高速で移動する車の流し撮りは、写真撮影の中でも最も難しいテクニックの一つ。 移動する被写体に合わせてカメラを移動しながらの撮影はプロでも難しく、そうそう簡単には撮影出来るものではありません。        しかしそんな流し撮りを簡単に実現できてしまうスマートフォン用無料アプリ 「 CARPTURE 」 がマツダから登場。 早速試してみると…こ、こんな凝ったアプリが無料なの…!?        車に限らず、あらゆるものが異様なスピード感を放つこのアプリ、どんな写真が撮れるのか色々と試してみました。      
     このアプリ 「CARPTURE」 は、車の撮影をカッコよく手軽に…をコンセプトにマツダが開発した、スマートフォン用の無料アプリ。 iOSとAndroidに対応し、こちらから無料でダウンロードできます。       【MAZDA】CARPTURE FOR DRIVERS(無料アプリ)   iOS版のダウンロードはこちらから   Android版のダウンロードはこちらから            このアプリで実際にどんな写真が撮れるのかデモンストレーションが行われるとのことで、先日幕張メッセにて開かれた 東京オートサロン に取材に行って来ました。            東京オートサロン会場にてアプリの解説をしてくれたのは、アプリソムリエの石井寛子さんと、レース写真家の熱田護さん。            このデモで被写体として使われたのは、この日マツダのブースに展示されていた、ルマン24時間レースLMP2クラスに参戦予定のレースカー、『MAZDA ルマン LMP2 SKYACTIV-D RACING』。 うおお、めちゃめちゃカッコイイ!            この車、当然展示車なので止まっているのですが、この車を 「CARPTURE」 で撮影して加工すると…            エフェクトにより背景だけが流れ、さらにはタイヤの回転まで追加され、まるで今まさに走っているかのようなスピード感のある仕上がりに…!            このアプリは車の撮影に特化していて、背景や車だけにスピード感を出したり、背景をぼかしたりといった8種類のエフェクトを搭載。 まるでカタログ写真のような美しい車の写真が手軽に撮ることができます。            レース写真家の熱田さんも撮影に挑戦していましたが、さすがプロ、躍動感溢れる見事な構図。 そこにCARPTUREのエフェクトが入ると、まるでレース中のようなスピード感が加わり、とても止まっているとは思えない仕上がりに…!        そこで早速私もダウンロードして挑戦してみました。            まずはMAZDA ルマン LMP2 SKYACTIV-D RACINGを撮影し、エフェクト「Drive」を選択、車の背景になる部分をマスクしていきます。           そして背景を流す方向と強さを指定し、さらにはホイールの位置を指定すると…!            完成!おお、マスクが若干雑かなと思いましたが、結構いい仕上がりじゃないですか…!        完成した写真はスマートフォンに保存できる他、Twitterやfacebookでも簡単にシェアすることができるようです。            アングルを変えて、今度は 「Part Color」 のエフェクトで青い部分以外をモノクロにしてみると…おお、カッコイイ!こういう写真がこうも手軽に撮れて、しかも無料とは…いやはや、すごい時代になったものですね…。            またこのアプリには、マツダ アテンザをよりカッコよく撮影できるアングルガイドも搭載。 このガイドに合わせて撮影すると、背景のマスクも自動で適用されます。            早速会場に展示されたアテンザの撮影に挑んでみると…おお、壇上にあるせいか微妙にずれはありますが、これは簡単…しかもアングルがカッコイイ!他の車種でも構図ガイドとして利用できそうです。            「After Image」 エフェクトをかけてみると…まるで今、会場にアテンザが乗り付けたみたいに…!これは旅行に行った時に、自分の車を撮影するのが楽しくなりそう。        ちなみにこのCARPTURE、車の撮影に特化したアプリではあるものの、マスクさえきちんとかければ何にでもスピード感を出せるのでは…という事で、他のものも撮影してみました。            「ヘイ、カレーお待ちッ!」(シュバッ!)    なんですかこの無意味に溢れ出る躍動感は…!            試しに路上でルンバを撮ってみると、この異様なスピード感…おかしい…!            ルンバよ、お前はどこに行こうというのか…!        エフェクトやマスクを活用すると、普通の写真もアイデア次第で面白くなりそう。 これだけできるのに無料というのもまた凄い話ですが、とりあえずスマートフォンに入れておくと楽しそうですね。(labaq.com)        アプリのダウンロード、詳細はこちらからどうぞ。     【MAZDA】CARPTURE FOR DRIVERS(無料アプリ)      iOS版のダウンロードはこちらから   Android版のダウンロードはこちらから      
ツイートこの記事をつぶやく
       パイン株式会社は3月4日から、九州名物のかき氷 「白くま」 をイメージした、カラフルな見た目とサクサク食感が楽しい 「白くまキャンディ」 を発売する。 価格はオープン。        白くまキャンディ        今回登場する 「白くまキャンディ」 は、フルーツを盛り付けた山盛りの 「白くま」 をイメージしたキャンディ。 カラフルなミンツとフリーズドライのいちごをキャンディに練りこみ、見た目にも楽しく仕上げている。      また、サクサクと軽い歯ごたえのキャンディの中には、ひんやりとした小豆ミルク風味のパウダー入り。 フルーツと小豆ミルクの絶妙なハーモニーが楽しめる。      パッケージは涼しげで爽やかなブルーにかわいい白くまのキャラクターをデザイン。 さらにフルーツ、小豆を散りばめたかわいい仕上がりだ。 (narinari.com)       ツイートこの記事をつぶやく
                  健康に悪影響        もしもこれからご紹介する項目に、どれかひとつでも身に覚えがあるというのなら、今すぐにでもその習慣を見直したほうが無難かもしれません。 あなたがいつまでも健康体でありたい、というのなら、ね。        海外サイト 『huffingtonpost.com』 によると、以下8つの習慣は、健康に悪影響をおよぼす場合が多いのだそう。 それでは早速、ひとつひとつみていくことにいたしましょう。          1  氷をかみ砕く、もしくは食べる      氷、そして紙などを食べる人は 『異食症』 という病気かもしれません。 理由としては、鉄分が不足しているなどの栄養障害が考えられ、また 「かみ砕く」 のが好きだというならば、精神的ストレスが原因である可能性があります。      対処法 : 飲み物を注文する時は氷無しにする・ストレスの原因を無くす・専門医に相談する          2  猫背である      常に背中を丸めた状態で立ったり座ったりしていると、背中の筋肉や靭帯に相当な負担をかけてしまいます。 その結果引き起こされるのは、背中の痛みや腰痛、疲労に頭痛など。       対処法 : 姿勢正しくできるよう練習する・姿勢を常にチェックする          3  爪を噛む      あなたがよほど頻繁に手洗いをしていない限り、この習慣は実に不衛生。 「パソコンに触れる」 「ドアノブを握る」 「ペットを撫でる」 これだけで手にはバイ菌が付着し、それをそのまま口へ運んでいるのと同じこと。 原因は主に、ストレスや不安だと考えられます。      対処法 : ストレスや不安を取り除く・爪の代わりにガムを噛む          4  コンタクトをつけたまま寝る      コンタクト常用者が誰でも一度は経験するであろう、こちらの行為。 これを継続的に行うと、いわずもがな、コンタクトについた菌が繁殖します。 それが原因となり角膜炎など数々の眼病を引き起こしてしまう可能性が。      対処法 : 「帰宅したら即メガネに代える」 など、コンタクトを外すことを習慣化する          5  指の関節を鳴らす      無意識にやってしまいがちな、こちらの習慣。 一時 「関節炎の原因になる」 といわれたこともありましたが、未だ実証されてはいない模様です。 しかし幾つかのケースとして、「脱臼した」 「靭帯を痛めた」 などの症例があるため、習慣化しないほうが無難なよう。      対処法 : 「ポキポキするのを止める!」 と周りに宣言する・「ポキポキした数をカウントする」 など、癖を自覚して数を減らす          6  夜遅い時間に間食する      これもまあ、当たり前、周知のことといえるでしょう。 寝る前の間食は肥満の原因に繋がる上、胸やけなどを引き起こし睡眠の妨げにもなります。      対処法 : 1日の食事時間が自分にとって適切かどうか、改めてチェックする          7  アラームが鳴っているのに起きられない      目覚まし時計のアラームでなかなか起きられず、何度もスヌーズボタンを押しているというのなら、もしかして良質な睡眠がとれていないのかも。 睡眠が十分でないと、高血圧や肥満などの健康トラブルを引き起こす可能性があります。      対処法 :  7~8時間連続した睡眠をとるよう心がける・寝る前のゲームやパソコン操作を控える・寝る前にカフェインを摂取しない          8  栄養ドリンクをガブ飲みする      わずか8年の間に、栄養ドリンク 『5-Hour Energy』 『Monster』 『Rockstar』 の過剰摂取が原因とみられる死亡例が20件、入院例にいたってはそれ以上の数の報告があったのだとか。 断言はできませんが、健康リスクを冒したくなければ、栄養ドリンクの過剰摂取は避けたほうが無難かも。      対処法 : エネルギーを生み出すといわれている食品、たとえば 「全粒粉のパンにツナをはさんだもの」 などを食べて代用する・ビタミンBのサプリをとる・外を散歩する・冷たいシャワーを浴びる          いかがでしたか? もしひとつでも当てはまるものがあるのなら、対処法を参考に、その習慣を今一度見直してみてください。 (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
                   「日本にもカジノ」構想動き出す 橋下大阪市長、楽天三木谷社長が前向き        これまで 「特区構想」 をはじめ、開設に向けて検討されては消えていった日本の 「カジノ」。 その実現に向けて、楽天の三木谷浩史社長や橋下徹・大阪市長が動きはじめた。          カジノの誘致には大阪府・市や東京都が名乗りを挙げているほか、これまで沖縄県や北海道なども 「候補地」 とされた。 外国人観光客の誘致による観光事業の振興や地域の活性化、産業創出や雇用確保、税収増などの効果が見込めるとされ、「経済再生」 を掲げる安倍政権の方針に合致する、ということのようだ。          なかなか煮え切らなかった 「カジノ」 構想の実現に向けた動きが、にわかに活発になってきた。          安倍政権が掲げる経済政策の 「成長戦略」 に向けた政策提言を担う 「産業競争力会議」 の第1回会合(2013年1月23日開催)で、委員の一人である楽天の三木谷浩史社長がカジノの開設と風営法の緩和を提案した。          三木谷氏が提出した資料 「Japan Again」 によると、日本の経済成長に必要な 「ブランド力(超過収益力)」 を高めるためには、「海外マネーを引き寄せるサービス・コンテンツ作り」 が欠かせず、その手段の一つとして 「大都市の娯楽的魅力の向上」 を提案している。          寺社仏閣めぐりや自然観賞といった日本の歴史や文化、自然環境で得られる 「観光収入」 だけでは限りがある。 観光事業を 「経済政策」 としてとらえるのであれば、たとえば医療ツーリズムやカジノ、現在は風営法の規制対象となっているクラブやダンスホールなどの娯楽の魅力向上が必要、と指摘している。          三木谷氏の提案は、政府が訪日外国人客数を3000万人まで増やすことを目標とした、いわゆる 「ビジット・ジャパン」 の主旨にも沿う。          当初は2003年の年間521万人の訪日外国人客を、10年までに1000万人にすることを目標としていたが、リーマン・ショック後の世界不況や11年の東日本大震災と原発事故の影響もあって思うように伸びない。 日本政府観光局(JNTO)によると、12年は836万8000人(前年比34.6%増、10年比2.8%増)だった。          資料によると、アジア太平洋地域の中にあって日本の観光収入は現在109億6600万ドルで第10位。 韓国(8位)や台湾(9位)よりも低く、三木谷氏は現在5位のマレーシア(182億5900万ドル)の水準を目標としている。          現在の日本の法律では、刑法185、186条などで賭博行為が禁止されており、カジノの設置は認められていない。 外国人観光客を呼び込み、観光収入をアップするためには、カジノの開設に向けた法改正や風営法の改正が必要というわけだ。              一方、日本維新の会の橋下徹共同代表は2013年1月26日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を大阪などに誘致するため、カジノを合法化する法案を28日からはじまった通常国会に提出する考えを明らかにした。          日本維新の会では石原慎太郎代表も、東京都知事(1期目)時代に税収増を狙いに 「お台場カジノ構想」 をぶち上げ、02年には都庁内でカジノのデモンストレーションまで実施した経緯があるのだから、「反対する」 理由がない。          当時は国会で超党派の議連が立ち上がり、実現まであと少しと思われたが、法改正の 「壁」 が立ちはだかった。          カジノ誘致は、橋下氏の持論でもある。 大阪府・市も2013年度予算案にカジノ誘致に向けた調査費用を計上する方針で、大阪市長でもある橋下氏は 「大阪で取りにいく」 と、強気だ。(j-cast.com)        カジノ構想是非実現して欲しいものだ!! 税金を取りやすいところから取るのではなく国が稼ぐことを真剣に考えるべきだ!!                      ツイートこの記事をつぶやく