2月14日のバレンタインデーに向け、「社会貢献」 ができるチョコレートが登場した。 森永製菓は、自立支援を行っているガーナ特定地域のカカオを使ったチョコレートを販売しており、日本・業界で初の試みだという。 「70g森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」 と 「ダース<ミルク>」 の2種類で、2013年2月下旬までの期間限定販売だ。                      1チョコ          同社は創業110周年を記念したCSR(企業の社会的責任)活動として2008年から 「1チョコ for 1スマイル」 を実施してきた。          この活動は、「世界の子供たちをお菓子で元気にしたい」 という理念の下、国際協力NGOを通じて対象商品1つにつき1円をカカオ生産国における子どもたちの教育支援、およびカカオ農家の自立支援活動にあてるもの。           カカオ農家の多くは小規模で生産技術が未熟なことから、十分な収入を得られないまま貧困層が拡大しているという。 そのため子どもたちが学校に通えず、危険な労働に従事させられるといった社会問題が指摘されている。            今回、支援地域で収穫されたカカオを使って製品化するにあたって、ガーナの小さな村単位でカカオを集めるために流通ルートを新たに構築し、現地でカカオマスに加工後、原料として輸入している。 こうして完成した商品を消費者が購入することで、カカオ農家を支援できるようになり、さらにその地域のカカオを使った商品が作られるという循環が実現した。 いわば 「次世代型CSRチョコレート」 だ。            参考小売価格は 「70g森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>」 が315円で、「ダース<ミルク>」 は105円。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
                      アップル驚異        アップルストアは、いつ訪れても製品のデザインに負けず劣らず洗練されているイメージがある。 余計なものを置かず、すっきりとしている点は、まさしくアップルの製品コンセプトに重なる。      しかし、アップルの成功要因について、スティーブ・ジョブズのプレゼンや製品の革新性にフォーカスされることはあるものの、アップルストアがクローズアップされることは少ない。        ベストセラーとなった 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』 シリーズの3冊目となる 『アップル 驚異のエクスペリエンス』 (カーマイン・ガロ/著、井口耕二/翻訳、外村仁/解説、日経BP社/刊)は、このアップルストアを通して顧客を大ファンに変える法則を説明する一冊だ。        顧客満足度が高い例としてよくあげられるのがディズニーランドだが、アップルストアとこのディズニーランドには大きな共通点がある。      ジョブズファンなら常識かもしれないが、ジョブズは生前、ディズニーの最大株主であり(現在はジョブズの妻が家族の信託財産としてディズニーの株式を管理している)、ウォルト・ディズニーを尊敬し、ディズニー社が一貫して優れた顧客体験をどう生み出してきたのかを研究していたという。 また、ディズニー社もディズニーストアの立て直しでジョブズからアドバイスを受けている。      そのため、アップルストアとディズニーランドのサービスは似ているところが多い。本書から3つ、ピックアップして紹介しよう。        ■ セレクション      まずは人材を選ぶ段階。 アップルで優先するのは 「ビジョン」だ。 アップルのビジョンを共有でき、「この惑星で一番愛されるテクノロジーを生み出すという役割を自分もにないたい」 と思う人を採用する。 そこに、コンピューターの知識は必要ない。 アップルの製品に愛を持っていて、さらに現場で相対する 「人」 について詳しく知っている人がいいのだ。 一方、ディズニーもセレクションの際にはビジョンや文化が優先される。      普通の組織ではまず仕事があり、その上で業務をこなせる人が採用されるものだが、アップルやディズニーのやり方は、それとは正反対といえるだろう。        ■ コミュニケーション、社内の環境      普通の組織では、現場と上層部はなにかと対立しがちだ。 しかし、アップルもディズニーも、そういった企業から考えれば驚くほど風通しが良いようだ。        アップルでは、こんな例が紹介されている。とある従業員が自分の勤めているアップルストアの入り口にあるガラスドアについて、CEOのティム・クックに直接電子メールを送り、実際にクックから返信が来たことがあったというのだ。 一方で、ディズニーは、リーダーたちは勤務時間の60%をキャストやゲストと一緒に過ごすべきとし、そこでフィードバックループを起こしている。        また、ジョブズは亡くなる前、アップル社員に 「ジョブズならどうするだろうか」 と考えて欲しくないと述べていたという。 それは、組織のトップに立つ人が考えることを優先するのではなく、自分が正しいことをしろというメッセージである。 それはアップルストアの従業員でも、ジョブズに正面からぶつかることができる環境をアップルは用意しているのだ。          ■ 従業員たちへのケア      従業員たちのモチベーションを高く持つためにいろいろな仕掛けを用意しているのも、2社に共通する特徴だ。      普通、現場スタッフはリーダーでもない限り、本社の経営が一体どんな状況になっているのかあまり知る機会がないのではないだろうか。 しかし、アップルでは現場のスタッフたちも四半期業績報告会に参加し、財務状況について説明を受ける。 ただ、会議は退屈なものである。 30分で数字の報告会は終わり、その後、2時間30分は懇親会が開催される。 単なる 「会議」 ではなく、現場スタッフが交流し合い、絆を深めるのだ。      ディズニーはキャストたちのモチベーションを落とさぬように、リーダーたちがユニークな承認方法をたくさん用意している。      優れた顧客サービスは現場の従業員たちによってもたらされるということを、この2社は知っているのだ。        アップルストアで働くスタッフたちは 「アップル」 というブランドを分かりやすく顧客に提示する必要がある。 もちろん、インターネット上からでもアップルの製品の魅力は伝えることができるし、スティーブ・ジョブズに関する本を読んでワクワクさせることができる。 しかし、実際に製品を手に取って試したい人が行く場所はまぎれもなくアップルストアだ。        そこでスタッフが顧客に対して、いかにアップルというブランドをプレゼンし、経験させるかというところで、そのブランドイメージは大きく変わってくる。        本書ではこんな風に述べられている。        アップルが求めているのは技術的知識ではない。 人間的魅力だ。 我々が生きるこの世界は、多様だからすばらしいとアップルでは考えている。 だから、アップルストアも多様性にあふれている。 鼻ピアスをしている? なんの問題もない。 アップルは歓迎してくれる。・・・アップルならもろ手を挙げて歓迎してくれる。(p41より引用)        どんな人であっても、アップルの製品が好きで、人間的な魅力にあふれているならば、力を発揮してくれると考えているのである。 頭がいいだけの人はアップルには必要ないのだ。        自社のブランドを顧客にいかに経験させるかということは、どの企業でも求められていることだろう。 一般企業であれば、現場にとって売上ノルマを最重要課題となるが、アップルストアはいかに手厚いサービスを提供し、アップルというブランドの価値を顧客に伝えるかということだ。      本書では他にも様々な一般企業との比較を通して、アップルストアが顧客をつかむ方法を解説しているので、その手法を知りたい人は本を開いてみるといいだろう。(getnews.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
      針穴にラクダ          針穴になかなか針を通すことができなくて四苦八苦したという経験、誰でも一度はありますよね。        これからご紹介するのは、そんな狭小な場所に、これまた極小なアート作品を作り続けているロシア人アーティスト、Miniaturist Nikolai Alduninさんです。          海外サイト 『mymodernmet.com』 に掲載されているAlduninさんの作品は、どれもこれもとにかく小さい! ひとつの針穴の中に、7頭ものラクダと3本の木を一気に設置しちゃったり、リンゴの種の中に精巧な戦車を置いたり、はたまた米粒にトルストイの似顔絵を描いちゃったり……。 とにかく彼のやることなすこと、超人技としか言いようがないんですよ、コレが。        56歳になるAlduninさんが製作に使用しているのは、接着剤にスポイトに爪楊枝など、わたしたちにとってもごくごく身近なもの。 その中でも特に欠かせないのが、28年間使い続けているという年代物の顕微鏡です。 ったこれだけの道具で、ここまで高クオリティーな作品を作ってしまう。 それはすべて、Alduninさんが持つ圧倒的な技術力の高さと粘り強さによるものなのでしょう。          おとぎ話の中に出てくる 「ノミに馬蹄を履かせた職人」 にインスパイアされて、現在のような作品を製作し始めたというAlduninさんですが、なんと自身もノミに馬蹄を履かすことに成功してしまったのだとか。 ホント、彼の職人芸、一体どこまでいってしまうのでしょうか。次なる作品も楽しみで仕方ありませんっ。(rocketnews24.com)        

