結婚式の曲        読者のみなさんは、午前8時30分から午後1時までTBSラジオで放送される 「大沢悠里のゆうゆうワイド」 (月曜~金曜)という番組をご存じだろうか。 1986年から回を重ね、生放送の回数が6900回を超えるお化け番組である。        番組の内容は、高齢者を対象にしたものが多い。 とはいえ、「永六輔の誰かとどこかで」 や 「小沢昭一的こころ」 (昨年12月28日で放送終了)など、ラジオ史にその名が刻まれるような名コーナーもあり、40代の筆者であっても飽きずに聴くことができる。        昨日、筆者は仕事をしながら同番組を聴き流していた。 すると、作曲家の青島広志氏による 「ゆうゆうクラシックサロン」 というコーナーが始まったのだが、聴いていて驚いた。 結婚式や披露宴でしばしば使われる 「あの曲」 を、使うのにはふさわしくないと青島氏が言っているではないか。        結婚式や披露宴で使われるクラシックの定番と言えば、まずメンデルスゾーンの 「結婚行進曲」 が思い浮かぶ。 「結婚行進曲」 とは、シェイクスピア作 『夏の夜の夢』 という戯曲を元に、メンデルスゾーンが劇に付随する音楽として作曲したものの一部である。 劇の内容はハッピーエンドで、結婚式や披露宴で使っても特に問題はない。        では、「あの曲」 とは何か。 それはワーグナーが作曲したオペラ 「ローエングリン」 の中の 「婚礼の合唱」 という曲である。 オペラの内容を調べれば分かるが、この曲をBGMにして結婚した騎士と女性は、式の直後に起きたもめ事が原因で、すぐ別れることになってしまうのだ。        つまり、「ローエングリン」 とはバッドエンドなオペラなのであり、劇中では不幸の前兆としておこなわれる結婚式のBGMが 「婚礼の合唱」 なのである。 たしかに、このストーリーを知っていれば、青島氏が力説していたように、「婚礼の合唱」 という曲を結婚式や披露宴で使う気にはなれなくなるのではないか。        青島氏のラジオでの語りを聴くまで、「あの曲=婚礼の合唱」がそんな曰く付きの楽曲だとは知らなかった。 そして、これまで参加したいくつもの結婚式や披露宴で、「あの曲」 が使われていたことを思いだした。 結婚式や披露宴というめでたい席で、不幸の前におとずれるささやかな幸せを示す楽曲をかけているとは、それこそおめでたい感性であるようにも思える。(getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
      トトロ風タイツ        ここまで人様に不愉快だと思わせるモノも珍しい。        海外サイトを見ていたら、なんだか異様に気味の悪い商品を発見してしまった。 海外の読者たちも、「これはごめん……」 「悪夢」 「怖すぎ」 などとこの視覚的衝撃に耐えられない様子だ。        その商品は、顔まですっぽりと覆われたグレーの全身タイツで、頭には楕円形のような耳が付き、目や鼻や3本のヒゲなどが描かれいてるのだ。 ネズミか? そうだ、ネズミ男にちがいない……と思ったら、胸には見覚えのある三角形フリスビーのようなマークがいくつか付いているではないか。          なんだこれ……!          英文で書かれた商品名をみると、なんと 「Totoro」 と書いてある。 こ、これはトトロのパチもんなのか!? きっとそうに違いない。 いくらなんでも酷すぎる。 日本生まれのふっくら可愛いトトロちゃんを、こんなにも不気味にしちゃうとはゆるせんわい!       と、ひとり憤慨していたら、実はこれ日本のメーカーが発売したものであった。          おいっ!          このスーツが購入できる通販サイト 「milanoo.com」 には、商品名に 『漫画のトトロ ライクラ スパンデックス多色ゼンタイ スーツ』 とある。 価格は高いのか安いのかわからん、つまり無難な、3,525円。 ユニセックスらしいので、バレンタインデーにペアルックで着用すればよりアツアツになること間違いなしだな(棒読み)。        そしてだ。 不気味さはこれだけでは終わらない。 この商品紹介のページには、画像のほかにもわざわざフラッシュ動画まで掲載されているのだよ。 いったいなんの動きを確認しろというのだろうか、ためしに怖いもの見たさでクリックしてみると……。 ひ、ひいいい……。        興味のある方はぜひ、ご自身の目で確かめてみてほしい。 夢に出てきてもこっちでは責任とれないです。        ところで解せない点がひとつ。 「トトロ」 と銘打っておきながら、「テーマ」 という項目には 「ネズミ」 と記されているのだ。 トトロは森の妖精といった類の存在で、少なからずネズミではなかったはずだが……。          このほかにも日本で大人気のゆるキャラに似た 「甘い漫画 クマ」 や、あのゲームの主人公 「面白い マリオ」 など種類は実に豊富である。 ユーモアであることは間違いないが、絶対にひとりで街の中で着用してはならない。 いや、ふたりでも三人でも、集団でも、きっとその様子に街の人々が恐れおののくからやめとくべし!(rocketnews24.com)                       ツイートこの記事をつぶやく