2013,02,22

「テッド」の興収が30億円突破、すでに200万人以上が劇場で爆笑。

       1月18日より公開され、日本全国で大ブームを巻き起こしている映画 「テッド」 が、このたび、ついに興行収入30億円を突破した。 2月20日時点で累計興行収入は30億4,693万円となり、最終興収40億円突破に向けて突き進んでいる。       テッド        本作の主人公である中年テディベア “テッド” は、若い女性を中心に絶大な支持を獲得。 現在実施中のFacebook限定プレゼントキャンペーン応募ページには、テッドに対する熱い書き込みがすでに6,000件以上も投稿されるなど、“国民的アイドル” 並みの人気ぶりだ。      また、並行してTwitter限定の似顔絵募集プレゼントキャンペーンも実施中だが、毎日テッド愛に溢れた似顔絵が多数応募されており、大きな盛り上がりを見せている。              セス        さらに、25日(日本時間)の開催が迫る第85回アカデミー賞授賞式は、本作を監督したセス・マクファーレンがホスト役を務め、プレゼンターとして、主演のマーク・ウォールバーグと共にテッド本人が登壇。 テッドが起こすさらなるミラクルに全世界が注目している。 そして映画自体も主題歌賞にノミネート。 まさかのアカデミー賞獲得にも大きな期待がかかっている。(narinari.com)                     ツイートこの記事をつぶやく