幸せに        どうやったら幸せになれるんだろう? 程度の差こそあれ、幸せに対する渇望を多くの人が抱えている。 このあまりに大きな問いに対する答えはあるのだろうか? 「幸福感」 に関する多くの科学的な実験や研究結果は、全ての読者の助けになるとは限らないけれど、それでも幸せになるためのヒントを与えてくれることも多い。          今回紹介したいのは米メディアのio9に掲載されていた 「科学的にみた幸せになるための6つの秘訣」 だ。 この内容がかなり深く、目からウロコなのだ。 幸せになりたかったら、絶対に読んでみてほしい! 以下がその内容だ。            1. 幸せな人と一緒に過ごすべし      まずは幸せな人と一緒にすごしてみよう。 えっ、幸せな人がまわりにいない? ならば、幸せな人と一緒に過ごしている人と一緒に過ごそう。 米研究機関Framingham Heart Studyの研究によると、個人の幸福感は社会的なつながりを通して拡散されていくことが分かっている。 「感情の伝染」 のようなもので、幸せも病気のごとく伝染していくのだ。          ちなみに、その研究によると人の幸福は、その人の3つ離れた関係まで、つまりその人の友達の友達の友達まで拡散されるそうだ。 幸せは自分のものだけではない。 幸せな人と一緒に過ごして、あなた自身が幸せになって、さらにその幸せを他人に与えよう!              2. 特技を身につけるべし      2009年に 『Journal of Happiness Studies』 という幸福学の学術論文に発表された論文によると、なにかの特技や能力を身につけるための努力をした人は、一時的には多くのストレスを感じることがあるものの、長期的にはその投資の結果、より大きな幸福感と満足感を得られるそうだ。          サンフランシスコ州立大学の心理学研究者ライアン・ハウエル氏はこう説明する。 「何かを得るには痛みが伴うのです。 大変だからという理由で目標を諦めてしまう人が多いけれど、何かをしっかり学ぶことによって人は最終的に利益を得られるのです」              3. 自己管理をすべし      特技を身につけるには一時的なストレスが伴うが、そのストレスを軽減させる方法がある。 キーワードは 「自己管理」 と 「仲間」 だ。        前項と同じ研究によると、何かの能力を身につけるために努力することに伴うストレスは、目的意識をもって自己管理をし、また同じ目標を共有できる仲間を得ることで軽減させることができるそうだ。              4. 笑顔を作るべし      感情が笑顔を生むと思われがちだが、笑顔が感情を生むことを証明した実験も存在する。 カーディフ大学の心理学者による研究では、ボトックス注射によって、顔をしかめにくくなった被験者は、注射を受けなかった人に比べて幸せであるという結果になった。        その実験では、25名の女性を対象に不安感や抑鬱感について調査分析した。 女性の半数はボトックス注射を受けており、しかめっ面を作りにくい状態になっていた。 調査の結果、注射を受けたグループはより幸福感が大きく、不安感も少ないという結果に。        ちなみに、注射を受けたグループは自分の容姿についてより魅力的になったとは感じていなかった。 つまり、容姿に対する自信を得たために幸福感が増したわけではないということ。 しかめっ面が作りにくいという状態が幸福感を増大させたのだ。              5. 精神療法を受けるべし      プロによる精神療法に興味があるけれど、周囲の目が気になって一歩前に踏み出せない……それならば、勇気を振り絞って精神療法を受けるべきだ。 理由はシンプル。 受ける価値があるからだ。        興味深い一つの実験がある。 心理的な苦痛を味わった後に、精神療法と金銭による補助のどちらが効果があるかを比較した実験だ。 その結果、精神療法の方が金銭補助よりも32倍も費用効果が高いという結果になったのだ。        まずは以上の5つの方法を試してみてほしい。 それでも、幸せが得られないというあなたに、とっておきの最終手段を紹介しよう。 それは……              6. 