▼針穴の中にラクダが!

 

rakuda1-e1358327203741

 

 

 

 

▼針の上に小さな自転車が!

 

rakuda2

 

 

 

 

▼超小さな銃! ちなみにこの赤いの、マッチです

 

rakuda3

 

 

 

 

▼リンゴの種の中に戦車が!

 

rakuda4   rakuda5

 

 

 

 

▼透明な物体の正体はなんとお砂糖! それより小さなレプリカを作っちゃうAlduninさん

 

rakuda6

 

 

 

 

▼ノミに馬蹄履かせて、ついでに鞍も付けちゃいました

 

rakuda7

 

 

 

 

▼米粒にトルストイの似顔絵が!

 

rakuda8

 

 

 

 

▼この方がAlduninさん、まるで少年のような風貌が印象的です

 

rakuda9            ツイートこの記事をつぶやく
       「四肢切断された全裸の少女が首輪をされて微笑んでいる」。 東京・六本木の森美術館で開催中の会田誠展について、市民団体がこう指摘して 「性差別」 などと抗議している。 森美術館では、対応を協議しているが、18歳未満は入れないギャラリーに展示するなど配慮したとしている。          美術家の会田誠さん(47)は、エロ・グロ・美少女・戦争などをテーマに、絵画から映像、フィギュアまで手がける多彩なアートで知られる。刺激の強い作品も多いことから、今回が公的な美術館で開く初の個展になるそうだ。                    会田誠        「天才でごめんなさい」 と銘打った展示会は、2012年11月17日から13年3月31日の会期で開かれ、デビュー20年の集大成として作品約100点を並べてある。 森美術館では、入館者数はまだ公表していないが、歴代の上位に入るほどの大反響だという。          性的表現を含む刺激の強い作品については、特定ギャラリーに展示するとともに、公式サイト上でも告知している。 「このような傾向の作品を不快に感じる方は、入場に際して事前にご了承いただきますようお願い致します」 といった案内だ。          ところが、大学教員などでつくる市民団体 「ポルノ被害と性暴力を考える会」 は、森美術館に対し1月25日付で抗議文を送ったことをサイト上で明らかにした。 そこでは、会田さんの作品について、「残虐な児童ポルノであるだけでなく、きわめて下劣な性差別であるとともに障がい者差別でもあります」 と指摘し、公的な美術館で展示していることを批判している。 抗議文は、考える会の代表世話人として、婦人保護施設長の横田千代子さんら4人の連名になっていた。          森美術館では、取材に対し、抗議文が28日に着いたことを認め、広報担当者が 「どのように回答するか調整中ですので、抗議についてのコメントはまだ出せません」 と話した。 考える会では、1月下旬か2月上旬の話し合いを求めているが、その対応も協議中だとしている。              会田誠さんは、森美術館の公式ブログで、春画などもみなコソコソ見ていたとして、自らのギャラリーがあるので無理してまで美術館に飾ってほしいとは思わなかったと、インタビューに明かしていた。 そんな中で、森美術館が展示会に踏み切ったのはなぜなのか。      
「彼は現代美術の非常に優れた作家であり、ここできちんと取り上げることが大事だと考えました。 刺激の強い作品が含まれますので、それらは特定のギャラリーに集め、お客さまには知らせています。芸術作品ですので、特に警察に事前の相談はしませんでした」 (広報担当者)      
   ポルノ被害と性暴力を考える会では、特定ギャラリーの外でキングギドラの頭部が女性の局部に挿入されている作品が展示されていたと抗議文の中で主張したが、この点については、「当初から特定ギャラリーに飾ってあり、事実と違います」 と言っている。          ただ、首輪の全裸少女もある 「犬」 シリーズの作品などを公式ブログで紹介していたとの主張は認め、2013年1月28日に削除したことを明らかにした。 広報担当者は、「考える会からご指摘があり、特定ギャラリーにある作品であることを配慮しました」 と説明している。          考える会の主張については、会田さん自身もツイッターで発言し、「だんまりを決め込むつもりはありません。 必要とあらば出向き、誠心誠意お答えするつもりです」 と明かした。 作品については、こうも言っている。      
「 『犬』 は 『お芸術とポルノの境界は果たして自明のものなのか?』 という問いのための試薬のようなものです。 問いをより先鋭化するため、切断や動物扱いという絶対悪の図像を選択しました。 多くの人が指摘する通り、このたびの喧々囂々の議論は、最初から作品に内在していたものでしょう」      
   ネット上では、作品に嫌悪感を示す声も一部である。 しかし、考える会の主張については、「ただの気に入らないモノへの弾圧に過ぎないと思うけど」 「一方的に問題視して、あおるだけの言いがかり」 などと冷ややかな声が多い。(j-cast.com)          問題視しているのはその団体の存在を知らしめるための行動で、だからといってその作品が悪いということではないと思うが・・・ 。                         ツイートこの記事をつぶやく