ヤマダ電機、エス・バイ・エルへの苛立ち 傘下の住宅メーカーへ経営関与を強めるワケ          家電量販業界の巨人、ヤマダ電機は昨年末、同業大手のベスト電器を傘下に取り込み、一段と規模を拡大した。 そのヤマダが同業の買収に先駆けて進めてきたのが、異業種のM&A。 代表例が大阪を地盤とする住宅メーカーのエス・バイ・エルである。          ■ スマートハウスを強化        ヤマダはエス・バイ・エルを2011年に買収。山田昇会長の肝いりで、「スマートハウス」 事業の強化を進めている。 スマートハウスとは、太陽光発電システムや蓄電池などと、家電や住宅設備を組み合わせ、ITを使って家庭内のエネルギー消費を最適に制御する住宅のことだ。 ヤマダは14年3月期にはグループで3000戸のスマートハウスを分譲することを目標としている。        ただ、その意気込みとは裏腹に、これまでの成果はイマイチ芳しくない。 肝心のエス・バイ・エルの業績がパッとしないのだ。        エス・バイ・エルは今年度(13年2月期)の期初には売上高530億円(前期は変則決算のため単純比較できず)、営業利益12億円(同)を計画していたものの、今年1月時点で売上高413億円、営業赤字4.4億円へと下方修正。赤字転落する見通しになった。        ヤマダとのスマートハウス事業の提携効果を狙い、地区本部制の導入など組織体制を見直したが、狙い通りの機動力発揮となっていない。 過去最大の規模で新卒社員を大量採用し、また賃貸へ本格参入するなど事業領域の拡大を図ったことで、先行投資負担が重くなり、前期に利益貢献した仮設住宅の剥落も響いた。        この事態に、ヤマダも黙っていられなくなったようだ。        エス・バイ・エルは1月、社名を 「ヤマダ・エスバイエルホーム」 に変更すると発表。 さらに2月上旬には、積水ハウスグループを経て09年からエス・バイ・エル社長を務めてきた荒川俊治氏が退任し、後任に就くヤマダ取締役兼執行役員副社長の松田佳紀氏をはじめ、ヤマダ電機から非常勤も入れて計6人の役員・監査役を受け入れる人事など、経営陣の大幅刷新も打ち出した。 いずれも5月28日に開催する予定の株主総会を経て実現する。        ヤマダはこの社名変更により、知名度の高いヤマダブランドを前面に打ち出すとともに、エス・バイ・エルの経営にも積極的に関与してスマートハウス事業における相乗効果の発現や、事業拡大を急ぐ姿勢を明確に打ち出したワケだ。          ■ 次なる収益柱が必要        「住宅や電気自動車、太陽光、蓄電池、家電までをトータルで提供するのは、究極の家電ビジネス」 というのが、山田会長の方針である。 ヤマダに限らず、国内の家電量販店業界は、エコポイント特需の剥落やパソコンの不振など逆風が吹く。 ガリバーのヤマダは縮む市場での熾烈な競争にも勝ち残るだろうが、次なる一手も必要となる。        エス・バイ・エルへの経営関与を強めるのは、新しい収益柱への育成をもくろむスマートハウスを早く軌道に乗せるためだ。 ヤマダは過去にもダイクマやマツヤデンキ、サトームセンなど、買収した企業へ積極的に経営関与して、あとかたもなくその中身を変えてきた。 今回のエス・バイ・エルについても規定路線である。        ただし、買収した企業の人材であっても、能力に応じて平等に扱うのもヤマダ流。 ヤマダ・エスバイエルホームの社長に就く荒川氏は、マツヤデンキ出身だ。 ヤマダの積極的な経営関与で、現エス・バイ・エルの企業風土は大きく変わる可能性がある。 エス・バイ・エルで働く人材にとっては、サバイバルの幕開けである。(toyokeizai.net)        ツイートこの記事をつぶやく
