美味しんぼ        人気漫画 『美味しんぼ』 がビッグコミックスピリッツ(小学館)での連載を再開し、原発事故に揺れる福島県の食事情を描いて話題になっている。          爆発で焼けただれた原子炉建屋の様子が大きく描かれ、その前でライバル関係の親子が対峙する。 美味しんぼの 「福島の真実」 編は、こんな巻頭ページでスタートしている。          美味しんぼは、連載がスタートして2013年で30周年を迎えた。 1月28日発売号で始まった新シリーズでは、「究極のメニュー」 を担当してきた新聞記者の山岡士郎が、原発事故が起きた福島の真実を確かめるため、上司に取材の相談をする。          取材は上司から許可が下りたが、ライバル紙と共同取材の条件付きだった。 そこには、「至高のメニュー」 の後見人で実父の海原雄山のある企みがあって…というストーリー展開だ。          新シリーズについては、ツイッターなどで、「どう描かれるか楽しみ」 「今編も美味しそうな物が沢山出てきますように」 と期待する声が上がった。 その一方で、原発事故を前面に押し出していることから、「もはやグルメ漫画でなくなってる」 などと波紋を呼んでいる。          異例の重いテーマになっているのは、原作者の雁屋哲さんの思い入れにあるようだ。          そのブログによると、雁屋さんは新シリーズのために、11年11月からの1年間で福島県を3回も訪れて自ら取材した。 若いころに人情や食文化に触れて福島を愛するようになったことから、原発事故で問題意識を持ったというのだ。              今回の連載では、取材で出会ったアイガモ農法の農家も紹介している。 この農家は、放射線量が比較的低いとする会津若松市で米作りをしているが、風評被害に苦しんでいると山岡士郎らに告白する。          山岡らも、放射性セシウムなどが不検出なのを知って、販売に協力を約束する。 そして、家庭でその米を味わう山岡に、「こんな美味しくて安全なものを消費者が買わないというのも、福島の真実が伝わっていないからだよ」 と語らせている。          雁屋哲さんはブログで、ガイガーカウンターを持って取材した様子を生々しく語り、2012年9月6日には、福島の真実編を 「人生で一番厳しいマンガ」 と明かしていた。 原発政策を批判して物議を醸したこともあるだけに、ネット上では、こんな事態を生んだ政治のあり方などを批判するストーリーになるのではとの憶測も出ている。          もっとも、連載の初回では、海原雄山が山岡に 「おまえはそろそろ自分の生えてきた根を知るべきだ」 という意味深なメッセージも残している。 原発以外のテーマも、ストーリー展開の重要な要素になっている可能性はありそうだ。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      LTE捕捉        全国主要地下鉄での4G/LTE回線のつながりやすさ(捕捉率)は、 Android端末、iPhoneともにKDDI(au)が最も優位だった。 こんな調査結果をMMD研究所がまとめた。        この調査は2013年1月9―21日の期間、全国6都市の地下鉄34路線615駅を対象にNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルのLTE回線の捕捉状況を調べた。 具体的には10―19時の時間帯に同条件下で通信速度計測アプリケーションを各3回利用し、平均値を記録した。 また調査開始時点で3G回線につながった場所では、機内モードのON/OFFを最大3回繰り返し、 4G/LTE回線の捕捉状況を確認した。        まずAndroid端末を見ると、auが615駅中598駅で4G/LTE回線を捕捉し、捕捉率は97.2%となった。 次いでドコモが298駅、48.5%。 ソフトバンクは49駅、8%という結果だ(グラフ参照)。        次にiPhone 5については、auは615駅中567駅で4G/LTE回線を捕捉し、捕捉率は92.2%と、Androidに劣らず高かった。 一方のソフトバンクは67駅、10.9%にとどまり、大きな差が出ている。        さらに4G/LTE回線の通信速度を見ると、Android端末ではauがダウンロード平均24.47Mbpsと最も高く、ソフトバンクが9.67Mbps、ドコモが6.39Mbpsと続いた。 iPhone 5での通信速度についても、auがダウンロード平均12.40Mbpsで、ソフトバンクの8.64Mbpsを大きく上回っている。        全体として全国の主要地下鉄では、auがAndroid端末、iPhone 5ともに9割以上の駅で4G/LTE回線を捕捉しており、ネットワーク整備は最も進んでいると、MMD研究所はまとめている。(bizmash.jp)        ツイートこの記事をつぶやく
                 アダルトサイト        経済の発展の裏側にはアダルト市場の力がある……とは、昔からよくいわれること。 アダルトビデオの登場がビデオデッキの普及につながったことは有名だが、日本におけるインターネットの発展の裏側にも、成人向けアダルトサイトの存在が一役買っているかもしれない。 というのも、アメリカの調査会社のデータによれば、世界のポルノ産業に対する日本の割合は21パーセントにものぼるといわれているため。 世界のオンラインポルノの市場規模は約4000億円。 そこから計算すると、日本国内のアダルトサイトの市場規模は約840億円に達するのではないかというのだ。        こうした興味深い数字が明かされているのは、『アダルトサイトの経済学』 (沢田高士/幻冬舎)という本。 実際にアダルトサイトを運営していた著者が、エロではなくお金をキーワードに、アダルトサイトの仕組みを明かした1冊だ。        アダルトサイトといえば有料制がビジネスの主流のように思うが、本書によれば、いまアダルトサイトのほとんどは無料サイトで、有料サイトは非主流派であるという。 もちろん、無料サイトの収入源は広告。 以前は 「決めた広告料で1ケ月間、広告する」 月極め広告が多かったようだが、現在は 「成果報酬タイプ」 のアフィリエイトがメイン。           著者の経験では、広告主の83パーセントは有料アダルトサイトであるそうだ。 当然、アダルトのアフィリエイトは割がいい。 一般のアフィリエイト報酬が売り上げの1〜3パーセントであるのに対し、アダルト・アフィリエイトの報酬は、だいたい売り上げの3分の1ほど。 1件の報酬は 「3000円程度」 であるという。 それでも 「アダルト・アフィリエイトはだいたい、3万アクセスで1件の売上」 というから、仮に日に4000アクセスを集めるサイトでも、月の収入は1万2000円となる。        しかし、アダルトサイトビジネスにおけるポイントは、「継続報酬」 というもの。 これは有料サイトのアフィリエイト広告を掲載し、そのリンク先で有料会員になった人が出た場合、最初の新規報酬だけでなく、その人が1ヵ月で退会せずに会員を継続すれば、その報酬も支払われるという仕組みだ。 有料サイトによって継続率に違いはあるが、「通常は25~40パーセント」 が継続するという。 多くはクレジットカード決済であるため、「わざわざ退会の手続きをとらない」 のである。 これにより、新規分とあわせて月3万円くらいの収入になるという。        この収入が大きいと感じるかどうかは人によるかと思うが、アクセス数をのばすためにコンテンツを集め、はたまた記事を書き、SEO対策を講じ、頻繁に更新をしていくことを考えると、結構な手間がかかることは確かだ。 さらには、現在は円高・ドル安の状態。 広告主である有料アダルトサイトの中には 「経営拠点を海外にしているところ」 があるため、報酬も米ドルで支払われることがある。 そのため、アダルトサイト運営者が 「円高で悲鳴をあげている」 というのだ。        それでも、運営にハマる人はハマるというのが、アダルトサイトの運営。 本書には、著者が出会ったというアダルトサイトの運営者たちの話も書かれているのだが、20代のサラリーマンに30代のカップル、50代と40代の夫婦など、「ごく普通」 の人々だったそう。 しかも、自分たちが撮影して楽しむ趣味を “小遣い稼ぎ” にしている感覚だったため、ビジネスとして本腰を入れるといった野心はまったく見られなかったという。 これは過去の事例なので、いまもそのような人々が運営者であることは少ないかもしれないが、じつに趣味的な時代もあったようだ。 また、以前、副業が禁止されている警察の警部補がアダルトサイトを運営し、広告収入を得ていたことから懲戒処分を受けた事例があったが、彼の場合は 「はじめはブログに自宅で飼っていた小鳥(インコ)のネタを書いていた」 とのこと。 どうしてインコがアダルト画像に変化したのかは謎だが、こちらももしかすると、小遣い稼ぎ感覚だったのかもしれない。          このほかにも、アダルトサイト運営の実践的ノウハウが多数紹介されている本書。アダルトサイトのカラクリを知りたいという人は、手にとってみてほしい。(ddnavi.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
                     生涯賃金は5歳で決まる!? 幼児教育の重要性に迫る        出産を機に幼児教材のダイレクトメールが頻繁に届くようになった。 子どものためにも何か始めたいと思いながらも、あまりの種類の多さにどれを選んだらいいかと悩む日々だ。 できることなら子どもの将来に役立つ教育をしたいと思っているが、そもそも幼児教育は本当に効果があるのだろうか。      実は、幼児教育の重要性は科学的に立証されているのだ。 ノーベル賞受賞者である経済学者ジェームズ・ヘックマン氏は、科学雑誌 『Science』 にて 「就学前の教育がその後の将来を左右する」 という主旨の論文を発表した。          彼は約40年にわたり幼児教育を受けた人達の成人後の職業や収入を追跡調査。 その結果、3~4歳の頃に幼児教育を受けた人は受けなかった人達に比べ、経済的な成功を収める確率が高いことが実証されたのだ。        