幸せになろうとすることをあきらめるべし      これまで紹介したどの方法もピンとこない、もしくは試してみたけど効果がなかったという場合の最終手段。 それは、幸せになることをあきらめてしまうことだ!        実験や調査によって、幸福度が数値で測られることはしばしばある。 だが、結局のところ 「幸せ」 はぼんやりとした概念であり、それが意味するものは人によって異なる。 そんな境地に至ってしまえば、もはやある一つの形の幸せを求めること自体どうでもよくなるだろう。        昨今の幸せに関する研究調査で最も注目を浴びたものの一つがイェール大学の心理学者ジューン・グルーバー氏によって行われた研究だ。 その研究結果は、これまでのポジティブシンキングの重要さを唱えてきた自己啓発本などとは全く逆の立場を示していた。 つまり、「幸せを追い求めると負の影響が生じる」 というものだ。        その研究は、これまで紹介してきたような方法が幸せにつながらない、と言っているのではない。 この研究結果が意味しているのは 「今やっていることが自分の幸せにつながるはずだという動機と期待を抱きながら行動をしていると、最終的に失望したり、幸福感の低下を招くことがある」 というもので、幸福になりたいという過度な期待が逆に幸福感の低下につながることを指摘している。        以上が幸せになるための6つの秘訣だ。 もう一度おさらいしよう。 最初の5つの方法をまずは試してみてほしい。 しかし、絶対にこれで幸せになれる!と過剰な期待を抱かないこと。 そして、どれもうまくいかなければ、幸せになることなどあきらめてしまうこと。 ありのままの自分らしくあること、それが一番の幸せなのだから。(rocketnews24.com)            ……アレ、結局幸せってなんなのだろう? などと深く考えちゃダメだぞ!                           ツイートこの記事をつぶやく
ママ友 ランチしておしゃべりして子育ての悩みを打ち明け合って…楽しいハズの「ママ友づきあい」だが、ストレスを感じたりトラブルに巻き込まれるケースが最近増えているそう。 子どものつながりで始まるママ友関係の実態とは、一体どんなものなのだろうか? 友情、嫉妬、ウワサ、建前、嘘、裏切り…。 あらん限りの感情をぶつけ合う 「ママ友地獄」 を描いたドラマとして波紋を呼んだ 「名前をなくした女神」 (11年)が、最近再放送されており、壮絶な女の争いに震撼したブロガーが、 ・ ドロドロで怖いんだけど、ホントにこんな感じなの? ・ あまりの内容のキツさに、3回で見るのをやめました~ ・ ママ同士のドロドロも凄いけど、子ども同士も痛々しいね ・ これはもはや、ホラーだろ!リアルタイムでも見たけどついついまた見ちゃうわ と改めてコメントを寄せている。 「現実にはこんなことないよね?」 と誰もが思いたいところだが、ママ友同士のトラブルから悲惨な事件も起こっているのが実際で、あながちフィクションとも言えないよう。 ブログ上では、ママ友づきあいのストレスを吐露するものが予想以上に多い。 ・ 今日も、輪に入って行けなかった(涙) ・ ホントは家でお茶漬けでも食べたいんだけど、断れなくてランチへ 遊びに来るのはいいけど、全く帰る気配がない… ・ 集まってはグチ三昧。 建設的でもない堂々巡りの話に正直疲れたよ 疲れるくらいで済むならまだマシと言えるのか、中には耳を疑うような過激なアクションで周囲を翻弄するママ友もいるらしく、 ・ 近所の母親を家に呼びつけ、土下座を強要! ・ 医者に子どもの野菜不足を指摘され、全て給食の責任にして校長に直訴だよ? ・ クレーマーがいるけど、謝罪の菓子折り目当てってもっぱらのウワサ… ・ 夜中でもおかまいなしの電話攻撃。断れば泣くし、ど~したらいいの~(泣) と、大変そう。想像出来ないようなトンデモ人間はどこにでもいるものだけど、限られた世界に与えるダメージは大きく、「ママ友界にはもう、積極的になれない」 と嘆く人も。 また、最近増えているケースで特に気をつけたいのが、 ・ エステ行かない? 知り合いが安くしてくれるから ・ 顔色悪いね~ 絶対飲むべきだよ、この水! ・ 悩み?そんなの唱えれば一発解消。 一緒に、唱えましょうよ などの勧誘で始まる悪徳商法に巻き込まれるもの。 悪意がなくても、それがきっかけでローン地獄に陥り、人生が狂ってしまった主婦もいるとかで、「お断り」 する勇気も時には必要かも。 ここまでくれば、もはや「友達」なのか何なのか、解らなくなってきそう。 「ママ友とは、友達であって友達でない」 と言い切る人も現れつつある恐るべきママ友の世界。( blogramtsushin.blogram.jp) 地雷さえ踏まなきゃ、大丈夫…って思いたい。 ツイートこの記事をつぶやく
       NFL、NBA、NHLというアメリカ3大スポーツでチアリーダーを務めた小池絵未。 だが、チアの華やかなイメージとは裏腹に、その実情は “年収5万円” という驚くべきものであることを明かした。        TBS 「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」 (2日放送)に出演した小池は、“ファンの野次” という話題に、「チアも結構言われます」 とコメント。 「意外」 と驚く他のゲストに対し、「相手チームのファンとかから。 “うちのチアのほうが可愛い” とか。 “この子、可愛くない” とか」 と話した。        また、本題に入ると、小池は 『アメリカで一番の人気を誇るアメリカンフットボールのチアリーダーの年収は?』 という問いに、「5万円です」と アッサリ。 その内訳は 「1試合4500円とかなんです。 アメフトは12試合しかホームでの試合がないので、計算すると5万円。 みんな、もう一つ本業があって、掛け持ちをしている」 と説明、自身は 「私はスポーツバーで働いてます」 と答えたのだ。          それでも、チアを目指す理由は――。 小池は 「アメリカだと、チアは美しくて、賢くて、仕事も両立できるっていう強い女性の象徴」 と答えるも、「選手と知り合い、近付けるのでは?」 という質問には、「一切禁止。 挨拶もダメなんです。 解雇されちゃうんで。 携帯が鳴っただけで罰金とか。 自分で勝手に髪の毛の色とかヘアスタイルを変えちゃいけないんですよ。 変えると一週間謹慎とか」 と語り、年収5万円にしては、非常に厳しいNFL・チアリーダーのルールを明かした。(news.livedoor.com)           ヘエェ・・ こんなに厳しんだ!!                          ツイートこの記事をつぶやく
         サイバー藤田氏        コミュニティ、ゲームサービス 「アメーバ(Ameba)」 やネット広告代理業を手掛けるサイバーエージェント。 藤田晋社長が率いるネット大手の一角が、大胆なリストラに乗り出すことが、東洋経済の取材で明らかになった。        「ガラケー」 と呼ばれる従来型の携帯電話向けサービスから、ほぼ完全に撤退する。 ここ1~2年で爆発的に普及したスマートフォン向けサービスに力を注ぐ。        サイバーエージェントは1月31日、2013年9月期第1四半期(12年10~12月期)決算を発表した。 売上高は408億円(前年同期比27%増)となった一方、営業利益は15億円(同68%減)に縮んだ。 スマホ専用サービス 「アメーバスマホ」 で展開した30億円の大規模広告宣伝が先行費用として、重荷となった。          特筆すべきは純利益の膨らみだ。 本業の儲けを示す営業利益のほぼ倍に当たる32億円(同58%増)を計上した。 これは、12年末にソーシャルゲーム子会社サイゲームスの株式をディー・エヌ・エー(DeNA)に一部譲渡し、60億円の特別利益が発生したことによる。        サイバーエージェントは1月末、ヤフーにFX(外国為替証拠金取引)事業を売却。 サイゲームス分と合わせた通期の特別利益は160億円に上る見込みだ。 同社は、年間を通した経常利益見通しを100億円(前期比41%増)と公表している。 そのため、一連の税負担(法人課税、未上場株譲渡課税)などを踏まえると年間を通した純利益は約190億円程度に上るはずだ。        ところが、サイバーエージェントは年間の純利益見通しを120億円(前期比40%増)と公表している(売上高は1700億円<前期比20%増>、営業利益100億円<同42%減>の見通し)。 ここで約70億円の差額が生じる。 