2013,02,28

セブンイレブン:3月1日、ついに四国へ上陸 国内店舗数1万5,000店を達成後。

         セブンイレブン        セブン-イレブン・ジャパンは27日、セブン-イレブン国内店舗数が翌28日に1万5,000店を超えることになったと発表しました。 また、同社は3月1日より四国地方への出店を開始し、香川県・徳島県にセブン-イレブンをオープンする。        同社によると、現在、セブン-イレブンの1日あたりの1 店舗平均売上は67万円、チェーン全店売上高は3兆5,220億円(2012年度予想)となり、国内のコンビニエンスストアの売上シェアにおいて約40%を占める。        四国地方での営業展開については、同社は2月、株式会社サンクスアンドアソシエイツ東四国(社名変更予定)とフランチャイズ契約を締結しており、約100店舗(香川県は約40店舗、徳島県は約60店舗)のサンクス店舗が、装いを新たにセブン-イレブン店舗として順次営業を開始する。 これにより、セブン-イレブンは全国42都道府県への出店を達成し、未出店地区は愛媛・高知・青森・鳥取・沖縄県の5県となる。        同社は1974年、東京都江東区豊洲に日本初の本格的なフランチャイズ方式によるコンビニエンスストアとして、セブン-イレブン第1号店を出店し、2年後には100店舗となった。        1993年には国内店舗数が1,000店となり、2003年には1万店達成、そして、今年の1万5,000店達成と10年間あたり5,000店舗ずつ伸ばしている。        また、3月末までには、全世界のセブン-イレブン店舗数は5万店に達する見込みである。 セブン-イレブンは、日本、アメリカ、韓国、タイ、台湾、中国、メキシコ、マレーシアフィリピン、オーストラリア、シンガポール、カナダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、インドネシアの16か国・地域に出店している。(jp.ibtimes.com)                      ツイートこの記事をつぶやく