ひとたびラーメンの話題が始まれば、我も我もとラーメン好きが集まってきて、己のラーメン論を語りだす。 そんな光景を見たことがある人も少なくないだろう。          J-CASTニュースが2013年2月5日から始めたウェブ投票企画 「あなたが思う 『一番おいしい』 ラーメンチェーンはどこ?」 にも、予想以上に多数の投票が集まった。 人気チェーンの中から、読者が 「おいしい」 と思うもの(あくまで主観的評価)を選んでもらうというもので、投票数は18日までに実に9368票にも及んだ。                    美味しいラーメンチェーン        候補としたのは、過去の各種ランキングなどをもとに編集部が選んだ有名チェーン18店舗だ。 中には 「ラーメン二郎」 のようにチェーン形式ではなく 「のれんわけ」 で展開するラーメン店もあるが、今回は広義のチェーンとして候補に加えている。 逆にチェーンであっても、「ラーメン」 をメインに据えていない中華料理系の店などは候補からは外した。          コーナー開設直後から、終始安定したペースで票を集め続け、ついには1位となったのが、「天下一品」 (得票率18.4%)だ。          京都の屋台に原点を持ち、現在国内外に229店舗を展開している。 濃厚な、こってり味のスープが有名だ。 中間集計を見たユーザーからも、      
「天一押したらブッチギリの1位やった。 そらそうやろ」     「天下一品一人勝ちですねわかります。 大好きです天下一品」     「ほらーやっぱ天一じゃーん(*´∇`*)」
      と支持のツイートが相次いだ。 今回の投票結果について知らせたところ、      
「多くのお客様からの投票により、1位という素晴らしい結果をいただきましたこと、大変嬉しく思います。 今後も1人でも多くのお客様に、天下一品の味をお届けできるよう努力して参ります」      
とのことだった。                    一風堂        以下はいずれも差のない混戦模様に。 そんな中で2位につけたのは、福岡県発の 「博多一風堂」 (11.1%)だ。 豚骨ラーメンの人気店として、全国に80近い店舗を展開している。          3位には西日本を中心にチェーン展開する 「どうとんぼり神座」 (9.4%)が入った。 4位には東日本を拠点とする 「幸楽苑」 (8.8%)、5位には豚骨ラーメンの 「一蘭」 が8.4%で続く。 「ジロリアン」 と呼ばれる熱狂的ファンを持つことで知られる 「ラーメン二郎」 は、6.5%の7位だった。          このほかにも、コメント欄やツイッターでは読者から、      
「選択肢にはありませんでしたが、麺屋ゼロワンの 『ガッツリ系』 ラーメンが、自分としては一番のお気に入りです」     「 『8番らーめん』 をリストに入れてください。 首都圏で流行っているようなガッツリ系ではないですが、古臭くもなく、また食べたくなるような味です」 「来来亭が無いとは、どういうことだ!」      
といった声も。 日本人のラーメン愛は、どこまでも深いようだ。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       カルピスは3月4日、定番ブランド 「カルピスウォーター」 のリニューアルを行い、全国で発売する。                 カルピス        「カルピスウォーター」 は、「カルピス」 本来の甘ずっぱいおいしさがすっきりとした後味で楽しめる、さわやかな乳性飲料。 1991年の発売以来、手軽に 「カルピス」 が楽しめると幅広い世代から支持されてきた定番ブランドだ。      発売22年目を迎える2013年に行われるリニューアルでは、おいしさに磨きをかけて新登場。 乳酸菌飲料 「カルピス」 の特長のひとつに、「カルピス」 ならではの “香り” が挙げられる。      同社はこの香気成分に関する研究・分析を進め、発酵過程で生成される “香り” がおいしさを向上させていることを解明。 今回はこの発酵由来の “香り” を活かし、今まで以上に 「カルピス」 独自のおいしさを感じられるよう、レシピを改訂した。 (narinari.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
                   冬景色        先日、あまりの寒さに 「冬の良いところ、寒さの良いところを挙げてみよう!」 と思い立ちました。 それで考えていましたら、思い当たったのです。 寒いからこそ美しくなるものがある、と。 雪景色とか、雪の結晶とか、霜柱とかね。 まだまだ美しいものはあるはずだと調べてみましたら、世界には寒さのおかげで美しい冬景色がたっくさん。 ぜひ見に行きたい!         ■ ミシシッピ川近くのミネハハの滝の裏側 ミネハハの滝    凍った滝を裏側から撮ったこの写真は、空の色が見えているのか、青く光っていてとっても幻想的。 アメリカはミネソタ州にあるミネハハの滝(Minnehaha Falls)の様子です。 ときには、滝の音もしなくなるほど完全に凍ることもあるとのこと。 行ったことのある人によると、滝が凍っているときには、15分でほっぺの感覚がなくなるほど寒いらしいので、もし見に行く場合には防寒対策をしっかりとしてください!        ■ 氷に閉じ込められた泡が神秘的! カナダのアブラハム湖       カナダ    カナダ・アルバータ州にあるアブラハム湖は、冬場になって凍る際、こんな神秘的な模様ができるのだそう。 