他人のパソコンをウィルスに感染させ遠隔操作し犯罪予告を出したとして逮捕された片山祐輔容疑者(30)が、ネットの掲示板やブログ、ツイッターで思わぬ 「人気者」 に祭り上げられている。          それは、名前が祐輔であり、その風貌や経歴などが掲示板 「2ちゃんねる」 で生まれた架空の人物 「ゆうすけ」 のイメージにきわめて似ていたからだ。 ネットでは 「リアルゆうすけが存在していた!」 と驚く人や、片山容疑者の逮捕後の近況を報告する 「ゆうすけ速報!」 なるブログを立ち上げる人も出ている。              「2ちゃんねる」 から生まれた有名なキャラクターは 「のまネコ」 「ようかんマン 」「やる夫」 などがあり、また、ベストセラーとなった 「電車男」 といった物語もある。 2008年頃から盛り上がったのは、世相を反映した架空の人物を設定し、その生い立ちや生活、行動などを 「2ちゃんねる」 ユーザーが勝手に想像して議論するという遊びだ。          その人物の一人が 「ゆうすけ」 で、イメージは年齢が30歳前後、無職の引きこもりでコミュニケーション障害、小太り、ネットばかりやっている、という感じだ。 このイメージを元に様々な物語(文章)が作られた。 例えば、        「ゆうすけ、あんたはね、ネットだけの知識で頭でっかちになってるよ。 2ちゃんねるで取り入れた知識を偉そうに私やトーチャンに話してるけど、働いたこともないあんたが言うと滑稽なんだよ」      「ゆうすけくん。 自信を持って。 大丈夫、就職できるから。 諦めないでね。 就職すれば結婚も出来るから。 そうすればお父さんもお母さんも安心するでしょ?」      「ゆうすけ、何で同じ兄弟でここまで違うかねえ。不思議だねえ」       などと書かれてきた。          また、「ゆうすけはパソコンの大先生だもんな」 というものもある。 この 「パソコンの大先生」 は 「ゆうすけ」 の飾り言葉のようになっていて、良いイメージで使われていない。              この 「ゆうすけ」 は、最近ではあまり 「2ちゃんねる」 に登場しなくなっていたが、片山容疑者の姿がテレビに映り、名前が裕輔だと表示されたとき、ネットでは        「絵にかいたようなゆうすけじゃねーかwww」      「パソコンの大先生って実在してたのかよ」      「ゆうちゃんがそんなことするわけないざますwwwwwww」       などの書き込みが出て騒ぎになった。 また 「ツイッター」 では 「ゆうすけ」 の新しい物語りが大量につぶやかれている。          こうしてネットでの盛り上がりを楽しんでいる人が多いのだが、片山容疑者は現在も容疑を否認しているため、リアル 「ゆうすけ」 として祭り上げられていることについて、        「ゆうすけ誤認逮捕だったら、どうするんだろーなー」        などと心配する声もツイッターに出ている。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
      プレイモービル          なんで、こんなオモチャ出すんだよ!? っていう衝撃のオモチャに、世界中の人々が物議を醸している。        そのオモチャとは、みなさんもご存知の 「プレイモービル」!         消防士や看護士など超現実的な職業モノから、中世の騎士や童話の登場人物などメルヘンなモノまでをテーマにプラスチックの人形や建物や小物で模した、男女問わず長年人々に愛され続けているドールセットのシリーズである。        これまでもユニークなテーマのものが多く話題に上がることも多かったが、今回特に問題視されているのは、なんと 「銀行強盗」 というものだ! ひえええ!!        気になるセットの主な内容は、銀行(建物)、ATM、お札、金の延べ棒、カギ、パソコン、ドライバー、棒レンチ……そして銀行員らしき人形と、サングラスを掛けピストルを手にした人形1体づつ!! お値段は、およそ35ポンド(およそ5千円程)らしい。         ちょい高い気がする。        このセットがあれば、銀行強盗が棒レンチやドライバーを使ってATMをこじ開けるシーンや、銀行員をピストルで脅して金品を巻き上げるシーンなどをプレイすることができるらしいのだが……。          ・コレに対する、海外ネットユーザーの声は次の通り      「マジ愚かすぎ」      「親は不適切だと思うだろうなあ。俺は問題ないけどな」      「え、なに、これ公式なの?」      「子供が強盗になるための練習か」      「あなたの子供、きっと銀行強盗を再現するわよ」      「信じらんない! まさに米国が必要としているのね!」      「世界の未来! 犯罪者のために!」       とまあ、予想通り多くの人々が嘆いているぞ。        もしかすると 「銀行強盗に押し入られたときに、どう対処したらいいか?」 が本来のテーマかもしれないが、4~10歳の子どもたちに意図が伝わるかどうかは甚だ疑問だ。        はたしてこのオモチャが子供への教育に必要なのか、それとも逆効果なのかは現時点では計り知れないが、記者が親だったらまず与えることはないだろうと確信している。 運悪くゲットしてしまった子供たちが、変な方向に教育されないで欲しいと願わずにはいられない。(rocketnews24.com)                              ツイートこの記事をつぶやく
               吉田沙保里        国際オリンピック委員会(IOC)は2月12日、スイス・ローザンヌで理事会を開き、ロンドン五輪の26競技から、20年五輪で実施する25の 「中核競技」 を選定し、レスリングが除外された。      レスリングは1896年のアテネでの第1回五輪で実施された8競技のうちの一つで、歴史と伝統ある世界的に普及した競技であるだけに、大きな違和感は禁じ得ない。        日本にとって、レスリングはお家芸で、過去金メダルを男女合わせて28個獲得。 獲ったメダルの総数は62にも及ぶ。 先のロンドン五輪では、男子フリースタイル66キロ級の米満達弘、女子フリースタイル63キロ級の伊調馨、同55キロ級の吉田沙保里、同48キロ級の小原日登美が金メダルを、男子フリースタイル55キロ級の湯元進一と、男子グレコローマン60キロ級の松本隆太郎が銅メダルを獲得している。      中核競技から除く1競技の選定は、IOCのジャック・ロゲ会長を除く14人の理事により無記名で投票。 1回目の投票ではレスリングと近代五種が各5票、ホッケーが2票、テコンドーとカヌーが各1票だった。 以降、この5競技に絞り、過半数を取る競技が出るまで、最少得票の競技を除きながら繰り返し投票を実施。 最後の4回目の投票でレスリングが8票と過半数となり、近代五種とホッケーは各3票だった。      選定基準は世界的普及度やテレビ放送、スポンサー収入など39項目を分析した報告書を基に、理事会が判断したとされるが、明確な理由は明らかになっていない。      20年五輪では中核競技に選定された25競技に、16年リオデジャネイロ五輪から採用されるゴルフ、7人制ラグビーに加え、残り1競技が入る。 その1枠はレスリングの他、復帰を目指す野球と女子ソフトボール、空手、武術、スカッシュ、ローラースポーツ、スポーツクライミング、水上スキーのウエークボードの8競技のなかから、5月の理事会で候補を1または複数に絞り込み、9月の総会で決定する。 皮肉なことに、日本オリンピック委員会(JOC)が強力に復帰を推進する野球と女子ソフトボールが、レスリングと1枠を懸けて争うことになってしまった。      ただ、IOCでは大会の活性化のため、競技の入れ替えを進める方針で、理事会で評価の低いレスリングの存続は極めて厳しい情勢とみられている。      五輪には欠かせないと思えるレスリングがなぜ、除外されてしまったのか? IOCがまとめたロンドン五輪実施26競技の評価報告で、レスリングは低い評価だった。 ロンドン五輪での人気度は10段階の5を下回り、テレビ視聴者数やインターネットのアクセス数、メディアによる報道も少なかったと判定された。      IOC委員や理事の出身国も影響したとみられる。 レスリングが強いのは東欧、中東、米国、日本といったところで、IOC委員の3割強がレスリングの普及が遅れている西欧出身。 ロゲ会長を含む理事15人のうち、9人は欧州出身だが、レスリング強豪国の出身者は一人もいない。      当初、除外されるのは近代五種かテコンドーが有力ともいわれていたが、両競技の関係者が理事のなかにおり、ロビー活動(政治的な働きかけ)にも熱心に取り組んだ。 次期韓国大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏は韓国発祥のテコンドー存続のため、ロゲ会長に直訴もした。 一方、レスリングは 「除外されるはずがない」 との慢心から、ロビー活動はしていなかった。      むろん、政治的背景だけではない。五輪の商業主義化も、大きな要因だろう。 IOCは国際レスリング連盟(FILA)に対し、これまで、男子で実施しているグレコローマンが 「動きが少なく見映えしない」 点や、ルールの複雑さを指摘してきた。 つまり、「テレビ向きではない」 ということだ。      すなわち、競技自体が見ていて、面白みに欠けルールも難解とあれば、世界的にスポンサーも付きづらく、チケット販売収入、放送権の獲得や、その権料の金額にも影響する。 早い話、商売になりづらいレスリングが、除外されたということだ。 強豪国の日本国内でさえ、注目度が高かった吉田沙保里や浜口京子の出場試合こそ、視聴率も高かったが、その他の選手の出場試合は低かったのが現実。      とはいえ、レスリング以外にマイナーで、ビジネスになりづらいような競技は多数ある。 それなのに、なぜレスリングが除外なのかとの疑念は尽きないが、IOCで決まったことは、もはや覆せない。      復帰を目指す野球は試合時間が長く、テレビ放送に適さないため、7回制にすることを検討するなど、なりふり構わぬ姿勢を見せている。 レスリング以外の7競技は、すでにロビー活動を始めており、レスリングがこれから開始しても立ち遅れは否めず、劣勢となるのは間違いなさそうだ。(npn.co.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
             iphone5S        「顧客のニーズに応えるべき」 「Appleが課すノルマでは国内メーカーが壊滅する」 など、賛成意見にも反対意見にも説得力がある 「ドコモ版iPhone」 ですが、「iPhone 5S」 からNTTドコモが発売に踏み切る可能性があることが報じられました。        Apple Cuts iPhone 5 Production Ahead of ’5S’ Says Jefferies – Tech Trader Daily – Barrons.com        ウォール・ストリート・ジャーナル傘下の投資情報紙 「BARRON’S」 の報道によると、AppleがiPhone 5の減産に踏み切っているそうです。 これは6月ないし7月の 「iPhone 5S」 発売に向けたもので、受託生産を手がけるメーカー各社は3月の量産開始に向けて準備を進めているとのこと。      また、新たにiPhoneを販売する携帯電話会社としてNTTドコモとチャイナモバイルが加わることが期待されており、NTTドコモが 「iPhone 5S」 に注力するのに対して、チャイナモバイルは廉価版iPhoneに注力するほか、既報の通り大画面版iPhoneの年内発売は見送られると考えられています。        加藤社長がiPhoneについて 「当社の扱うスマートフォン全体の2~3割なら受け入れ余地はある」 とコメントしており、「dマーケット」 で展開している 「dゲーム」 をiOSにも対応させるなど、ある程度受け入れに前向きな姿勢を見せているNTTドコモ。        過去最大となった2012年11月の純減に続き、2013年1月も純減するなど、KDDIやソフトバンクのiPhoneに押されて足元に火が着きつつあるわけですが、今後を見守りたいところです。               ツイートこの記事をつぶやく