どうもすっきりしないのである。        レスリングが2020年の五輪競技から除外の可能性ありというではないか。 1952年のヘルシンキ大会以来、必ずメダルを取っている日本のお家芸だからいっているわけではない。 レスリングは、古代オリンピックの時代から続く競技であり、近代五輪となった1896年のアテネ大会からも、1900年のパリ大会を除いてずっと実施されてきている、中核中の中核競技である。        すっきりしないのは、それだけではない。 かねてから除外最有力候補のひとつに挙げられてきたテコンドーが、今回悠々と残ったというではないか。        たとえば2007年に北京で開催されたテコンドー世界選手権。 チケット完売との発表だったが、決勝戦でも、来賓席も含めメインスタンドはガラガラだった。 どう見てもこの競技が残るのはおかしい。          聞くところによれば、2000年から正式競技として採用されていたテコンドーが除外の危機に直面した2005年には盧武鉉大統領(当時)が親書をしたため、今年2月には訪韓したIOCのジャック・ロゲ会長に就任前の朴槿惠大統領が直訴して頼み込んだという。        しかも、「ロンドン大会で韓国は金1、銀1だけと惨敗していますが、これも競技を残すための作戦だったようです。 国際化と称してメダルを各国にばら撒くことで、普及につとめたというわけです」 (黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在特別記者)        そこまでやるかという、まさに挙国態勢。 そしてこの涙ぐましい努力の甲斐あっていまや競技人口も競技国もレスリングを上回ったというが、それはこの際、問題外。 レスリングはテコンドーとは歴史の重みがまったく違うし、そもそも五輪種目が政治の力で決まるって、どういうことか。(news-postseven.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       ブラック                    メルセデス・ベンツ日本はこのほど、同社のスーパースポーツカー 「SLS AMG」 のスペシャルチューニングモデル 「SLS AMG ブラックシリーズ」 を発売した。 日本での限定台数は25台で、2013年8月下旬より納車が開始される予定。                    ブラックシリーズ        「SLS AMG」 は6.3リットルV型8気筒エンジンを搭載するスポーツカーで、同車をベースにしたレーシングカー 「SLS AMG GT3」 も発売されている。        今回発売された限定車は、この 「SLS AMG GT3」 の流れをくみ、サーキット走行向けの本格的なチューニングが各所に施されている。 エンジンは改良型カムシャフトなど専用チューニングを施し、最高回転数を7,200rpmから8,000rpmに引き上げて、最高出力631PSを発生。 ベースモデルより60PSものパワーアップとなっている。 トランスミッションのDCTはその搭載位置を1cm下げて低重心化を図ったほか、シフト操作に対するレスポンスタイムを短縮するなど、専用のチューニングが施された。        サスペンションはトレッド拡大を含む専用チューニングで、ブレーキにはAMGカーボンセラミックブレーキを標準装備。 硬度を高めることで熱安定性を強化するとともに、約40%軽量化されている。 「AMG ライトウェイトパフォーマンスストラテジー」 も採用し、ボディ全体で70kgもの軽量化を達成した。        その他、フルバケットシートやアジャスタブルリアウイングスポイラーなど徹底したサーキット向け装備を採用。価格は3,250万円で、25台の限定発売となる。(mynavi.jp)        ツイートこの記事をつぶやく
