2013,02,20

Facebookの「友達削除」は慎重に! 半数近くの人が削除した相手を避けるようになるという調査結果。

      友達削除        Facebook上の 「友達」 との関係に問題が起きてしまったため、相手を友達リストから削除したいと思ったことがある人は少なくないだろう。 しかし、「友達削除」 はくれぐれも慎重に行った方が良さそうだ。        最新の調査によると、Facebookで 「友達削除」 をされた場合、40パーセントの人が現実の世界で削除した相手を避けるようになるという。 Facebook上のつながりは現実世界の人間関係にももろに影響を与えるのだ。        調査を実施したのはコロラド大学の大学院生Christopher Sibona氏。 Facebookで友達リストから削除されたときの反応についてツイッター上で質問調査を実施し、583の回答を得た。 その結果によると、40パーセントの人が削除した相手を現実の世界でも避けるようになるという。 ちなみに、女性の方が相手を避けるようになる傾向が高いそうだ。        削除した相手を避けるようになるかどうかは以下のような要因が影響するとのこと。        ・ 相手とその後、削除された事について話す機会があったか    ・ 削除されたことをとても悲観的、否定的に捉えているか    ・ 現実世界での行動が要因になっていたか    ・ 相手との物理的な距離    ・ 相手との間に存在する問題について話し合いがされたか    ・ 相手との関係にどれほどの価値をおいていたか        つまり、現実世界での相手との関係や相手との間に存在していた問題がFacebook上での関係性にも大きな影響を与えているのだ。 また、「友達削除」 をされた人は、「自尊心が低くなる」 「帰属意識を失う」 「自制心が効かなくなる」 「機嫌が悪くなる」 といった反応を示すこともわかったそうだ。        Facebook上の友達関係をどのように捉えるか、また維持するかは人それぞれであるが、半数近くの人がFacebook上の友達削除を否定的に捉えてしまうという今回の結果。        「友達削除」 は慎重に行わないと、現実の人間関係にもひびが入ってしうかもしれない!(rocketnews24.com)                      ツイートこの記事をつぶやく