男子に乳首        突然だが皆さん、なぜ男に乳首があるのか、疑問に思ったことはないだろうか。 女性と違って授乳するわけでもなし、なくても困らなそうなものなのに、全ての男性の胸に堂々とついている乳首――.。           いったい、その存在意義は何なのだろう?          You Tube上でアップされた、『我々はみな女性だった』 という動画が 「男性の乳首の謎」 をわかりやすく解説し、世界中の多くの人をうなずかせている。 その動画の内容をご紹介しよう。        我々ヒトは、父親と母親の双方から受け継いだ23対の染色体(DNAの束)を持っている。 そのうち一対が、性別を決定する性染色体だ。 我々の性別はX染色体とY染色体の組み合わせによって決まり、通常XXだと女性、XYだと男性になる。        男性のみが持つY染色体には、男性的な身体特徴を発達させる、すなわち男性器を形作る役目を持つSRY遺伝子が存在する。 ヒトの性別は受精時にほぼ決まると言われているが、このSRY遺伝子は受精後5~6週間は機能しないため、受精直後のヒト(胎芽)は女性的な身体特徴の発達を促すX染色体の働きを受けて育つことになる。        つまり見た目上は、男性も受精後しばらくは女性として成長するのだ。        ここで話は乳首に戻る。 乳首は胎芽のSRY遺伝子の活動が始まる前に形成されるものの一つである。 したがって、男性には妊娠初期で作られた乳首が、女性体の名残としてその後も存在するというわけだ。        関連するトリビアをもう一つ。 SRY遺伝子が機能すると、生殖器のモトである性腺原器が卵巣と精巣とに分化し、性器が形成されていく。 男性の陰嚢の真ん中の線は 「陰嚢縫線」 と呼ばれ、女性器のように 「開いて」 いた外性器が閉じたあとだそうだ。 男性諸君は、観察してみてはいかがだろうか!? (rocketnews24.com)           その動画は、      We were all female                             ツイートこの記事をつぶやく
      スペインフラッシュモブ        公共の場で予告なしに行われる人気パフォーマンス 「フラッシュモブ」。 先日、スペインで、感動的なフラッシュモブが行われたそうだ。        それは、失業者を勇気づけるために職業安定所でオーケストラ演奏をするというもの。 選曲はビートルズの 「Here comes the sun(ほら太陽が顔を出すよ)」。 演奏に歌声に歌詞に、失業者たちがみるみる笑顔になっていく! その様子が何とも心温まると話題になっている。        現在、スペインでは失業問題が深刻だ。 その失業率は25%にのぼる。 若年層だけで見ると50%以上にもなるそうだ。 職業安定所(以下、職安)には職や給付金を求めて多くの市民が押しかけている。 太陽のような明るいイメージが強いスペイン人もこの状況下ではさすがに沈痛な面持ちだ。        その重たい空気漂う職安で突然、一人の女性がクラリネットを演奏し始めた! そして次々と楽器を持った人が演奏を始めた。 そこへ女性がやって来る。 彼女が歌いだしたのはビートルズの 「Here comes the sun」 だ。 この歌は長く辛い冬のあと、温かい太陽が出てきた喜びが歌われている。 歌詞の 「Here comes the sun(ほら太陽が顔を出すよ)」 や 「It’s alright(もう大丈夫)」 が何とも心強い。まさに失業者の心に寄り添った選曲だ。        のフラッシュモブに、失業者は顔をほころばせる。 一緒に歌ったり、隣の人と抱き合ったり、また、ある人は感激のあまり涙をこらえ……思い思いの方法でこのフラッシュモブを歓迎した。 職安の職員たちも書類を置き歌に参加だ。        このフラッシュモブを企画したのは、「Carne Cruda 2.0」 というラジオ番組である。 失業者たちを勇気づけるために行ったのだという。 このパフォーマンスが成功したかどうかは失業者の表情を見ると一目瞭然である。        辛いことの真っ只中にいるとその辛さが一生続くのではないかと感じてしまうものだ。 だが、歌詞の通り、どんなに寒くても明けない冬はないのではないだろうか。 必ず春はやってくると信じたい。(rocketnews24.com)              その動画は       Flashmob oficina paro         ツイートこの記事をつぶやく
       関東広域で2013年1月20日未明、明るい光と爆発音の観測情報がインターネット上に多数投稿され、一時騒然となった。          深夜にもかかわらず情報は拡散されていき、「隕石か」 「UFOでは」 などさまざまな憶測がささやかれた。 正体は一体何だったのだろうか?              1月20日2時45分頃から、ツイッター上でこんな投稿が目立ち始めた。      
「茨城に住んでる人!何分か前に爆発音したよね?!したよね?!」     「十分程前に爆発音みたいな音が聞こえた。 その前に流れ星が見えたんだが…隕石でも衝突した?@栃木県南」     「さっきの雷みたいな光と、爆発音的なものは何なんだ? 怖くて眠れないやん…埼玉県蓮田市より東から南の空の方だと思われ…」     「ドーンて音がして窓ガラスがビリビリ。 襖もカタカタ」 (千葉県北西部在住のユーザー)
         また、2ちゃんねる系の地域情報掲示板 「まちBBS」 でも、「爆発音がきこえたけど、なんだ?」 (茨城県取手市スレッド)、「青っぽく光る玉みたいなのが空から落ちてくるのを見ました」 (千葉県柏市スレッド)、「何の爆発?一瞬空が光ったよ@清原」 (栃木県宇都宮市スレッド)など、同様の観測情報が書き込まれた。          YouTubeには、神奈川県厚木市を走行中の乗用車のドライブレコーダーで録画された動画がアップロードされており、空から光るものが落下している様子が確認できる。          さらにタレントの中川翔子さんもブログで 「え、隕石説??こわい、なにそれ、閃光と爆発音??」 と書くなど、目撃者以外にも情報は広まっていき、「隕石か?UFOか?何が落ちたんだ?」 と大きな話題になった。              謎の光と爆発音について、天文関係者はツイッターや掲示板などで 「火球ではないか」 との見方を示している。          天文関連のソフトウェアや書籍の制作などを行っている 「アストロアーツ」 の公式サイトによると、「火球」 とは非常に明るい流星のこと。 流星は一般的に地上100~200キロメートルで発光し、70~90キロメートルで燃え尽き、消滅するが、火球は質量が大きいため消滅する高度がより低くなることが多いという。 燃え尽きずに隕石として落下する場合もある。          また、流星研究家・愛好家の団体 「日本流星研究会」 の司馬康生さんのサイトでは、高速で落下する火球は大気に衝撃波を起こし、その波が遠雷のような音や、大砲を撃ったような大きな音となって地上に届くことがあり、窓ガラスが振動で割れてしまうこともあると解説されている。 今回観測された「光」と「爆発音」は、火球の可能性が高そうだ。          自然現象の情報交換サイト 「SonotaCo.JP」 では、今回観測された火球は隕石として落下した可能性があり、鹿島灘(茨城県東部~千葉県東部)の海上に落ちたかもしれない、と書き込まれている。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       コーヒーを片手に、さまざまな人が寛ぎの時間を過ごしている街のカフェ。 先日の朝、ジム帰りにスターバックスへ立ち寄った米国のある男性は、隣に座っていた高齢のカップルに目を奪われる機会があったそうだ。 会話をしていた友人2人が存在に気が付き、目を向けた先にいたのは、アルファベットが書かれたカードを見て勉強している女性と、寄り添って懸命に教えている男性の姿。 その様子に感動した彼が、撮影した2人の写真をFacebookで紹介したところ、ネットで大きな話題となった。       寄り添う二人        この写真を紹介したのは、カリフォルニア州アナハイムに住むマシュー・バレステロさん。 彼は先日の朝、友人2人と行ったジムの帰りに 「コーヒーを飲んで行こう」 となったため、スターバックスに立ち寄った。 そこで出会ったのが、彼が撮影した写真の被写体となった高齢カップルだ。      バレステロさんのFacebookによると、2人の名前は 「リンダとジョン」。 リンダさんはアルファベットが書かれたカードを見て必死に見て勉強しており、ジョンさんがそれをサポートしていたという。 そしてジョンさんがトイレに立つと、リンダさんは1人でアルファベットを読み始めた。      カードを見ながら 「A、B、C、D…」 と順調に読み進めていた彼女だったが、「S」 の次のアルファベットが出て来ず沈黙してしまう。 そこですかさずバレステロさんが 「T!」 と声を掛けると、彼に笑顔を向けて喜んだリンダさんは、自分の話を始めた。      実はリンダさん、病気を患った影響で記憶の一部を失ってしまい、それを 「取り戻そうと頑張っている」 最中だそうで、このとき行っていたアルファベットの勉強もその一環だった。 話を聞いたバレステロさんは、努力する “妻” と、記憶を取り戻せるよう助けている “夫” の姿に 「本当の愛だ」 と感動し、2人を写真に収めたという。      その後、ジョンさんが席に戻って2人は勉強を再開し、バレステロさんらは再び自分たちの会話に。 そんな3人に、今度は帰る直前のリンダさんが 「大好き、あなたのすべてが好きよ」 と口にしたのを耳にしたという。 2人の美しい姿に触れた彼は、そんなエピソードを添えて2人の写真をFacebookで紹介した。      それから写真は米ソーシャルサイト 「reddit」 でも紹介され、ネットで大きな話題に。 掲載している画像共有サイト 「Imgur」 では閲覧数が228万回を超えており、多くの人が彼らの姿に感動している様子だ。      バレステロさんのFacebookにコメントを寄せたスターバックスの店員によると、2人は店の常連で、リンダさんが病気になる前からデート場所として店を利用していたと言い、いまは日々2人で記憶を取り戻すトレーニングを店で励んでいるという。 また、店員たちは当初、2人は夫婦だと思っていたが、実際には違うことが判明。 それを知った店員たちはさらに 「特別な2人」 と認識するようになり、今も温かく店内の2人を見守っているそうだ。(narinari.com)        ツイートこの記事をつぶやく