      ラインスタンプ        「いつやるか? 今でしょ!!」 という名台詞で、一躍脚光を浴びている大手予備校 「東進ハイスクール」 の講師、林修先生。        一度見たら忘れられないインパクトで、インターネット上ではちょっとしたブームとなっていた。        そのブームの真っ只中、東進ハイスクールが、林先生の 「今でしょ!!」 を含むカリスマ講師陣のセリフをLINEスタンプとしてリリースした。 予想外のスタンプ登場に驚きの続出! 一部のユーザーは興奮して狂喜乱舞しているような状態だ。            ・東進LINEスタンプに対するネットユーザーの声      「ついにwwwwww 」      「ダウンロードした!使いてええええええええええ」      「対応早すぎw」      「今でしょょぉぉおおおお」      「今でしょの人ついにLINEのスタンプにまで登場したんだね」      「東進のこのノリの良さは嫌いじゃないけど、予備校としてどうなの?って批判もでるのかね…」      「東進やるなぁ。苑田スタンプもあるのかw」      「 え、これ使いたい!誰か言うタイミングちょーだい笑!」      「 待ってwwwワロタwww」      「これは使い勝手がよさそう」      「東進儲かってるんだろうなぁ」        実は、少し前からTwitterなどで 「 “今でしょ” のLINEスタンプがほしい」 や 「あったら流行るだろうな」 という声が上がっていた。 この声を受けてかどうかはわからないが、神がかった絶妙のタイミング!(rocketnews24.com)          まさに 「いつやるか? 今でしょ!!」 な対応である。       ツイートこの記事をつぶやく
           テレビ番組がいじめを助長しているか? そう思うという人64.4%        「テレビがつまらなくなった」 という指摘がネット上のさまざまな場面で見られる昨今ですが、その要因のひとつとして挙げられるのが、視聴者による “苦情” です。        バラエティ番組などで主にお笑い芸人たちのやり取りの中で繰り広げられる “いじり” は、しばしば “いじめ” ではないかと一部の視聴者から指摘がされています。 そのような動き・声が大きくなったことから、制作側も冒険的な企画が行えなくなった。 そのような背景が、「テレビがつまらなくなった」 と言われる裏にあるようです。        高い予算をかけて制作されるテレビだからこそできる挑戦・冒険的な企画が放送されることを望み、「テレビがつまらなくなった」 と指摘する人たち。 対して、そのような過度とも思える “はじけた” 企画を見て眉をひそめ、苦言を呈する人たち。 視聴者という括りの中では双方の立場の人たちが共存しているわけですが、テレビ番組に対して寄せられる苦情の中で最も取り沙汰されることの多い、「いじめを助長しているのではないか?」 という指摘。 実際にテレビ番組がそのような影響を与えてしまっていると考えている人はどれくらいいるのでしょうか?        そこで、「 『テレビ番組がいじめを助長している』 という意見は、一理あると思いますか?」 という意識調査を実施しました。 その結果は以下の通りです・        ・思う・・・・・・64.4%      ・思わない・・・・・35.6%    (リサーチパネル調べ、13万8992人が対象)        「思う」 が6割を超え、多数派となりました。 男女全年代で「思う」という回答は半数以上となり、特に50代・60代女性では70%以上の人たちが同選択肢を選んでいます。 男性でも年代が上がるに連れて 「思う」 の数字が上昇する傾向が見られたことから、特に年配の人たちがテレビといじめに相関関係を見出しているということが分かりました。       では、双方の選択肢に寄せられた声を見てみましょう。          【思う】      「特にバラエティー番組、笑いを取るために平手打ちをしたり、罰ゲーム等、ある意味体罰?」      「子どもも観るテレビ番組で目を覆いたくなるような放送がしばしば見受けられます。番組を作る方は真剣に考えるべきだと思います」      「テレビが原因の全てではないし、テレビがなくてもいじめはあるだろうと思うけど、テレビ感覚でからかいやすい人をいじったりってのはあると思う。 ただ、深刻ないじめはテレビは関係ない」            【思わない】      「TVの内容をそのまま信じるように教育するのが悪い。TVのせいではなく、本人や家庭の責任」      「いじめはテレビが普及していない時代にもあった。責任転嫁は止めたほうがよい」      「私も子どもの頃、悪ふざけが過ぎたり、暴力的な番組を見たりしましたが、それを真似してやろうなんて思いませんでしたよ。家庭や学校の教育が足りてないのが一番の原因では?」          このように意見が分かれることとなりました。 