死人写真        時代によって、その時それぞれの慣習というものがある。 なかには、「なぜこんなことを行っていたの?」 と疑問に思うものも多々ある。 そんな時代性の違いを痛感させる過去のある慣習が、いま再び注目を集めている。        そのある慣習とは、死人写真である。 これは19世紀後半のヨーロッパで行われていた写真スタイルで、息絶えた人を生きているように見せるため、死者の目をパッチリ開いたままにしたり、出来上がった写真に色をつけたりしていたらしい。        それでは、どんな時にこのような写真を撮っていたのだろうか? 実はこの時代の乳児死亡率は高く、早くにして亡くなったわが子と、最後の思い出に写真を撮る家族が多かったようなのだ。        そう考えると、これらの写真は今にも通じる 「親から子へ向けられた愛」 がたくさん詰まったものなのかもしれない。 (rocketnews24.com)          みなさんはこれらの写真を見て、いったい何を感じるだろうか?         ▼生きているように見せるため、死者の目を開かせたまま写真撮影を行っていた   1       ▼本当に生きているように見える   2       3         4         ▼死者を棺に入れたまま、撮影するケースもあった   5         6         7        ▼写真の上から色をつける手法 当時の人々はどんな想いでこれらの写真を撮り、そしてどんな想いで出来上がった写真を眺めていたのだろうか?   8         ツイートこの記事をつぶやく