         セブンイレブン        セブン-イレブン・ジャパンは27日、セブン-イレブン国内店舗数が翌28日に1万5,000店を超えることになったと発表しました。 また、同社は3月1日より四国地方への出店を開始し、香川県・徳島県にセブン-イレブンをオープンする。        同社によると、現在、セブン-イレブンの1日あたりの1 店舗平均売上は67万円、チェーン全店売上高は3兆5,220億円(2012年度予想)となり、国内のコンビニエンスストアの売上シェアにおいて約40%を占める。        四国地方での営業展開については、同社は2月、株式会社サンクスアンドアソシエイツ東四国(社名変更予定)とフランチャイズ契約を締結しており、約100店舗(香川県は約40店舗、徳島県は約60店舗)のサンクス店舗が、装いを新たにセブン-イレブン店舗として順次営業を開始する。 これにより、セブン-イレブンは全国42都道府県への出店を達成し、未出店地区は愛媛・高知・青森・鳥取・沖縄県の5県となる。        同社は1974年、東京都江東区豊洲に日本初の本格的なフランチャイズ方式によるコンビニエンスストアとして、セブン-イレブン第1号店を出店し、2年後には100店舗となった。        1993年には国内店舗数が1,000店となり、2003年には1万店達成、そして、今年の1万5,000店達成と10年間あたり5,000店舗ずつ伸ばしている。        また、3月末までには、全世界のセブン-イレブン店舗数は5万店に達する見込みである。 セブン-イレブンは、日本、アメリカ、韓国、タイ、台湾、中国、メキシコ、マレーシアフィリピン、オーストラリア、シンガポール、カナダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、インドネシアの16か国・地域に出店している。(jp.ibtimes.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       スマホによる人体への影響は、驚愕!スマホを使い続けると脳腫瘍の引き金になる? やあなたは大丈夫!?  目の下のクマはスマホが原因かもでもご紹介してきましたが、皆さんはもうチェックして頂けましたでしょうか?        実は、これらの人体影響を代表するような症状が密かに蔓延し始めているというのです。 その名も、「電磁波過敏症」――皆さんは、耳にした事がありますか?        この症状は一種のアレルギー反応とよく似ていて、電磁波を感知すると頭痛、目の痛み、吐き気、眩暈、皮膚の発赤などなど、あらゆるマイナス症状が現れてしまうというもの。        但し、アレルギー反応は免疫機構の異常であるのに対して、電磁波過敏症は化学物質過敏症と同様に、自律神経の異常が関係しているといわれています。        症状が多岐に渡る事と、原因がはっきりしない事、電磁波による人体影響がまだはっきり解明されていない事などから、「電磁波過敏症」 に対して異論する専門家が多いのも事実です。        対して、欧米各国では専門医療施設などが存在したりと認知されつつあり、正に賛否両論の 「電磁波過敏症」。 いったい私たちは、電磁波とどう向き合ってゆけば良いのでしょう?          ■ 「電磁波過敏症」を予防する為に      電磁波過敏症を発症する患者の多くは、化学物質過敏症など、もともとアレルギー体質の人に多いのだとか。 アレルギー体質でなくとも、ハウスダウトや花粉、ウィルス感染やストレスなど、様々な要因が積み重なった結果、電磁波過敏症を発症してしまうケースもあるらしのです。        生活習慣を見直して体調を万全に保っておく事で、免疫力を保ち、発症リスクを減らす心掛けは、普段から必要だと言えますね。        また、過敏症の原因となりえる物質は、化学物質や電磁波に限らず、生活するうえで無数に存在する事も忘れてはなりません。真っ先に電磁波を疑うのではなく、広い視野で対応する事も大切です。          ■ 様々な健康被害が騒がれる中で……      電磁波過敏症のみならず、スマホや携帯と深く関係する高圧線や変電所に対して、健康被害を訴える人もいるようです。 電磁波問題について取り組んでいる 「ガウスネットワーク」 では、以下のように紹介しています。        「高圧線の近くに住むと小児白血病などになる危険性が高い。」 と欧米などで大規模に調査が行われ、リスクの増大を示す報告が多く出されています。  米で行なわれた大規模な調査 『ラピッドプログラム』 は 「電磁場は発ガンの可能性あり」 と結論し報告しています。(1999年6月)        海外では過去にこうした取り組みが行われているにも関わらず、現在も尚、電磁波による人体影響は解明されていません。        生活を豊かにしてくれるスマホに欠かせない電磁波ですが、この影響の行く末は、今後も注目していく必要がありそうです。 同時に、電磁波よりも人体に影響を与える存在が無数にある事も理解しつつ、スマホと上手に向き合っていきたいものですね。(appwoman.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