なぜなのか?        実は、この差額が大胆なリストラに踏み出す原資となるのだ。 サイバーエージェントは東洋経済の取材に対し、「明確な時期は定めていないが、成長が鈍化しているガラケーに関連したサービスの撤退を予定している。 計算上ではそう(70億円程度の特別損失を計上することに)なる」 (広報・IR室)と回答した。        ガラケー向けサービスの撤退は、「アメーバ」 のほか、関連するあらゆる事業が対象となる。 昨年から藤田晋社長は 「スマホに総バリで経営資源を投下しており、ガラケー、パソコンには注力してない」 と語っており、スマホへの完全シフトを進める過程で ”膿出し” を行う必要があった。 株式や事業の売却でひねり出した特益を特損と相殺できれば、税金対策にもなる。 リストラを行うには絶好のタイミングなのだ。        こうしたアセットライト(資産圧縮)を推し進める背景には、ネット業界の古株でありながら、規模、収益性ともに先行を許したグリー、ディー・エヌ・エー(DeNA)の存在が大きいと言えそうだ。        売上高では2社の後塵を拝し、資産効率を表すROA(=Return On Asset。 総資産利益率)はそれぞれ前期末でグリー29%、DeNA22.6%に比べ、サイバーエージェントは6.2%にとどまる。        会社の命運をかける 「アメーバスマホ」 はゲーム一本足でなくコミュニティ機能があるという点でグリー、DeNAと違いはあるが、サイバーエージェントも2社とほぼ同様のビジネスモデルを志向しており、2社と比肩する経営指標の獲得が一つの目安になる。        「仮想敵はいない」 と藤田社長は語る。 だが、大規模宣伝のかたわら潤沢なキャッシュを獲得、さらに資産の組み替えを素早く遂行するという今期の決算――。 藤田社長の脳裏には、緻密な戦略が隠されているようだ。(toyokeizai.net)                      ツイートこの記事をつぶやく
       朝日新聞の 「天声人語」 に何だかおかしいコラムがある、とネットで話題になっている。          それは、13年2月2日付けで 「心がほっこりする話」 だとして、朝日新聞の投稿欄 「声」 に掲載された記事を紹介したものだ。              コラムによると、大雪に見舞われた13年1月15日に、さいたま市に住む10歳の少女がお母さんに宅配ピザを注文してもらった。 約2時間後に現れた配達員は全身びちょびちょで、震える赤い手でお釣りを数えていた。 申し訳なく思ったお母さんは缶ビールを手渡し、少女も10円のお菓子を差し出した。 そして少女は配達員に対し、今度は天気のいい日に注文する、と言ったという。          これに関し 「天声人語」 の筆者は、 「届けてなんぼの宅配サービスに、客の心遣いは無用かもしれない。 それでも、女の子は少し大人になり、若者は時給を超えた出会いを得た」  と解説した。 凍える記事が多い中でほっとする話は胸に染み、内なるオーブンに火が入る、などと結んでいる。              この 「天声人語」 についてネットの掲示板やブログには、      
「バイクで配達している人にビールを渡すなんて、飲酒運転幇助で捕まるレベル」     「凍えた体にキンキンのビールなんて嫌がらせレベル。 普通はあったかいお茶かコーヒーじゃないか?」     「そもそもあの大雪の日に宅配ピザを頼むなんて大間違いなんだよ」
      などと全く 「ほっこりした話」 にはなっていないし、配達した青年も 「時給を超えた出会い」 などとは思っていないはず、といった意見が多く出ていた。          朝日新聞の 「天声人語」 を巡っては昨年からネットで、何を言いたいのかわからない、といった声が大きくなっている。 例えば、12年9月30日付けに 「無人島のために戦争なんて、とつぶやける国がいい」 と書いたり、12年11月19日付けでは橋下徹大阪市長が、おでこを出す髪形に変えているとし、「じじごろしに違いない」 「何が目的か分からない年の差婚をした、したたかな女のよう」 と書いて物議をかもした。(j-cast.com)                           ツイートこの記事をつぶやく