また近年、脳科学の分野でIQに代わる指標として注目されているのがHQ(Humanity Quotient)。 これは、協調性、探究心、主体性などを総合した 「人間性知能」 のこと。 HQが高い人は低い人に比べて年収や役職が高く、社会的に成功する率が高いという調査結果がある。 そして、このHQを高めるには5歳までに脳に知的刺激を与えることが最も効果的だと言われている。        このように幼児期の教育は人格形成に大きく関わる。 だからこそ、幼児教材選びには慎重になりたいものだ。 とはいえ、数多くの教材が氾濫する昨今、「どれが自分の子どもに合っているかわからない」 という方も多いはず。 そんな方におすすめなのが 「幼児教育 幼児教材ナビ」 だ。        幼児教材選びで参考になるのは、やはりママのクチコミ。 このサイトでは、国内約30社の幼児教材の特徴や評価、体験談をもとに、じっくりと比較検討することができる。 また、知育系、英語系、情操系などのジャンル別、年齢別、お悩み別に分類されているため、必要な情報を効率的に得ることが可能。 さらに、運営者の子育て経験談を参考にすることができるのでより安心だ。        「三つ子の魂百まで」 という言葉があるように、幼児期の教育は子どもの人生に大きな影響を与える。 子どもの個性は十人十色。 一人ひとりの能力や可能性を最大限に引き出すためにも、最適な教育法を選びたいものである。(news.livedoor.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      マツコすっぴん        いまやテレビで見ない日はないほど、活躍しているタレントのマツコ・デラックスさん。 週にレギュラーを8本持ち、夜のテレビ番組に必ずと言って良いほど出演しています。        そんな彼女について、検索サービス 『Google』 で調べてみると驚くべき結果が表示されるのですよ! 「マツコデラックス 素顔」 と入れてみると……。 ギャーッ! みんなこっち見てるーーッ!!        どうやら検索結果には、マツコさんの素顔とみられる坊主頭の男が表示されます。 しかもひとつやふたつではなく大量に。        これが本当にマツコさんなのかどうかは不明です。 調べてみたところ、3ページ目までこの坊主男が埋め尽くしているような状態です。        当然ながら、同じ人物の画像であるため、全部同じアングル。 ジッと真顔でこっちを見ています。 うわ~……、なんだか怖い夢に出てきそう。 坊主男の顔がまぶたの裏に焼き付き、就寝時にソッと目を閉じると……。ギャーーーッ!!!! (rocketnews24.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
           桜ノ宮飲酒        体罰により男子生徒が自殺した一連の事件で揺れる大阪市立桜宮高校をめぐり、また新たな騒動が起きている。 同校の生徒と見られる人物が居酒屋で飲酒している写真をTwitter上で公開して騒ぎとなっていた件で、飲食店が公式ブログで事情を説明したが、その内容に対してさらなる非難が殺到する騒ぎとなっている。      事の発端は、桜宮高校の生徒だという人物が今月20日に投稿したツイート。 焼肉店にて男性数名で飲食する様子を写真とともにツイートしたが、その文面に飲酒していることを示唆する記述があったことや、写真にアルコールドリンク用のジョッキグラスが写っていたことなどから、ネット上で騒ぎとなっていた。      この人物によるツイートには焼肉店の店舗名も明かされていたことから、未成年者にアルコールを提供したのか、と同店に対する非難の声も噴出。 そうした騒ぎについて、店側は 「一連の騒動につきまして」 と題した27日付けのエントリーで事情を説明。 「弊社なんばシティー店にて、未成年者へのアルコール提供をした事実はございません。 また、年齢確認も当たり前ですが、毎回確認しております」と、ネット上で沸いている疑惑について否定した。        しかし、件の写真に写っていたジョッキグラスについては、「但し、ご指摘の様にハイボールグラスにて、ソフトドリンクをご提供した事実はその通りでございますので、直ちに専用グラスを使用することを実行徹底します」 などと弁明し、今回の騒動について、「誤解を招くような営業がありました事実に対しましては、お客様に大変ご迷惑をお掛け致しましたことを、心から深くお詫び致したいと思います。 申し訳ございません」 と謝罪した。      しかし、この店側の説明に、        ネット上では      「あきらかに顔真っ赤にしてアルコール呑んでるだろが」      「言い訳するにしても、もうちょっと頭つかおうよ…」      「小学生より酷い言い訳ですね。 高校生達が、『酒を飲んだ』 と自白している以上、店側も認めろよ」        などといった、さらなる非難も噴出する騒ぎに発展している。(rbbtoday.com)         ツイートこの記事をつぶやく