を残している。          「敗者は黙ってろ!竹山さんのセックスシンボルは俺だ!」 と胸を張る有吉に対し 「じゃあ劇団ひとりさんのセックスシンボルは私です。 また負けるのが怖いのですか?」 と挑発する菜々緒という、もはや定番となった両者の絡みにフォロワーも 「この勝負おもろすぎww」 と興奮。 一時TwitterのHOTワードに 「有吉弘行」 「菜々緒」 「狩野英孝」 が同時ランクするなど盛り上げを見せた。        すると有吉が 「劇団ひとりなんて、ただの変質者だ。 竹山は普通のスケベなオジサンだ。 普通の人が選んだ俺の勝ちだ!!納得できないなら狩野に決めてもらおう」 と提案。 「狩野英孝さんへ。 お忙しいところ申し訳ありませんが、もしこのツイートをご覧になりましたら、菜々緒(顔が長い女)と有吉(顔が丸い男)のどちらがセクシーかをお答えください」 と丁重に狩野に呼びかけた。          しばらくしてこのやり取りに気づいた狩野が 「悩みました。 正直、大変悩みました。 結果、タッチの差で…有吉さんのセクシーさがたまりません」 と有吉支持を表明。          日をまたいだ対決に一旦の終止符が打たれたものの        「芸人さんばっかりで、不公平だ!」 (菜々緒)        「黙れ菜々汚。 オマエの負けだ。 俺が日本を代表するプッシーキャットだ!」 (有吉)       など、相変わらずの対立姿勢を見せている。          一連のやり取りには 「有吉さん菜々緒さん笑いをありがとう」 「有吉さんと菜々緒さんのやりとりはカップルみたいだ」 など、様々な反応が殺到。 多くのフォロワーを巻き込んだこの “セクシー戦争” は、今後も続いていきそうだ。 (mdpr.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
                 キンタロー        元AKB48・前田敦子のものまねでブレイク中のキンタロー。(31才)だが、ここに至るまでには壮絶な半生が隠されていた…。        キンタロー。は、愛知県生まれ。 父親はある駅前の繁華街にある雑居ビルを所有し、自宅以外の部屋をテナントとして貸し出し、生計を立てていた。 母親は専業主婦で、キンタロー。 は5才年下の妹とともに、「超お嬢様」 として何不自由なく育てられた。        地元の高校を卒業後、キンタロー。は、海外留学で身につけた語学力を生かし、大阪の関西外国語大学に進学。 ダンス部に所属し、社交ダンスを始めた。        もともと努力家だったこともあって、みるみるうちに上達していったという彼女。 在学中に、全国大会で4位に輝くまでになった。 その活躍を誰よりも喜んだのが、母親だった。        「 “ダンスの大会に応援に行くんだ” と、とても嬉しそうに話していたのを覚えています。 衣装代とかもかかるので、月に20万円も仕送りをしていたそうです」(近所住民)            大学卒業後もキンタロー。は大阪に住み続け、社交ダンスの講師となった。 社会人としての第一歩を歩み始めたが、このころから “天国” のような彼女の人生が “地獄” へと転落していく…。        「折からの不景気で、ご両親の所有するビルに全くテナントが入らなくなっていったんです。 それで経営がうまくいかなくなったそうです。 借金も増えていったと聞いています」 (前出・近所住民)        当然、それまでのような裕福な暮らしはできなくなった。 次第に母親は塞ぎ込むことが多くなり、周囲に 「死にたい…」 とつぶやくようになっていったという。        そして、今から6年前の2007年2月16日夕方、近所の鮮魚店で買い物を終えた母親は、ビルの屋上から飛び降り、自ら命を絶った。        「近所の人が救急車を呼んだり、人工呼吸したりしたんですが、即死状態でした…」 (前出・近所住民)        この悲報を聞いたキンタロー。は、すぐさま実家へ戻った。        「ただただ、姉妹で泣いてました。 手紙も何もなくて、本当に突然だったので…。 これからどうしたらいいのかわからなくて。 本当、何もかも全部お母さんがしてくれていたので。 食事ものどを通りませんでした…」 (実妹)        母親の自殺に父親もショックを受けて、病気を患い、いまでは名古屋市内の特別養護老人ホームで暮らしている。 病気になった父、悲しみに打ちひしがれる妹。 そんな家族を見て、キンタロー。は、ある決意をする。        「 “お母さんは、私のものまねが好きだった。 天国にいるお母さんのために、頑張っている姿を見せたい。そうすることで、お母さんも笑ってくれるし、家族も元気になるに違いない” と強く思うようになったそうです。 それで、小さいころの夢だった “お笑い” の道に進むことに決めたんです」(キンタロー。の知人)        キンタロー。は2008年、実家を離れ、名古屋市に引っ越して芸能スクールに通い始めた。 そして今に至る。(news-postseven.com)        ツイートこの記事をつぶやく
Page 11 of 11« First...«7891011