d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

久しぶりの香港 おのぼりさんのようにオープントップバスに乗ってます。 たいしたことないね‼

ツイートこの記事をつぶやく
                         東京・六本木のギャラリーで男性モデルの性器などが写った写真集を販売したとして、シンガポール国籍の世界的写真家レスリー・キー氏(41)が4日、わいせつ図画頒布の容疑で逮捕された。 警視庁保安課によると、約50ページのほとんどに露骨に男性性器が写っており、わいせつ性が高いと判断したという。        世界を舞台に活躍するレスリー氏は、本人がゲイをカミングアウトしていることもあり、男性をモチーフにした過激な写真で知られている。 また、浜崎あゆみ、倖田來未、松任谷由美、黒木メイサら日本の女性アーティストのCDジャケットや写真集を数多く手掛け、レディー・ガガやビヨンセら海外セレブも被写体になったほか、近年は宝塚歌劇団のポスターなどを担当していたことでも知られている。 エロスを前面に押し出した作風は国内外で評価が高く、突然の逮捕に「表現弾圧だ」「逮捕は当然」などとネット上で論争が巻き起こっている。        なかでもアートやファッション関係者からは擁護の声が多く上がっている。 テレビ番組 「ファッション通信」 (BSジャパン)のエグゼクティブプロデューサー・山室一幸氏は、ファッション系サイトで 「大人の被写体たる男性のヌードを本人了解のもとに撮影し、それをアート作品として表現する意図において、モザイクがかかっているか否かという二元論は無意味ではないだろうか」 と逮捕に疑問を呈し、「そんなことを問題にしていたら、テリー・リチャードソンもロバート・メイプルソープの作品も、単に 『猥褻物』 として扱われてしまう」 と記している。        この発言で引き合いに出された米国の写真家ロバート・メイプルソープをめぐっては、写真集の日本語版を刊行した出版社社長が成田の税関で 「わいせつ図画」 と判断され、持ち込み禁止処分を受けたことがあった。 これに不服を唱えた社長側は裁判に訴え、最高裁判決で 「わいせつに当たらず」 との判決が下っている。          「芸術かワイセツか」 の判断は非常に曖昧であり、これまでも澁澤龍彦の 「サド裁判」 や大島渚監督の 「愛のコリーダ裁判」 など、その是非をめぐって論争が繰り返されてきた歴史がある。 レスリー氏の写真に関しても、その芸術性は世界的に評価されており、昨年はAPA(日本広告写真家協会)アワードで経済産業大臣賞を受賞している。 いわば国のお墨付きをもらった人物であり、それが今になって 「芸術ではなくわいせつ」 と判断されて逮捕という流れに首をひねる人々が続出するのも当然といえるだろう。        しかし、その一方で 「逮捕は当然」 という声もあり、レスリー氏とモデルの間にトラブルが頻発していることも指摘されている。        「彼は今までの作品で射精や放尿、女性のオールヌード、男性同士のアナルセックスやフェラチオまで無修正で掲載していました。 芸術の範疇を超えているという見方をされても仕方なく、逮捕されるのは時間の問題だったともいえます。 また、レスリー氏はモデルに無許可で無修正全裸写真を展示したり作品集に掲載して、複数のモデル男性から抗議されています。 今回の逮捕は警察への通報がきっかけということですが、作品展の中だけで販売していたのに一般人から通報されるとは考えにくい。 業界でもヤリ手でトラブルも多い彼に恨みを抱いている者は少なくなく、関係者の一部が通報した可能性が高い」 (美術系雑誌編集者)        レスリー氏は問題の写真集を自費出版し、一般の目に触れない作品展の中だけで手渡し販売していた。 警察は事態を把握しながらも目をつぶっていたという情報もある。 しかし、昨年から複数の通報が寄せられたため、動かざるを得なくなったようである。 表現弾圧の問題としてのみ語られがちなレスリー氏の今回の逮捕だが、本人のトラブルや業界内でのやっかみという要素もあり、複雑な展開となっているようだ。 今回も裁判で 「芸術かワイセツか」 が争われるのかどうかも含めて、今後の成り行きに注目したい。(exdroid.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_3.JPG