       中野美奈子アナウンサー(33)が勇躍乗り込んだ米アカデミー賞授賞式の取材で、思わぬ形で 「ぶち壊し世界デビュー」 を果たしてしまった。          現地時間2013年2月24日に開催された授賞式で、中野アナはWOWOWのリポーターとして、大物スターたちが集まるレッドカーペットの取材を担当した。 フジテレビを2012年に退職しフリーとして復帰して以来、久々の大仕事だったのだが……。                     中野美奈子      
「おい、誰だよこいつ!?」
         この日、米国の人気番組 「E!」 のオープニングを見ていた多くの視聴者が、思わずテレビにツッコミを入れた。 授賞式を生中継するため出張ってきた有名司会者ライアン・シークレストさんがレッドカーペット脇で、番組スタートのあいさつをしていたのだが、なぜかそのすぐそばにマイク片手にカメラ目線で、まるで共演者でもあるかのように映っているドレス姿の東洋人女性がいる。          そう、中野美奈子アナだ。 ちょうどライアンさんたちのすぐ隣に陣取っていたため、カメラに写りこんでしまった。 もちろん大勢のメディアでひしめく授賞式だから珍しくないのだが、それが番組のオープニングだったこと、アングルがきれいに2人を切り取っていたこと、さらに中野アナが完璧なカメラ目線と笑顔をキープしていたため、視聴者に強烈な印象を与えてしまった。          米国のブログメディア 「TV LINE」 では、アカデミー賞ハプニング集とでもいうべき 「今年のレッドカーペット、最高&最悪の瞬間」 のトップに、このシーンを挙げた。 見出しは、「最高にのんきな、(ぶち壊しの)映りこみ」。 解説も、      
「この 『うっかり』 出演してしまった記者が誰かはよくわからない。 だが、彼女はきっとこう叫んでいただろう。 『お母さん! 私テレビに映ってるよ!』 」
      といった調子だ。              米国のツイッターユーザーからも、
      「誰だよ、ライアンの居場所横取りしてるの」     「ナイス映りこみです、WOWOWの司会者さん」     「今回のレッドカーペットの勝者はWOWOWさんだな。 Omedetou gozaimasu!」
      と笑いが巻き起こった。              そんな騒動があった一方で、中継を見ていた国内の視聴者からは中野アナの英語力に対する苦言もあった。          中野アナは学生時代、米サンフランシスコに単身留学した経験もあり、また近く夫ともにシンガポールに移住する予定だと公言している。 それだけに、今回も通訳を付けずにみずから 「BOSS」 のCMでもおなじみのトミー・リー・ジョーンズさんを始めとしたハリウッドスターたちに質問を飛ばしていたのだが、ツイッターでは、      
「WOWOWのレッドカーペット中継、中野美奈子の英語がなかなか通じなくて困りもの。 来年はインタビュアー変えてほしい」     「中野美奈子の英語が殆どの俳優陣に聞き取ってもらえず終いに 『素敵なドレスですね』 と 『日本にメッセージを』 しか言わなくなった。 これは酷い!」
      との指摘もあった。 またスティーブン・スピルバーグ監督を見つけて、      
「スティーブン! スティーブン! ジャパニーズ……」
      と叫ぶも素通りされるなど、現場の慌しさもあり、ほろ苦いアカデミー賞取材となった。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく