人口密集地では、どこに行っても待たされることが多いものです。        必然的に行列に並ぶことになりますが、「タイではちょっと変わった列の並び方をしている」 と話題に上っていた写真がありました。       タイの並び方        オオォォォ-、実際に並んでいるのは履き物たちだけ。        履き物の上に居るはずだった人々はというと、のんびり座って待っています。 これなら全員が立って待たずに済みますね。        足が真っ黒に汚れそうだとか、履き物が同じだったらどうするんだとかはありますが、とりあえず行列に立って延々と待つよりはよくできたシステムなのかもしれません。        列に並ぶことの世界事情も含めて、海外掲示板のコメントも盛り上がっていました。          ●なんでそんなに、お行儀がいいの?    ●アメリカじゃないからさ。    ●カナダのケベックにいるアメリカ人として言うが、きちんと並ぶここの様子に驚いている。 バスの列もすごいしどこにも書かれていないので、そういうルールを守るのが難しい。 列は完璧でしかもみんな同じ間隔を保っていて、バスに乗り込むときはマナーよく落ち着いているんだ。    ●フランスより。 カナダが行儀がいいなんてアメリカ人くらいしか思わないだろうな。    ●明らかにタイに行ったことがないという感想だ。 この写真は行儀の善し悪しを反映したものだ。 列なんてものはないよ。 押しあいへし合いで前に行くということしかない。    ●これは天才だな。    ●だけど1人分順番が前に行ったらどうするんだい? いちいちそのたびに全員が立って靴を1足分動かすのかい? 自分の順番が回ってくるまで、何度も靴を移動させにいくのかい。    ●待っている施設がまだ開いていないんだろう。 多分窓口が開いたらみんな立って普通の列になるんじゃないかな。    ●それでも天才だ。    ●番号札でいいじゃないか。    ●これを自分の国(パキスタン)でやると、順番を抜かされるどころか靴まで盗まれる。    ●イギリス人として意見させてもらう。列に並ぶことに関しては、我々がまだ不敗の世界チャンピオンだ。 これは何なんだ? どんななまけ者がこんなスタントをして見せてるんだ? 列というのはリラックスするものじゃないんだ。 列をなんだと思っているんだ。 列というのは不快なものなんだ。 不快そうに好きでもなく知りもしない人の近くに立って、きれいな[空気]2:[体臭]1:[おなら・げっぷ・その他の悪臭]1の割合で息をしているんだ。 とにかく不快でぎこちないんだ。 もう家をその日に出たことを後悔しているんだ。 これはアジアの何のおまじないなんだ。    ●カナダ人だけど、待っている間は本を読んでいるよ。    ●今じゃiPhoneで映画も見られるよ。    ●ロシアのシステムはもっといい。 部屋に入ってきたら、「誰が最後?」と尋ねる。 すると最後の人が答え手くれるので、それを聞いたらゆっくりと人間らしく座る。 列が前に進むと自分もついていける。 部屋にいる人全員がだいたいの順番を理解している。 誰かが順番を抜かそうものなら、全員で非難だ。    ●キューバでもそのスタイルだよ。 共産圏は待つことの効果的な方法を産み出すんじゃないかな。    ●イスラエルで 「誰が最後?」 なんて尋ねりゃ、誰も認めないさ。 全員が 「お前だろ」 と返事してくるよ。    ●↑確かに間違っちゃいない。    ●↑尋ね方を変えりゃいいんだな。 「誰がオレのすぐ前にいるやつなんだ?」 とね。    ●自分はアメリカ人だけど、そんなのが機能するのは飼い犬にだけだ。        どこも行列に並ぶスタイルや文化があるようですが、それぞれのお国柄やマナーの善し悪しなどが少なからず出るようです。        アメリカのマナーに対する悪評が目立ちますが、異文化の人が集まっていることから、暗黙の了解が成立しにくい面もあるのではと思います。 (labaq.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      日本の古き結婚式        日本の伝統文化を映したある映像が、世界の人々をうっとりさせている。        「Japanese Traditional Wedding」 というその動画には、タイトル通り日本の伝統的な結婚式が映し出されているのだが、その結婚式が本当に美しい!        こんな素敵な映像は一体どこで撮影されたんだと探していたら、この動画の概要欄に、制作者が書いたと思われる以下の説明文が記されてあった。        長野県小谷村にある人口の7割が65才以上の限界集落大網地区。 大網に生きて行こうと決心した二人の門出を撮影しました。 装飾は仲間たちが、料理は地元のおばちゃん達が作り、姫川太鼓が鳴り響き、村を行列する日本の古き良き結婚式です。 (YouTubeより引用)        この説明文にもある通り、動画には健一さんと綾香さんという二人の男女の門出を祝う大網(おあみ)の人々が登場する。 みんな満面の笑顔で二人の結婚を祝福しており、見ていると、自然と心が温まる本当に素敵な内容となっている。        そして多くのことを学ばせてくれるこの動画には、日本のネットユーザーのみならず、海外のネットユーザーも心打たれており、次のようなコメントが続々と寄せられている。              【日本ネットユーザーの声】      「涙がでました」      「心暖まるお式で本当に感動しました。 誰しも若い頃は西洋式に憧れ簡略化が進み人との繋がりが薄れた今、私を含め見直したい日本の伝統だと思いました」      「人が純粋に祝う姿をみることがこんなに嬉しいなんて」      「近所のおばちゃんの表情・折り紙で作った飾りとか、村全体がめちゃ温かいなぁ。 素晴らしいです。お幸せに!」      「晴れ姿を見守るおじい様の表情が胸にぐっとくるものがありました。 全てが美しい。 拍手」      「難しい言葉は出てこないけど、白ってこんなに美しかったんですね」      「日本…一言ですね」          【海外ネットユーザーの声】      「とてつもなく美しい」(ウクライナ)      「なんて可愛らしいカップルなんだ」(インドネシア)      「これは素晴らしい!」(イギリス)      「ただただ美しい……」(ペルー)      「これが日本式の結婚式なのか。いけてるじゃん!」(アメリカ)      「素晴らしい! 私は日本、そして日本の伝統が大好きです。私の体がどこにあろうとも、気持ちはいつも日本にあります」(アメリカ)      「美しい。日本の伝統は素敵だよね」(シンガポール)      「なんとも可愛らしい」(ドイツ)      「二人とも、とっても幸せそうで、そして綺麗! この素敵な結婚式を共有してくれてありがとう!」(アメリカ)  ※( )内はコメント投稿者の居住国        世界の人々をも魅了する大網の古き良き結婚式。みなさんはこの映像を見て、いったい何を感じるだろうか? 日本にしかない日本の良さ、そして人とのつながりの温かさを考える上でも、この映像はぜひ一人でも多くの人に見てもらいたい。           日本の素晴らしさが伝わってきます。      Japanese Traditional Wedding        ツイートこの記事をつぶやく
           花粉モデル          環境省によると、今年は1月下旬に既に花粉が飛散開始をしたとのことで、例年よりも早めの花粉シーズンが到来した。  都内では昨春の5~6倍、例年の2倍程度となる見込みとされ、鼻水や目のかゆみなど、いつも以上に辛い季節が待ち構えているようだ。         ウェザーニューズの調査では、花粉症で気になる症状は 「鼻」 と 「目のかゆみ」 でそれぞれほぼ同数。 また、近年花粉症状を訴える子どもも増えているようで、メガネブランドJINSの調査によると、4歳~12歳の子どもの3人に1人が花粉症で、その半数以上が目の症状を訴えているという。        口や鼻から花粉が入るのを防止するため、マスクをする姿は珍しくなくなっているが、目についてはどのような対策があるのだろうか。 「目の花粉症」 への対処法を医療法人社団 慶翔会理事長の深川和巳先生に話を聞いた。          ■ 「目の花粉症」 予防と初期治療でその後の症状半減        花粉症というのは、スギ花粉症によって起きるアレルギー反応のこと。 深川医師によると、体のなかに、花粉が入ってくる経路としてあるのは目と鼻、口、そして最近問題になっているのが “花粉皮膚炎”。 花粉が皮膚にくっついてアレルギー反応をおこすことがあるというのだ。 「顔の中でも、特にまぶた。 皮膚が敏感なので、アレルギー反応がおこりやすいのです。 まぶたが赤く腫れて化粧ののりなど が悪くなったら、花粉症かもしれません」        深川先生によると、症状がすすんでしまうと強いステロイドなどの入った薬を使うこともあるため、なるべく副作用の影響の少ない薬で済ませるためにも、予防と初期治療が大切。 予防の目薬をさすだけでも、その後の症状が半分に抑えられるという。        今や、国民の3分の1が花粉症を持っているといわれるが、「実際クリニックに来る患者さんも年々増えてきています。 毎年毎年花粉を浴び続けると、だんだん(アレルギー物質としての花粉が)体のなかに増えてくるんですね。 だからそもそも花粉を体に入れない、くっつけないことが重要です」 (深川先生)          ■ 目のケアを生活習慣に――目にも 「マスク」 を        アレルギーの治療というのは、花粉症に限らず基本的に “セルフケア”。 抗原回避、つまり抗原がアレルギーを起こす場所にくっつくのを遮断することが第一だ。        「花粉が入ってくるのを防止するためには、鼻や口にマスクをするように、目にも “マスク” ――メガネをかけるのが効果的です。 コンタクトしている人でも、メガネにするだけで症状は半分になります。 最近はカラーコンタクトをしていて、そこは外したくないという方も増えていますが、外出時だけでも花粉防止メガネをかけるようにすると、むしろ目の美しさを保てますよ」        ちなみに飛散する花粉は、どのように顔に付着するのか?  メガネブランド・JINSが花粉の飛散を示した動画を公開しており、そこでは裸眼と通常のメガネをかけた場合、そしてJINS花粉カットメガネをかけた場合の3パターンで、花粉が顔にくっつく状況をシミュレーションしている。 わずか50秒ほどで顔中真っ黄色になるほどの花粉の量が飛んでいることがわかり、衝撃的だ。  ちなみに同メガネの花粉カット率は最大93%なのだという。        「今年は中国大気汚染の影響もあり、皮膚に対して刺激物質が多くなることが予想されます。 弱まった皮膚はアレルギー反応も起こしやすくなるため、マスクをするように、目にもメガネをかけること。 そして外出から帰ってきたときに手とうがいをするように、目も洗うなど、“目のケア” を生活習慣にしてしまうことです。 ただ、目の洗浄液を使うときは、防腐剤が入っていないものを選びましょう。人工涙液もいいですね」 (深川先生)(news-postseven.com)                          ツイートこの記事をつぶやく