これは湖の底に生えている水中植物が発生させるメタンガスによってできる現象とのこと。         ■ まるでファンタジーの世界! クロアチアのプリトビチェ湖群国立公園   スクリーンショット 2013-02-11 15.06.33      クロアチアで一番大きな公園、実はこちらの公園は、冬もびっくりするほど美しいのです。 滝は凍っているけれど、湖の水は透明度を保ったまま。なんだかファンタジーの世界のようです!        ■ 青く輝く壮大な氷の洞窟。スイス、ツェルマットの近くのゴルナー氷河の地下   ゴルナー氷河    こちらの洞窟は、2012年10月に初めて調査隊が入って撮影されました。 チームの一人によると、この洞窟の内部は鮮やかな青に見えたそう。 この氷河は毎年15メートルくらい動いているので、まったく同じ状態の洞窟を見られることはないんです。 こんなに壮大な氷の洞窟を、ぜひ一度見てみたい!         ■ エメラルドグリーンのストライプ模様が美しい。 翡翠氷山   翡翠氷河    ミントキャンディーのような色と模様が美しいこの氷山は 「翡翠氷山」 と呼ばれるもの。 青いストライプが入った氷山もありますが、そちらは単に溶けた氷山がすぐに凍ったもの。 緑の氷山は、微妙な温度と条件で溶けたり凍ったりした場合にできる、非常に珍しいものなのです。 「ここに行けば見られる」 という場所があるわけではないからこそ、いつかは見てみたいものです。        ■ 大きな波が盛り上がったまま、そのまま凍っちゃった!? 南極の氷の壁   南極の凍った波    まるで大きな波が、打ち寄せる間に凍ってしまったよう。 もちろん、実際には波が凍ったわけではなく、長い時間をかけてこんな雄大な景色があるなんて、さすが南極。 非常にダイナミックです!        ■ 湖の底に向かって走る亀裂がダイナミック! バイカル湖の凍った湖面   バイカル湖    バイカル湖はロシアにある世界で最も古い古代湖。 もともとは海溝だったと言われ、水深は平均744メートルと非常に深いのが特徴です。 また、透明度が40メートルもある場所も。 そんなバイカル湖、1月から5月にかけて凍結します。 その凍結した湖面をカメラマンのグループがスケートで渡って撮影。 暗い水の奥の方まで亀裂が走っていて、なんともダイナミックです。 これだけ氷が厚いということはよっぽど寒いということでしょうが、一度は見てみたい雄大さです。        ■ 超巨大な霜柱!? スウェーデンにできた氷の生垣 氷の生垣    こちらの生垣は、スウェーデンのノーフォークにできたもの。 巨大の霜柱に見えますよね。 これ、植物でできた生垣に、車が飛ばした水がついて、それが凍ってできたもの。 多くの人が車を停めて見に行ったのもうなずけます。 完全な自然現象ではなく、人の手が入っていますが、おもしろい冬景色です。          いかがでしたか? どれも非常に寒そうですが、寒いからこそ見られる美しいものも、世界にはたくさんあるのですよね!                     ツイートこの記事をつぶやく
      海猿       海猿1       海猿2        フジテレビへの絶縁宣言で注目を集めているマンガ家の佐藤秀峰氏が、「売ってもらったクセに思い上がるな!」 などとバッシングを受けていることを自身のTwitterで告白。 「描いたらまた嫌な思いをするのかな? 」 と苦悩を吐露している。      佐藤氏は先月25日に投稿したツイートで、フジテレビの “アポ無し” 取材や、自身の著作 「海猿」 の関連書籍が契約書なしに販売されるなどといった度重なる非礼な行為に激怒し、「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」 と絶縁宣言し、大きな話題となっていた。      その後、佐藤氏のもとにはメールやTwitterを通じて、「死ね」 や 「作品は作者の物じゃない、ファンの物だ」 といった中傷、バッシングがあるという。 さらに31日には 「売ってもらったクセに思い上がるな! 海猿はファンのものであってお前のものじゃない!」 との声が寄せられていることを明かした。      佐藤氏はこうしたバッシングに対し、「作品における原作者とお客さんの関係も考えてしまうなぁ…」 と複雑な胸中を吐露。 マンガとそれを原作にしたドラマや映画の関係について、「それらは原作の二次創作物だ。 映像化によって原作が広く認知されるケースもあるし、海猿はまさにそうだと思うけど、僕は原作を使っていただいているのだろうか? 使わせてあげてるのだろうか? どちらでもないと思う」 「原作者には原作者の権利があって、二次利用者には二次利用者の権利があって、お客さんにはお客さんの権利があると思う。 お互いに権利外のことを主張するのも、侵害するのも正しくないと思うけどな…」 と持論を展開した上で、「いつも、漫画を描かなければこんな嫌な思いをすることはないのかな? と考えると、原稿に向かう気が失せてしまう。 もちろん、応援してくださる読者の声は大きな励みになっています。 でも、傷つくんだよ。 傷つかない仕事がしたい」 と、思い悩む胸の内を吐露した。      同氏は著作 「ブラックジャックによろしく」 の二次使用をフリー化したことでも大きな注目を集めたが、今回の件を受け、「 『ブラックジャックによろしく』 は二次使用フリーにして、何をされても傷つかないし楽しめるので、すごく良かったです。 いっぱい儲かったし。 海猿もそうすればいいのかな…?」 との考えも示している。(rbbtoday.com)                          ツイートこの記事をつぶやく