空港にゆるキャラがいるじゃないか⁈

ツイートこの記事をつぶやく
       尖閣諸島問題を巡り、中国はどこまで威嚇行為を先鋭化させるのか。 尖閣周辺の公海上で中国艦船が、海上自衛隊護衛艦に火器管制レーダーを照射した問題で、日中間の緊迫の度合いが一気に高まった。          「戦争にエスカレ-トする可能性がある」 「地上で拳銃を突きつけられたようなもの」 「今回は交戦状態の一歩手前まで進んだ事態」 といった事態の深刻さを指摘する声が軍事専門家から上がっている。            「火器管制レーダー、いわゆる射撃用レーダーを発出することは大変異常な事態」        「これは一歩間違うと(日中間に)大変危険な事態が発生する状況」            中国艦船による海自護衛艦への火器管制レーダー照射を巡り、小野寺五典防衛相は2月5日の記者会見で、言葉を選びながらも中国側への怒りを語った。 「日本側に落ち度があるわけはない」 とし、一方的な挑発、威嚇行為であるとも明言した。          新聞報道などによると、中国海軍の艦船がレーダーを照射したのは1月30日午前10時ごろ。 尖閣諸島から北に百数十キロの東シナ海の公海上だ。 護衛艦 「ゆうだち」 内には緊張が走り、感知装置のデータ分析で約3キロ離れた地点にいる中国のフリゲート艦からの照射と判明した。          火器管制レーダー照射は、ミサイルなどを撃つ際に照準を攻撃目標に合わせる行為で、別名は 「ロック・オン」。 照射後わずか数秒でミサイルや大砲による攻撃が可能という。 進路変更を含む回避行動をとっても、「ゆうだち」 へのレーダー照射は数分間続いたとされる。          小野寺防衛相はまた会見の場で、中国海軍の別のフリゲート艦が1月19日午後5時ごろにも、海自護衛艦 「おおなみ」 搭載の飛行中の哨戒ヘリに対し、東シナ海上で火器管制レーダーを照射していた疑いがあると明かした。                尖閣領有に絡む中国側の領海侵犯などの挑発行為は、日本政府が尖閣国有化に踏み切った12年9月以降常態化している。 だが、レーダー照射は 「今までの挑発レベルとは別段階の、許されない行為」 「地上で拳銃を突きつけられたようなもの」 といった声が軍事専門家や防衛庁内部で強い。          「こうした行為は戦争にエスカレ-トする可能性がある」――。 軍事アナリストで静岡県立大特任教授の小川和久氏は6日午前のテレビ朝日系ワイドショー番組で、「レーダー照射を含む 『敵対行為』 には威嚇など様々な意味合いが込められている」 としながらも、戦争への懸念をまず口にした。          元海将補で軍事技術コンサルタントの田口勉氏は産経新聞の取材に対し、「日本が戦後一度も直面しなかった事態だ」 として 「今回は交戦状態の一歩手前まで進んだ事態だということを認識しなければならない」 とコメントしている。          武力衝突を招きかねない中国側の威嚇行為を巡っては、その真意について見方が分かれている。 「党指導部の指示」 なのか 「軍の現場の独走」 なのか、いまのところはっきりしない。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
       ブロマガ 『中川淳一郎のネットとビールの愉快な話 by NEWSポストセブン』 ではネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。2月1日配信のVol.5でも、        「きゃりーぱみゅぱみゅのPVが怒られる」      「フジテレビが嫌われまくっています」       など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。 なかでも今週 「もっともネット的」 とでもいうべきネタが 「Facebookの勢いが落ちているとの指摘出る」 というネタだ。            ここ数年、大いなる注目を集めるSNSといえば、Facebookです。 巷では 「mixiは終わった」 や 「Google+は閑古鳥」 などと言われる中、多くの人がハマりまくっているとして注目を浴びてきたわけですね。        しかし、そんなFacebookの勢いが落ちていると指摘する声が出てきました。 ネットマーケティングに携わる方から人気のブログ 「More Access, More Fun!」 というブログで 「それ見ろ、やっぱ日本のFacebookはオワコン期に突入」 というエントリーが書かれたのです。        同ブログはそれ以前にも 「 Facebook日本の会員数ついに減少へ!! そしてブラジルからの猛攻撃がそろそろ始まる」 「【警告】日本のFacebookは悪の温床。 クレジットカード登録の方は即チェックを!!」 といったエントリーを出しており、Facebookに対して厳しめの意見を伝えてきました。          著者の永江一石氏は、Facebookのユーザー数が2012年10月は1782万1000人だったものの、11月は1693万7000人、 12月は1691万8000人になったことを指摘し、「11月からFacebookへのアクセスが下降期に!!」 と指摘し、「11月から日本のFacebookはオワコン一直線だ!!(たぶん)」 と書きました。        ソーシャルメディアというものは栄枯盛衰なものでして、一旦ブレイクしても、数年後には過疎化する、ということもよくあります。        しかしながら、GREEの復活は見事でしたね。 別にGREEが好きとかそういうワケではないのですが、一旦勢いがしぼんだのにゲームで復活! というのは、IT業界もまだまだ頭をひねればなんとかなる、という明るい話題でございます。        かつてGREEは、今のFacebookみたいに都市部のナウなヤングが異業種交流会をするようなSNSでした。 しかしながらmixiがヒットし、存在感が薄くなってしまったのです。        今回のFacebookの勢いについての指摘は、世の中の 「Facebookすげーぜ、イエイ!」 みたいな流れとは逆行していますが、永江氏のブログは身も蓋もない容赦ない指摘がビシビシ出てきて、それが後に当たることもよくあります。 そういった意味で、実に重要な指摘だと思いますね。(news-postseven.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

これから、香港へ向けて搭乗です。

ツイートこの記事をつぶやく
d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

羽田空港から香港へ飛べるから便利だな〜〜

ツイートこの記事をつぶやく