『ロンドンハーツ』『アメトーーク!』の名プロデューサーが明かすヒットの秘密        “たくらむ” という言葉には、どこかワクワクする響きがある。 『ロンドンハーツ』 『アメトーーク!』 という2大人気番組のプロデューサーを務める加地倫三氏は、仕事術をまとめた 『たくらむ技術』 のタイトルにこの言葉を使った。         テレビのウラ側で、出演者やスタッフと一緒に “たくらむ” 日々。 そこには面白さをひたすら追求する真摯な姿があった。          ―この本を作るにあたり、どんなことをたくらみました?      「う~ん、それがよくわからないんですよね(笑)。 自分の仕事に対する考えや経験してきたことをありのままに書いただけなので、読者の皆さんが面白いと思ってくれるか正直不安で……。 反響が気になるので、一日に2回はツイッターで 『たくらむ技術』 ってワード検索してますもん(笑)」          ―いやいや、仕事術だけではなく、ヒット企画の生み出し方や苦悩も書かれていて非常に興味深かったです。 『アメトーーク!』 のようなトーク番組は、毎回構成を考えるのが大変そうですよね。      「飽きられない努力は常にしています。 でも、勝ち続ける必要はなくて、本にも書きましたが、3勝2敗を目指すべきだと思っているんです。 3勝2敗ってことは勝率6割。 プロ野球なら十分に優勝を狙えるラインですから」          ―確かに 『アメトーーク!』 には王道企画もあれば、「あぶら揚げ芸人」 「ネギ芸人」 のような亜種もあります。      「“ネギ”は負けてもいいと思ってチャレンジした企画で、結果的に勝つことができてよかった。 でも、そういうことってよくあるんですよ。 放送後に大きな反響をいただいた 『広島カープ芸人』 もそのうちのひとつですね」          ―勝ち負けの基準は視聴率?      「いえ、数字ではなくて中身です。 そういう意味では番組を毎週見ててくださる熱狂的な視聴者の方々が面白いと思ってくれるかどうかが一番大事かもしれませんね」          ―その点、品川庄司の品川祐さんを取り上げた 「どうした!? 品川」 (昨年9月放送)は最高でした。      「あの企画は、もともと東野幸治さんがご自身のブログに “『アメトーーク!』の企画を思いついた” って書いたリストの中にあったんです。 実は僕も、ずっと “どうした!?品川” って感じていたから、そうそうそう!って思って。 ずっと、あの韓流スターみたいな髪型を変えろって言っていましたから(笑)。 もう収録前からゾクゾクするような企画でした。          ―芸人さんありきの企画もあるんですか?      「 『どうした…』 の直後に放送した 『喧嘩したり仲直りしたり芸人』 がそうですね。 品川庄司をすぐにもう一度番組に出すべきだと思ったんです。 散々イジってふたりとも坊主にまでして、やりっ放しでは、あまりに都合が良すぎますからね」          ―番組を見ていて思いますが、非常に愛がありますよね。      「やっぱり仲間ですから。 それに芸人さんがいなければ僕たちは何もできませんし」          ―最近、「テレビがつまらない」 といわれることもあります。      「そりゃ悔しいですよね。 僕は昔からテレビっ子で、この業界に入ったんです。 だからこそ、面白い番組を作り続けて、テレビという文化を守っていきたい」          ―若手にも頑張ってほしいという思いは?      「もちろん、ありますよ。最近は作り手の顔が見える番組が少なくなってきているので、個性や信念をドンドン出していってほしい。 ただ、僕が現場に出続ける限り、若手に負けるつもりはありませんけどね(笑)」(wpb.shueisha.co.jp)      ● 加地倫三(かじ・りんぞう)   1969年生まれ。 上智大学卒業。 1992年にテレビ朝日入社。 若手時代はスポーツ担当。 現在は 『ロンドンハーツ』 (火曜21時~) 『アメトーーク!』 (木曜23時15分~)などを担当。                     ツイートこの記事をつぶやく
        2013-01-22 17.37.37       突然ですが、太陽の光が地球に到達するには、どれくらい時間が掛かっているかご存知でしょうか。 答えはおよそ8分19秒。 つい忘れてしまいますが、私たちがいつも見ている星の光は、その星が昔放った光なんですよね。        光が1年で到達する距離を表したのが 「光年」 という単位。 気の遠くなるような話ですが、今回は地球から600光年も先で生まれた星々の写真と、その光景を映した動画 「Star Birthing Dark Cloud Gives Way To Bright Cluster」 をご紹介します。         南米チリのラ・シヤ天文台にある 「MPG/ESO 2.2メートル望遠鏡」 が捕らえたのは、サソリ座に位置する暗黒星雲Lupus 3と、眩しい星団の姿。 中央に黒くたなびいているのが暗黒星雲Lupus 3、その向こうでひときわ眩しく輝いているのが新しく生まれた星たちの星団です。        一見無関係に見えるこの二つには、実は密接な関係が。 生まれたばかりの星たちの周りに溜まったガスが光を遮っているとき、暗黒星雲が重力と熱で星たちの成長を助けるのだそう。 やがて星が成長して温度が上昇すると、恒星風がガスを吹き払って明るく輝きだします。 この写真は、まさにそんな瞬間を捕らえているのです。        同天文台によれば、この写真はいままでで最も鮮明な撮影に成功したもので、生まれたばかりの若い星たちの姿を示す完璧な例なのだそう。 われらが太陽も46億年以上前に似たような経緯で生まれたと考えており、今後の研究に役立つことが期待されています。        ちなみにこの星団のうち、最も眩しく輝く2つの星は小さな望遠鏡でも観測できるそうですよ。 日本では冬はサソリ座の方向の星は見えませんが、春先から夏に観られるそうなので、ぜひ夜空に目を向けてみてはいかがでしょうか。         2013-01-22 17.37.20          その動画はこちらから        Star Birthing Dark Cloud Gives Way To Bright Cluster         ツイートこの記事をつぶやく
      舞妓さん        これからご紹介する写真に写っているのは、今から100年ほど前の1910年に、東京で舞妓さんをしていた女性 「はわりゅう」 さんです。        サイト 『flickr.com』 にて、「Okinawa Soba」 というアカウント名を持つ日本在住のアメリカ人フォトグラファーの方によって公開された、見目麗しい写真の数々。        「はわりゅう」 さんの、陶器のような白い肌。 そして端正な顔立ちと佇まいから溢れ出る気品。 見ていると、自然と彼女の圧倒的な魅力に吸い込まれてしまいそうになります。          ポストカードだという、こちらの写真。 ヘアスタイルのかたちから推測するに、彼女は舞妓さん、もしくは見習い芸者さんという立場にあり、おそらく20歳以下だったであろうとのこと。 花柳界という、華やかながらも厳しい世界で培ってきた気高さと、同時に若さゆえの儚さも持ち合わせている 「はわりゅう」 さん……さぞかし人気があったのでしょうね。        明治時代を生きた、「はわりゅう」 さん。 当時芸者さんは、全国に8万人以上いたとされていますが、第二次世界大戦を機にその数は激減。 現在活動しているのは、わずか2千人ほどなのだそうです。        芸者さん、そして舞妓さんという存在は、日本ならではの世界に誇れる文化です。 女性なら一度は憧れるこの職業を、決して失くしてほしくない。 そう強く思わずにはいられない、非常に印象的な写真です。 (youpouch.com)        

▼この気品、艶っぽさ、そして儚さ……見習いたい!

 

hawa2

 

 

 

 

hawa3

 

 

 

 

hawa4

 

 

 

 

hawa5

 

 

 

 

hawa6

 

 

 

 

hawa7

 

 

 

 

hawa8

 

 

 

 

hawa9

 

 

 

 

hawa10

 

 

 

 

hawa11

 

 

 

 

hawa12

 

 

 

 

hawa13

         イイです!!        ツイートこの記事をつぶやく
      喫煙者          これまでずっと禁煙できず、諦めかけている方に朗報。 44歳までに禁煙できれば、まったく喫煙したことがない人と比べても寿命に大差はないことが判明したそうだ。          また、すでに44歳を過ぎていても、早めに禁煙することでまだまだ寿命は取り返せることがわかったという。          カナダにあるトロント大学の研究者らが調査を行い明らかにした。 長期に及ぶ喫煙は、少なくとも10年寿命を短くするとされている。 しかし今回の調査結果により、35~44歳のあいだに禁煙に成功すれば、失われるはずだった10年のうち9年は取り戻せることがわかったそうだ。        さらに、45~54歳で喫煙をやめられれば6年、55~64歳では4年それぞれ取り戻せることが判明。 タバコは確実に健康に害を及ぼしているはずなのだが、禁煙することで、タバコの害を受けていない非喫煙者との寿命の差を埋められ、同程度長生きできるというのである。        今回の結果を受け、「喫煙による害は非常に大きいが、禁煙による利点もかなり大きなものだ」 と研究者らはみているようだ。 だが、彼らは 「このような結果になったからといって、40歳頃まで喫煙しても安全だということではない」 と忠告している。          禁煙は早ければ早いほうが良いし、喫煙しなければそれがベストなのは言うまでもないということだ。 とはいえ、すでにヘビースモーカーになってしまい、禁煙を諦めかけていた人にとっては希望の持てる結果であろう。 できるだけ長生きしたいという方は、諦めずに今後も禁煙に挑戦していっていただきたい。(rocketnews24.com)                           ツイートこの記事をつぶやく