コメントでは、具体的な番組名や人名を挙げて「この番組・人がいじめを助長している」と書き込む人も見られます。また、「思わない」 という人には、「テレビを観ないから分からない」 という声も多く書き込まれていました。       かつて出演番組が 「いじめを助長している」 とPTA団体などから指摘を受けたことがあるナインティナインの岡村隆史さんは、ラジオ番組の中で、「もし学校でいじめられている子がいたとしたら、そういう子が家で僕らの姿を観て少しでも笑ってくれたらいいなという思いで番組を作ってる」 とその思いを語ったことがあります。 「いじめを助長したい」 という考えで番組を作る人はいないはず。(shunkan-news.com)          あなたはこの問題、どう考えますか?                      ツイートこの記事をつぶやく
       自民党総務会長の野田聖子衆院議員(52)が、妊娠中絶の禁止を唱えたと一部で報じられ、ネット上で論議になっている。発言の真意ははっきりしないが、反応は賛否に分かれている。          野田聖子議員は、佐賀県武雄市で2013年2月23日に講演しており、その後に記者団に囲まれて発言したらしい。                発言を報じた朝日新聞の記事によると、野田氏は、妊娠中絶が年間20万人に上るとされる中で、「少子化対策をやるのであればそこからやっていかないと」 と切り出した。 そして、「堕胎禁止」 について、党内の人口減少社会対策特別委員会で参院選後に検討してもらうつもりであることを明かした。          禁止する代わりに、例えば、養子縁組を斡旋するための法律を作り、生まれた子どもを社会で育てていける環境整備をすることが必要だと訴えたという。          妊娠中絶について、野田氏は、日経ビジネスオンラインの10年2月15日付インタビュー記事 「自民党が少子化を加速させた」 で持論を述べたことがある。          記事では、「私は、思い切って母体保護法に手をつける、つまり中絶禁止までコミットしてもいいぐらいの気持ちです」 と明かした。 そして、「自民党はずるくて、『中絶は女性の権利だ』 と言って逃げていた。 でも本来、女性の権利はちゃんと避妊できることで、中絶できることではない」 と指摘していた。          ただ、「もちろんこれは相当極端な話で、現実には難しいです。 私が言いたいのは、それぐらい 『えぐい』 テーマにしないとだめだと言う事です」 とも言っている。          今回の発言は、さらに踏み込んで、中絶禁止に向けて動き出したということなのか。          野田氏の国会事務所に取材すると、政策秘書が不在といい、すぐに話を聞くことができなかった。              発言の真意は不明のままだが、ネット上では、報道内容について、様々な意見が上がっている。          中絶禁止に反対する意見としては、生まれてきた子どもの立場を考慮すべきだとの声が多い。 養子に入れば、差別されたり不利な扱いを受けたりするとして、「そんなに不幸な子供を増やしたいのか」 といった批判がある。 「望まれなかった子供が増え、虐待とかの増加につながったりしないか」 との声もあった。 ルーマニアのチャウシェスク政権時代のように、中絶を禁止すれば捨て子や浮浪児が増えるとの声も上がった。          賛成の意見も広く見られ、        「子供欲しい人に上手に渡せればね、いいね」      「毎年20万人の中絶が無くなれば、人口増加して経済良好」      「移民政策よりマシだろ?」        といった声が出ている。        一方で、レイプ被害の場合は中絶を認めないとおかしい、出生前診断で重度の障害が分かったら堕胎できるようにすべき、という意見もあった。          野田聖子氏は、不妊症に苦しみ、高齢や共働きから養子縁組も断られた結果、米国で卵子提供を受けて出産した経験がある。 そのとき子どもに重度の障害があることが分かったが、アエラ2011年4月18日号のインタビュー記事では、「どんな子どもでも産むと決めていた」 と明かしている。 ただ、「同じ状況で中絶を選ぶ人のことは責めません」 と述べており、野田氏が、どんな状況でも中絶禁止にと考えているわけでは必ずしもなさそうだ。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく