牛めしバーガー        牛丼チェーン大手 「松屋」 が販売を開始した 「牛めしバーガー」 が絶好調だ。 ハンバーガーのパテの部分を円形のご飯にし、牛丼の具を挟むという牛丼店らしい特徴あるバーガーだ。          「牛めしバーガー」は現在、1個130グラムのバーガーが2個入った袋で販売されている。 2013年2月15日から始まった通販サイトでは5袋1セットで、価格は税送料込みで2980円(現在はキャンペーン中で2380円)。 店頭では18日から1袋380円で販売が始まった。        松屋フーズ広報によれば、牛丼は今や国民食となったが、一方でハンバーガーも国民食だから、それをドッキングさせ、牛丼よりも手軽に食べられるだけでなく女性受けもいいはずだと商品化した。          もともとこの商品は同社の冷凍食品の販売を拡大する目的で開発されたものだが、運転しながら片手で食べられるため、150のドライブスルーやサービスエリアで実験的に販売を開始。 お客の希望により温めて提供するようにしたところバカ売れ状態なのだという。
        「ご好評いただいておりまして、通販、店舗トータルの売り上げは当初予想の2倍になっています。 また、お店で座って食べたいという要望も寄せられていますので、これから検討していきたいと考えています」
        と同社広報では話している。          牛丼チェーン各社は値引きキャンペーン合戦を繰り返したため疲弊し、2012年からはコメと肉の価格高騰が押し寄せ、軒並み大幅な減益になり、13年3月期決算の予想を下方修正している。 松屋もその一つだが、今回の 「牛めしバーガー」 は起死回生の救世主になるのか。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
               一番好きな日本の昔話 桃太郎が1位で本当は怖い話挙げる人も        「坊や~良い子だ寝んねしな♪」 「に~んげんっていいな~♪」 この歌詞にピンと来る人は、いったい何歳以上の人なのでしょうか? TBS系で2006年まで放送され、老若男女に人気を博したアニメ 『まんが日本昔話』 のテーマ曲です。        改めて考えてみると、「米一粒に7人の神様」 が宿っているくらい、私たちの身の回りには日本独自の神話・昔話が満ち満ちています。 八百万の神様に囲まれて育ってきた日本人は、子どものころから無意識に、多くの昔話に触れているものです。        星の数ある昔話の中でも、特に広く認知されているお話は何なのか? それを知るべく、「一番好きな日本の童話・昔話は?」 という調査を実施しました。回答結果は以下の通りです。        ・はなさかじいさん:6.7%      ・浦島太郎:7.7%      ・金太郎:2.0%      ・一寸法師:2.7%      ・鶴の恩返し:9.1%      ・桃太郎:16.7%      ・さるかに合戦:3.5%      ・笠地蔵:11.7%      ・この中にはない:10.0%      ・特にない29.8%   (リサーチパネル調べ、16万5945人が対象)        設問の中でトップだったのは、「桃太郎」 でした。 回答者からは、「幼稚園のお遊戯で桃太郎になった!」 「一番思い出すのはこれですね」 「おばあちゃんに聞かされたなぁ…」 など、昔を懐かしむ声が寄せられました。 子どものときにおばあちゃんが聞かせてくれたお話は、大人になっても忘れないものですよね。          以下、各作品へのコメントを少しずつ見てみましょう。      【はなさかじいさん】    「ここほれ!わん!わん!が好きだった」    「政治家の皆さん、この作品の意図が何であるか、一度お考えになってください!」        【浦島太郎】    「亀とは、竜宮城とは、玉手箱とは一体何なのか?原子力問題に通じるところがある」    「因果応報。 人生は帳尻が合うようになっているという奥の深いお話です」        【金太郎】    「小さい時に母に話しをしてもらいながら、寝ていた事をおもいだします。  今は、もう、大好きだった母は、いません」    「エンディングが悲しいお話より悪い物をやっつけに行ってーのような分かり易いお話の方が好きです」        【一寸法師】    「小さくても頑張ればよいことがある」    「小さな日本(一寸法師)が、大国(鬼)をやっつけるおはなしです」        【鶴の恩返し】    「一宿一飯の恩義…動物でも感じることのできる心」    「見ないと約束したのに、約束が守れなかった。 これが人間なのです」        【さるかに合戦】    「意地悪すると自分に帰ってくるという教訓」    「人生において考えさせられるとき、思いだす作品。奥が深い!」        【笠地蔵:11.7%】    「義理と人情で日本人らしい!」    「登場人物がみんな幸せになる。 情けは人の為ならず」        「因果応報」 「他者への思いやり」 「義理と人情」 といったコメントを見る限り、単純に物語を楽しむだけでなく、昔話に触れたことが “人生” における貴重な財産となっている人が多いようです。 親から子へ、子から孫へ受け継がれる日本の文化をこれからも大切にしたいものですね。        さて、全体の約4割を占めた 「この中にはない」 「特にない」 の回答の中には、少々気になるコメントが見られました。 以下、その一部をご紹介します。        「かちかち山。 お爺さんがたぬきに騙されて、おばあちゃんの肉を食べる。 たぬきの背中に火をつけるという話」      「 『とうせん坊』 いじめられた復讐に見境なく人を殺す主人公。 不条理すぎる結末が余計に怖い」      「舌切り雀…」        いくつか存在すると言われる “本当は怖い昔話”。 気になる人は、ご自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。(shunkan-news.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
      長時間歩く          よし! 健康な体を手に入れるために、ジムに行こう! 現在ジムに通っている多くの人が、きっとこういった理由でジムに通い始めたことだろう。 しかしジムの外では全く運動していないというのなら、その生活スタイルは見直した方がいいかもしれない。        なぜならジムで激しい運動を短時間するより、軽くてもいいので長時間歩いた方が、インスリン感受性や血液脂質レベルといった糖尿病・肥満パラメータを改善できるからだ。 これはオランダ・マーストリヒト大学の研究者たちが発表したことで、彼らは以下のような実験を行い、今回の結論を導き出した。            【実験内容】      1.19歳から24歳までの若者18人を3つのグループに分ける。      2.グループAはなにも運動せず14時間座り続ける。 グループBは13時間座り続け、1時間だけ激しい運動をする。 そしてグループCは6時間座って、4時間歩き、2時間立った。        この結果、消費エネルギーが同じとき、長時間運動していたグループCの方がほかの2グループより、はるかにコレステロールレベル・脂質レベルが改善されていた。        これを受けて、今回の研究リーダーを務めたマーストリヒト大学Hans Savelberg博士は次のようなことを話している。        「たとえ毎日1時間の運動をしたとしても、他の時間にただ座り、運動しなければ、そこから生じるインスリン感受性や細胞脂質に対するマイナス効果は残ったままです。 つまりゆっくりのウォーキングや立ちっぱなしという軽い運動で 『運動しない時間』 を減らす方が、短時間の激しい運動より健康にいいのです」        運動しない時間が健康の大敵であることを示唆する今回の研究結果。 激しい運動のあと、大きな達成感からそのあとダラ~と過ごすことはよくあること。         なので、今回の研究結果をしっかり胸に刻み込み、運動しない時間をできるかぎり減らせるよう心がけよう!(rocketnews24.com)                        ツイートこの記事をつぶやく