テレビ番組 『ピカルの定理』 で企画されたタレント・南明奈とお笑い芸人・西森洋一(モンスターエンジン)のカート対決は激戦の末、女性芸能人NO1.の走りと評判の南明奈が勝利した。 解説を務めた元プロレーシングドライバーの鈴木亜久里氏も 「完璧な走り。 どちらが勝っても良い」 と絶賛する内容となった。        南明奈は2011年10月に 『オールスター感謝祭』 で生放送された 「赤坂カートグランプリ」 で、男性陣も舌を巻く圧倒的な走りで優勝した。 彼女がカート好きだと広く知られたのは、このイベントによるところが大きい。 その南が1月15日に 『アッキーナBlog』 で 「超ガチンコ対決」 と題して、モンスターエンジン・西森洋一とのカート対決に触れている。        プロレーサーも評価するほどの南をして 「西森さん、カートDVDにお手本として出演するくらいのカート好きらしくすごく速いと聞いてたので、収録当日まで不安&緊張がハンパなかった」 というほど西森は強敵なのだ。        1月16日の 『ピカルの定理』では、その激戦が放送された。サーキットに愛車をドリフトさせながら登場した西森は、「天才の走りを見せるだけ」 と強気だった。 ところが、その後に登場した南が 「今日のために週2回は練習をしてきた」 と明かして西森を焦らせたのである。        勝負は全長936m、7か所のコーナーがあるコースを各自が2回走り、良いほうのタイムで競う。 事前に障害物として6つのパイロンを好きなところに配置するのだが、その段階で南は 「私は体重が軽いのでスタートの加速が有利」 とスタート直後にパイロンを設置して、さらに西森を焦らせる。 彼女は 「1か月考えました」 とその本気度を見せつけた。        解説には鈴木亜久里氏を迎えるという豪華な設定で、競技がスタート。 先に走った南明奈は自前のマシンを用意して “タイヤウォーマー”を 使う徹底振りだ。 1回目の走りは鈴木氏も 「ノーミスで完璧」 と感心する内容で、彼女も 「スピンしなくて良かった。 90%の走りです」 とホッとしていた。素人では1分を切ることが難しいというコー南は “0.52.112” の好タイムを出したのである。        当初は余裕を見せた西森だが、予想以上の南の腕前に緊張を隠せない。 番組側からは 「お前のために立てた企画なのだから、負けたら “1か月間、車と免許を没収” して代車に6段変速の自転車を与える」 と宣告されてしまう。 彼はヘルメットの上に車のキャラクターを飾るというハンディを背負いながらも、さすがに速い走りを見せたが終盤のコーナーで痛恨のスピン。 1回目のタイムは “1.00.171” と南に全く及ばなかった。        2回目の走りでは、南が 「120%の力を出す」 との言葉通りに見事な走りを見せて共演者たちを唸らせた。 もはや西森に勝ち目は無いかと思われたが 「頭の車をはずします」 とキャラクターを捨てた彼は、2回目をノーミスで走り抜けたのだ。 彼の走りに南も不安をのぞかせていた。        鈴木亜久里氏も西森の2回目の走りには 「コーナリングもブレーキングも完璧。 どっちが勝っても良い」 と甲乙つけがたいと評価したほどだ。 結果、2回目のタイムは西森が “0.52.033”、南が “0.51.234” で彼女が勝利したのである。        「めちゃうれしい! 強敵と聞いていたので、この何週間ずっと不安だったんです」 とプレッシャーから開放された喜びに浸る南。 一方で西森は約束どおりに車と免許を没収されて、6段変速自転車に乗って帰る羽目になったのだ。        西森のために鈴木氏の言葉を紹介すると、「停車からのスタートでは体重差のハンデが大きすぎたね」 ということである。 南から 「リベンジはいつでも受けるよ!」 と言われた西森は、「ガリガリになって挑戦してやる」 と宣言していた。 ぜひ、次の対戦も企画して貰いたい。(techinsight.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
       電気系統の不具合や燃料漏れのトラブルが続いているボーイング787型機が、「安全性が立証されるまで」 運航停止となった。 2013年1月17日、国土交通省が全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)に対して命令した。          世界でいち早く、また多くを導入してきたANAとJALは、国内線・国際線の運航見合わせや機材変更と対応に追われるが、運航停止が長期化すれば、経営への影響は必至だ。                    ANA787        B787は、機体にカーボン素材を採用した最新鋭機で、機体のサイズが比較的小さい中型機ではあるが、飛行距離は大型機(B777型機)並みに長い。 たとえば、B767では米西海岸までが精一杯だが、B787ならば米東海岸まで直行便が飛ばせる。          しかも、燃費効率はB767に比べて約2割改善。 そのため、B787であれば利益が出るとして、ANAやJALは従来採算があわなかった海外の地方都市などへ積極的に路線を開設してきた。 たとえば、ANAの米シアトル便や米サンノゼ便、JALの米ボストン便や米サンディエゴ便などがそれ。 B787が 「ゲームチェンジャー」 (業界の枠組みを変える存在)とも呼ばれる所以だ。          また、最新鋭機という物珍しさも手伝って、利用客の増加にもつながっている。 その分、航空会社にとっては収益力の向上が見込め、文字どおり 「待ちに待った飛行機」 (JALの植木義晴社長)だったわけだ。          ボーイング社によると、B787を受注する航空会社の上位5社(確定発注ベース)は、インターナショナル・リース・ファイナンス社、ANA、ユナイテッド航空、JAL、アメリカン航空で、世界で運航されるB787のうち、約半数を日本の航空2社が使用している。              現在、ANAは国内・国際線の全231機のうち17機のB787を、12の国内線と4つの国際線で運航。 JALは全217機のうち7機で、欧米を中心に6つの国際線で運航している。          トラブルが続いてことで、両社ともすでに2013年1月16日からB787の運航は全路線で取りやめており、同日はANAで国内線32便、国際線7便が欠航。 JALはシンガポール便の一部をB777に代替運航したものの、モスクワ便やサンディエゴ便など国際線8便を欠航した。          17日は、ANAが国内線35便、国際線6便で欠航。JALは国際線4便が欠航、4便を機材変更で対応。 18日は、ANAで国内線24便、国際線6便が欠航。 JALは3便を欠航、9便をB767やB777に機材変更。 また19日から25日までに8便を欠航、70便の機材変更を決めた。          両社はB787の運航停止で欠航や機材変更を余儀なくされるが、その遣り繰りは簡単ではない。 たとえば、JALのボストン便などは航続距離が短いB767では運航できないため、航続距離の長いB777を投入することになるが、B777は大型機なので運航コストが余計にかかる。          そのうえ、大型機なのでB787より多くの客室乗務員(CA)が必要になり、その人員が確保できなければ、結局は欠航に追い込まれる可能性もある。 徹底した経営合理化による人員削減が「裏目」が出てしまったわけだ。          もちろん、それらは収益にハネ返ることになる。 ANA、JALともに短期的には代替機材への変更に伴うコストアップと、欠航に伴う下振れリスクがある。さらに中長期的には、B787の運行再開やボーイング社からの納入が遅れるほど、航路計画の見直しなどに影響を及ぼすだろう。          JALは2013年2月に成田‐ヘルシンキ便をB787で就航する予定だったが、「就航に変更はありません。 ただし、787が使えない場合は代替機を飛ばすことになります」 と話している。 一方、ANAも3月から国内線の羽田‐秋田間でB787を就航する予定だが、同社は 「現在のところ、未定です」 という。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
                    マクドナルド、福岡などでのハンバーガー類値上げについて社長がコメント        福岡県を中心とした 「マクドナルド」 一部店舗で 「ハンバーガー」 などの商品が値上げされ、ネット上などで話題になっていた。        これは1月11日から福岡県を中心とした、佐賀県、大分県、山口県、熊本県の一部145店舗で一部商品を試験的に値上げしたというもの。        これらの店舗では、「ハンバーガー」 が100円から120円に、「チーズバーガー」 が120円から150円に、「ジューシーシャカシャカチキン」 が100円から120円に、「マックシェイク」 が100円から120円になった。        また反対に値下げを行った商品もあり、「ポテト(S)」 が210円から150円に、「チキンマックナゲット(5ピース)」 が250~290円から190円になったという。        さらに 「マックダブル」 (190円)というバーガーの新商品も発売したとのこと。            この件について、1月17日に開催された 「2013年 『朝マック』 戦略発表会」 において、同社代表取締役会長兼社長兼CEOの原田泳幸氏がコメントした。          「福岡のほうでこっそり値上げしたというような話が一部であがっているが、そうではない。 こういったことは包括的な価格の見直しとして試験的に常にやっていること。 (全国の店舗で反映するかどうかは)検証した結果次第。 すぐかもしれないし、来年かもしれない」 (mynavi.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく